仕事についていけない20代はどうすべき?対処法4選を解説

仕事についていけない20代 退職

就職したものの、仕事についていけない

仕事についていけないと20代で思うのはまずい?

などのお悩みを抱えていないでしょうか。

20代は就職して間もない頃はどうしても悩みがちです。

また、働き始めてから数年ほど経過すると、別の悩みも出てきますよね。

今回の記事では、仕事についていけないと感じている20代の方に向け、具体的な解決策をご紹介していきます。

この記事を書いている人
カケル
カケル

元高校教師。現役WEBライター。
3年間教員として勤め、激務により体調を壊す。

現在はお仕事に役立つメディアを発信中。

仕事についていけない20代の対処法4選

仕事についていけない20代の対処法4選

仕事についていけないと感じている20代の方の対処法について解説します。

お悩みの方は、以下の方法を実践してみてください。

業務を覚える

まず、仕事についていけないと感じている20代の方は業務が覚えられていない可能性があります

働き始めて間もない方だと、なかなか仕事に慣れずに苦しい思いをしている人も多いのではないでしょうか。

そのような方は、まずしっかりと日々の仕事を覚えることから始めましょう。

  • 手帳にメモを取る
  • その日の反省を行う
  • ルーティンを確立する

など、最初のうちは業務を覚えるための努力を行うことが大切です。

仕事を効率化する

すでに働き始めて数年ほど経過している20代で、仕事についていけないと感じているのであれば業務を効率化してみてはいかがでしょうか。

どれだけ頑張っていてもスムーズに仕事が進められなければ、毎日残業が続いてしまいます。

  • ToDoリストを作成する
  • エクセルの関数を覚える
  • 手帳を購入する
  • スケジュール管理を徹底する

など、リストを作成したり、ツールを使ったりすれば、仕事を効率的にこなすことができます。

うまく自分の時間を作り出すことで、ストレスも軽減されるでしょう。

人間関係を構築する

職場で良好な人間関係を構築できているでしょうか。

仕事はチームワークが大切です。

どれだけ一人で頑張っていても、他の人の力を借りなければうまく行かないケースも多いでしょう。

  • 挨拶をしっかりと行う
  • コミュニケーションをまめに行う
  • 時にはご飯にいく

など、職場内での人間関係をうまく構築していくのも重要と言えます。

助けてもらえるような環境が作れれば、仕事も楽になるでしょう。

転職を検討する

ここまでさまざまな対処法について解説してきましたが、そもそも、

努力はしているのに、うまくいかない

他の人は当たり前にできていることが、自分にはできない

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし、そのようなことを感じている場合、今の仕事が向いてない可能性があります。

向いてない仕事をどれだけ頑張っても苦しいだけになるため、時には転職も検討することが大切です。

以下で解説する転職を成功させるコツについてチェックしてみてください。

仕事についていけない20代が転職を成功させるコツは?

仕事についていけない20代が転職を成功させるコツは?

すでに職場でさまざまな努力をしてみたのに、どうしても仕事についていけないと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

正直、人間誰しも向き・不向きがあります。

いろんな試行錯誤をしてもうまくいかないのであれば、今の仕事に向いてない可能性が高いでしょう。

そのような方は、転職も視野に入れるのが良いです。

ここでは、仕事についていけない20代が転職を成功させるコツをご紹介します。

自己分析を徹底する

これから転職を検討している20代の方が真っ先に行わなければならないのは、自己分析です。

そもそも、自分の適性について理解していなければ何度転職してもうまくいきません。

例えば、あなたは以下のような質問について答えることができるでしょうか。

  • 自分の得意な分野
  • 自分の苦手な分野
  • 長期的に続けられる仕事
  • 絶対にできない仕事
  • 3年後どうなっていたいのか

このようなことは、普段から自分自身について理解を深めておかなければ即答することはできません。

最適な仕事を見つける上でも、自己分析は絶対に行う必要があるのです。

適職診断を受けてみる

上記では自己分析の重要性について解説しましたが、どのように行えば良いか分からない方も多いはず。

そのような方は、アプリなどで行える適職診断を試してみましょう。

今ではVIEWなどのアプリも登場しており、誰でも簡単にキャリア診断が行えます。

  • 3分程度であなたの適職を分析できる
  • 完全無料で利用できる
  • 今から受けられる企業が一目で分かる

など、利用するハードルも低く、すぐに診断できるのが魅力

まずは自己分析のツールとして利用してみるのが良いでしょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

キャリアコーチングを受けてみる

自分一人で適性を分析するのが難しい場合、キャリアコーチングを受けてみるのも選択肢の一つです。

コーチングは転職に悩む若手の方に大人気となっているサービスで、以下のような人におすすめと言えます。

  • そもそも転職しべきかどうか分からない
  • 自分のやりたいことが分からない
  • 今後のキャリアがイメージできない
  • 今の仕事の何がいけないのか分からない

仕事についていけないと感じていても、そもそも原因が自分にあるのか、仕事にあるのか分からない方も多いはず。

そうした方はコーチングを元に、第三者の冷静な意見を聞いてみるのがおすすめです。

初回カウンセリングは無料となっていますので、まずはお気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

自分に合う職場を見つける

転職において最重要なのが、当然ですが自分に合っている職場を見つけることです。

上記で解説したように、自分の適性について理解したあとは自分の適性に応じた職場探しが重要になります。

努力した上で結果にうまくつながるような職場を見つけることが大切です。

以下で解説するように、転職先のリサーチを徹底していきましょう。

転職先のリサーチを徹底する

転職先選びを失敗しないためには、転職先のリサーチを徹底しましょう。

とはいえ、何をすれば良いか分からない方も多いと思います。

そのような方は、まず転職エージェントに登録しておくのがおすすめ。

ここでは転職先をリサーチする上でおすすめのエージェントをご紹介します。

全世代におすすめのエージェント

引用:リクルートエージェントホームページより

まず、全世代におすすめの転職エージェントです。

これから転職を検討しているのであれば、まずはリクルートエージェントに登録しておきましょう

リクルートエージェントは、

  • 取り扱い求人10万件以上
  • 業界最大手の実績
  • 転職まで徹底サポート

など、転職する上で安心感のあるエージェントとなっています。

転職活動を開始する予定があれば、最初に無料登録しておきましょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

20代に特化したエージェント

20代に特化したエージェントとしては第二新卒転職エージェントneoがおすすめです。

こちらは第二新卒者の転職に特化しており、利用満足度が非常に高いです。

上記のリクルートエージェントと合わせて登録しておくと良いでしょう。

▶︎第二新卒転職エージェントneo

スキルアップしておく

「転職したいものの、なんのスキルも持っていないからうまくいくか不安・・・」

という方も多いのではないでしょうか。

そういった方は、プログラミングなどのITスキルを習得しておくのが良いでしょう。

ITスキルを身につけておけば、いざ転職する時にも有利になります。

しかし、いきなりスクールに通うのはハードルが高く、資金面での負担が重すぎます。

そこでおすすめなのが、サブスク型のサービスを利用して学習する方法です。

今では月額3,000円から学習をスタートできるサービスも登場しているので、利用してみると良いでしょう。

▶︎月額3,000円から開始できるサブスク型プログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER Plus+」

仕事についていけない20代の理由とは?

仕事についていけない20代の理由とは?

そもそも、仕事についていけないと感じる20代の方にはどのような原因があるのでしょうか。

ここでは、その理由についてみていきましょう。

優先順位が付けられていない

まず、優先順位をつけて仕事をうまく捌けていないという原因が考えられるでしょう。

朝から業務を開始し、何から手をつければ良いか分かっていないという方も多いです。

そして優先度の低い仕事から始めてしまい、結果的に残業しないと業務が終わらない事態に・・・。

もし、心当たりがあるのであれば、翌日のスケジュールは前日に確認しておくことをおすすめします。

手帳などを買って翌日の予定を書き出しておきましょう。

できれば、毎週のスケジュールを手帳で確認するのがベスト。

優先順位を付けて行動ができるようになれば、業務をスムーズにこなすことができます。

業務量が多すぎる

どれだけ頑張っても、与えられている業務量が多すぎると終わることがありません。

あなたは、以下のような状況に陥ってないでしょうか。

  • 毎日夜遅くまで残業しないと仕事が終わらない
  • 土日も働き続ける必要がある
  • 休日も関係なく仕事の連絡が来る

もし、このような会社に所属している場合、その会社はブラック企業である可能性が高いです。

業務の効率化は適切な仕事量であることが前提です。

そもそも、ブラック体質な企業からは早めに退職し、他の仕事を探すようにしましょう。

そもそも今の仕事に向いてない

上記でも解説したように、どれだけ努力しても仕事についていけないという方は、今の仕事に向いてない可能性が高いでしょう。

特に、他の人は当たり前にできているのに、自分だけがうまくいっていない気がする方は要注意。

適職診断などを利用し、自分の適職を知ることから始めることをおすすめします。

仕事に向いてない20代の特徴とは?

仕事に向いてない20代の特徴とは?

では、ここからは今の仕事に向いてない人の特徴について解説していきましょう。

以下の特徴に当てはまる人は、現在の仕事には向いてない可能性があります。

落ちこぼれ扱いを受けている

現場でミスが続き、落ちこぼれ扱いを受けていませんか?

上司や同僚から見下されていたり、

「アイツ使えないなぁ」

というような目で見られている場合には今の仕事に向いてない可能性が高いでしょう。

そもそも、向いてる仕事は自然と仕事をこなすことができます。

ストレスを強く感じながら、ギスギスした気持ちで行わなければならない仕事は高い確率で向いていません。

現場で落ちこぼれているという方は、転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

努力が報われない

  • 自分なりに努力しているけど、報われない
  • 改善しているつもりなのに、うまくいかない
  • 何年経っても、仕事に慣れない

このような方はいませんか?

20代で働き始めたものの、何年経ってもうまくいかないという方は、向いてない可能性が高いです。

特に同僚たちは自然と働けているのに、なぜか自分だけ浮いているというパターンは非常にまずいでしょう。

仕事に興味がない

働き続けているものの、どうしても今の仕事に興味が湧いてこないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

3年以上働き続けているのに仕事に興味がない場合には、向いてないかもしれません。

20代であれば、あと40年程度は働き続ける必要があります。

今の段階ですでにやりがいを感じていないのであれば、早めに自分が楽しいと思える仕事を探してみるのも選択肢と言えるでしょう。

精神的に病んでいる

このほかにも、精神的に病んでいるという人はほぼ確実に向いてない仕事に就職しています。

あなたは、以下のような傾向が出ていませんか?

  • 理由もないのに涙が出てくる
  • 死にたいという感情が湧いてくる
  • うつ病や適応障害を発症している

もし、上記の特徴に当てはまっているのであれば、すぐに転職しましょう。

明日会社に行くのも辛い状況だと思います。

もしどうしても辛い場合には、退職代行の利用も検討してください。

仕事は精神を病んでまでするものではありません。

まずは自分の命を大切にしましょう。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

まとめ

今回の記事では、仕事についていけないと感じている20代の方に向け、具体的な対策をご紹介しました。

  • 仕事を覚える
  • 業務を効率化する
  • 人間関係を構築する
  • 転職を検討する

など、今の仕事についていけないと感じている場合にはさまざまな対策があります。

もし、どうしても辛いのであれば転職も検討してみるのも選択肢です。

20代であれば転職にも有利に働きますので、決断は早めに行うのが良いでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました