会社に行きたくない40代の対策6選!どうしても辛いあなたへ

会社に行きたくない40代 退職

40代は年代的にも悩みの多い時期です。

中には管理職となり、様々なストレスと戦っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、20代、30代とは異なり体力面でもキツさを感じてしまう方も多いでしょう。

今回の記事では、会社に行きたくない40代の方に向けて、具体的な対策を解説します。

この記事を読めば分かること
  • 会社に行きたくない40代が行うべき対策は?
  • 会社に行きたくない40代。その理由とは?
  • 40代が転職を成功させるコツは?
  • 40代におすすめの転職エージェントは?

会社にどうしても行きたなくない40代の方に向けて解説します!

会社に行きたくない40代が行うべき対策は?

会社に行きたくない40代が行うべき対策は?

では、早速結論ですが、今現在会社に行きたくないと感じている40代の方は、次のことを実践してみると良いでしょう。

  • 趣味に没頭する
  • 一旦仕事を休む
  • 部署異動を申請する
  • 何が嫌なのか紙に書き出す
  • 信頼できる人に相談する
  • 転職先を探す

趣味に没頭する

まず、仕事を辞めない方向での解決策をご紹介します。

行きたくないと感じているものの、退職するほどでもないのであれば、没頭できる趣味を作ってみてはいかがでしょうか。

普段の仕事があまりに忙しいと、自分の時間を持つこともできないでしょう。

しかし、時間をどうにか作って一人の時間を楽しむことも大切です。

スポーツやアウトドアなど、開放的な趣味があればそれだけで心もスッキリするはず。

もし、やりたいと思える趣味が今のところないのであれば、見つけるところから始めましょう。

仕事を忘れて、大好きな趣味に没頭してみてはいかがでしょうか

一旦仕事を休む

次に、明日会社に行くことができないくらいに精神が追い詰められているのであれば、一旦仕事を休むことも大切です。

もし、次のような症状があればすぐに休みましょう。

  • 理由もないのに涙が出てくる
  • 死にたいと思う時がある
  • 朝、職場に行く前に吐いてしまう
  • 一睡もできないほど病んでいる

このような症状が出ている場合、うつ病や適応障害を発症している可能性があります。

すぐさま病院に行くのがおすすめです。

また、そうした症状がある方は即日で退職できる方法もあるため、以下の記事を参考にしてください

うつ傾向にあるなら、すぐさま病院に行ってください

部署異動を申請する

会社にいくつか部署があり、申請することで部署を異動できるのであれば部署異動を願い出るのも選択肢の一つです。

部署によっても仕事内容や忙しさ、関わる人間も大きく変わります

部署が異なると、もう別の会社であると言えるでしょう。

そのため、今の部署でうまくいっていなくとも異動すれば円滑に仕事を進められる可能性があります。

もし、どうしても辛いのであれば人事異動を願い出てみてはいかがでしょうか。

人事異動ができそうであれば、願い出るのも選択肢の一つです!

何が嫌なのか紙に書き出す

ここからは転職も視野に入れた対策を解説していきます。

何がそんなに嫌なのか紙に書き出してみましょう

会社に行きたくないと言っても、人によってその理由は異なるはず。

会社に行きたくない理由は?
  • 職場の人間関係が辛い
  • 労働時間が長すぎてきつい
  • もっと他の仕事がしてみたい
  • 給料が安すぎる

など、何が嫌なのかによっても行うべき対策は異なります。

もし転職する場合には、このようなことが明確になっていないと具体的な対策が取れません。

そのため、転職をお考えの場合には事前に理由をはっきりとさせるのがおすすめです。

また、こうしたことを書き出すだけでも精神的に楽になるでしょう。

何が嫌なのか紙に書き出して、気持ちを整理させましょう

信頼できる人に相談する

転職を視野に入れるのであれば、上記でまとめた辞めたい理由について、信頼できる人に相談するのが良いでしょう。

自分一人だけではなく、第三者の意見を聞いてみてより客観的に判断するのが大切と言えます。

ただし、この際に注意すべきなのはなるべく「転職経験者」に聞くことです。

なぜなら、転職したことがない人に相談しても、ほぼ確実に以下のように言われるからです。

転職したことがない人に多いアドバイス
  • ここまで頑張ってきて辞めるなんてもったいない
  • あと少しだけ頑張ってみたら?
  • 他の職業なんて勤まるはずがないよ
  • 定年まで続けようよ

など、転職したことがない人は確実にこうした意見を言ってきます。

そのため、できるだけ転職したことがある人や、専門の知識を持った人に相談するのがおすすめです。

もし相談できそうな人がいないなら、以下で解説する転職エージェントに相談するのが良いでしょう

転職のことは、なるべく転職経験者に相談するのがおすすめ!

転職先を探す

現状、会社に行きたくないと思っているのであれば、今のうちから転職先を探しておくのがおすすめです。

今すぐ転職しなくとも、転職先を探すことには以下のようなメリットがあります。

転職先を探しておくメリットとは?
  • 今の職場以外にも働ける場所があることを知れる
  • 自分の市場価値を正しく認識できる
  • 業界に詳しいコンサルタントのカウンセリングが受けられる
  • 転職する際には日程調整や文章添削などのサポートが受けられる

このように、すぐさま転職しない場合でも市場価値の分析や転職先のリサーチが可能です。

そして、こうしたことを行えば視野も広がり、精神的にも楽になるでしょう。

登録は無料で行えるため、気になる方は以下のリンクから登録しておくのがおすすめです。

会社に行きたくない場合は、転職先を探しておきましょう。

会社に行きたくない40代。その理由とは?

会社に行きたくない40代。その理由とは?

会社に行きたくないと感じている40代の方は非常に多いです。

その具体的な理由には以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • 人間関係が辛い
  • 管理職になりストレスが掛かる
  • 労働時間が長すぎる
  • 給料が安い
  • やりがいを感じない
  • 理由もないけど辛い

人間関係が辛い

まず、多くの社会人が悩んでいる内容として、人間関係が挙げられるでしょう。

どの職場でも同じですが、特に40代は人間関係に悩みやすい時期です。

上は50代の上司、下は20〜30代の部下の板挟みとなり、様々な人に気を遣わなくてはなりません。

そうした気疲れから、会社に行きたくないと感じている方も多いようです。

様々な人間関係に疲弊し、もう会社に行きたくないと感じる方も多いです

管理職になりストレスが掛かる

40代になると、職場でも管理職や役職についている割合が増えます。

特にチームで行動する場合、部下達をまとめながら業務を遂行していかなくてはなりません。

しかし、これまでに経験したことがないとうまくコミュニケーションが取れず、悩んでしまう方も多いようです。

管理職ならではのストレスも、40代の大きな悩みの一つと言えるでしょう。

管理職となり、悩む方も多いようです

給料が安い

お金の面でも会社に不満を感じているという方もいます。

長年働いてきたにもかかわらず、思っていたよりも給料が上がらなかった、という方も多いです。

また、50代になるともう転職できないと感じている方も多く、転職するなら今しかないと思って転職に踏み切る方もいらっしゃいます。

仕事は今の職場だけではないので、適正な給料をもらっていないと感じるのであれば、他の職種も検討してみるのが良いでしょう。

収入面で不満に思っている、という方も・・・

やりがいを感じない

40代になると一通りの仕事を覚えており、管理職などについている方も多い年代です。

しかし、それゆえに仕事が作業化してしまい、次第にやりがいを感じなくなっている方もいらっしゃいます。

毎日が同じことの繰り返しになってしまうと、会社に行きたくないと感じるのも無理はありませんよね。

やりがいを感じない仕事なので、行きたくないと思っている人も多いです

理由もないけど辛い

このほかにも、特筆すべき理由はないものの、ただなんとなく辛いという方もいらっしゃいます

理由がないけどなんとなく辞めたいと感じているケースは、自分自身何が原因なのか分かっていない可能性が高いです。

こうした状態にあるとどのように問題を解決したら良いか分からないので、上記でも解説したように辛いことを箇条書きにしてみるのが良いでしょう。

自分の状態を可視化できれば、心理的にも落ち着くはずです。

理由が分からない時は、まず自分の気持ちを整理してみるのがおすすめです!

会社に行きたくない40代が転職を成功させるコツは?

会社に行きたくない40代が転職を成功させるコツは?

40代からの転職を成功させるためには、コツを押さえることが大切です

事前に以下のことを理解しておくようにしましょう。

  • 家族に相談した上で判断する
  • 働きながら転職活動するのがベスト
  • 転職サポートを受けられるサービスを利用する

家族に相談した上で判断する

まず、家族とよく相談した上でどうすべきか決めるようにしましょう。

間違っても、一人だけでいきなり決断してはいけません。

  • 今後どうしていきたいのか
  • 転職先はどのような業種か
  • 生活面はどうするのか
  • お金の計画

など、様々なことを話し合っておくことが大切です。

40代の方は、すでに世帯を持っている方も多いでしょう。

そのため、自分だけの人生ではないということを理解しておく必要があります

仕事を辞めても支えてくれるのは家族です。

独りよがりな判断をせず、よく話し合ってから決めるのが良いでしょう。

必ず家族と話し合ってから決めましょう!

働きながら転職活動するのがベスト

次に、必ず働きながら転職活動を行うようにしましょう。

なぜなら、一度退職してしまうと以下のようなデメリットがあるからです。

退職してから転職活動を行うデメリット
  • 金銭的な不安を感じながら転職活動しないといけない
  • 無職というレッテルを貼られる
  • 精神的に辛いので、転職先を妥協してしまう

このように、金銭面での不安がのしかかって来ます。

毎月の収入がなくなるというのは、想像しているよりもはるかに辛いものです。

「仕事辞めてもなんとかなる」という考えの方もいますが、そんなに甘いものではありません。

また、“無職”というレッテルを貼られるのは世間体的にもかなり辛いです。

そうしたプレッシャーから転職先を妥協してしまい、さらに過酷な環境となってしまう可能性もあるでしょう。

このようなことにならないためには、なるべく働きながら転職先を探すのがおすすめと言えます。

転職活動は働きながら行うのがおすすめです!

転職サポートを受けられるサービスを利用する

上記では働きながら転職先を探すことがおすすめと解説しました。

しかし、

そんなの忙しくてできるわけがない

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、一人で転職活動と現職を同時進行するのはかなり辛いです。

しかし、今では転職エージェントを活用することで働きながら転職することができます

転職エージェントを活用するメリット
  • 面接のスケジュール管理をしてもらえる
  • 企業対策も相談できる
  • 自分に合った非公開求人も紹介してもらえる

など、利用するメリットは大きいのです。

また、全て無料で利用できるので、金銭的な不安を感じる必要もありません

これから転職を検討しているのであれば、まずは登録しておくのが良いでしょう。

働きながら転職活動をするなら、転職エージェントの活用は必須です

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

40代におすすめの転職エージェントは?

40代におすすめの転職エージェントは?

では、ここからは40代の方におすすめの転職エージェントをご紹介します。

40代で転職するならリクルートエージェントがおすすめです。

ここでは、リクルートエージェントに登録する魅力をご紹介します。

  • キャリアやスキルを見て求人を紹介してくれる
  • 各業界を熟知したキャリアアドバイザーにサポートしてもらえる
  • 非公開求人が圧倒的に多い

キャリアやスキルを見て求人を紹介してくれる

リクルートエージェントの強みは、保有案件数、転職決定実績の両方が日本一であるということです。

国内トップとの評判も多く、最大手の転職エージェントとなっています。

抱えている求人数が多いということは、利用者の年齢やキャリア、スキルなどを見て紹介してもらえるということです。

40代からの転職者も多く、状況に合わせた求人の紹介をしてもらえます

保有案件数、転職決定実績が日本一で、豊富な求人から選べます!

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

各業界を熟知したキャリアアドバイザーにサポートしてもらえる

リクルートエージェントには各種業界のことを熟知したキャリアアドバイザーが待機しています

40代の方は様々なことを経験しており、そうした豊富な体験についてヒアリングした上で最適な環境を紹介してもらえます。

また、未経験の業種にトライする場合にも意見をもらえるので、転職者が活躍しやすい環境を一緒に考えてもらえるのも魅力です。

40代からの転職を不安に感じていても、安心して転職活動を進めることができるでしょう。

キャリアアドバイザーに相談しながら、不安なく転職活動を進めることができます!

非公開求人が圧倒的に多い

このほかにも、リクルートエージェントには一般向けに公開されていない求人(非公開求人)の数が10万件以上用意されています。

すでに公開されている求人の中に行きたい企業がなくとも、自分に合った転職先を見つけられる可能性が広がるはずです。

実際、40代だからという理由で他社から断られてしまった方も、リクルートエージェントで転職先を見つけることができたというケースもあります。

登録は無料で行えるため、まずは以下のリンクから登録してみてはいかがでしょうか。

非公開求人が多く、キャリアに合わせた求人を探すことができます!

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

会社に行きたくない40代の注意点とは?

会社に行きたくない40代の注意点とは?

会社に行きたくないと感じている場合、注意すべきポイントも多数あります。

主に以下のことに気を付けるようにしましょう。

  • とにかく我慢するというのが一番ダメ
  • うつの傾向がないかチェックする
  • 逃げてはダメだ、と思わないことが大切

とにかく我慢するというのが一番ダメ

まず、とにかく我慢するのが一番いけないということを理解しておきましょう。

40代の方にありがちなのが、次のような考え方です。

  • この年で仕事を辞めるなんて情けない
  • とにかく頑張らないとだめだ
  • 仕事とは辛いのが当たり前だ

仕事が辛いという感情は、誰しもが感じることです。

そこに年齢は関係ありません。

ただひたすら我慢するだけだと、どんどん精神が追い込まれて行きます

今回の記事で解説したような対策を取ることが大切です。

とにかく我慢だけするのが一番ダメ!

うつの傾向がないかチェックする

これまでずっとストレスに晒されてきた場合、うつの症状があらわれているケースもあるでしょう。

あなたは、以下のような症状はありませんか?

  • 死にたいと思うようになった
  • 消えてしまいたいと思う
  • 明日会社に行くことを想像しただけで吐き気がする

仕事はあくまでも生きるためにするものです。

それなのに、自殺などをしてしまえば本末転倒。

嫌なら辞めても良いんです

最悪、退職代行を使うという選択肢もあります。

とにかく自分の命を一番大切に考えてください。

死にたいと思うくらいなら、逃げても良いんです!

逃げてはダメだ、と思わないことが大切

40代の方は、「とにかく逃げてはいけない」という思考に陥りがちです。

しかし、すでに精神的に追い込まれている場合、どれだけそこで頑張っても辛いだけです。

それよりも、自分の輝ける最適な環境に身を移した方が気持ち的にも楽に働けるでしょう。

まずは勇気を持って、自分らしく働ける環境を探してみてはいかがでしょうか

職場や業種を変えるだけで、輝くことはできます。まずは一歩踏み出す勇気が大切です。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

まとめ

今回の記事では、会社に行きたくない40代の方に向けて具体的な解決策を解説しました。

まとめ
  • どうしても辛いなら逃げても良い
  • 最悪退職代行を利用するという方法もある
  • 転職先を探しておくのがおすすめ
  • 転職するならエージェントを活用しよう

40代は何かと悩みのある年代だけに、転職や退職を決断する方も多いです。

とにかく我慢する、ということだけは絶対にやらないことをおすすめします。

今では転職エージェントのサービスも充実していますので、サポートをうまく活用して転職活動を進めるようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました