仕事で何がしたいか分からない20代はどうしたらいい?迷えるあなたへ

仕事で何がしたいか分からない20代 20代

仕事で何がしたいか分からない

20代だけど、今後のキャリアについてイメージができない

など、就職や転職に向けてお悩みを抱えていないでしょうか。

仕事で何がしたいか分からないと感じる20代の方は非常に多いです。

実際にやりたいことが見えずどうすべきかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の記事では、仕事で何がしたいか分からないとお考えの20代向けに、実際に転職経験のある僕が解決策をご紹介していきます。

この記事を書いている人
カケル
カケル

20代で3回転職。現役WEBライター。
現在はお仕事に役立つメディアを発信中。

  1. 仕事で何がしたいか分からない20代が行うべきことは?
    1. とにかく行動してみる
    2. 自己理解を深める
    3. キャリア診断してみる
    4. 信頼できる人に相談する
    5. キャリアコーチングを受けてみる
    6. 求人情報をリサーチする
  2. 仕事で何がしたいか分からない20代の傾向は?
    1. 自己分析ができていない
    2. 将来を考えすぎている
    3. 失敗を怖がりすぎている
    4. 今後のキャリアがイメージできない
  3. 仕事で何がしたいか分からないまま20代が就職活動を行うリスクとは?
    1. 就職の目的が曖昧になる
    2. 合わない職種に就職してしまう
    3. 場合によっては病んでしまうこともある
  4. 仕事で何がしたいか分からない20代の注意点
    1. とりあえず退職はNG
    2. 計画性を持って行動する
    3. 投げやりにならない
  5. どうしても何がしたいか分からない時は?
    1. やりたくないことを考えてみる
    2. これまでの経験を書き出す
    3. ハローワークを利用してみる
    4. とりあえずスキルを習得してみる
  6. 仕事で何がしたいか分からない20代が転職する時のポイント
    1. 事前に仕事内容を調べる
    2. 職場の人間関係をリサーチする
    3. 会社の将来性を調べる
  7. 仕事で何がしたいか分からない20代におすすめのサービス
    1. キャリア診断アプリ「VIEW」
    2. キャリアコーチングサービス「ポジウィル」
    3. リクルートエージェント
    4. DMM WEBCAMP
  8. まとめ
      1. カケル
      2. 最新記事 by カケル (全て見る)

仕事で何がしたいか分からない20代が行うべきことは?

仕事で何がしたいか分からない20代が行うべきことは?

では、早速ですが、仕事で何がしたいか分からないと感じる20代の方に、これから行うべきことをご紹介していきます。

現在、仕事に関してお悩みの方は次のようなことを行ってみてはいかがでしょうか。

とにかく行動してみる

まず、一番大事なのは「行動」です。

この記事を読まれている方は、

  • これから就職活動を始める20代前半(大学生を含む)の方
  • 現在仕事をしており、転職したい20代の方

の両方いらっしゃるでしょう。

どちらにしても、とにかく行動してみることが大切です。

というのも、”やりたいことは、実際にやってみないと分からない“から。

今からやりたいことを見つけるにも、

「こんな仕事に興味がある」

「でも、実際にやってみたらうまくいかないかも・・・」

など、頭の中で考えているだけではいつまで経っても何も始まりません

やりたいかどうかは実際に行動してみないと分からず、実際に就職しても

「何か思っていたのと違う・・・」

となることもあるでしょう。

そのため、”やりたいかどうかは、やってみないと分からない”としか言いようがないのです。

ただし、やはり事前の準備は必要

もし、何からスタートすれば良いか分からないという方は、次のことを実践してみましょう。

自己理解を深める

20代がやりたいことを見つける上で最も大切なのは、自己理解を深めることです。

この記事を読まれている方に質問したいのですが、あなたは次のようなことを聞かれてすぐに答えることができるでしょうか。

  • あなたの得意なことは何ですか
  • 長期的に継続できそうなことは何ですか
  • 苦手なこと、嫌いなことは何ですか
  • この仕事ならきっと辞めないだろうという職種は?
  • 10年後はどうなっていたいですか?

いかがでしょうか。

こうした質問は、普段からしっかりと考えていなければ、案外すぐ答えるのは難しいものです。

もし、答えられない場合には自己理解が足りていない可能性もあるでしょう。

まずはこうしたことを紙に書き出し、自分自身を知ることから始めてみてはいかがでしょうか

キャリア診断してみる

自己理解が重要であることについては、上記でも解説した通りです。

ただし、そうした分析を自分一人で行うのは難しいという方も多いでしょう。

もし、自分だけで自己理解を深められそうにないのであれば、AIによるキャリア診断を行ってみるのも選択肢です。

現在では無料の診断アプリである「VIEW」なども登場しており、こうしたアプリを活用することで適職診断をしてもらえます。

キャリア診断は3分程度で完了するため、自己分析ツールとして使ってみてはいかがでしょうか

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

信頼できる人に相談する

仕事について何がしたいのか分からないという方は、信頼できる人に相談してみるのも良いでしょう

人間、自分一人で解決できる悩みには限界があります。

信頼できる誰かに相談することで、気持ちが整理されることもあるでしょう。

大学生の方であれば、

  • 先輩
  • 両親
  • 大学の教授
  • すでに就職しているOB

など、なるべく人生について理解の深い年上の方に相談するのが良いでしょう。

すでに就職されている方は、

  • 同僚
  • 先輩
  • 上司

など、身近な人に相談してみるのもおすすめです。

もし、身近に相談できそうな人がいない場合は、以下で解説するようなキャリアコーチングや、転職エージェントなどを利用してみてください

キャリアコーチングを受けてみる

  • 仕事で何がしたいの分からない
  • 就職活動前に、自分の気持ちをはっきりさせたい
  • 自分自身の適職が知りたい
  • そもそも、就職や転職すべきか分からない

このような方に最もおすすめなのが、キャリアコーチングサービスを活用することです。

現代では、あなたと同じように「自分のやりたいこと」が分からない人が増えています。

そうした方に大人気となっているサービスが、ポジウィルキャリアなどのコーチングサービスです。

コーチングを受けることで、

  • あなたに最も最適な業種や仕事
  • 今後のキャリア計画
  • 自分でも理解していないやりたいこと

などについて知ることができます。

無料でカウンセリングも行われているので、まずはお気軽に申しこんでみてはいかがでしょうか。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

求人情報をリサーチする

仕事で何がしたいか分からない20代の方は、

  • 求人情報を見ながら、気になる案件を抜粋してみる
  • 集めた案件を俯瞰し、自分のやりたいことを分析してみる

などの方法が有効です。

特にとりあえず気になる求人だけ片っ端から収集し、固めてみるのはおすすめの方法

直感で選んだ求人にも、たくさん集めてみると何かしらの特徴があります。

自分が興味を持っている求人にはどのような共通点があるのか、見極めてみると良いでしょう。

なお、すでに働いている方であれば、転職エージェントを利用することで効果的に求人を紹介してもらえます。

専任のアドバイザーがあなたに最適な求人を紹介してくれますので、よりスムーズに情報収集を進めることができるでしょう。

まずは無料でアカウント登録を行ってみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

仕事で何がしたいか分からない20代の傾向は?

仕事で何がしたいか分からない20代の傾向は?

仕事で何がしたいか分からないと考えている20代には、共通している傾向があります。

ここでは、どのような傾向があるのかについて詳しく見ていきましょう。

自己分析ができていない

まず、自己分析が足りていないというのが非常に大きな特徴です。

上記でも解説したように、やりたいことを見つけるためには最初に自己理解を深めることが欠かせません。

しかし、自己分析を怠っていると自分の適性を理解できておらず、何がしたいか分からない状態となってしまいます。

ただ、20代でしっかりとした自己分析を行うのは至難の業です。

やってみてもうまくいかなかったり、曖昧な分析になることもあるでしょう。

もし、分析の仕方が分からないのであれば、先ほどもご紹介したキャリア診断アプリやコーチングサービスの利用を検討するのがおすすめです。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

将来を考えすぎている

今現在、何がしたいか分からないという方の中には、先のことまで考えすぎているという人もいます。

例えば、

  • 20年後のキャリアについ想像している
  • 家庭を持った時のことを考えている
  • 将来的な報酬だけをみている

など、あまりに遠すぎる未来のことや、将来結婚して家族を持った時のことまで考えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、目先の報酬だけを考えて、「この会社で良いのだろうか?」と考えてしまう人も多いです。

しかし、そうした遠すぎる未来のことや目先の報酬のことだけ考えると、”自分がやりたいこと”については後回しになってしまう傾向にあります。

未来のことを考えるのは非常に重要ですが、あまり先のことまで考えすぎないようにしましょう。

失敗を怖がりすぎている

失敗を怖がりすぎて、身動きが取れなくなっているという方も多いのではないでしょうか。

あなたは、次のような状況に陥っていませんか。

  • 就職できるかどうか不安になっている
  • 就職先で失敗することを恐れている
  • 上司や先輩から怒られたくない
  • 長期的に続けられるか不安

やりたいことに挑戦すると、かなりの確率で失敗してしまうでしょう。

その結果、精神的なダメージを受けてしまう可能性もあります。

しかし、失敗を怖がっていればいつまで経ってもトライすることができません。

ネガティブなシーンを想像してしまい、行動に移すことができなくなります。

正直言って、20代は失敗しても全く問題ないんです。

むしろ、20代で失敗しておかないと30代以降の人生のリスクが高まります。

失敗を怖がらず、なんでも挑戦してみる視線を持ってみることも時には大切になるでしょう。

今後のキャリアがイメージできない

今後のキャリアについて、大まかで良いのでイメージできているでしょうか。

先ほど解説したように、10年、20年先の未来まで考える必要はありません。

しかし、1年後、3年後、5年後くらいまでのキャリアについては見通しを立てておくことをおすすめします。

例えば、

  • スキルアップして収入も上げたい
  • ライフワークバランスを充実させたい
  • 独立を狙いたい

など、就職先でどのような経験を積み、今後どのように生かしていくのかについては考えておいて損はないでしょう。

こうしたキャリアについて計画しておくことで、より自分のやりたいことも明確になっていくはずです。

仕事で何がしたいか分からないまま20代が就職活動を行うリスクとは?

仕事で何がしたいか分からないまま20代が就職活動を行うリスクとは?

仕事で何がしたいか分からないまま就職活動を行うことになれば、リスクが生じてしまいます。

ここでは、曖昧な気持ちで就職活動を行うリスクについてご紹介していきます。

就職の目的が曖昧になる

まず、やりたいことが分かっていないと、就職する目的が曖昧になってしまうリスクがあります。

  • とりあえず有名な企業を受ける
  • やりたいことが分からず、応募できない
  • お金と世間体だけで選んでしまう
  • どこでも良いから就職したいという妥協になる

など、気持ちが曖昧なので、惰性で就職先も選んでしまう可能性が高まるでしょう。

しかし、こうした状態で応募したとしても、面接で気持ちの曖昧さが露呈してしまいます。

「この人は結局何がしたいのだろう・・・?」

という評価を与えてしまいかねません。

やりたくない仕事だと、日々の生産性も高まらないでしょう。

合わない職種に就職してしまう

何がしたいか分からないまま就職活動をすると、合わない仕事に就職してしまう危険性もあります。

仮に面接を通過し、就職できたとしても、その職場で働き続けられなければ意味がありません。

かく言う私も、一度合わない仕事に就職し、3年で退職してしまった経験があります。

このようなことになれば、結果的に時間を無駄にしてしまうだけです。

ある程度自分の適性について考えた上で、仕事を選ぶことが大切になるでしょう。

場合によっては病んでしまうこともある

合わない仕事に就職してしまうと、最悪の場合には精神を病んでしまう可能性もあります。

  • 人とのコミュニケーションが苦手なのに、対人スキルが重要
  • 技術もないのに、スキルが必要な職場
  • 営業が苦手だけど、営業回りをしなければならない

など、合わない職場に就職すると地獄が待っています。

日々ストレスに悩み、徐々に精神を病んでしまう恐れもあるでしょう。

中には、うつ病や適応障害になる方も。

そのようなことにならないためには、事前の自己分析や転職先の厳選が重要になるのです。

仕事で何がしたいか分からない20代の注意点

仕事で何がしたいか分からない20代の注意点

仕事で何がしたいか分からないと感じている20代の方も、これから就職活動や転職活動を行う場合にはいくつか気をつけるべきポイントがあります。

ここでは、具体的な注意点について解説していきます。

とりあえず退職はNG

まず、現在働いている方であれば、とりあえず退職するという考え方は辞めましょう。

  • やりたいことも決まってないけど、退職しよう
  • とにかく辞めたいから、辞表だけ出す
  • 辞めてからやりたいことは考える

など、退職してからとりあえず行動するというパターンは、転職失敗の典型パターンです。

曖昧な状態で退職してもすぐに仕事を見つけられず、結局就職活動を長引かせてしまう可能性が高いでしょう。

また、無職になってしまうと金銭的な負担が増えてしまい、早く収入を得たいという気持ちになって就職先を妥協してしまいがちです。

退職ではなく、休職などをうまく活用し、できるだけ働きながら、もしくは退職しない形で転職活動を進めるのが良いでしょう。

計画性を持って行動する

就職活動を開始する前に、計画を立てておくことをおすすめします。

上記でも解説しましたが、感情に任せて行動してしまうと必ず失敗します。

転職や就職、どちらにおいても事前のスケジューリングや目標を立てるのは非常に重要です。

  • どれくらいの期間で就職したいのか
  • 今後の目標や就職の目的
  • いつ頃に辞表を出すのか

など、就職に対する全体像を持った上で、行動していくようにしましょう。

投げやりにならない

このほかにも、投げやりな形で転職活動や就職活動を進めないようにしましょう。

中には、なかなか働きたいと思えるような企業が見つからなかったり、面接で落ち続けるなどして、就職活動が長期化してしまうこともあるでしょう。

しかし、そのような状況において妥協してしまうと、どうしても合わない仕事に就職してしまう可能性が高まってしまいます。

最後まで投げやりにならず、「本当に自分がやりたいこととは?」という視点を持って行動していくことが大切です。

どうしても何がしたいか分からない時は?

どうしても何がしたいか分からない時は?

ここまでの内容を読み、さまざまなことを考えたかもしれません。

しかし、具体的に色々行動してみたものの、どうしてもうまくいかないこともあるでしょう。

ここでは、そんな時に試してみてほしいことを解説します。

やりたくないことを考えてみる

自分がやりたいと思えるようなことが見つからないのであれば、反対にやりたくないことを書き出してみましょう。

明確にやりたいと思えることが分からなくとも、これだけは絶対にしたくないと言えることはあるのではないでしょうか。

  • 事務仕事を1日ずっとやるのは嫌だ
  • 対人スキルがないから、コミュニケーションを取りたくない
  • 営業だけはやりたくない

など、絶対にしたくないことについては案外思いつきやすいものです。

まずはこうしたことを書き出してみて、それ以外の仕事を選んでみるのも良いでしょう。

これまでの経験を書き出す

どうしてもやりたいことが見つからない場合、これまでの経験を思い起こしてみるというのも有効な方法です。

あなたが人生の中で、楽しいと感じたことややりがいを感じたことはありませんか?

  • ゲームをしていて楽しかった
  • スポーツをしている時が一番楽しい
  • 海や自然が大好きだった

など、自分が好きだと思えることなどを経験から思い出してみましょう。

そして、そうした自分の興味関心と紐づけられるような仕事を選んでみるのも良いでしょう。

ゲームであればゲーム会社、スポーツならジム関係など、なるべく主体的にこなせそうな仕事を連想してみるのがおすすめです。

ハローワークを利用してみる

自分だけでやりたいことが見つからない時は、ハローワークを活用してみるのも選択肢の一つ。

ハローワークへ行けば地元の求人などを取り扱っているため、様々な求人情報を集めることができます。

面接練習や履歴書の添削など、サポート面も充実しているので、地元企業で探していきたいという人は利用してみるのも良いでしょう。

とりあえずスキルを習得してみる

どうしてもやりたいと思えることがないのであれば、すぐさま就職しないという選択肢もあります。

やりたい仕事に就職するのではなく、市場価値の高いスキルを習得しておくというのも効果的な時間の使い方でしょう。

今ではIT業界の需要が高く、プログラミングなどのスキルを習得しておけば転職や就職の際にも有利になります。

また、今では給付金制度や転職保証制度などが完備されたスクールも登場しており、そうしたスクールを利用すれば就職を失敗するリスクを下げることが可能です。

転職保証のついているスクールは以下の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

仕事で何がしたいか分からない20代が転職する時のポイント

仕事で何がしたいか分からない20代が転職する時のポイント

これから転職活動を開始する場合、成功させるためには以下のことを行うのが良いでしょう。

事前に仕事内容を調べる

実際に応募する前に、その会社の仕事内容について調べておきましょう。

  • 普段どのような業務を行っているのか
  • 対人がメインか、事務作業がメインか
  • 営業ノルマなど、きつい仕事はなさそうか

といったことまでしっかりと確認しておくことが大切です。

よくあるのが、入社する前にこうしたことを調べておらず、入ってから

「思っていた仕事と違った」というふうに後悔してしまうことです。

そのようなことにならないためにも、事前に仕事内容をしっかりとリサーチしておくようにしましょう。

職場の人間関係をリサーチする

職場の人間関係をリサーチすることも非常に重要です。

実際、現在働いていて転職を検討している方であれば、現場の人間関係がどれほど大切なのかについてはよく理解しているのではないでしょうか。

もしかすると、人間関係がうまくいかずに転職を検討している方も多いかもしれません。

人間関係については事前に把握するのは難しいかもしれませんが、ハローワークや転職エージェントの担当者に聞いてみると答えてくれるケースがあります。

また、同じ求人の離職率がどれくらいなのかということも、現場の働きやすさを把握する上で役立つでしょう。

職場の空気感などをエージェントの担当者などに聞いておき、本当に働きやすい職場なのかどうかをチェックしておくのがおすすめです。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

会社の将来性を調べる

会社の将来性も、就職する上で重要な要素の一つです。

就職したものの、業績が悪く倒産してしまえば無職になってしまいます。

今は新型コロナウイルスも蔓延しており、伸びていない業界や今後危険な業種なども多いでしょう。

事前に市場の動向を確認しておき、本当に就職しても大丈夫かどうか見極めることも大切です。

仕事で何がしたいか分からない20代におすすめのサービス

仕事で何がしたいか分からない20代におすすめのサービス

最後に、今現在仕事で何がしたいか分からない20代の方に向け、おすすめのサービスをご紹介します。

これから就職や転職を検討されている方は、以下のサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

キャリア診断アプリ「VIEW」

まず、キャリア診断アプリのVIEW です。

上記でも解説した通り、こちらのアプリを利用すれば無料でAIがキャリア診断を行ってくれます。

  • 3分程度で利用することができる
  • 完全無料で利用することができる
  • 自己分析ツールとして活用できる

など、無料で利用できるにもかかわらず、メリットの多いアプリです。

診断すればこれから受けられる企業が一目で分かるので、まずはお気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

キャリアコーチングサービス「ポジウィル」

仕事で何がしたいか分からない20代に一押しのサービスが、キャリアコーチングサービスであるポジウィルです。

  • 今後の人生をどう生きれば良いか分からない
  • キャリアについてイメージが湧かない
  • 本当に転職した方が良いか分からない

など、「何がしたいか分からない」という哲学的な問題を解決することができます。

無料でカウンセリングが行われているため、まずは申し込んでみることをおすすめします。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

リクルートエージェント

引用:リクルートエージェントホームページより

本気で転職するのであれば、リクルートエージェントに登録しておきましょう。

  • 業界最大手の安心感
  • 10万件以上の求人数
  • 専任のアドバイザーが徹底サポート

などのメリットがあります。

無料でアカウントも登録できますので、転職する上で最初に登録しておくべき転職エージェントと言えます。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

DMM WEBCAMP

参考:DMM WEBCAMPより

とにかくスキルを身につけたいのであれば、DMM WEBCAMPがおすすめです。

こちらのスクールは、

  • 条件に当てはまれば70%の給付金が支給される
  • 転職保証がついている
  • 未経験からIT業界へチャレンジできる

といった魅力があります。

未経験からIT職への就職を狙う方は、利用してみてはいかがでしょうか。

▶︎未経験からエンジニアへ。転職保証付きスクール「無料カウンセリング」へ申し込む

まとめ

今回の記事では、仕事で何がしたいか分からない20代の方に向け、具体的な解決策をご紹介しました。

20代は非常に悩みの多い年代です。

ただし、失敗しても許される年齢であるため、どんどん挑戦してやりたいことを見つけるのがおすすめです。

どうしても自分一人で解決できそうになければ、上記でご紹介したサービスを活用してみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました