仕事を辞めたい30代の女性はどうするべき?具体的な解決策を解説!

仕事を辞めたい30代女性 退職

あなたは、自分の仕事が好きですか?

凄く充実感を得られている人もいれば、辛くて辞めたいと感じている人もいるかと思います。

この記事は30代の女性をターゲットに、仕事を辞めたいと感じたらどうすればいいのかについて、詳しく解説しています。

仕事を辞めたい30代の女性が行うべき対策5選

辞めたいと思っても、そう簡単には辞められないのが現実ですよね。

ここでは、30代の女性が仕事を辞めたいと思ったときに行うべき行動を5つ紹介します。

早速ですが、仕事を辞めたいと感じている30代の女性に向けて、具体的な対策を解説していきます。

現状、仕事にお悩みの方は、以下の対策を行ってみてはいかがでしょうか。

まずはゆっくり休む

疲れているときに人生を左右するような決断をするのはリスキーです。

少しの間仕事を休んで今いる環境から距離を置き、あなたが何故仕事を辞めたいと思っているのか、じっくり考える時間を作ってみてください。

よく考えてみると、ただ体力的に疲れすぎていて、精神的に余裕がなくなっていただけかもしれません。

日本では働きすぎな人が多いといわれていますよね。

仕事のことを一度忘れ、自然のなかに身を置いて心を整えたり、友達と思いっきりはしゃいだり、家族と過ごしたりしてみると良いでしょう。

自己分析を徹底する

30代のあなたが仕事を辞めたい理由は一つとは限らないでしょう。

就職活動をしていた時から仕事への姿勢ややりたいことも変化しているかもしれません。

それは決して悪いことではなく、むしろ自然なことです。

まずは、あなたの得意不得意をもう一度紙に書き出してみるなどの、自己分析を徹底的にしてみると、今あなたが本当にやりたいことが見えてくるかもしれません

もし、自分一人で自己分析をするのが難しいと思う場合には、次の項目で詳しく紹介するキャリア診断アプリ「VIEW」を利用してみるのも選択肢に入れることができます。

キャリア診断をしてみる

キャリア診断アプリ「VIEW」は、仕事を辞めたいと思ったときに気軽に利用できるツールです。

3分程度で無料診断が受けられ、転職できる企業がわかりやすく表示されます。

このアプリでは、AIが3分の診断であなたにぴったりの転職先を一覧にしてくれます

20代〜30代をターゲットとしているので、ここでしっかりとキャリア設計をしてみてください。

また、エージェントの方と相談することもできます。

信頼できる人に相談する

30代の女性は、仕事だけではなく、プライベートでも様々なストレスを抱えていることが多いです。

そのため、仕事を辞めたい!と感情的になってしまうこともあるでしょう。

悩みが溜まって爆発する前に、一旦信用できる人に相談してみるのはいかがでしょうか。

会社の仲の良い上司や同僚でもいいですし、親友、家族のメンバーなど、心から信頼できる人に相談するのがお勧めです。

もし職場にもプライベートにも、あなたが信頼できる人がいない場合には、転職エージェントのアドバイザーに相談してみるのも選択肢の一つです。

転職先を探す

仕事を辞めたいと思ったら、まず転職先を探してみるのも手です。

現実と向き合い、自分が本当に転職して幸せになれるのか、良いタイミングはいつかなど、真面目に考えることができます

転職エージェントの利用を考えている場合には、「リクルートエージェント」や、30代の方に特化したエージェントである「みんなのエージェント」がおすすめです。

20代後半から30代にかけて利用者が多いので、あなたに合った転職先を見つけることができます。

アカウント作成は無料ですから、まずは登録から始めてみてください。

両方登録しておけば、それだけ多くの求人に目を通せるため、どちらも登録しておくことを推奨します。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

▶︎30代に特化したエージェント【みんなのエージェント】に無料相談

30代の女性が仕事を辞めたいと思う主な理由

まず、何故あなたが仕事を辞めたいと思っているのか把握することを第一にしてください。

それによって、今後フォーカスしていくべき問題点が異なります。

以下では、いくつかの理由をまとめたので、どれに当てはまるのか考えてみてください。

もちろん以下に挙げたもの以外に理由がある場合は、のちに紹介する対策の部分で行動しながら、理由を模索してみてください。

仕事への熱意の低下

30代を迎え、徐々に仕事へのモチベーションが低下してきている人も多いのではないでしょうか。

体力や気力のある20代とは異なり、30代は心身ともに落ち込んでくる時期でもあります。

熱量が下がってくるのは仕方のないことですが、あまりにも仕事に集中できないのであれば休職や転職も視野に入れた方が良いでしょう。

職場の人間関係

社会人として一番の悩みは、やはり職場の人間関係でしょう。

特に女性の多い職場であるような場合、派閥争いや同性同士の問題に巻き込まれることも少なくありません。

多少の問題は仕方のないことかもしれませんが、あまりに陰湿ないじめやパワハラやセクハラなどがある場合は転職も検討しましょう。

家庭と仕事の両立のハードさ

育児や家事などと仕事を両立することができない方も多いのではないでしょうか。

特に正社員としてガッツリ働いていると、家庭と仕事を両立させるのは難しいですよね。

あまりにも忙しすぎる場合はパートとして働いたり、家庭に対する理解のある会社に転職した方が良いケースもあります。

仕事を辞めたい30代の女性が陥りがちな考え方

仕事を辞めたいと考える30代の女性には、避けるべき3つの危険な考え方があります。

もしあなたがどれかに当てはまっているようなら、今すぐにその考えを改めたほうが良いでしょう。

結婚すれば仕事を辞めてもいいと思っている

少数派とは思いますが、バリバリ仕事をするか、結婚して家庭に入るか、どちらかにしようと考えているなら、その考え方はすぐに捨ててください

結婚さえすれば、仕事を辞めて専業主婦になれるという時代は過去のものとなりました。

経済状況が良くない中、どちらか片方の収入だけで家庭を養うというのは、かなり無理があります。

結婚したとしても、相手に任せるのではなく、あなたも稼がなければなりません。

また、結婚するからといって仕事を辞めたにもかかわらず、離婚してしまったケースも多いです。

いずれにしても、結婚を基準に仕事を辞めるか考えるのは、避けた方が良いと言えるでしょう。

転職すれば全て改善すると思っている

仕事を辞めたいと感じたら、まず転職を考える人も多くいることでしょう。

しかし、辞めたいと思った理由によって、転職が解決のカギになるとは限りません。

現職に不満要素が多くて辞めたい、又は上司と馬が合わなくて辞めたいと考えている場合、転職先でも似たようなことが起きる可能性は十分あります。

逆に、転職によって今よりも悪いような状況になる可能性もあります。

勢いに任せて転職をする前に、果たして現職での問題が転職先で解消されるのか、よく考えましょう。

資格さえ取れば転職が成功すると思っている

今仕事を辞めたいと思っている30代の女性が新卒時代のときには、資格があれば怖いものなしの状況だったのかもしれません。

しかし、10年昔と、現在の状況は大きく異なります。

資格を持っているだけでは、新卒ですら戦えなくなってきているのが現実です。

資格を取ること自体はあなたのスキルアップ、勉強に役立ちますが、それをもって転職が成功するとは考えない方がよさそうです。

30代の女性が仕事を辞めるときの注意点

ここでは30代女性に特有の、仕事を辞めるときの注意点についてお伝えします。

自分の経済状況を把握する

あなたは現在どのくらい貯蓄があり、出費がいくらかかっているか把握していますか?

意外と把握できていない方も多く、仕事を辞めてから困ることもあるそうです。

毎月の固定費、出費はいくらなのか、どのくらい貯金があれば1年間不自由なく暮らせるか。

これらを計算して、経済状況を把握することは退職する前にしっかり行っておくことをおすすめします。

会社を辞めた後に転職する場合には、これに集中して成功を収められるように、ある程度貯金しておいたほうがよさそうです。

辞める理由を明確にする

30代の女性が会社の人に辞める理由を伝える際には、曖昧な理由を述べてはいけません。

そうでないと、様々な誤解を生んでしまうことがあります。

最初にお伝えした通り、仕事を辞めたいと思う理由をはっきりさせ、会社側が納得してくれるかに関わらず、論理的な説明ができるようにしましょう。

どうしても会社に伝えられないという方は、退社代行サービスを提供しているところもありますので、活用してみてください。

有給消化をしてから辞める

労働者の権利である有給休暇。

日本はその消化率が非常に低いことを知っていますか?

せっかく貰える有給休暇は、今の会社を辞める前に使い切ってしまわないともったいないです。

どうせ辞めると決めたならば、「迷惑をかけるかも」などと考える必要は全くありません。

有給休暇を取ることは、悪いことをしているわけではないので、堂々と使い切りましょう。

また、貰った有給休暇でしっかりと休み、次のステップを模索するのも良いでしょう。

タイミングを計算する

仕事を辞めるベストタイミングは、2月や9月など、求人情報が増える時期です

ただ、辞める予定日の直前に言うのではなく、事前に会社と相談し、退職日を決定しましょう。

ただし、状況によっては必ずしも円満に退職する必要がない場合もあります。

ハラスメントを受けた、他の転職先がしっかりと決まっている、など今の会社と今後も仲良くする必要がないと感じる場合です。

無駄な気遣いで心と時間を削るよりも、「どうでもいい!」と割り切ってしまうのも次に進むために必要な判断なのかもしれません。

今後のプランを立てる

さすがにノープランで現職を辞める人はいないかと思いますが、辞める前に今後のキャリアプランを立てておくことが重要です。

30代の女性の場合、現職の業種とは全く異なる業種に転職することができます。

もしくは、同業他社で経験と即戦力をアピールし、管理職などの責任あるポジションに就くことも可能でしょう。

独立したいと思っている人もいるかもしれません。

いずれにせよ、今後どのように生計をたて、社会貢献していくかは、感情に任せて仕事を辞める前に、冷静に考えなければいけません。

場合によっては、辞める数年前から勉強、資格取得、貯金、その他準備を進める必要があります。

しっかりと今後のプランを立ててから仕事を辞めるタイミングを決めてみてください。

まとめ

いかがでしょうか。30代の女性で仕事を辞めたいというあなたはきっと少数派ではありません。

まだまだ女性が仕事場において公平な扱いを受けることができないことも大きく関係しているでしょう。

転職を決めたのなら、一人で悩まず、転職エージェントやキャリア診断サービスなどをたっぷり使い、転職を成功させてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました