仕事辞めたいけど次がない40代が行うべきこと

仕事辞めたいけど次がない40代 退職

体力の限界で転職したい

辞めたくても辞められない

そんな悩みを抱えている40代の方は多いのではないでしょうか?

同世代の友人が管理職としてバリバリ仕事をしていたり、スキルを身につけてフリーランスで自由に仕事をしていたりする話を耳にします。

そんな周りの環境に焦りを感じている方もいるでしょう。

今回の記事では、40代で仕事を辞めたいと思った時の具体的な行動を紹介しています。

今後のキャリアに悩んでいるようでしたら、ぜひ参考にしてください。

仕事を辞めたいけど次がない40代が行うべきこと

仕事を辞めたいけど次がない40代が行うべきこと

では、会社を辞めたいと思ったとき、どのようなことからはじめたらよいのでしょうか?

ここでは具体的な行動例を見ていきます。

貯金額を把握する

まずは仕事を辞めても生活していける貯金額があるか確認しましょう。

仕事をしながら次の転職先を見つけられる場合は問題ありません。

しかし、40代の転職では簡単に転職先が見つからないことがあります。

もっと若い30代の社員を採用したい、マネジメント経験が浅いとポジションがないなどの理由によるものです。

貯金額が少ないと、焦って自分に合わない転職先を選んでしまうリスクが高まります。

落ち着いて転職先を探すためも、家族を含めて数か月~半年程度は生活できる貯金額を確保しておきましょう。

キャリアコーチング

仕事は辞めたいと思っているが、「本当に辞めてもいいのか」「辞めて次に何を目指したらいいのか」など悩む方も多いでしょう。

その場合にはキャリアコーチングを受けてみることもおすすめです。

今この記事を読んでいるあなたと同じように、キャリアに悩む40代は増加傾向にあります。

悩んでいても、立場上なかなかキャリアについての相談はしづらいでしょう。

プロのコーチであれば、立場を気にせずフラットにキャリアについて相談することができます。

「自己分析」「キャリアプラン」など、転職ありきではなく様々な選択肢と気づきを与えてくれるはずです。

初回は無料で相談できるため、気軽に話を聞いてみてはいかがでしょうか?

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

副業をする

副業がOKな会社であれば、副業をやってみることもオススメです。

いきなり何か新しい仕事をするのは不安だという方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は、副業で少しチャレンジしてみて適性があるか見てみることで、今後の選択肢も広がります。

現在の会社に頼らず、自分でスキルアップしてお金を稼ぐことは案外楽しいものです。

これから副業を開始するなら近年需要の高まっている「動画編集」がおすすめ。

動画編集は、

  • プログラミング4分の1の資金で学習できる
  • 年代に関係なく(10~60代まで)稼げる
  • 副業との相性が抜群

などのメリットがあります。

「デジハク」などのサービスを利用すれば、月額6,000円台から学習をスタート可能です。

無料相談も行われているため、まずはお気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

▶︎未経験でも安心オンライン動画制作スクール【デジハク】に無料相談してみる

どうしても辞められない場合は退職代行を利用する

次が決まっていなかったとしても、どうしても仕事を辞めたい場合は退職代行を利用しましょう。

  • 精神を病んでしまっている
  • 仕事がつらすぎるけれど人手不足等で会社を辞められない
  • ブラックな体質の会社のため退職を言い出せない
  • 退職を言い出すと引き止められたり、制裁を課される

あなたが上記のような状態であれば、健康のためにもすぐに退職することをオススメします。

自分自身で退職の申し出をしなくても、退職代行業者に頼んで、会社と接点を持たずに退職することが可能です。

突然仕事を辞めるとなれば、ご家族は不安に思うはずです。

しっかりと計画を立て、何のために転職をするのか目的をはっきりさせましょう。

真摯に向き合って説明することで、仕事を辞め次に向かうために家族からの支援が得られるはずです。

上司や同僚とも顔を合わせずに辞めることができます。

本当につらい状況であれば、迷わず相談してみてください。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

転職エージェントに登録する

仕事を辞めて次に行きたいと思ったら、早いうちに転職エージェントに登録しましょう。

自分で求人を見つけて応募することも良いのですが、転職エージェントであれば一般には出回っていない優良求人を紹介してもらえることもあります。

また、エージェントが提出書類の内容添削や、応募していく業界のアドバイスまで行ってくれることがあります。

忙しい仕事の合間を縫って転職活動を行うのであれば、エージェントをうまく利用し、効率的に活動することが重要です。

40代におすすめの転職エージェントを2つご紹介します。

リクルートエージェント

転職市場最大手で、転職するのであれば必ず登録しておくべきなのがリクルートエージェントです。

取り扱い求人が非常に多く、40代でも幅広く求人が用意されています。

未経験業種への転職もサポートしてくれる優秀なアドバイザーが多いといいます。

どのような求人があるのか確認するだけでも、登録しておいて損はないでしょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

JACリクルートメント

年収600万円以上の管理職や技術系専門職の方におすすめなのがJACリクルートメントです。

国内大手だけではなく、外資や海外進出企業まで、幅広く求人を取り扱っていることから、転職者の満足度も高くなっています。

年収800万円以上を目指し、キャリアアップしたい方は登録してみてはいかがでしょうか?

活動時間を確保する

仕事を辞めよう、転職をしよう、と思っても、その活動ができる時間を確保できなければ本末転倒です。

自分の時間の使い方を見直して、活動時間を確保するとよいでしょう。

具体的には、下記のような行動で時間が確保できます。

  • 朝少し早く起きてみる
  • 通勤時間を利用する
  • 使い切れていなかった有給休暇を利用する

時間の使い方を見直すことで、現在の仕事も効率的に行うことができ、ストレスが軽減するかもしれません。

転職目的について家族と話し合う

40代の転職は1人で決められるものではありません。

家族と何のために転職するのかをよく話し合う必要があります。

突然仕事を辞めるとなれば、ご家族は不安に思うはずです。

しっかりと計画を立て、何のために転職をするのか目的をはっきりさせましょう。

真摯に向き合って説明することで、仕事を辞め次に向かうために家族からの支援が得られるはずです。

40代で仕事を辞めたくなる理由

40代で仕事を辞めたくなったら、これまで見てきたような行動を計画的に行うことが重要です。

では、40代で仕事を辞めたくなる理由はどのようなところにあるのでしょうか?

よくある理由を3つ見ていきます。

人間関係が上手くいかない

まず、人間関係が上手くいかなくなり、40代で仕事を辞めてしまうことがあります。

50代以上のバリバリと精力的に働いてきた年上の世代と、ゆとり世代と言われる20~30代との世代間ギャップに苦しみやすくなるのが40代です。

上からはもっと売上を上げろと指示されるものの、20~30代の若手世代は仕事よりもプライベートを優先して板挟みになっていることもあるでしょう。

そうしたとき人間関係にストレスを感じてしまうのです。

健康への不安

次に、健康への不安から辞めたいと思うこともあるでしょう。

肉体労働など身体を酷使する仕事をしている場合は、年齢的にこれまでどおり仕事をすることが難しくなる年代です。

従来通り肉体労働を続けていては身体を壊してしまう恐れがあるため、40代というタイミングで仕事を辞めたいと思うことが多いのです。

また、肉体労働だけではなく慢性的に長時間労働を続けている場合も健康に不安を覚えるようです。

若い時は続けられた残業が、40代ではなかなか続けられる体力がなく、時勢的にも残業をよしとしない風潮が広まっています。

その風潮になじめないことが原因にもなりうるのです。

仕事へのやりがいが感じられない

加えて、仕事へのやりがいが感じられないことも離職理由の1つです。

20代から同じ会社に勤めているのであれば、十数年以上続けてきた仕事に飽きて違う仕事に就きたいという気持ちが芽生えるかもしれません。

本来はプレーヤーとして仕事をしたいのに、なれないマネジメントを任されたことでモチベーションが下がっているという方もいるかもしれません。

こうした理由から仕事にやりがいを感じにくくなっています。

仕事辞めたいけど次がない40代が抱える悩み

そもそも、仕事を辞めたいと思っていても、なかなか踏み出せない方が実際は多いのではないでしょうか?

踏み出せないことの原因は、40代だからこそ抱えている特有の悩みによるものです。

ここからは、「仕事を辞めたいけど次がない」と言われる40代が抱えているお悩みについて見ていきます。

貯金がない

仕事を辞めて次の会社で挑戦してみたいが、そのために使える貯金がないという金銭面のお悩みもあるでしょう。

家族を養って生活していくことに精一杯で余剰の貯金がないという方もいると思います。

まずは今の会社で給料を上げたり、副業をしてプラスアルファの収入を得たり、軍資金を作っていく必要があります。

しかしそうした手段自体取ることが難しく、悩んでいる方もいることでしょう。

転職先が見つかりにくい

仕事を辞めたいけれど、実際40代の転職においては転職先が見つかりにくいのです。

退職から次の会社に入社するまでの期間は1か月程度が平均です。

しかし、退職前から転職活動を行っている方がほとんどですので、実際退職しようと考えてから次の会社に入社するまでの期間はもっと長いと思っておいた方がいいでしょう。

40代の求人にはマネジメント能力や専門スキルが求められるハイレベルな求人が多くなります。

企業側も自社にフィットする人材かを慎重に見極めるため、なかなか次が見つかりにくいのが現状なのです。

まずは会社をやめて、時間を十分確保してから転職先を探す人もいると思います。

企業側からすると、何か問題があったのでは、というマイナスのイメージを持たれたり、想定よりも転職活動が長引いてしまうリスクもあります。

次が見つかる可能性が低いことを念頭に行動する必要があるのです。

やりたいことがない

40代まで同じ仕事を続けてきた方によくあるお悩みが、「やりたいことがない」ことです。

これまでがむしゃらに働いて家族を養うことを目標に働いてきた方も多いのではないでしょうか?

家族を想うあまり、自分がやりたいことにあまり耳を傾けてこなかったのです。

そのため、いざ仕事を辞めたとしてもやりたいことが見つからないという状況に陥ってしまいます。

家族に反対される

家族がいる場合は、一家の大黒柱が仕事を辞めるというのですから、辞めることに反対するでしょう。

仕事を辞めることに、家族からの賛成意見をもらえないことも悩みの1つです。

家族の立場になると、定期的に入ってくる収入がなくなるわけですから心配するのも無理はありません。

子供がまだ小さい、配偶者が働いていないといった事情があると、なおさら定期的な収入がなくなるインパクトは強くなります。

仕事を辞めて何をしたいのかなどという目的を話し合わずに、「辞める」という事実に注目してしまうと、こうした意見の食い違いが起きやすいのです。

会社が辞めさせてくれない

あなたが申し出をしても会社がなかなか辞めさせてくれない場合もあるでしょう。

人が辞めると新しい人を採用したり育成したりするコストがかかります。

そうした不利益を被らないために辞めさせてくれない会社は、あなたのキャリアを考えてはくれません。

辞めさせてくれないと悩む前に周りの人に相談したり、必要に応じて退職代行など強硬手段を使ってでも辞めた方がいいかもしれません。

おわりに

本記事では、「仕事を辞めたいけど次がない」といわれる40代が行うべきことについて見てきました。

人間関係や仕事へのやりがいなど様々な理由から辞めたいと思っている方は多いでしょう。

しかし、辞めたくても辞められない、自分だけでは解決できない悩みも同時に抱えていることがほとんどです。

まずは、ご自身の家族や周りの信頼できる人、転職エージェントなどその道のプロに相談してみてください。

そうすることでご自身に合ったキャリアが見えてくるはずです。

本記事で紹介したいくつかの行うべきことを参考に、少しずつでもアクションしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました