仕事を逃げたい30代の方へ。上手で効率的な転職方法を徹底解説!

仕事から逃げたい30代 退職

今の仕事から逃げ出したい、転職をしたいと考えている30代の方はいらっしゃいませんか?

30代になると仕事も覚えて会社の仕組みも理解してくる年代だと思います。

また、同時に今後のキャリアに関しても現実的に考え出す年代ではないでしょうか。

現在、転職の平均年齢は26歳から34歳と言われております。

そういう意味でも30代で今の仕事を辞めて、転職を考えられる方は多いでしょう。

今回の記事では上記の様なことを考えられている方へ、上手で効率的な転職方法を丁寧にご説明いたします。

この記事を読めば分かること
  • 30代が仕事から逃げてはいけない場合とは?
  • 30代が今の仕事から逃げてもいい場合とは?
  • 今の仕事から上手く逃げる方法
  • 今の仕事から逃げた場合のリスクについて
  • 効率的な転職方法とは?

仕事から逃げたい30代の方に上手な逃げ方をご紹介します

30代が仕事から逃げてはいけない場合

30代が仕事から逃げてはいけない場合

誰しもが一度は今の仕事から逃げたいと思ったことはあると思います。

ただ、逃げてもよい理由と、逃げてはいけない理由に分かれるでしょう。

この項目ではどの様な場合・理由の時には逃げてはいけないのかを説明いたします。

  • 転職して間もない状況
  • 朝起きれない等の非常識な理由
  • 瞬間的な感情で勢いに任せてしまう場合
  • 分相応を理解出来ていない場合

転職して間もない状況

現職も転職をしたばかりの場合、すぐに辞めるという判断は後悔につながる可能性があるでしょう。

理由としては転職したばかりの状態であれば仕事やその会社の仕組みも理解していない時期かもしれません。

また、転職先では実績も成長もない時期でもあります。

その様な状況で、転職先の仕事が自身に合わないと判断をして転職をしてしまうと、逃げ癖がつく原因にもなるでしょう。

その為、転職して間もない状況の場合はすぐに逃げるのではなく、仕事や会社の仕組みを学び、自身の成長に力を注ぐことがおすすめです。

就職したての場合、もう少し続けた方が良いかも?

朝起きれない等の非常識な理由

朝起きられないであったり、上司からミスを指摘されるのが嫌だという理由で今の仕事から逃げることもおすすめしません。

理由としては今の仕事から逃げて、転職をしても上記のことは解決しないからです。

どこの会社に行っても起こり得ることが理由で転職をしても同じことを繰り返すだけなので、今の職場にいるうちに上記の様なことは工夫をして改善していきましょう。

あまりに非常識な理由で辞めるのもNGです

瞬間的な感情で勢いに任せてしまう場合

仕事がうまくいかなかったり、理不尽な理由で上司から叱責されると、ご自身の中で憤りを感じることでしょう。

ただ、その憤りの感情を抑えきれずに、衝動のままに退職をすることはおすすめできません。

理由として、一時の気分だけで退職をしてしまうと、後々冷静になった時に後悔をするからです。

仕事に関することで激しい憤りを感じたときの発散方法を自分なりに考え出して、感情をコントロールしてみてはいかがでしょうか。

その場の勢いで辞めてしまうと、後から後悔することになるでしょう

分相応を理解出来ていない場合

自身の能力が足りていないだけなのに「この仕事だから」「この会社だから」活躍できないと考えている方も、今の仕事から逃げるべきではありません。

理由としては自身の能力が足りていない場合、どこに行っても活躍をすることが出来ないからです。

まず、自身のことを過大評価せずに、適正な評価を出来るようにすることが先決です。

それが出来ない場合は、同僚や上司に聞いてみるのもよいでしょう。

今の会社で自身の能力を上げてからステップアップすることを強くおすすめします。

自分の能力が足りているかどうか、冷静に判断しましょう

30代が今の仕事から逃げてもいい場合

30代が今の仕事から逃げてもいい場合

先ほどの内容では、今の仕事から逃げ出してはいけない場合を紹介しました。

上記に対して今の仕事から逃げ出してもいい、または早急に逃げ出すべき状況を説明していきたいと思います。

  • 仕事が自分に合わない
  • 精神的に追い詰められて辛い
  • 自身のキャリアプランが描けない
  • 現在の会社の待遇に不満がある
  • 自身の夢がある

仕事が自分に合わない

今の仕事と自身の特性がどうしても合わないことは往々にして起こり得ます。

考えつく限りの工夫をしたり、上司からのアドバイス通りにしても、うまくいかない場合は異動願いの申告や転職を検討してもよいでしょう。

そのまま自身の特性に合わない仕事を続けてもキャリアアップには繋がりません。

それであれば、異動なり転職なりをすることで自身の特性に合った仕事をしていくべきです。

精神的に追い詰められて辛い

会社内での人間関係が自身に合わないであったり、上司から激しいハラスメントを受けていて、精神的に追い詰められているという場合はすぐに今の仕事から逃げるべきです。

理由としてはストレスで精神をすり減らし、最悪の場合、うつ病や適応障害を発症してしまうからです。

うつ病や適応障害を発症してしまうと働くことが出来なくなります。

そうなる前に今の仕事から逃げて、自身の休養に当てたり、転職をして環境を新しくしてみましょう。

精神的に病んでいる方などは、早めに環境を変えてしまう方が良いです!

自身のキャリアプランが描けない

今の仕事を続けても、自身が思い描いていたキャリアプラン通りに進まないことが往々にしてあります。

もし、自身が努力をして上司等に働きかけても変わらない場合は転職を検討してもよいかもしれません。

時間は有限ですので、自身のキャリアプランで、今の仕事を継続することが困難になっている場合はすぐに転職活動することを強くおすすめいたします。

今の会社でどれだけ頑張ってもうまくいきそうにないと思うのであれば早めに転職しましょう

現在の会社の待遇に不満がある

30代になると結婚をしたりで生活が大きく変化する年代だと思います。

今までは自分一人だったからこそ給料が多少低かったりでも続けていたかもしれませんが、配偶者が出来ればそうも言っていられません。

ただ、今の会社で給料が大きく上がる見込みのない場合は、今の会社よりも給料が高かったり、高待遇な会社への転職を検討してもよいと考えられます。

もし、ご自身でその様な会社を見つけられないという場合は、一度転職エージェントに相談することをおすすめします。

会社の待遇に不満がある場合、一度転職先を探してみるのも良いでしょう

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

自身の夢がある

元々、描いていたキャリアプランを大きく変更するという理由で、今の仕事がネックとなっている場合は退職をしてもよいでしょう。

理由としては人生一度きりです。

自身の夢への情熱を抑えて、今の仕事を続けてしまうと必ずあとから後悔かもしれません

その為、自身の夢がある場合は失敗を恐れずにチャレンジをする方がよいと思います。

ただし、あまりにも無謀な夢の場合は周囲に相談をするなりして一度冷静になりましょう。

他にやりたいことがある場合、トライしてみるのも選択肢です

今の仕事から上手く逃げる方法

今の仕事から上手く逃げる方法

それでは今の仕事から逃げるにはどうすればよいでしょうか?

何もかも放り投げたいという気持ちはよくわかりますが、そのようにバックれるような辞め方は後々のトラブルに繋がりかねませんので上手な逃げ方とは言えません。

この項目では上手な逃げ方をご説明します。

  • 異動願いを出す
  • 長期休暇を取る
  • 休職を申し入れる

異動願いを出す

今の会社は気に入っているものの現在の仕事に不満があったり、ご自身と合わない場合は異動願いを出すことで解決するかもしれません。

大きな会社であればある程、さまざまな部署がありますのでご自身と合う仕事がある可能性は高いと考えられます。

いきなり転職をしてしまうと人間関係も一から築くことになるので大変です。

その為、まずは異動願いを検討してもいいかもしれません。

まずは部署異動を検討してみましょう

長期休暇を取る

もし今の仕事が忙し過ぎて逃げたいと考えている場合は、有給休暇を使って長期休暇を取ることで解決するかもしれません。

誰しも日々の仕事が忙しくなり、疲れも蓄積するとその瞬間は仕事から逃げたくなるものです。

ただそこで逃げてしまうと後々、後悔する可能性が出てくるでしょう。

その為、長期休暇中は仕事のことを一切忘れて、自身の休養に注力するほうが望ましいです。

一度仕事から離れて、ゆっくり休んでみてはいかがでしょうか

休職を申し入れる

もし現在、精神的に追い詰められており、辛いと感じる場合は休職をしてじっくり考える時間を作ると解決するかもしれません。

現在の職場に留まるのか、転職をするのかはご自身の人生に大きく関わることです。

精神的に追い詰められている状況では正しい判断も出来ません。

その為、一度休職をして精神的、肉体的な休養を取る様にしてみましょう。

その上でその休職期間中に今後のご自身の人生を考えることがおすすめです。

休職制度が設けられている会社であれば、利用してみるのも良いでしょう

どうしても辛いなら退職代行を利用しよう

もし上記の方法に関して上司が認めてくれない、上司からの過度なハラスメントで限界という場合は、退職代行を利用すると解決するかもしれません。

退職代行を利用すれば上司や会社の人と顔を合わせることなく退職が出来ます。

又、退職の際の法律に則った形で退職交渉をしていただけるので、後々のトラブルにもなりません。

その為、精神的に辛かったり、どうしても上司との折り合いが合わないことも考えられます。

退職の意思をご自身の口から伝えられない場合は、退職代行の利用を検討してみましょう。

どうしても自分の口で退職を伝えられないのであれば、退職代行を利用しましょう

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

転職を考える

もしあらゆる面で退職をしないと、ご自身の問題は解決しないのであれば、退職を考えるのも一つの逃げる手段です。

そして退職とセットになってくるのが転職です。

転職活動は現在の仕事をしながら、平行して進めることをおすすめします。

ただ現在の仕事と平行して転職活動を進めるのはかなりの労力を必要とするでしょう。

その場合は転職エージェントに登録をして、プロの転職アドバイザーに相談しながら、転職活動を進めるのがおすすめです。

転職エージェントは無料でプロのアドバイスを受けられるので、登録しておくのがおすすめです!

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

今の仕事から逃げた場合のリスク

今の仕事から逃げた場合のリスク

上記では今の仕事から上手に逃げる方法をご説明しました。

ただ今の仕事から逃げる場合はリスクも付き物です。

それでは今の仕事から逃げた場合、どの様なリスクがあるのでしょうか。

この項目ではそのリスクをご説明します。

リスクを頭に入れた上で、それでも今の仕事から逃げた方がご自身にとってよいかどうかを判断してみてください。

  • 一から仕事を覚える必要がある
  • 現状より劣悪な仕事環境になる可能性がある
  • 収入が入ってこない状況になりえる
  • 転職活動で不利になる可能性がある
  • 逃げたことが一生の後悔に繋がる可能性がある

一から仕事を覚える必要がある

異動をするにしても、転職をするにしても、今の仕事内容から大きく変わることになります。

そうなると当然、一から新しい仕事を覚える必要があるのです。

たとえば若いうちであれば吸収力も高いので、そこまで苦ではないかもしれません。

ただ、30代以降になってからまた一から仕事を覚えるというのは、モチベーション的に苦労する可能性があります。

仕事を最初から覚えなければならないリスクがあります

現状より劣悪な仕事環境になる可能性がある

今のご自身の問題を解決する為に今の仕事から逃げたのに、よりいっそう劣悪な仕事環境になることもあります。

たとえば異動等でご自身の在籍している会社内での話であれば、先に周囲から話を聞くことが出来るので、この様なことは起こりにくいです。

ただ、転職となれば転職先がどのような職場環境かは入ってみないとわかりません。

この様な理由から、転職の場合は現在の仕事環境よりも劣悪になる可能性があることを頭に入れておくべきでしょう。

もしかすると、転職して今よりも過酷な環境になることもあり得ます

収入が入ってこない状況になりえる

もし次の転職先が決まっていない状態で退職をしてしまうと、次の転職先が決まるまでは一時的に収入が入ってこないという状況にもなりえます。

また転職をしたら収入が減ってしまう可能性も大いに起こりえます。

その為、出来れば次の転職先を決めた上で退職をすることがおすすめです。

ただし、もし精神的に限界な状況であれば、そうも言っていられませんので、ご自身の状態に合わせた選択が必要になってくるでしょう。

退職してから転職するのではなく、働きながら転職活動を行うのがおすすめです!

転職活動で不利になる可能性がある

現在の会社を逃げる様な形で転職をしてしまうと転職活動での印象が悪くなることもあります

とくに同じ業界となると情報が回るのも早いので同業界内での転職はハードルが上がることを理解しましょう。

その場合は「自身の反省するべき点はなんだったのか」「どういう原因で逃げてしまい、今後はどうしていくのか」を面接ではしっかりと話せる様にしておくべきです。

そうすることで悪い印象を薄めることができます。

退職の仕方が悪いと、転職活動で不利になってしまうことも!

逃げたことが一生の後悔に繋がる可能性がある

もしあの時に会社を辞めてなければ、あの時逃げるべきでは無かったんじゃないかと、逃げたことが一生の後悔につながる可能性があります。

当たり前のことですが、逃げる様に退職をした会社に一生戻ることは出来ません。

その為、もし今の仕事から逃げる場合はその点も考えた上で選択をしてください。

その場合は決してご自身だけで考えるのではなく、同僚や親、友達に相談をした上で決断することをおすすめします。

本当に仕事を辞めても良いのか、しっかりと考えた上で行動しましょう!

相談する人がいない場合、転職エージェントのコンサルタントに相談してみるのも良いです。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

失敗しないための転職方法とは?

失敗しないための転職方法とは?

現在の仕事をしながらご自身で転職活動をするのは相当大変です。

また現在の会社よりもよい会社に転職しないと、ご自身の人生を満足にすることは出来ません。

この項目では現在の仕事をしながらでも効率的に、そして上手に転職する方法をご説明します。

  • 転職エージェントを使うメリット
  • 転職エージェントを使うデメリット
  • 転職エージェントの上手な使い方

転職エージェントを使うメリット

転職活動を行う際は転職エージェントに登録をするのがおすすめです。

転職エージェントに登録をすることで、ご自身の希望をプロの転職アドバイザーに伝えた上で最適な企業を選択して紹介してくれます。

また、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策、HP上では知り得ない企業情報等を教えて貰えるので転職活動にも有利に働くでしょう。

更に転職先の内定後に企業と待遇や条件等の交渉もしていただけるので、ぜひ利用してみるべきです。

そして上記すべてのサービスを無料で利用出来ますので登録だけでもしてみるとよいでしょう。

転職のサポートをしてもらえる上に、無料で利用することが可能です

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

転職エージェントを使うデメリット

ただ転職エージェントを利用する際のデメリットもあります。

転職エージェントは転職希望者を企業に入れることで企業から報酬を貰っています。

その為、担当のアドバイザーによってはご自身の希望とは違う転職先ばかりを紹介してくる可能性もあるでしょう。

また言葉巧みに転職することを煽ってくる場合もあります。

その場合はしっかりとご自身で考え、判断して希望通りの企業でなければキッパリと断るべきです。

もし、自分の希望と異なっていればキッパリと断るのが良いでしょう

転職エージェントの上手な使い方

現在、転職エージェントも大小さまざまな企業があります。

そして、転職エージェントごとに紹介して貰える企業も違います。

そのため、転職エージェントを利用する際は、複数社登録しておくことがおすすめです。

転職をする際は、多くの選択肢を持っておくことが大切になってきます。

そしてその選択肢の中から一番ご自身に合った企業を選んで転職をする様にしましょう。

転職エージェントは複数登録しておくのがおすすめ!

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

まとめ

今回の記事では今の仕事から逃げたい時にどの様な状況なら逃げるべきかをご説明しました。

ただし、ご自身の健康が一番ですので、もしこの状況に当てはまらなくてもご自身の健康被害がある場合はすぐに逃げるべきです。

また転職をする際は転職エージェントに登録をして、転職活動に関してはすべて転職エージェントに一任するのが効率的でしょう。

同じ逃げるのでも上手にそして効率的に逃げることがおすすめです。

今の仕事から逃げたいと考えている皆さまが明るい未来に羽ばたけることを心からお祈りいたします。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました