仕事にやる気が出ない20代後半へ。その原因や解決策を解説!

仕事にやる気が出ない20代 20代

「仕事にやる気が出ない」

「20代後半ですでにやる気がないのはまずい?」

など、お悩みではないでしょうか。

20代はさまざまな問題に直面し、何かと悩みやすい時期です。

仕事にやる気が出ず、転職を検討し始めている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、仕事にやる気が出ないと感じている20代の方に向け、具体的な解決策をご紹介していきます。

仕事にやる気が出ない20代後半の解決策は?

仕事にやる気が出ない20代の解決策は?

早速ですが、仕事にやる気が出ないと感じ始めている20代の方は、何かしらの対策を行う必要があります。

具体的には、以下のことを行ってみてはいかがでしょうか。

ゆっくり休んでみる

まず、ゆっくり休んでみましょう。

普段の仕事が忙しく、休みがなかなか取れていない場合、ストレスが溜まっているかもしれません。

毎日残業が続いていたり、土日の休みも十分に取れていない状況ではありませんか?

心身ともに疲れ果ててしまうと、どうしても仕事に対するやる気を保つことができません。

もし、しばらく休んでいないのであれば、1日だけでもゆっくりと休んでみることをおすすめします。

少しだけでもぼーっとする時間を作ることができれば、思考を整理することができるはずです。

趣味に没頭してみる

仕事ばかりでプライベートの時間をモテていないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方は、たまには趣味に没頭してみるのも良いでしょう。

  • 友達と旅行に出かける
  • スポーツで汗を流す
  • ゲームに没頭する

など、なんでも良いので仕事から離れてみましょう。

ずっと休まずに仕事をしていると、どうしてもそれ以外のことが考えられなくなってしまいます。

楽しいと思えるようなことに打ち込み、一度気持ちを仕事から離してみることも必要です。

キャリア診断を受けてみる

現状の仕事にやる気が出ないと感じている20代の方は、もしかすると適性のない仕事に就いているかもしれません。

社会人であれば、ある程度面白みもない仕事もあるかもしれませんが、どうしても興味が持てないと思うのであれば今後のキャリアを考え直した方が良い可能性もあります。

今では無料でキャリア診断ができるVIEWなどのアプリも登場しており、診断することで適性について見極めることができます。

自己分析のツールとしても活用できるため、一度活用してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

転職先を探してみる

引用:リクルートエージェントホームページより

少しでも今の仕事に不満を感じているのであれば、事前に転職先を探しておくことをおすすめします。

すぐに転職しないとしても、転職先を探すのは多くのメリットがあるのです。

  • 他の可能性を知ることができれば、心が軽くなる
  • エージェントを利用すればアドバイザーに相談できる
  • 自分の市場価値を分析できる

など、転職先のリサーチにはさまざまな魅力があります。

ざっと求人を眺めてみるだけでも、

「こんな条件で募集されているのか・・・」

と、俯瞰して市場を見ることができるでしょう。

まずは転職エージェントなどに無料登録しておき、求人を探すことから始めてみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

キャリアコーチングを受けてみる

そもそも、今後のキャリアについてイメージできないという方も多いのではないでしょうか。

  • 自分が何をしたいのか分からない
  • 今後のキャリアがイメージできない
  • どんなふうに生きたいのか想像できない

など、やりたいことや生き方といった深い部分が分からない方は、コーチングを受けてみると良いでしょう。

最近では、「ポジウィル」などのコーチングサービスが人気になっています。

キャリアコーチングを受ければ、独自のカリキュラムに沿って自己分析を深めることができ、あなたの適職やキャリアについて一緒に考えてもらえます。

無料でカウンセリングが行われているため、まずはお気軽に申し込んでみましょう。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

仕事にやる気が出ない20代後半の理由は?

そもそも、仕事にやる気が出ない20代の方は、どのような理由があるのでしょうか。

ここからは、その具体的な理由について解説していきます。

人間関係が合わない

社会人となって、真っ先に直面するのは人間関係の悩みでしょう。

社会で生きる以上、この問題を避けて通ることはできません。

  • 上司と性格が合わない
  • 同僚とうまくコミュニケーションが取れない
  • クライアントと噛み合わない
  • お局様からいじめられる

など、状況に応じてさまざまな問題を抱えている人も多いはず。

多少の人間関係の悩みであれば問題ないかもしれませんが、あまりにも劣悪な環境であれば転職も視野に入れた方が良いでしょう。

労働条件が悪い

労働環境の悪さも、仕事にやる気が出ない要因の一つです。

  • 毎日遅くまで残業があり、朝も出勤が早い
  • 土日も関係なく仕事をしている
  • 残業代が支払われない

など、職場によっては劣悪な環境になっていることも少なくありません。

最近では、遅くまで残業させたり、休日も出勤させるようなブラック企業も増えています。

もしかすると、その職場は労働基準法に違反している会社かもしれません。

どう考えても不当な扱いを受けていると感じる場合には、退職も検討することをおすすめします。

やりがいを感じない

実際に働き始めてみると、思っていた仕事とは違ったという人も多いのではないでしょうか。

毎日の仕事にやりがいを感じられないと、あと数十年もの間仕事を続けるのは難しいです。

社会人であれば全ての仕事にやりがいを見出すのは難しいかもしれません。

時には気に食わないことや、面白みのない雑用もする場面もあるでしょう。

ただ、本気でやりがいを感じながら仕事をしたいと思うのであれば、他の選択肢も視野に入れた方が良いかもしれません。

将来性が不安

所属している会社や組織の将来性が不安という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 上司や先輩の姿をみてもそうなりたいと思えない
  • 出世したのに収入が上がらない
  • 会社の業績が悪い

など、「この会社で本当に大丈夫か?」と思えるような状況にあるかもしれません。

上司や先輩は将来のあなたの姿です。

もし、尊敬できないのであれば転職を検討した方が良いかもしれません。

また、そもそも会社自体が潰れそうになっているのであれば、早めに転職先を見つけておくことをおすすめします。

別にやりたいことができた

働いてみる中で、もっと他にやりたいことができたという方もいるのではないでしょうか。

実際、社会人として働いてみないと本当にやりたいことなんて見えないものですよね。

この記事を書いている僕自身も、最初は公務員でしたが働く中でスキル習得の重要性を感じ、今はIT系に転職した過去があります。

もし、本気でやりたいと思えるようなことがあるのであれば、転職もアリだと思います。

ただし、その情熱が本気なのかどうかについては、仕事を辞めてしまう前に考えておくのが良いでしょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

仕事にやる気が出ない20代後半に言いたいこと

現状の仕事にやる気が出ないと感じている20代の方に、実際に20代で2回の転職を経験した僕自身の意見をお話しします。

実体験を元に解説するので、今後の参考にしてください。

1社目で適職を見つけるのは難しい

まず、1社目で最適な仕事を見つけるのは非常に難しいということです。

大学や高校を卒業し、今の会社を選んだ理由はどのようなものだったでしょうか。

おそらく、ほとんどの人が

  • 特にやりたいことはなかったけど、安定しているから
  • なんとなく名前を知っていたから
  • 世間体的にも評判が良いと思ったから
  • どこでもよかった

など、わりかし曖昧な理由で就職先を決めてしまった方が多いのではないでしょうか。

正直、学生時代から自分のやりたいことが見つかる人は稀です。

多くの場合、実際に働き始めてから理想と現実のギャップに悩み、”自分が本当にやりたいこと”を考えるようになります。

そのため、今の仕事にやる気が出ないからといって、

「自分は無能だ・・・」

などと責める必要はありません。

上司や周囲の言うことは当てにならない

転職を検討している場合、他の人に相談したという人は多いのではないでしょうか。

家族や友人、上司などに自分の気持ちを打ち明け、今後どうすべきか聞いてみた人も多いでしょう。

ところが、実際に返ってくるのは冷たい言葉が多かったりしますよね。

  • ここまで仕事を続けたのにもったいないよ
  • 3年は続けてみよう
  • 今までの努力が無駄になるよ
  • 他の仕事なんて勤まらないよ

など、基本的には今の仕事を継続するようにアドバイスされるはず。

しかし、そうした意見は”実際に転職したことがない人”の意見です。

上司や家族などは相談しても現状維持を助言してきますが、正直いって続けられるならそんなに悩みませんよね。

他の人の意見は気にしすぎず、自分がどうしたいのか、という軸で考えてみましょう。

転職するのは当たり前の時代

今や転職するのは当たり前の時代となりました。

厚生労働省の調査によれば、就職してから3年以内に転職を経験する方は、なんと30%以上とのデータもあります。

3年以内で3分の1が転職するので、5年、10年と期間が長くなればもっと増えるでしょう。

こうしたデータからも、転職する20代はほぼ当たり前となっているのです。

年功序列や終身雇用制度が崩壊した今、むしろ組織に留まり続けることの方がリスクと言えます。

本当に転職を検討しているのであれば、エージェントなどをうまく活用して転職先を探し始めてみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

仕事にやる気が出ない20代後半がそのまま続けるリスク

ここからは、仕事にやる気が出ない20代がそのまま仕事を続けるリスクについて解説していきます。

成果が出ない

やる気がない仕事をいくら続けても、成果が出ません。

あなたは、以下のように毎日働いていないでしょうか。

  • とにかく毎日会社に行くだけの生活
  • 気がついたら時計ばかり見ている
  • 言われたことをやるだけの日々

このような生活で、生産性が上がるわけがありません。

会社にはあくまでお金をもらうために行っているだけで、そこにやりがいも何も存在していない。

そんな人生で良いのでしょうか。

それより、自分が興味のある分野で毎日生き生きと働いた方が間違いなく成果が出ます。

そして、長期的に見ればそっちの方が収入アップにもつながるでしょう。

精神を病む可能性がある

やる気が出ない仕事を何年、何十年も続けていると、やがて精神を病んでしまいます。

毎日繰り返しの作業。

特に面白みもない生活をずっと続けるのは、そんなに楽なものではないんです。

20代であればまだ間に合いますが、30代、40代と年齢を重ねるごとに取り返しがつかなくなるでしょう。

決断をするなら若いうちが良いです。

病んでしまう前に、他の可能性を検討してみてはいかがでしょうか。

20代の強みを失う

転職市場において、20代ほど強みのある年代はありません。

どの企業も若手人材を欲しており、20代の方は第二新卒者として非常に需要が高いです。

20代からの転職者は、

  • 社会人としてのマナーが備わっている
  • ポテンシャルが高い
  • 教育しやすい

として30代以上の転職者よりも優位にあります。

そのため、転職するなら20代のうちに行う方が良いでしょう。

ずるずると悩んでばかりいては、こうした年齢の強みが消えていってしまいます。

スキル習得の機会がなくなる

今の会社で市場価値の高いスキルは身についているでしょうか。

例えば、IT系のスキルや会計スキル、営業など、他の会社に行っても通用するようなスキルは個人としてもレベルアップすることができます。

それに対し、会社でしか役立たないような事務仕事や雑用しかしていないのであれば、スキルアップの機会を失っていると言えるでしょう。

もし、個人としてもキャリアアップしたいのであれば、ITや会計などの技術職も視野に入れるのがおすすめです。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

仕事にやる気が出ない20代後半が転職を成功させるには?

仕事にやる気が出ない20代が転職を成功させる上で、いくつか意識しておくべきことがあります。

これから転職する場合、以下のことに気をつけるようにしましょう。

なぜ転職したいのかを明確にする

まず、なぜ転職したいのかその目的を明確にしておきましょう。

あなたが転職する目的はなんでしょうか。

  • 収入を上げたい
  • スキルアップしたい
  • キャリアアップしたい
  • 労働環境を整えたい

など、様々でしょう。

事前にこうした目的が曖昧だと、何を軸に転職すれば良いのか分かりません。

転職する前に、まずはこうした目的について整理しておくことが大切です。

適性をしっかり分析しておく

転職活動を開始する前に、自分の適性について分析しておきましょう。

そもそも、向いていない仕事に就職してしまうと何度も転職を繰り返すことになります。

  • 自分の得意なこと
  • 苦手なこと
  • 絶対にやりたくないこと

など、細かく自己分析を重ねることで、転職に失敗するリスクを軽減することにつながるでしょう。

上記でも紹介したキャリア診断アプリなどをうまく活用し、分析しておくようにしましょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

信頼できる人に相談する

信頼できる人に相談することも重要です。

仕事に疲れ果てていると、冷静な判断ができない可能性が高いでしょう。

転職エージェントなどを活用し、転職市場に詳しいプロのアドバイザーから意見をもらうことをおすすめします。

相談することで冷静な視点から様々なアドバイスをもらえます。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

まとめ

今回の記事では、仕事にやる仕事にやる気が出ない20代へ。その原因や解決策を解説!気が出ない20代の方に向けて解決策を解説しました。

20代は様々なことで悩みやすい時期です。

しかし、くよくよ悩んでいるだけでは問題は解決しません。

まずは上記の対策などを行い、最善の選択を取るようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました