仕事に行きたくない40代のあなたへ。具体的な改善策とは?

仕事に行きたくない40代 退職

「仕事に行くのがしんどい」

「明日も会社にいくのが憂鬱」

このような辛い思いをしながら我慢して会社へ行ってる方がたくさんいると思います。

この記事では、40代で仕事に行きたくない場合の改善策・対処法を詳しく解説していきます。

この記事を読めば、憂鬱な毎日を打開する方法や、新しい選択肢を見つけることができるので、今よりも「生きがい」がある人生に出会えるはずです。

40代で仕事に行きたくない人の対処法6選

40代で仕事に行きたくない人の対処法6選

仕事に行きたくない原因は、人それぞれありますが、自分の行動・意識などを変えることで打開する事ができます。

対処法は以下の6つです。

  • 没頭できる趣味を見つける
  • 会社の同僚・家族などとにかく誰かに相談する
  • 会社を休む
  • 異動願いを出す
  • やりたいことリストを作ってみる
  • 自分に合う息抜きの方法を見つける

それぞれ見ていきましょう。

没頭できる趣味を見つける

「明日も会社へ行きたくない」と考えてしまうのは、自分の人生の中で「仕事」が占める割合が大きいことが原因です。

仕事以外に自分が没頭できる趣味を見つけると、その趣味をするためにお金を稼ごうと考え仕事を頑張る事ができるようになります。

40代の方におすすめの趣味は、釣り・ゴルフ・キャンプなどの自然に触れる機会が多い趣味がおすすめです。

自然に触れるとストレス解消にもなりますし、健康にもいいので、仕事を頑張る気力が湧いてくることでしょう。

会社の同僚・家族などとにかく誰かに相談する

自分で考えることももちろん大事ですが、時には、誰かに相談して悩みを聞いてもらうことも重要です。

家族に相談することによって、自分が同僚などには言えない弱音などを吐くことができるので、今よりも気持ちが軽くなることでしょう。

同僚に相談すると、自分と似たような悩みを抱えていたり、役職ならではの悩みなども話すことができるため、適切な解決策が出てくるかもしれません。

アドバイスが貰えなくても、自分が話すだけで楽になるので、「とりあえず話してみる」ことが重要です。

会社を休む

精神的・肉体的疲労の回復の為に、思い切って会社を休んでみましょう。

会社を休むと、自分を見つめ直す時間ができるので、将来の事や、自分が本当にやりたいことを考える事ができます。

「会社へ迷惑をかけるかも」と心配する方もいると思いますが、身体を壊して、長期休暇を取らないといけなくなる方が、迷惑をかけてしまいます。

時には、休んで、自分が抱えてる問題についてゆっくり考えることも重要です。

異動願いを出す

異動願いを出すことで、環境を変える事ができます。

環境を変えることで、仕事内容に飽きていたり、職場に刺激がないといった問題を解決することができるでしょう。

そのため、モチベーションアップにも繋がりますし、人間関係や職場内容を一新できるので、新たな知識やスキルを身につけることも可能です。

異動願いを出す場合、明確な理由が必要になるので、あらかじめ、自分の考えをまとめておく必要があります。

やりたいことリストを作ってみる

自分がやりたいことを、紙や携帯のメモに書き出し、1つずつ実行していくのを目標に生活してみましょう。

達成感や成功体験を得ることができ、自分の人生の刺激になります。

やりたいことは、仕事でも、プライベートでも大丈夫です。

自分が新しくやってみたいことが増えれば、リストを更新し、やりたくなくなれば削除してかまいません。

少しでも、毎日の人生が刺激的になることで、徐々に仕事への意欲が湧いてくるはずです。

自分に合う息抜きの方法を見つける

仕事をしていると、人間関係・会社からのプレッシャーなどで、ストレスが溜まっていくと思います。

仕事を続けるには、モチベーションの維持が重要です。

オリンピックに出ているような、スポーツ選手は、自分なりの息抜きの方法を確立しており、モチベーションを維持し続けてます。

そのため、会社に通い続けるには、自分なりの息抜きの方法を確立することが重要です。

息抜きの方法を見つけると、仕事の効率も上がり、会社からの評価も上がる可能性があります。

それでも改善できない場合の選択肢

40代で会社へ行きたくない人の対処法を紹介しましたが、それでも改善できない悩みを抱えてる方はたくさんいると思います。

そんな方向けに、選択肢を4つ紹介いたします。

それぞれみて行きましょう。

キャリアコーチングを受けてみる

「今よりも収入を上げたい」「もっとやりがいのある仕事をしたい」という方は、キャリアコーチングを受けることをおすすめします。

キャリアコーチングは、転職活動スタートまでは行かなくても、キャリアの悩みをプロに相談することができ、悩みの解決・将来の目標達成に繋がります。

キャリアコーチングは、「ポジウィルキャリア」がおすすめで、1分で無料カウンセリングの予約ができるので、まずはお気軽に相談してみることをおすすめします。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

転職してみる

「現状の業種があっていない」「職場環境が厳しい」という方は、思い切って転職してみるのも選択肢の1つです。

「40代で今から転職なんて厳しいだろ」こう考えてる方も多いと思います。

しかし、「転職エージェント」を活用することによって、自分1人ではできない部分をサポートしてくれます。

転職エージェントは、「リクルートエージェント」がおすすめです。

無料で登録する事ができ、高年収の仕事が多数あり、登録しておくだけでスカウトされる場合もあります。

試しに、無料登録してみることをおすすめします。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

資格・スキルを身につける

資格・スキルを身につけてキャリアアップを狙うのも選択肢の一つです。

近年グローバル化が進み、英語の需要が高まっています。

そのため、キャリアアップを狙うなら、「TOEIC」がおすすめです。

TOEICのスコアは、異動や昇進の要件に利用されていたり、転職する場合にも有利になります。

キャリアアップするための、スコア目安としては、600点以上とっておく必要があります。

TOEICのスコアを効率よく上げるために、スクールに通うことをおすすめします。

副業を始めてみる 

「今の人生を変えたいけど会社を辞める勇気は出ない」という方は、副業を始めてみるのも一つの選択肢です。

仕事を辞める必要もなく、将来的に独立を狙うことも可能なため、自分の人生の目標になるので、人生に張り合いができます。

特に、WEBライティングは、未経験でも始めやすく、始めるのにお金がかかることもありません。

当ブログを運営している私カケルは、未経験のライティングをサポートするメンター活動を実施しております。

まずは、お気軽に以下のリンクからお問い合わせください。

ライター完全育成プラン~ライティングに関するサポート~|プログラミング学習ならMENTA。メンターをつけて未経験から自走できるエンジニアになろう。
ライティング案件に関するお仕事をサポートいたします。質問プランと完全育成プランのそれぞれ用途に応じて選択していただけます。お仕事を獲得され、安定するまでは基本的に「完全育成プラン」をおすすめします。ポ....

40代で仕事に行きたくない人の理由とは?

40代で仕事に行きたくない人には、理由が存在します。

理由がわかっていないと、それぞれの対処法も見つけることはできません。

それぞれ紹介しているので、自分に当てはまる理由はどれか、探してみましょう。

仕事にやりがいを感じない

40代にもなると、大半の人が15年以上勤めているため、仕事に余裕が生まれて、安定して業務をこなせるようになります。

そのため、若い頃と比べて仕事に刺激が少ないと感じるようになり、自分の仕事にやりがいを感じなくなるのではないでしょうか。

その結果「毎日同じような毎日で自分はこれでいいのか」とさえ感じてしまい、その気持ちから、「会社に行きたくない」という気持ちが表れてしまいます。

このような場合、今の職場環境をガラッと変えないと改善は難しいでしょう。

職場の人間関係にうんざりしてしまう

職場の人間関係は、基本的に「仕事上の関係」がベースになっているため、「プライベートの人間関係よりめんどくさい」と感じてる方は多いと思います。

お互いの距離が近くなりすぎても、しんどいですし、遠くなりすぎたら孤立してしまい、業務に支障をきたす可能性があります。

そのため、「職場の人との距離を保つのがしんどい」と感じる方は、非常に大きなストレスになっていることでしょう。

さらに、パワハラやセクハラなどの嫌がらせを受けている人は、会社のことを考えるだけで、苦痛に感じてしまいます。

自分の頑張りが評価されない

自分は、頑張って成果を出しているのに、重要な業務に携われるポストが埋まっていたり、自分の頑張りが評価されないと仕事のやる気もなくなりますよね。

特に、向上心がある方は、何年も狙っていたポストに自分がつくことができなくなってしまったら、途端にやる気を無くしてしまうのも仕方がないです。

自分よりも成果を上げていない人が、自分よりもいいポストについている場合でも、やる気がなくなる原因になります。

役職につき責任が重くなる

40代になると、経験やスキルが評価され、責任のあるポジションを任される場合があります。

入社してから、昇進することをモチベーションに続けてきた人からしたら、すごく嬉しいことだと思います。

しかし、いざ役職についてみると、自分が想像していたよりも、責任が重くのしかかってきたり、会社からのプレッシャーに耐えれない人も、たくさん出てくるのです。

その結果、精神的な負担が増え、役職がない時の方が、よかったと考えるようになり、会社へいくのが憂鬱になってしまいます。

会社での拘束時間が長すぎる

40代になると、部下のマネジメントをしながら、自分の仕事もしないといけないという立場にいる方が、多いと思います。

その結果、20代・30代の時よりも仕事量が多くなるため、家に帰っても休まる時間は少なく、仕事のことを考えないといけません。

精神的にも、肉体的にも休まる時間が少なくなり、「会社へいくのが辛い」「仕事のことが頭から離れない」といった辛い状態になってしまいます。

この状態になると、「会社へ行きたくない」と思ってしまっても仕方ありません。

精神的・肉体的にきつい

40代になると20代・30代の時のように、身体の無理も効かなくなります。

朝から身体が重かったり、昨日飲んだお酒が体に残っていたりと、「30代の時は大丈夫だった」ことがどんどんできなくなくなるのです。

また、自分の業務内容も変わる時期なので、精神的な負担も増えて、メンタルも不安定になってしまいます。

そのような状態になると「会社へいく足取りが重い」「仕事のやる気が出ない」といったような精神状態になってしまうのです。

自分の限界が見えた

40代になると、自分が会社でどれくらいの立場で、これからどこまで行けるのかも大体見えてきます。

自分よりも年上の会社の先輩や上司をみると、「自分も数年後にはこんな感じになってるのか」と予測できてしまうことでしょう。

予測できる未来が、自分が思い描いていた未来ならいいのですが、そうじゃない場合、やる気がなくなったり、目標も見失ってしまいます。

これから先頑張っても、先が見えてる状態だと、やる気が出ず、「会社へ行きたくない」と考えてしまっても仕方がないです。

明日仕事に行くのが辛いあなたへ

この記事を読んでる方の中には、「明日会社へ行くのも辛い」と思っている方もいると思います。

そのような状態に陥ってる方は非常に危険な状態かもしれません。

そんな方に向けた対処法・気をつけるべき危険信号を紹介していきます。

危険信号に気をつけよう

「普段から落ち着かない」「劣等感に悩む」「悲観的になる」このような状態は特に危険です。

うつ病の可能性があり、1度病院に行くことをおすすめします。

うつ病の症状は、突然現れるわけではなく、徐々に進行していきます。

そのため、日頃から完璧を目指すのではなく、誰かに頼ったり、頑張りすぎないように、気持ちにゆとりを持つことが重要です。

「自分はまだ大丈夫」と考えるのではなく、周りの人に頼ることも選択肢の1つに入れましょう。

40代は肉体的にも精神的にも変化が多い

40代になると、体質が変化すると言われています。

疲れが溜まりやすくなったり、健康診断に引っかかり始めるのもこの時期からです。

そのため、30代の頃より、自分の身体を大事にしないと、身体を壊してしまう恐れがあります。

また、40代になると、元気だった両親が高齢になり介護が必要になったり、子供の教育費などで、何かと悩みが多くなる時期です。

そのため、肉体的・精神的にも変化が多く、大変な時期ですが、常に誰かに相談する、ストレス発散方法を見つけるなどして、対策して乗り越えていきましょう。

あまりに辛い時は退職代行も一つの選択肢 

「会社へ行くのがあまりに辛い」という方は、退職代行も1つの選択肢です。

生きていくために働くのではなく、「人生を豊かにする」ために働くことが、いちばん重要です。

今の職場環境が辛い、肉体的に限界という方は、無理をせず、退職代行を使ってスムーズに退職する方が、人生は豊かになります。

退職代行サービスってどんなものなの?という方は、以下の項目で、詳しく解説していきますので、それぞれ見ていきましょう。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

退職代行サービスとはそもそもどんなもの?

会社を辞める時は、1か月前に、上司に会社を辞める意志を直接伝える必要があります。

しかし、退職代行サービスを使うと自分で伝えることなく、会社を辞めることが可能です。

以下ではサービス内容や優良な退職代行サイトを紹介していきます。

それぞれ見ていきましょう。

サービス内容

退職代行のサービス内容は、労働者が退職代行サービスに申し込むと、労働者に代わって退職の処理を行なってくれるサービスです。

2018年ごろから急速に普及し、パワハラやセクハラなどで、精神的に萎縮している人を助けるためのサービスとして周知されていきました。

退職代行サービスに申し込んだその日から、会社にいく必要はなくなり、会社とのやりとりなども全て代行してくれます。

そのため、辞める時に強烈な引き留めをしてくることや、辞めると伝えた日から嫌がらせを受けたり、気まずい思いをする必要もないでしょう。

優良な退職代行サービスサイト

退職代行業者の中には、弁護士の資格などを持たずに、代行している業者も少なくありません。

弁護士の資格を持っていないと、給与の未払い対応や、有給休暇の取得交渉をすることができません。

そのため、「弁護士をつけて、安全に退職代行を行いたい」という方は、「弁護士法人みやび」というサービスがおすすめです。

こちらは、他の業者に比べ、値段は少し上がりますが、サービス内容がしっかりしており、安心感があるためおすすめです。

無料で相談することができるので、「会社へ行きたくない」という方は、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

まとめ

会社へ行きたくない理由は、人それぞれあると思いますが、1番大事なのは、「自分の人生を充実させること」です。

40代にもなれば、たいていの悩みは自分の経験から解決することが可能だと思いますが、周りの方に相談してアドバイスをもらうことも重要です。

この記事を最後まで見ていただいた方が、今の自分の悩みと正面から向き合い、解決できることを心から願っております。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました