仕事が決まらない20代はどうしたらいい?具体的な対策5選

仕事が決まらない20代 退職

仕事がなかなか決まらない

たくさん応募しているのに、転職先が見つからない

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、仕事がなかなか決まらずにお困りの方へ向けて具体的な解決策を紹介していきます

仕事が決まらない20代の対策5選

仕事が決まらない20代の対策5選

早速結論ですが、仕事が決まらない20代の方へ向けて対策を5つほどご紹介します。

もし、現状仕事が決まらずにお困りであれば、次のようなことを試してみてはいかがでしょうか。

ビジネスマナーについて再確認

まず、自分自身のビジネスマナーについて再確認しましょう。

なかなか面接に通らないという場合、マナーがないと面接官から評価されている可能性があります。

面接の基本は当然マナーです。

部屋に入った時の挨拶や、細かな礼儀作法、履歴書の書き方など、さまざまなシーンでマナーチェックされているはずです。

こうしたマナーについて改めて再確認し、面接に臨むようにしましょう。

なお、自分一人で対策するのが難しいのであれば、以下でもご紹介する転職エージェントに相談してみるのも選択肢の一つです。

仕事を選びすぎていないかチェック

仕事を選びすぎていないでしょうか。

なかなか仕事が決まらない場合、知らず知らずのうちに仕事を選んでしまっているかもしれません

例えば、

  • 営業のある仕事だけは絶対に嫌だ
  • なるべく人と関わらずに仕事がしたい
  • 簡単な仕事が良い
  • 給料は高めが良い

など、応募する求人を狭めすぎてしまうとそもそもの母数が減りすぎる可能性があります。

妥協しないことは大切ですが、何十回、何百回と応募しても通らない場合、ある程度我慢するポイントは決めた方が良いと言えるでしょう。

面接官にしっかりアピールできているか再確認

これまでにどんな魅力的な経歴があったとしても、それを面接でうまく伝えることができなければ意味がありません。

面接対策を怠っていると、あなたの魅力が面接官にアピールできていない可能性もあるでしょう。

また、前職をなぜ辞めたのかということについても面接官は気にしています

その際、あまりにも正直に理由を伝えすぎるのもNGです。

「給料が安すぎる」、「人間関係が辛かった」、「将来性がない」など、ネガティブな理由を面接で話すとマイナス評価となります。

こうしたことを話すのではなく、ポジティブな理由をハキハキ話すことができれば、面接にも通りやすくなるはずです。

自己分析を徹底する

自己分析をしっかり行った状態で応募しているでしょうか。

自分に合った企業を見つけるためには、まず自分自身の適性について分析しておくことが最重要になります。

そもそも、自らの得意不得意を理解していない状態では、どのような企業を受けて良いのか分かりません。

不向きな職種に応募し続けても、不採用の通知が続くことになるでしょう。

そのため、キャリア診断アプリなどをうまく活用した上で、最適な企業を分析してみることが大切です。

今ではVIEWなどの無料診断アプリも登場しているので、自己分析のツールとして活用してみるのが良いでしょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

転職専門のアドバイザーに相談する

自分一人でどうにもならなそうだと思う方は、転職専門のアドバイザーに相談するのがおすすめです。

正直なところ、面接や書類選考で落とされる理由は誰にも分かりません。

しかし、第三者に見てもらうことで、より客観的に分析することは可能です。

転職エージェントを利用すれば、無料で専任のエージェントに相談することができます。

面接対策はもちろん、履歴書の添削や面接日程のスケジュール調整まで行ってもらえます

プロの目線でアドバイスをもらえれば、転職の成功率を高めることができるでしょう。

利用は完全無料なので、まずはアカウント登録から行ってみることをおすすめします。

なお、20代に特化したエージェントであれば「キャリアスタート」、多様な求人から応募したい場合には「リクルートエージェント」がおすすです。

それぞれ以下のサイトから登録できるので、転職活動を始める前に利用してみると良いでしょう。

▶︎現状月給が25万円以下なら、若手専門の転職サポートエージェント【キャリアスタート】に相談してみる

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

応募する数を増やす

20代の方であれば、求人は無限に存在しています。

どの企業も人材が不足しており、若手人材を求めているのです。

なかなか採用されないという場合、そもそもの応募数やリサーチが足りていないという可能性もあるでしょう。

そのため、20代専門の転職サイトを利用して転職先の情報を集めてみてはいかがでしょうか。

Re就活などのサイトに登録しておけば、若手に特化した求人情報を集めることができます。

こちらも利用は無料であるため、まずはお気軽に利用してみるのが良いでしょう。

▶︎20代に特化した転職サイトRe就活に無料登録

仕事が決まらない20代の原因は?

仕事が決まらない20代の原因は?

仕事がなかなか決まらない20代の方は、どのようなことが原因になっているのでしょうか。

ここでは、その具体的な理由について解説していきます。

高望みしすぎている

仕事が決まらない理由の一つに、高望みしすぎているということが挙げられます。

例えば、条件をつけすぎて応募することができない状態に陥っていることも。

  • 年収は600万円以上でないとダメ
  • 対人関係が少ない職場が良い
  • 朝はゆっくりめな職場が良い
  • 自宅から近い職場が良い
  • 大手企業以外は眼中にない

など、あまりにも要望が高すぎるような場合はなかなか応募する企業を見つけることができません。

また、書類選考に通ったとしても面接で落とされてしまうということも

譲れない部分を持つことは大切ですが、あまりに高望みしていると決まらないことも多いため、一定の妥協点を探すことは大切です。

うまく面接でアプローチできていない

面接対策はしっかりと行っているでしょうか。

自分の経歴をハキハキ答えるだけでなく、相手先の企業の情報を集めて貢献できることをうまくアプローチしていく必要があります。

もし、面接で落ちることが続いているのであれば、その都度反省点を振り返ってみることも大切です。

  • どのような点が失敗だったか
  • 次はどう対策をしていくか
  • 今後のスケジュール調整

などを毎回チェックし、クオリティを高めながら挑めば必ず成功させることができるでしょう。

もし、自分一人でこうした対策を行うのが難しいのであれば、転職エージェントなどを利用するのも選択肢の一つです。

応募数が少ない

仕事がなかなか決まらない20代の方は、もしかすると応募数が足りていないかもしれません。

一般的な新卒者の内定承諾率は、約35%程度と言われています。

新卒者でこれくらいの数値なので、第二新卒者や20代後半の方であればもっと数値が下がるでしょう。

そのため、ある程度応募数を増やさなければ採用されることがないと言えます。

2社や3社だけでなく、場合によっては数十社受けることも必要になるでしょう。

複数の転職サイトやサービスを利用し、なるべく応募数を増やしていくことをおすすめします。

企業サイドと適性のミスマッチ

よくあるのが、企業が求める人材と自分自身のスキルや適性がミスマッチを起こしていることです。

例えば、

  • 営業のできる人材が欲しい
  • 技術を持っている人が欲しい
  • 事務仕事のできる人が欲しい

と企業サイドが思っていれば、それに沿った人材でなければ採用されることはありません

そのため、自分自身の適性についてある程度分析した上で応募していくのが望ましいでしょう。

上記でも紹介したキャリア診断アプリなどをうまく活用し、適職について目星をつけた上で応募していくことが大切です。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

仕事が決まらない20代の注意点

仕事が決まらない20代の注意点

仕事がなかなか決まらないと、様々なお悩みを抱えることもあるでしょう。

ここでは、仕事が決まらない20代の注意点について解説します。

焦りすぎない

まず、焦りすぎないことが大切です。

転職活動が長期に渡り、焦ってしまう人も多いでしょう。

しかし、焦って転職先を決めてしまうと、また転職を繰り返すことになりかねません

  • もうどこでも良い
  • とにかく就職したい
  • 採用通知が欲しい

といった気持ちで受け続け、数だけ増やすような戦略ではブラック企業を引き当てる可能性が高まります。

応募数を増やすのは大切ですが、あくまでも精査した上で応募することが大切です。

自分を責めすぎない

不採用が続くと、社会や集団から自分自身が否定されているような気持ちになるのではないでしょうか。

中には、

  • 自分は無能だ
  • 死んでしまいたい
  • どこも自分を雇ってくれる会社はない

など、悲観的になってしまう人も少なくないでしょう。

しかし、結果が出ないからと言って自分を責めすぎてはいけません。

採用されないのはしっかりとした理由があり対策することで改善できます。

人格的な部分を否定せず、冷静に原因を改善していくことに努めましょう。

投げやりにならない

不採用が続くからと言って、投げやりにならないようにしましょう。

  • どうせ受からないからどこでも応募する
  • 企業の概要を見ずにエントリーだけする
  • 対策が適当になる

など、投げやりな態度はよくありません。

数だけ打って書類選考に通っても、面接でそうした惰性的な態度は見抜かれてしまいます。

例え不採用が続いているとしても、一つ一つの企業をリサーチして、丁寧に対策していくことが大切です。

一人で悩まない

転職活動や就職活動の問題を一人で抱え込んでいませんか。

何事も、一人で解決できる範囲には限界があります。

何回挑んでもうまくいかないのであれば、信頼できる人に相談することが大切です。

転職エージェントなどをうまく活用し、適切なアドバイスをしてもらいましょう。

第三者目線で的確な意見をもらうことができれば、就職活動を有利に進めることができます。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

仕事が決まらない20代におすすめのサービス

仕事が決まらない20代におすすめのサービス

最後に、仕事が決まらない20代の方におすすめのサービスをご紹介します。

もし、なかなか仕事が決まらずにお悩みであれば、以下のサービスを利用してみると良いでしょう。

3分でキャリア診断ができるアプリ「VIEW」

まず、最も気軽に利用できるツールとしてキャリア診断アプリであるVIEWが挙げられます。

こちらのアプリはハイキャリア向けのキャリア診断アプリとなっており、利用すれば3分程度で適職について診断することが可能です。

転職ツールだけではなく自己分析ツールとしても幅広く活用できます。

完全無料なので、お気軽に診断してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

徹底した転職サポートが受けられる「リクルートエージェント」

これから本気で転職活動を開始するのであれば、リクルートエージェントに登録しておきましょう。

仕事が決まらない20代の方の理由として、

  • ビジネスマナーができてない
  • 応募数が少ない
  • 企業サイドとのミスマッチ

などが挙げられました。

こうした問題を解決するためには、第三者目線で適切な意見をもらうことが大切です。

リクルートエージェントでは丁寧な面接対策や履歴書の添削も行ってもらえます。

また、求人数も多いので幅広い求人の中から最適なものを紹介してもらえるでしょう。

まずはお気軽にアカウント登録しておくのがおすすめです。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

20代専門の転職サイト「Re就活」

Re就活

このほかにも、すぐさま転職しない場合には転職サイトに登録しておきましょう。

20代であれば求人数は圧倒的に多く、様々な求人に目を通しておくことが大切です。

20代専門の転職サイトRe就活では、若手向けの求人が豊富に取り扱われています。

無料で利用できるため、こちらも情報収集用のサービスとして活用してみてください。

▶︎20代に特化した転職サイトRe就活に無料登録

まとめ

仕事が決まらない20代の方は以下のような対策を行いましょう。

  • ビジネスマナーを見直す
  • 応募数を増やす
  • 自己分析を行う
  • 第三者からのアドバイスをもらう

不採用が続くと自分自身が否定されたような気分になると思います。

しかし、人格的な部分ではなく、何がいけないのかを冷静に見つめて対策していくことが大切です。

自分一人で解決できそうにない場合は、上記でも紹介したサービスを利用してみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました