薬剤師を辞めたい男性はどうするべき?具体的な解決策5選

薬剤師を辞めたい男性 薬剤師

「薬剤師を辞めたい」

「女性ばかりの職場で男性は一人しかおらず、辛い」

このようなことでお悩みではないでしょうか。

薬剤師はどうしても女性の職員が多く、男性は肩身の狭い思いをしてしまいがちです。

今回の記事では、薬剤師を辞めたいと考える男性の方に向け、具体的な解決策を解説していきます。

薬剤師を辞めたい男性はどうするべき?解決策5選

早速ですが、薬剤師を辞めたいと感じる男性に向け、具体的な解決策をご紹介していきます。

もし、現在の職場でお悩みの男性薬剤師の方は、以下のことを実践してみてはいかがでしょうか。

女性の中でうまく立ち回る

薬剤師であるかぎり、やはり女性中心の職場環境を避けることは難しいと言えます。

そのため、女性の中でうまく立ち回る方法を学び、周囲からの評価を獲得することができれば仕事もスムーズに進めることができるでしょう。

具体的には、

  • 整髪料をつけて髪型を整える
  • 清潔感のある服装を心がける
  • ハキハキと受け答えを行う

など、女性からの印象を悪くしないよう工夫することも大切です。

女性は不潔でおどおどした男性を嫌う傾向にあります。

もし、身だしなみを意識しておらず、いつも曖昧な受け答えなどをしているのであればすぐに改善するようにしましょう。

嫌な仕事を率先して引き受ける

他の人が嫌がるような仕事でも、率先して引き受けることであなたの評価を高めることができます。

例えば、

  • トイレ掃除などの雑用
  • 電話対応
  • クレームの対応

など、他の人が敬遠するような業務も嫌な顔をせずにやってみましょう。

特にクレームの対応などは男性がいてくれる安心感などをアプローチすれば、周囲からも頼られる人材になるかもしれません。

嫌な仕事を率先して行うのは気が引けるかもしれませんが、長期的に見ればストレスをへらすことにつながる可能性もあるでしょう。

信頼できる人に相談する

もし、上述したような内容で状況が改善しないような場合、もしかするともっと大きな問題に直面している可能性もあります。

あなたの努力次第ではどうにもならないような課題があると、どう頑張っても状況が変わることはありません。

例えば、

  • 周囲の人から仲間はずれにされている
  • 上司と性格がどうしても合わない
  • 日々の業務が忙しすぎる

など、環境そのものが問題であるケースも多いです。

もし、辛い状態なのであれば、信頼できる人に相談してみましょう。

友人でも家族でも、誰でも良いです。

とにかく今の気持ちを第三者に吐き出してみることが大切です。

相談できそうな人が周囲にいないのであれば、以下でも解説する転職の支援をしてくれるサービスを利用してアドバイザーに相談してみましょう。

転職先を見つけておく

今現在、少しでも薬剤師を辞めたいと思っているのであれば、先に転職先のリサーチをしておきましょう。

すぐさま転職しないとしても、転職先を見つけておくことで

  • 今の仕事以外に働ける環境が分かれば安心できる
  • 自分の市場価値を正しく把握できる
  • 求人を見て他の職場の待遇を知れる

など、様々なメリットがあるのです。

薬剤師は資格保有者であり、その市場価値は非常に高い状況にあります。

無料で転職支援サービスに登録しておけば、求人情報を集めるのは容易です。

また、アドバイザーの方に相談に乗ってもらえば気持ちも軽くなるでしょう。

まずはお気軽にアカウント登録を行ってみてはいかがでしょうか。

▶︎マイナビ薬剤師の求人を見てみる

薬剤師を辞めたい男性が悩む原因は?

薬剤師を辞めたいと感じる男性は、主にどのようなことで悩んでいるのでしょうか。

ここからは、薬剤師を辞めたいと感じている男性の理由について解説していきます。

職場に女性しかおらず、辛い

まず、やはり現場に女性しかおらず、色々と気遣いする必要があって辛いというものでしょう。

薬剤師はどうしても女性の比率が高いです。

厚生労働省の調査「平成28年(2016年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」によれば、薬剤師全体のうち約65%以上が女性であるという結果もあります。

  • 普段からセクハラにならないように緊張する
  • 職場内での会話についていけない
  • 職場で女性職員が権力を握っている

など、何かとストレスを感じているのではないでしょうか。

こうした環境では、やはり気苦労が耐えないですよね。

女性職員が多いと仕事のスタイルも女性に合わせなくてはなりません。

職場内で孤立してしまい、精神を病んでしまう人もいるようです。

思っていた仕事内容と違った

実際に働き始めてみると、思っていた仕事内容と違ったという人も多いのではないでしょうか。

特に企業に就職している薬剤師の方は新薬の開発など、高い意識を持って就職された方も多いはず。

しかし、実際に働き始めてみると想定していた以上に雑用が多かったり、日々の業務がマニュアル化された単純作業であることは少なくありません。

仕事である限りは地味な作業であるのは仕方のないことだと思いますが、どうしてもやりたかった仕事とのギャップが許容できないのであれば、今一度転職先を探してみても良いでしょう。

残業が多すぎる

あまりにも残業が多く、薬剤師を辞めたいと感じる人も多いです。

特に薬局などは各店舗によって独自のルールが設定されているケースもあり、場合によってはサービス残業が横行していたり、土日の出勤も多いケースも少なくありません。

残業ばかりが続いている場合や、当たり前のように土日の出勤もある場合には、その職場は違法労働に当たるケースもあります。

適正な給料が支払われていないと感じるのであれば、早めに転職も視野に入れることをおすすめします。

キャリアアップしたい

辞めたい理由はネガティブなものだけではなく、もっと新しいことにトライしたいといったポジティブな要素である場合もあります。

昔は薬剤師というと、一つの職場で働き続けるのが一般的でした。

しかし、現在では転職を何度か経験する薬剤師の方は非常に多いです。

働き方もパートや派遣型の薬剤師、薬局、病院、企業など、かなりの幅があります。

今の職場で満足できないのであれば、もっと輝ける環境を求めて転職先を探してみるのも選択肢と言えるでしょう。

▶︎マイナビ薬剤師の求人を見てみる

薬剤師を辞めたい男性が転職を成功させるコツ

ここからは、薬剤師を辞めたいとお考えの男性の方に向けて転職を成功させるコツをご紹介します。

自己分析を徹底する

まず、自己分析を徹底することから始めましょう。

薬剤師と言っても、どのようなキャリアを歩んで行きたいのかは人それぞれです。

例えば、企業に入ってリーダーのポジションでバリバリ活躍したい人もいれば、派遣やパートとしてゆったり働きたい方もいるでしょう。

自分自身は今後のキャリアでどんなビジョンを描いているのか、まずはっきりさせておきましょう。

求人をパラパラと見ているだけでは、曖昧な気持ちで転職してしまいかねません。

  • 求める労働環境
  • やりたいこと
  • 5年後のビジョン

などに基づいて、自己理解を深めておくことが大切です。

転職先のリサーチを欠かさない

続いて、転職先のリサーチを欠かさないようにしましょう。

転職先について情報を集めておかなければ、離職率の高い職場に当たってしまったり、同じような理由で何度も転職を繰り返してしまう可能性もあります。

仮に人間関係がうまくいかずに転職するのであれば、あらかじめ転職先の病院や薬局などを利用するなどして、現場の雰囲気を掴んでおきましょう。

また、現代ではネットからの口コミサイトなども充実しています。

そうしたツールを駆使して情報収集を怠らないことが大切です。

第三者に相談する

情報をできる限り集めたければ、第三者に相談してみましょう。

今では薬剤師専門の転職サービスが充実しています。

薬剤師に特化したエージェントである、マイナビ薬剤師などを活用すれば、専任のアドバイザーに相談しながら転職活動を進めることができます。

現状の薬剤師市場や、自分自身の要望を担当者に伝え、最適な求人を紹介してもらいましょう。

プロの第三者に相談することにより、転職活動をよりスムーズに進めることができます。

▶︎マイナビ薬剤師の求人を見てみる

まとめ

今回の記事では、薬剤師を辞めたいと感じている男性の方に向けて具体的な解決策を解説しました。

やはり薬剤師は女性の割合が高く、男性の薬剤師の方は何かと苦労することが多いかもしれません。

ある程度環境に適用するためには、女性サイドに合わせた努力が必要になります。

しかし、適用するために努力してもどうしようもない場合には、環境を変えてみるのも選択肢です。

今では薬剤師専門の転職サービスも非常に充実していますので、そうしたものを利用しつつどうすべきか考えてみるのが良いでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました