公務員辞めたい20代の対策方法|公務員転職のポイントとは?

20代で公務員を辞めたい

※本ページにはプロモーションが含まれています

公務員を20代で辞めたいけど、どうしたら良い?

公務員からの転職を成功させるポイントとは?

公務員からの転職先には具体的にどこがあるの?

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、公務員を辞めたいとお考えの20代に向け、具体的な対策方法を解説します。

この記事を執筆している私も20代で公務員を辞めた経験があるので、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人
カケル

元高校教員。激務により体調を崩して退職。
そこから会社員に転職し、現在はWEBライターとしても活動。

公務員の転職なら「公務員転職コンシェルジュへ!」

公務員の転職なら、公務員転職コンシェルジュへお任せください!

公務員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

目次

公務員辞めたいと20代で思う理由とは?

そもそも、20代で公務員を辞めたいと思う理由にはどのようなことが挙げられるのでしょうか。ここでは、具体的な理由について詳しく解説していきます。

業務が忙しすぎる

僕自身もそうでしたが、公務員を辞めたいと感じる時の理由で最も多いのはやはり業務量の多さではないでしょうか。

日々の残業が日常化していたり、土日の出勤もある場合にはストレスが蓄積されていきます。家族との時間や自分の時間が確保できないと、辞めたいと思うのは当然だと思います

また、公務員の種類によっては残業代が発生しない職種(教員など)もあるため、多忙で夜遅くまで勤務したとしても結局サービス残業となってしまい、収入にも結びつかないので辞めたいと感じる方も多いです。

仕事にやりがいを感じない

公務員の仕事は基本的にルーティンワークが多いです。僕自身は教員として働いていたので、日々授業や部活動の繰り返しでした。職場としても新しいことを嫌う文化があるので、生産的なことを行うことはできません。

やる気がある20代の方であれば、

「もっと自分の強みや個性を活かせる仕事がしたい」

と考える方も多いのではないでしょうか。

公務員は個人の特性を活かせるような業務が少なく、やりがいを感じられずに辞めてしまう20代の人も多いです。

スキルが身につかない

これは僕も勤務している時から思っていたことなのですが、スキルが身につかずに退職を検討している方も多いでしょう。

・数年勤務してみたけど、市場価値が高まるようなスキルを習得したい
・スキルを身につけてゆくゆくは独立したい
・収入を高められるようにキャリアアップしたい

など、キャリア志向を持っている人ほど公務員の仕事には悩んでしまう傾向にあります。実際、僕も同じことに悩み、現在はスキルアップできるIT系の仕事へ転職しました。

公務員の転職なら「公務員転職コンシェルジュへ!」

公務員の転職なら、公務員転職コンシェルジュへお任せください!

公務員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

公務員からの転職は20代がおすすめ

もし現在、公務員を辞めたいと考えているのであれば、20代の今のうちに転職を検討するのがおすすめです。

ここでは、20代で転職するメリットを解説します。

20代の需要が高く転職先が見つかりやすい

20代の転職、特に25歳前後の世代は第二新卒と呼ばれ、転職市場において非常に需要が高いです。その理由としては、

・社会人生活を経験しており、学生よりもビジネスマナーがある
・若手人材でどの会社も欲しがっている
・20代は教育しやすく、体力もあるので採用しやすい

などが挙げられます。そのため、30代以降で転職するよりも20代からの転職の方が有利になるのです。

20代ならまだやり直せる

これは実体験になりますが、20代からの転職ならやり直しが効きます。僕自身は25歳まで教員として公務員生活を送り、その後は一般会社員へ転職、そして独立してWEB系の自営業を現在はしています。

20代であればどの年齢でもまだまだ体力もありますし、気力さえあれば次の転職先でも十分に活躍できる可能性があります。

転職するときは僕も「退職したら人生が終わる・・・」みたいに考えていた時期もありましたが、全くそんなことはありませんでした。今は30歳になりますが、むしろ最初に就職した公務員時代の記憶の方が薄れつつあります。

後から振り返れば現状の辛さなどその程度ですし、転職して本当に良かったと感じています。

1回目の就職で成功する方が難しい

高校や大学から就職し、1回の就職で成功する方がむしろ難しいと思います。正直なところ、

・安定性
・世間体
・周囲からの期待(特に親など)

を目当てにして公務員試験を受けたのではないでしょうか。僕自身もそうでした。しかし、実際に現場で働いてみる中で、

あれ、思っていたのと違う・・・」

と感じている方も多いでしょう。しかし、それはある意味当然のことなのです。

学生の頃は社会のことなんて分かるはずもありませんし、むしろ社会に出て失敗するのが当たり前です。

職業選択で失敗したと思ったのであれば、早めに軌道修正を行うことが大切です。上述したように、20代からの転職はまだまだ取り返しがつく段階です。

公務員の転職なら「公務員転職コンシェルジュへ!」

公務員の転職なら、公務員転職コンシェルジュへお任せください!

公務員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

公務員からの転職を成功させるためのポイント

これから公務員の転職を検討しているのであれば、以下のポイントに注意して転職活動を進めるのが良いでしょう。

適職診断をしておく

まず、自分自身の適職について適切に分析しておくことが大切です。そもそも、公務員を辞めたいと思う理由にはどのようなものがあるのでしょうか。例えば、

・人間関係が辛い
・やりがいを感じない
・残業が多すぎて辛い

など、何かしらの要因があると思います。ただし、同じ環境で働いている人でもうまくやっていける人や、仕事そのものを楽しみながら行っている人も一定数いるでしょう。

実際、僕自身が公務員として働いていた時も、過酷な環境の中でも生きがいややりがいを感じながら働いている職員が一部ですが存在しました。

つまり、その人たちにとっては公務員が適職と言えます。

あなたも、その人たちと同様に今の仕事以外で最適な仕事を見つけることが大切なんです。

そのため、適職診断を行って自分に向いている仕事が何か調べてみましょう。アサインなどのツールを利用すれば3分ほどで適職の分析が行えますので、以下のリンクからチェックしてみてください。

信頼できる人に相談しておく

現状、仕事に悩んでいるのであれば信頼できる人に相談しましょう。

仕事で追い込まれていると視野が狭まってしまい、より良い選択を取るのが難しくなってしまいます。

できれば上司や友人、家族など、どのような人でも良いので自分が心を許せる人に一度相談してみるのがおすすめです。

なお、周囲にそうした人がいない場合には、当サイトで公務員の方向けに特化した転職サービスである公務員転職コンシェルジュを提供しております。

公務員の方におすすめな求人紹介や適職などのアドバイスを実施しておりますので、お悩みの方は以下のリンクより無料カウンセリングへお申し込みください。

公務員の転職なら「公務員転職コンシェルジュへ!」

公務員の転職なら、公務員転職コンシェルジュへお任せください!

公務員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

転職先を探しておく

公務員を現状辞めたいと思っているのであれば、早めに転職先を探しておきましょう。

転職先を探しておけば、

・今の仕事以外にも働ける環境があると分かり、心理的に落ち着く
・公務員以外の仕事で働いた場合の給与がどれくらいか分かる
・転職エージェントのアドバイザーに相談できる

などのメリットがあります。

上述した通り、20代の転職なら第二新卒として有利であるため、dodaなどに登録しておけば転職先も豊富に見つけることが可能です

また、エージェントに詳しく話を聞くこともできるので、市場の情報収集を行うこともできます。

実際に公務員を辞める時に大変だったこと

ここからは、実際に僕自身が公務員を辞める際に大変だったことを解説していきます。

家族からの批判や反対

個人的に一番辛かったのは、家族や親戚などからの批判・反対でした。自分自身が公務員家系だったので、めちゃくちゃ反対されました。

・せっかく試験に苦労して受かったのに、なんで辞めるのか
・公務員が勤まらなければ他の仕事も無理に決まっている
・周囲の人に迷惑をかけてはいけない

など、かなりの批判や反対を受けました。

最初のうちはどうにか納得してもらおうと思っていたのですが、最終的には諦めました。(何回話しても話が通じないので)

公務員として働いている方は、親も会社員や公務員など安定した仕事をしている人が多いと思います。そのため、基本的には反対されることがほとんどだと思いますが、親の意見は無視で問題ありません。

退職してから生活が安定してくれば誰も文句は言わなくなります。(これも実体験)

なので、退職時は周囲から何を言われても、自分が思う通りの生き方をすれば良いです。

同僚からの冷たい視線

次に、退職するまでの期間が苦痛でした。僕の場合は休職→退職の流れだったのですが、退職の手続きを行うために職場まで足を何度か運ばなくてはならないため、その際には同僚と顔を合わせる必要がありました。

その際にかなり気まずい思いをしたため、このことも退職する時には大変でした。

公務員の転職なら「公務員転職コンシェルジュへ!」

公務員の転職なら、公務員転職コンシェルジュへお任せください!

公務員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

公務員の転職は公務員コンシェルジュへ

これから公務員の転職をお考えの方は、公務員コンシェルジュへご相談ください。

公務員コンシェルジュでは、

・公務員に特化した転職サポート
・公務員向けの求人紹介
・適職の相談

などについて無料でサポートしております。

まずはお気軽にご相談いただければ、求人や適職相談などを実施しておりますので、以下のリンクより無料カウンセリングへお申し込みください。

公務員の転職なら「公務員転職コンシェルジュへ!」

公務員の転職なら、公務員転職コンシェルジュへお任せください!

公務員の転職に詳しい専任のコンシェルジュが、最適な転職エージェントや転職サービスなどをご紹介します。

自分では気づくことができない適職についても無料でアドバイスしてもらえますので、まずはお気軽にご相談ください

The following two tabs change content below.
日々POSレジに関する情報を発信し、POSレジ導入の支援を行っています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次