仕事したくない30代の方へ!辛い時の対策と働かずに生きる方法

仕事したくない30代 退職

「仕事をしたくない」

「30代だけど、なるべくダラダラと生きていきたい・・・」

などとお考えではないでしょうか。

仕事をしたくないと考えるのは、誰しも経験のあることですよね。

今回の記事では、そんなあなたに向けて仕事をしなくても生きていける方法についてご紹介していきます。

興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

仕事をしたくない30代が生きていく方法とは?

仕事をしたくない30代が生きていく方法とは?

では、早速ですが、仕事をしたくないとお考えの30代に向けて、働かなくても生きていける方法についてご紹介していきます。

どうしても働きたくないという方は、以下の方法を参考にしてみてください。

失業保険で食いつなぐ

会社を辞めてからしばらくの間は失業保険で食いつなぐという選択肢もあるでしょう。

雇用保険に入っていれば、ハローワークへ行って手続きを行うことで保険が適用されます。

ただし、会社退職の際にどのような形で辞めたのかによって支給される日数が異なるため、注意しましょう。

自己都合による退職・・・90日

会社都合による退職・・・180日

の支給となっています。

なるべく多くの期間保険を適用してもらいたい場合は、会社都合による退職の方がおすすめです。

自分でその辺りの交渉が難しいのであれば、退職代行を利用してみるのも選択肢と言えます。

実家に寄生する

実家が頼れそうな人であれば、一度家に戻って寄生するという方法もあります。

実家であれば生活費も掛からず、お金の不安もないでしょう。

今すぐにでもお金に困窮してしまいそうな方は、一度親に泣きついてみるのも選択肢と言えます。

ただ、当ブログ管理人の個人的見解としては、好ましくない方法だと考えます。

というのも、親に依存してしまうと、

  • そのままニートになる
  • 引きこもりになる
  • 社会復帰できなくなる

などの問題に発展する可能性があるからです。

期間限定で依存するのは良いかもしれません

生活保護を受給する

こちらも、あまり好ましくない方法ではありますが、生活保護を受給することで働かずに生きていくこともできます。

ただし、生活保護は条件も厳しく、受給するのは簡単ではありません。

おすすめできる方法ではありませんが、手段としては一応あるのでご紹介だけしておきます。

専業主婦(主夫)になる

現在、交際している方がいるのであれば、そのまま専業主婦(主夫)になってしまうのも選択肢の一つです。

結婚して家庭に入ることができれば、仕事をせずに済みます。

ただし、こちらの選択肢も女性であれば実現できる可能性はあるかもしれませんが、男性だと今の日本ではなかなか難しいでしょう。

例え女性であっても、今は共働きが当たり前になっているので、男性一人のお給料だけに依存するのは危険です。

なるべく経済的に自立した存在であることを意識し、今後のキャリアについても考えておくことをおすすめします。

田舎に移住する

できるだけ働かずに生きていきたいと思うのであれば、生活費を落とすことを最優先で考えていくべきです。

生活コストを落とす上で重要なのが、家賃を下げることでしょう。

田舎に移住することで、移住手当などが支給されることも多いです。

また、田舎であれば家賃も安く、一人暮らしであれば1~2万円の家賃で生活できることも珍しくありません。

もし、なるべく働かなくても良い生活を求めているのであれば、田舎暮らしも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

仕事をしたくない30代向けの現実的な対策

上記では仕事をしたくない30代の方に向け、その方法について解説しました。

しかし、正直なところ、働かずに30代を過ごすのは難しいと思います。

専業主婦(主夫)になるのが一番現実的な方法だと思いますが、正直それでも運要素が強いです。

そこで、僕が考える現実的な対策についてご紹介します。

少しずつ不労所得を作る

個人的には30代で全く仕事をしないというのは現実的な方法だとは思えません。

ただし、どうしても働きたくない、仕事をしたくないというのであれば、少しずつ不労所得を作っていくのはいかがでしょうか。

実際、不労所得と言ってもさまざまな方法があります。

ざっと挙げてみるだけでも、

  • 不動産
  • 株式投資やFX
  • ブログ

などがあるでしょう。

この中でもブログは僕個人も運営しており、2年ほどかかっていますが月10万円の副収入を達成しています。

副業で稼ぐ

上記の通り、不労所得を作っていくという方法もかなり現実的だと思いますが、そもそも株式投資や不動産などは元手がないと開始することすらできません。

まずは元手となるお金を作り出すことが必要になります。

そのためには、今の仕事以外にも副業で元手を作っていくことが大切です。

今ではネットで手軽に稼ぐことができる副業も増えました。

  • WEBライティング
  • WEBデザイン
  • プログラミング

など、ネットスキルを駆使すれば副業でお金を稼ぐのも難しくありません。

本業と合わせて別でお金を稼ぐ手段を見つけ、収入源を増やしてみてはいかがでしょうか。

向いてる仕事を探す

個人的に一番おすすめなのは、向いてる仕事を探すことではないかと思います。

というのも、いくら働きたくないと考えていても、正直全く働かないのは難しいです。

そうであるならば、なるべく自分に向いてる仕事を探して就職するのが良いと思います。

実際、仕事をしたくないというのも、

  • 自分に向いてない仕事をしている
  • 適職に就職できていないだけ
  • 本当は自分でも気がついていないやりたいことがある

といった問題が隠れていることが多いです。

こうしたことから、当ブログでは働かないのではなく、まずは自分に合った仕事探しを推奨しています。

仕事をしたくない30代が自分に合った職業を見つけるには?

では、仕事をしたくない30代が自分に合った職業を見つけるためにはどうすれば良いのでしょうか。

ここでは、自分に合った職業を見つける方法についてご紹介します。

自己分析を徹底する

まずは、自己分析をしっかりと行いましょう。

そもそも、仕事をしたくないと30代で感じる原因は、自分自身に対する理解を深められていないということも要因の一つです。

  • やりたいことを書き出す
  • 得意・不得意について考えてみる
  • 今後のキャリアを計画してみる

などについて深掘りして考えてみてはいかがでしょうか。

このようなことを考えることで、自分が本当にやりたいことが見えてきます。

もし、自分だけで分析するのが難しい場合は、以下のアプリやコーチングサービスなども活用してみてください。

キャリア診断アプリを活用する

現在ではAIによるキャリア診断が行えるアプリも登場しています。

キャリア診断アプリVIEWを活用することで、あなたに最適な仕事を見つけることが可能です。

  • 3分程度でキャリア診断ができる
  • 今から受けられる企業が一目で分かる
  • 完全無料で利用できる

など、利用するハードルも低く、手軽に診断できるのが最大の魅力と言えます。

まずは自己分析のツールとして活用してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

キャリアコーチングを受けてみる

  • 仕事はしたくないけど、転職すべきか分からない
  • 自分に向いてる仕事が何か分からない
  • 誰かに悩みを聞いてほしい

など、根本的なお悩みを抱えている方も少なくないでしょう。

もし、このような特徴に当てはまっているのであれば、キャリアコーチングを利用してみるのがおすすめです。

コーチングを受けることで、今後のキャリアや適職についてさまざまなアドバイスがもらえます。

今後の人生を考えるきっかけにすることができるでしょう。

ポジウィルなどのサービスでは、無料カウンセリングも行われていますので、まずはお気軽に申請してみてはいかがでしょうか。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

転職サポートサービスを利用する

今の仕事に少しでも不安を抱えているのであれば、転職エージェントなどのサービスを利用してみましょう。

転職エージェントなどに登録すれば、無料であなたに合っている仕事を紹介してもらえます。

また、エージェントの方と相談しながら適職について考えることができるため、第三者の冷静な意見も聞くことができます。

こちらも無料で利用できるため、まずはアカウントの登録から始めてみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

仕事したくない30代の特徴は?

仕事をしたくないと感じている30代の方には、一定の特徴があります。

ここでは、具体的な特徴について解説していきましょう。

今の仕事に向いてない

仕事がしたくないと考える30代は、仕事そのものがしたくないというわけではなく、”今の仕事がしたくない”と思っている人が多いです。

つまり、現在の仕事が向いてないというだけで、別の仕事であれば生き生きと働くことができる可能性があります。

そもそも、あなたが仕事をしたくないと考える理由とはなんでしょうか。

  • 今の仕事に対しての不満
  • 本当にやりたいこと
  • 自分に向いてると思える仕事

など、自分自身についてもっと深掘りしてみることで、これからどう生きていくべきかが見えてきます。

なんとなく辛いと悩むだけではなく、これからどうするべきかについて考えを巡らせる方が賢明でしょう。

今後のキャリアを意識できていない

将来の夢や、今後の計画について考えたことはありますか?

目の前の仕事をこなすだけでは、やる気がなくなってしまうのは当然のことです。

  • 将来は独立したい
  • 3年以内に〇〇のスキルを習得する
  • 年収800万円を超えたい

など、明確な目標を定めてみましょう。

キャリアについての計画を決めることで、そこから逆算して目の前の仕事を頑張れるようになります。

短期的ではなく、長期的な目標を考えてみてはいかがでしょうか。

行動力がない

仕事をしたくないと考えていても、目先の仕事がなくなることはありません。

お金がなければ生きていけませんし、嫌だと思っても明日はやってくるんです。

しかし、だからと言って耐えるばかりでは辛いでしょう。

現状を変えるためには、行動していく必要があります。

辛い、やりたくないと嘆くばかりではなく、

「どうすれば現状を変えられるか?」

という視点を持ちましょう。

そして行動するんです。

それが転職であれ、自己分析であれ、どんなことでも構いません。

行動することで、今後の人生は大きく変わります。

自分に行動力が足りないという方は、まずは小さな一歩を踏み出しましょう。

キャリア診断アプリを使って自己分析してみることでも良いです。

それだけで、あなたの人生を変えるきっかけにすることができます。

仕事をしたくない30代の注意点は?

現在、仕事をしたくないと感じている30代の方は、以下の点に注意しましょう。

勢いで退職しない

まず、いくら仕事をしたくないからと言っても、勢いで退職してしまわないことをおすすめします。

憂鬱な気持ちで毎日仕事をしていると、どうしても感情に任せて辞めたいと思いがち。

しかし、無計画に仕事を辞めても、その後の人生がうまくいく保証はありません。

勢いに任せて仕事を辞めるのは絶対にやってはいけないNG行為と言えるでしょう。

視野を狭めない

あなたは、次のように考えていませんか?

  • この仕事が勤まらなければ、他もむり
  • 仕事ができないのは、自分の努力不足
  • 次の仕事もきっとうまくいかない

もし、このようにお考えであれば、それは大きな間違いです。

職種によっても状況は異なりますし、今の仕事が合わなくとも別の仕事で同じことになるとは限りません。

転職することで、毎日が楽しくなることも大いにあり得るでしょう。

今の仕事以外にも選択肢があるということを忘れないでください。

まとめ

今回の記事では、仕事をしたくないと考えている30代の方に向けて具体的な対策をご紹介しました。

30代は何かと悩みも多く、仕事をしたくないと感じることも多いかもしれません。

しかし、今の仕事が合わないからと言って他の仕事もうまくいかないということではないです。

視野を広げ、選択肢を多く持つことで人生も豊かになります。

今回の記事を参考にして、今後どうすべきかよく考えるようにしてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました