仕事を変えたい20代の解決策7選!お悩みのあなたへ

仕事を変えたい20代 退職

仕事を変えたい・・・

20代だけど、他の仕事に興味がある

本当に今の仕事のままで良いのだろうか・・・

など、不満を抱えていないでしょうか。

現代は転職する人の数も増え、20代で転職を経験する人は珍しくありません。

仕事を変えたいと思っている若手の方も非常に増えています。

今回の記事では、仕事を変えたいと考えている20代の方に向けて具体的な解決策をご紹介していきます。

この記事を書いている人
カケル
カケル

元高校教師。現役WEBライター。
3年間教員として勤め、激務により体調を壊す。

現在はお仕事に役立つメディアを発信中。

仕事を変えたい20代は多い?

仕事を変えたい20代は多い?

そもそも、仕事を変えたいと考える20代の方はどれくらいいるのでしょうか。

「もしかして、辞めたいと考えてしまうのは異常なの・・・?」

と不安になっている方も多いはず。

ここでは、仕事を変えたい20代の概要について私自身の経験も踏まえてお話しします。

退職や転職を検討する20代はかなり多い

後ほど解説しますが、20代で転職を検討する人は全体的に見ても多いです。

というのも、現代社会では以下のような要素があり、仕事を変えたいと考える若者が増える傾向にあります。

  • SNSの発達により、情報が透明化された
  • 終身雇用が崩壊している
  • 会社に依存しなくとも自分で稼げるようになった

昔は年功序列、終身雇用が当たり前の社会でした。

1つの会社に就職し、そのまま一生働き続けるというロールモデルです。

しかし、現代社会ではそうした枠組みは崩壊してしまい、誰もが自分のスキルを高めて独立志向やより良い環境を求めて転職する流れにあります。

また、SNSが発達したことでブラック企業の情報なども透明化されました。

今の会社は他と比べてブラックすぎる。他の会社に転職しよう

と考える人も増えているのです。

就職から3年以内に転職する人は30%

厚生労働省が2020年に行った調査によると、就職してから離職する人の割合は約30%にも上るそうです。

あくまでデータ上ではありますが、こうした数字からもどれほど20代で転職したいと考えている人が多いのかということが分かりますね。

筆者も20代で3回の転職を経験

かくいう私自身も、20代で3回の転職を経験しています。

具体的には以下のような流れで仕事を変えました。

  1. 学校教員として3年勤務
  2. 事務職で半年ほど勤務
  3. 1年半ほど無職
  4. WEBライターとして独立

教師→事務員→WEBライターというなかなか異色の経歴ですが、3つの仕事を経験しています。

実際、自分も転職を経験してみて思うことは、1つ目の仕事でピッタリと当てはまる職業に就職するのはかなり難しいということです。

正直、最初は何も考えずに安定した職を求め、教師になりました。

しかし現実は厳しく・・・。

この記事を読まれているあなたも、もしかして同じような状況にありませんか?

もしそうなら、この後解説する仕事を変えたい時の対策についても見てみてください。

仕事を変えたい20代の解決策7選

仕事を変えたい20代の解決策7選

では、仕事を変えたいと考える20代はどうしたら良いのでしょうか。

ここでは、仕事を変えたいと思う20代の解決策を7つほどご紹介していきます。

やりたいことを書き出す

まず、一番簡単な方法としてはやりたいことを書き出してみる方法です。

あなたには、やりたいことがあるでしょうか。

社会人となり、日々の仕事に追われる中、自分のやりたいことを見失っていませんか?

  • 子供のころ夢中になって遊んだこと
  • 学生時代に持っていた夢
  • 実際に働く中でやりたいと思ったこと

など、どのようなことでも良いです。

例えば、

  • 音楽で生活してみたい
  • ゲームでお金を稼ぎたい
  • 絵を売ってみたい

など、自分の趣味に関連することでも問題ありません。

こうしたことを書き出し、少しでも仕事と関連づけられそうな転職先を探してみてはいかがでしょうか。

例えば、音楽業界の会社や、ゲーム会社への転職であれば現実的でしょう。

得意・不得意を考える

仕事はやりたいことができれば非常に良いですが、必ずしも自分のやりたい仕事に就職できるとは限りません。

できることとやりたいことは別物です。

自分の得意や不得意を洗い出してみることで、転職へのきっかけづくりになることもあるでしょう。

  • 営業スキルを持っている
  • 会計処理が得意
  • コミュニケーション能力に長けている

など、どのようなことでも良いです。

得意なことを考えることで、そのスキルと関連する仕事を選ぶことができます

また、

  • プレゼンだけは絶対できない
  • 対人関係が苦手
  • 数字に弱い

など、不得意なことから逆算してみるというのも選択肢の一つ。

得意・不得意の両方を考えた上で、適職を考えてみてはいかがでしょうか。

キャリア診断を受けてみる

どのような仕事に向いてるかわからないけど、自分の天職が知りたい。

そんな方も多いのではないでしょうか。

適職が知りたい方は、キャリア診断を受けてみるのも良いでしょう。

今ではAIによるキャリア分析ツールも登場しており、無料で適職診断を行うことができます。

診断は3分程度で完了するため、非常に手軽に利用可能です。

まずは自己分析ツールとして活用してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

キャリアコーチングを受けてみる

  • そもそも、転職すべきかわからない
  • プロの視点から適切なアドバイスをもらいたい
  • 自分の天職を他の人と一緒に探して欲しい

など、自分一人ではなく、第三者と一緒に適職を探してもらいたいという方もいらっしゃるでしょう。

そうした方は、キャリアコーチングを受けてみるのがおすすめです。

コーチングを受ければ、

  • 独自のカリキュラムに沿った自己分析
  • キャリアプランの提案

などを行ってもらえます。

コーチングサービスであるポジウィルキャリアでは、初回のカウンセリングが無料となっています。

まずはお気軽にカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

スキルアップしてみる

今の仕事をしていて、

  • このまま働き続けても特にスキルが身につかない
  • 将来的に独立も狙いたい
  • 収入アップできるようなスキル習得がしたい

などと感じることはありませんか?

現代では個人でスキルを身につけ、ゆくゆくは独立も狙っていける時代となりました。

特にプログラミングなどのITスキルを習得しておけば、転職にも強いです。

ただし、スクールに通うのはお金がかかりすぎます。

もし、手軽にスキル習得がしたいのであれば、サブスク型のプログラミング学習サービスを利用するのがおすすめです。

今では月額3000円から学習を開始することができ、初期費用が掛かりません。

合わなければ解約もできるため、手軽に学習をスタートさせたい人におすすめです。

▶︎月額3,000円から開始できるサブスク型プログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER Plus+」

小さく副業を開始する

  • 仕事を変えたいけど、退職する勇気がない
  • 自分でお金を稼いでみたい
  • 手軽に副業を開始したい

など、副業に興味がある人もいらっしゃるはず。

今ではクラウドソーシングが発達したことで、誰でも簡単にネット上からお金を稼げるようになりました。

副業でお金を稼げれば、

  • 自分に自信がつく
  • うまくいけば独立も狙える
  • 月に2~5万円の副収入が生まれる

などのメリットがあります。

もし、副業を始めたいのであれば、WEBライティングがおすすめ

ライティングなら難しいスキルも不必要で、すぐさまお仕事をスタートできます。

1~2ヶ月ですぐ収益化できるため、ハードルも低いです。

当ブログの管理人である私カケルは、未経験からお仕事獲得までサポートするライティング講座も行っております。

もし、興味がある方は、以下のリンクからお気軽にご相談ください。

なお、WEBライターとして月1万円稼ぐ手順については以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ライター完全育成プラン~ライティングに関するサポート~|プログラミング学習ならMENTA。メンターをつけて未経験から自走できるエンジニアになろう。
ライティング案件に関するお仕事をサポートいたします。質問プランと完全育成プランのそれぞれ用途に応じて選択していただけます。お仕事を獲得され、安定するまでは基本的に「完全育成プラン」をおすすめします。ポ....

転職先を探してみる

引用:リクルートエージェントホームページより

本気で転職も視野に入れているのであれば、転職エージェントなどのサポートサービスに登録しておきましょう。

エージェントに登録しておけば、

  • 最適な求人情報を紹介してもらえる
  • アドバイザーに無料で相談できる
  • いざ転職するときに面接対策なども行ってもらえる

などのメリットがあります。

転職活動を本気で開始するのであれば、事前登録しておくと良いでしょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

20代は転職で有利?

20代は転職で有利?

仕事を本気で変えたいと思う場合、気になるのはその転職市場でしょう。

そもそも、20代は転職に有利なのでしょうか。

ここでは、20代の転職事情について解説します。

20代の転職は有利

まず、結論からお話ししてしまうと、20代の転職は有利です。

というのも、20代で転職したい方は、第二新卒者として優遇されるケースが多いため。

第二新卒者とは、学校を卒業してから3年以内に転職を希望する人のことです。

多くの企業で、20代は

  • 教育しやすい
  • 若手でモチベーションが高い
  • 企業で長期的に働いてもらえる
  • コストが掛からない

などの理由から歓迎される傾向にあります。

こうしたことからも、20代の転職は有利であると言えるでしょう。

20代の間に失敗するのがおすすめ

年代的な問題にはなりますが、20代の間に失敗をなるべくしておくのがおすすめです。

というのも、30代以上になれば、

  • 会社で役職を任されることになる
  • 家庭を持つことになる
  • 10年以上働くと、辞めるのがもったいないと感じる

などの理由から、なかなか転職しにくいと感じてしまうケースが増えます。

その点、20代であれば身動きが取りやすく、立て直しが行いやすいのです。

このような年齢面でのアドバンテージも、20代の転職が有利に働く理由の一つと言えるでしょう。

仕事を変えたい20代の理由とは?

仕事を変えたい20代の理由とは?

では、仕事を変えたいと思う20代の理由とはどのようなものなのでしょうか。

ここでは、その具体的な理由について解説していきます。

人間関係が辛い

まず、最も多い理由としては人間関係が辛いことが挙げられます。

この記事を読まれているあなたも、現在さまざまなことで悩んでいるのではないでしょうか。

  • 上司と性格が合わず、辛い
  • 同僚とうまくいかない
  • クライアントとの関係が辛い

など、人間関係上の悩みは尽きませんよね。

実際、仕事を変えたいと考える理由のトップは人間関係が多いです。

どうしても関係性に悩んでいるのであれば、他の職場も検討した方が良いかもしれません。

仕事にやりがいを感じない

今現在、日々の仕事にどうしてもやりがいを感じられないという方も多いです。

社会人となり、思っていた業務内容とは違っていたと感じる20代の方もいらっしゃいます。

あなたは、次のような状態に陥っていないでしょうか。

  • 毎日地味な作業ばかりで辛い
  • もっとキラキラしている仕事だと思っていた
  • やりがいを感じる仕事がしたい

もし、このような仕事に就職している場合、今の仕事は向いてないかもしれません。

適職診断などをうまく活用し、自分の適職について考えてみてはいかがでしょうか。

スキルアップできない

  • 仕事に不満はないものの、スキルが身につかない
  • このまま働き続けても、将来性を感じない
  • 独立できるような知識や技術が欲しい

など、スキル面で不安に感じている方も多いでしょう。

そのような方は、スキル習得ができるような会社に習得したり、先ほどもご紹介したサブスク型の学習サービスなどを活用するのがおすすめです。

ほかにやりたいことがある

20代で働き始め、さまざまな仕事に携わる中で他にやりたいことができたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

正直、最初の会社で自分がやりたいと思えるような仕事に巡り合えることはほぼないです。

私自身も3回転職していますし、実際のところ、3回目の転職でようやく適職に出会えたと思います。

それくらい、転職を繰り返さないと自分がやりたいと思えるような仕事には出会えません。

今の会社が全てだとは思わず、自分の可能性について模索してみてはいかがでしょうか。

仕事を変えたい20代の注意点とは?

仕事を変えたい20代の注意点とは?

仕事を変えたいと感じる20代の方でも、いくつか気をつけなければならないポイントがあります。

ここでは、具体的な注意点についてご紹介していきます。

焦って転職活動しない

まず、焦って転職活動しないことが大切です。

焦りながら転職してしまうと、妥協して転職先を選んでしまいがち。

焦らずに転職活動するためには、なるべく働きながら転職活動を行うのがおすすめ。

一度無職になってしまうと、

  • 無職に対する自責の念
  • お金がなくなる恐怖心
  • 早く就職したいという焦り

など、何かと追い込まれた状態で転職することになります。

転職エージェントなどをうまく活用し、仕事をしながら転職活動ができれば、精神的に余裕を持って就職先を選べるでしょう。

感情に任せて辞めない

20代で仕事を変えたいと思っている方は、今すぐにでも退職したいとお考えではないでしょうか。

しかし、感情に任せて退職してしまうのはNG。

突然音信不通になったり、とりあえず退職届を出してしまえば後からトラブルに発展してしまうことも。

最悪の場合訴訟問題になるケースもあるのです。

こうしたリスクについても理解しておき、感情的になってしまわないように気をつけましょう。

自分の適性について真剣に考える

転職活動を本格的に開始する前に、自分の適性については真剣に考えておきましょう。

そもそも、適性についてあまり考えてこなかったからこそ、今の仕事選びを失敗してしまった可能性もあります。

上記でも解説したようなキャリア診断アプリやキャリアコーチングサービスをうまく活用し、今後のキャリアと向き合ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回の記事では、仕事を変えたいと感じている20代の方に向けて具体的な解決策をご紹介しました。

20代は正直言ってかなり転職しやすい年代であると言えます。

転職にも有利ですし、まだまだやり直しが可能です。

上記で解説した内容を参考にして、今後のキャリアを真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました