仕事を辞めたい疲れた20代男性が読むべき記事。辛い時の解決策をご紹介

仕事辞めたい20代男性 退職

毎日終電ギリギリまで働いている。。

月の休日がほとんどない。。。

このような労働環境にいる方や今の仕事に不満を感じていたりする人は多いでしょう。

入社してすぐだとしても自分に合わないと感じたら転職や会社を辞めることを考えた方が良いです。

辞めると会社に迷惑がかかると思っているかもしれませんが、雇用されていても休んだり辞めることはできます。

この記事を読んでいただくことで会社を辞めたいと思った人の手助けになると幸いです。

この記事を書いている人
カケル
カケル

元高校教師。現役WEBライター。
3年間教員として勤め、激務により体調を壊す。

現在はお仕事に役立つメディアを発信中。

仕事辞めたい疲れた20代男性の解決策5選

仕事辞めたい20代男性の解決策5選

今の仕事を辞めたいと思っている人が行うと良い解決策を5つ紹介していきます。

仕事を辞めたい20代男性の解決策5選
  1. ゆっくりと休む
  2. 趣味に没頭する
  3. キャリア診断してみる
  4. キャリアコーチングを受けてみる
  5. 転職先を探しておく

上記の解決策を1つでも実践していただくことで、あなたの人生は確実に好転していきます。

ゆっくりと休む

まずはゆっくりと休む必要があります

これは単に疲れを取るというだけではなく、身も心も休息を取ることが重要です。

終電ギリギリまで仕事していたりすると身体も心も休めることができません。

また、休みの日に1日中家にいても身体の回復はできるかもしれませんが、心の回復まではできません。

休日でも体を動かして心を癒したり、好きなことをやったり、美味しいものを食べたりと自分がしたいことをしていきましょう。

そうすることで本当に身体も心も休めることができます。

趣味に没頭する

ゆっくり休むこととも関連しますが、趣味に没頭してみることをおすすめします。

趣味に没頭することで仕事のことを忘れることができて、自分がしたかったことは何なのかを再認識することができます。

また、趣味が転じて新しい仕事に就けることもあったり、趣味で知り合った人との繋がりで仕事を紹介してもらえることもあります。

趣味がないという方は小さい頃よく遊んでいたことや学生時代やっていたこと、自分の好きなことから趣味が見つかることがあります。

是非、1つでも良いので趣味を見つけて没頭してみましょう!

キャリア診断してみる

今の仕事が合っているかなと感じた人はキャリア診断をおすすめします。

キャリア診断をすることで自分に合った仕事が見つかったり、自分がやりたいと思う仕事に出会うことがあります。

キャリア診断も検索するとかなり多くの数が出てきますが、キャリア診断をアプリでできるキャリア診断アプリVIEWがおすすめです。

こちらのアプリはスマホで診断を受けることができ、3分で診断完了するため隙間時間などを利用してキャリア診断することができます。

キャリア診断アプリVIEWは他にも様々な機能が多くあり、アフターサービスも充実していて完全無料で行うことができるので気になった方は下のリンクから飛んでキャリア診断してみてください。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

キャリアコーチングを受けてみる

キャリア診断では見えなかった部分が見えてくるのが、キャリアコーチングになります。

キャリアコーチングでは、自分がどのような人生にしていきたいかという視点からキャリア形成をしていきます。

働き方改革やコロナの影響により仕事に対しての向き合い方が変わってきました。

この時代だからこそ、どんな人生にしていきたいのかを今一度考え直してみてキャリア形成していくことをおすすめします。

ポジウィルキャリアではどう生きたいかでキャリア相談ができるサービスとなります。人生についても考えることができますので、ぜひ下のリンクより確認してみてください。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

転職先を探しておく

引用:リクルートエージェントホームページより

最後は転職先を探しておくことです。

キャリア診断やキャリアコーチングで自分に合った企業を見つけることができたら、転職活動をしてみましょう。

転職活動をすることで自分の市場価値を知ることができますし、今の会社の仕事よりより良い条件の会社を見つけることもできます。

転職することはネガティブなことではなく、キャリア形成ではとても重要なことなのです。

転職先を見つけていく上で、転職サイトと転職エージェントで迷っている方もいらっしゃると思いますが、手厚いサポートを受けることができる転職エージェントを利用することをおすすめします。

最初の転職でどこの転職エージェントがいいかわからない方はリクルートエージェントを利用してみましょう

就職、転職大手のリクルートであればあなたにぴったりの企業が見つかります。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

仕事辞めたい疲れた20代男性の特徴は?

仕事辞めたい20代男性の特徴は?

仕事を辞めたいと思っている人にはどんな特徴があるのでしょうか。

  • 想像していた仕事ではなかった
  • 友達と比べて仕事が忙しい
  • 経歴で仕事の能力を決められている

このようなことを思っている方は多いでしょう。

上記に挙げたように感じている人の特徴が3点あります。

これから詳しくその特徴を紹介していきます。

自己分析ができていない

まず1つ目は自己分析ができていないという点です。

これは就職活動の時に行った方もいると思いますが、この自己分析は自分の価値観が変わった時再度行った方が良いでしょう。

自己分析で変わっていない部分は自分が本当に大事にしていることですが、それ以外で変わった部分があるとするとその部分が原因で仕事を辞めたいと感じているはずです。

その部分が何なのかを自己分析できちんと把握して、転職活動に活かしましょう。

何のために仕事をしているかわからなくなった時は、自己分析して自分が大事にしていることは何だったのかを再確認することをおすすめします。

今後のキャリア設計ができていない

2つ目はキャリア設計ができていない点です。

キャリア設計がしっかりしていると自分の現状を客観的に見ることができますし、今の仕事はこれからのキャリアにどんな影響を与えてくれるのかを把握することができます。

キャリア設計ができていないと仕事をこなすだけになってしまい、人としても成長することができず会社からの評価も得ることができません。

今の仕事が作業になってしまっている人はすぐに自分のキャリアについて見直して、キャリア設計を基に行動していきましょう。

そうすることで今の会社にいるのか、転職して別の会社に行くのかの選択ができます。

今の仕事が向いてない

最後は今の仕事が向いていない点です。

今の仕事が向いていないかは会社や上司からの評価と仕事を任されるかどうかである程度わかってきます。

いつまでも新入社員のころに行っていた仕事をやらされていたり、昇進やリーダーへの抜擢などがなかったりするとその仕事は向いていないのかもしれないと考えた方が良いでしょう。

できないことばかり目に入ってしまうかもしれませんが、そんな中でも自分はできると思ったことを伸ばしていき、その業務に関する仕事を軸に転職活動してみるとすぐに成果を上げ、昇進していくこともあります。

今の仕事が向いていないと感じたらすぐに転職活動をしてみましょう。

仕事を辞めたい疲れた20代の男性が退職すべき理由とは?

あなたは日々、仕事を辞めたいと思いながら過ごしていませんか?

仕事にやりがいがない、待遇が悪いなど、様々な理由で退職を考えていることでしょう。

本記事では、仕事を辞めたい、疲れたと思っている20代の男性に退職をおすすめする理由について見ていきます。

20代なら人生をやり直せる

まず、20代であれば仕事を辞めたとしても1からスタートするのが容易であるからです。

仕事を辞める前は視野が狭くなっており、「転職先を決めずに仕事を辞めたら、もう働き口が見つからないのではないか」と不安に思うこともあるでしょう。

しかし、20代であればまだ働き始めたばかりの人がほとんどです。周りの人のレベルに追いつくことはそう難しくないでしょう。そのため、仕事を辞めたり、転職したりしても、まだまだ人生はやり直せるのです。

転職先も豊富にある

次に、20代であれば転職先も豊富にあるからです。

30代、40代で仕事を辞めると、「前の職場で何かあったのではないか?」と疑われたり、高度なスキルを求められたりします。20代の場合は、仕事に挑戦してみたけど純粋に向いていなかったというのも真っ当な理由に聞こえます。

20代であれば、採用する企業側は高いスキルを求めているわけではなくポテンシャルを見ています。そのため、特別なスキルがなかったとしても採用してもらいやすい年代なのです。

スキルアップする選択肢もある

最後に、退職後スキルアップをする選択肢もあることが理由です。

20代であれば、数か月生活するのに必要な貯金額も少なく済みます。その間に新しいスキルを身につけて転職することも可能でしょう。

30代以上になると家族を養わなければならないなど、ご自分がスキルアップをしたいからという理由だけで退職することは難しくなります。

身軽なことが多い20代の男性であれば、辞めてもスキルアップすれば早期に転職先を見つけやすいことも、退職をおすすめするポイントです。

仕事を辞めたい疲れた20代の男性が仕事を辞められないのはなぜ?

仕事を辞めたい、疲れたといいながらも、なかなか辞められないという方もいらっしゃるでしょう。このように、すぐに辞められない理由はなぜなのでしょうか?大きく下記の3つが挙げられます。

収入面の不安

1つ目は、収入面に不安があるためすぐにはやめられないというものです。

現在の給与が低く貯金ができていない、次の転職先が決まっていないため定期的に入ってくる収入がなくなることを恐れている、などの状況もあるでしょう。

仕事を辞めても数か月生活できる貯金をしておくことが重要です。

また、転職先が見つからなかったとしても、転職活動をしながらアルバイトや副業で収入を得ることもできます。

様々な選択肢を検討するとよいでしょう。

転職先が見つからないと思っている

2点目は、辞めたら転職先が見つからないと思い込んでいることです。

前述したとおり、20代の男性であれば特別なスキルがなくても、30代以上より転職先は見つかりやすいといえます。その事実に気づかずに、転職先が見つからないのではという漠然とした不安から辞められないと思っているのではないでしょうか。

まずは転職サイトに登録して求人を見てみる、やりたいことを想像してみることから少しずつ始めてみるとよいでしょう。

家族から反対される

最後にご家族から反対されて辞められない場合もあるでしょう。

20代男性でも、結婚して家族がいると仕事を辞めるかどうかは相談しなければなりません。ご家族としては定期収入がなくなるわけですから心配するのは当然でしょう。

こういった場合は、あなたが仕事を辞めたい理由をしっかりと話していないことが原因の1つです。次にやりたいことがある、スキルアップをしたいなど、あなたの気持ちを伝えることで理解を得られやすくなります。

仕事を辞めたい疲れたと感じる理由とは?

一般的な退職理由で多いのは、人間関係や待遇面への不満です。では、20代男性の場合はどうでしょうか。

ここからは、20代の男性が、仕事を辞めたい、疲れたと感じる理由について見ていきます。

人間関係が合わない

どの年代にも多いのが、人間関係が合わないということです。

上司や同僚と考え方が違って理解してもらえない、親身になって話を聞いてくれる人がいないなど、人間関係に悩んでいる方は多いでしょう。

仕事をする際に、コミュニケーションが全く必要ない仕事はほとんどありません。誰かと関わらなければならない以上、人間関係は仕事のモチベーションに大きくかかわります。

自分から歩み寄ることも大切ですが、それでも改善しない場合は異動や転職を検討した方がよいでしょう。

仕事にやりがいを感じない

仕事にやりがいを感じないことも理由の1つです。

やりがいを感じる場面は人それぞれですが、感謝されたり、成果にお金で報いてもらうことがやりがいにつながりやすいポイントです。

しかし、仕事をしっかりこなしても誰からも感謝されないとがっかりしてしまいます。感謝どころか、会社からは働きを評価してもらえずお給料が上がらないと、自分は何のために働いているのか疑問を持ちやすくなります。こうして仕事のやりがいを失っている方が多いのです。

そもそも今の仕事に向いてない

今の仕事に向いていないから辞めたい、という理由もあるでしょう。

仕事でミスばかりしてしまう、仕事のやり方が自分に合わないということから、今の仕事が自分に向いていないと思ってしまうようです。

ミスを減らせるように上司や同僚に相談したり、仕事をもっと効率で気にできるように改善したりすることはあなたのスキルアップにもつながります。そうした努力をしてみることによって辞めたい気持ちが薄らぐこともあるかもしれません。

労働時間が長すぎる

労働環境への不満も、辞めたいと思う理由に多い観点です。

特に、労働時間が長すぎることが最大の要因です。

平日は毎日残業している、休日出勤も当たり前、という環境だとあなたの健康へ影響を及ぼす可能性が高くなります。

自分の時間が持てないため、プライベートでも上手くいかなくなるということもあるでしょう。

日本人は働きすぎと言われますが、その多くは自分で労働時間を制御できる環境にはないのです。自分で調整ができない場合は、仕事を辞めることも検討すべきです。

他にやりたい仕事がある

他にやりたい仕事がある場合も辞めたいと思うようです。

今の仕事は特にやりたかったわけではなく、次へのステップとして働いていると、そのように思うことも多くなるでしょう。

自分で望んで入った職場でないときも、仕事を辞めたいと感じやすくなります。

仕事にやりがいを見出すためには、あなたの自主性が何より重要です。

そのため、次にやりたいことが見つかったのであれば、必要な準備をしたうえで転職をした方が豊かな人生を送れるでしょう。

どうしても辛いあなたへ

ここまで、仕事を辞めたいと感じている20代の男性が仕事を辞めたい理由について見てきました。

辞めたいと思っていても、様々な理由があって辞められない方も多いでしょう。

辞められない理由にもよりますが、ストレスで病気になってしまったり、辞めたくても会社が辞めさせてくれなかったり、すぐにでも退職をおすすめする状況もあります。

その場合は退職代行を利用することも1つの手段です。

あなたが会社に申し出をしなくても、退職代行業者がしっかりと退職手続きを進めてくれます。

自分で辞めることを言い出しづらい場合には退職代行を利用してみてください。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

仕事辞めたい疲れた20代男性が気を付けるべきことは?

仕事辞めたい20代男性が気を付けるべきことは?

仕事を辞めたいと思って後先考えずに辞めてしまう人や会社の人と関わりたくないからと退職代行を利用して辞めてしまう人がいます。

このようにならないためにも気を付けるべきことを紹介していきます。

これから紹介する3点についてきちんと覚えておいていただき、仕事を辞めるようにしましょう。

感情的に辞めない

まずは感情的になって退職しないということです。

これは感情の起伏が激しい人がやってしまいがちですが、感情的になって急に仕事を辞めてしまうと元の会社にも印象がよくないですし、転職活動もうまくいきません。

面接では前の会社を辞めたきっかけについて質問されることがあります。この時に感情的になって辞めてしまったとなると、面接官からは同じことをしてしまうのではないかと疑われてしまいます。

そうならないためにも感情的になって仕事を辞めるのではなく、円満退社できるように仕事を後任の人に引き継ぎを行い、辞めるようにしましょう。

事前の計画を立てておく

これも感情的になって辞めないことと同じぐらい重要なことです。

事前の計画もなしに退職してから次の転職先を見つけようとすると、転職先が見つからないこととお金が足りなくなっていくことが重なって焦ってしまいます。

このような状態になると、キャリア形成もできず仕事を転々としてしまうことになってしまいます。

なので仕事を辞めたいと思ったら、まずはキャリア形成についてきちんと考え転職エージェントを利用し転職先を見つけましょう。

そのあとに会社に辞めることを意思表示し、転職先の入社時期と退職時期が被らないように業務の引き継ぎを済ませて退職しましょう。

これは感情的に辞めてしまうことにも繋がってきますので注意が必要です。

信頼できる人に相談する

最後は信頼できる人に相談することです。

これに関して一つ注意として挙げられるのは、できれば身内の方や同じ会社の方じゃない方がよいということです。

身内の方や同じ会社の方だと仕事を辞めることに対して否定的な方もいらっしゃるかもしれません。それで相談してしまうと仕事は辞めない方がいいと説得されてしまい、辛い日々を送ってしまうことになってしまいます。

学生時代の友人がいる方はその方に相談してみたり、転職経験がある人が知り合いにいたらその人に相談して、転職に対してポジティブになるようなアドバイスをもらいましょう。

仕事が辛いと感じたらすぐに相談するようにしましょう。

まとめ

仕事を辞めたいと感じた人の解決策などを紹介してきました。

この記事を最後までみてくださっている方は一度は仕事を辞めたいと感じた方だと思います。

そんな方にとって仕事を辞めてよい仕事を見つけるきっかけになったら幸いです。

それではここで、再度解決策をおさらいしておきます。

仕事を辞めたい20代男性の解決策5選

  1. ゆっくりと休む
  2. 趣味に没頭する
  3. キャリア診断してみる
  4. キャリアコーチングを受けてみる
  5. 転職先を探しておく

今回紹介したことを知っていて、辞めたいと思っても行動に移すことができなければ意味がありません。

仕事を辞めたいと感じたら今回紹介した5選の中から1つでもよいので行動してみましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました