退職代行で実際に発生する問題とは?具体例を元に詳しく解説!

退職代行の実際は? 退職

退職代行を実際に使ってみたいけど、どんなトラブルがあるんだろう。

退職代行を使うメリットってなんだろう。

このようなことをお考えになってはいないでしょうか。

過酷な業務や普段の仕事にお悩みの方は、退職代行サービスを活用することで、問題を解決できる可能性があります。

ただ、利用前には法律上の問題などを理解しておくことが大切です。

今回の記事では、退職代行のトラブル事例や利用するメリットなどについて解説していきます。

退職代行で実際に発生したことのあるトラブルについて詳しく解説します

退職代行で実際に発生したことのあるトラブル

具体的なトラブルには以下のような内容が挙げられます。

退職代行で実際に発生したことのあるトラブル
  • 退職に失敗する
  • 利用者が会社と直接やり取りする事になる
  • 法外なお金を請求される

以下でそれぞれについて解説します。

退職に失敗する

まず、確実に退職するために利用するはずの退職代行ですが、そもそもの退職に失敗してしまうということが挙げられるでしょう。

退職代行に依頼すれば自分の代わりに退職の手続きを代行してもらえます。

しかし、業者と会社の間で連絡が上手くいかず、退職の手続きが失敗になることがあるのです。

また、会社側が労働組合や弁護士などの代行以外とはやり取りをしないというケースもあります。

このようなことになれば、交渉も行えず、退職できないケースもあるようです。

上述したようなトラブルを避けるためには、労働組合や弁護士による退職代行業を利用するのが有効になります。

法的にも対応してもらえる業者を選び、安心して退職を進めるようにしましょう。

確実に退職するためにも、労働組合や弁護士のサービスがおすすめです!

利用者が会社と直接やり取りする事になる

退職代行を利用しようと考える方のほとんどは、できれば会社の人とやり取りしたくないはず。

直接的に上司や同僚と顔を合わせたくないという理由で、代行を利用する人も多いでしょう。

しかし、業者の対応に不手際があれば利用者に会社から連絡が来てしまうこともしばしば。

これでは何のために退職代行を利用するのか分からなくなってしまします。

退職代行では無料で相談が行われているサービスがほとんどです。

最初の段階で、利用しようとしている業者が本当に信用できるのか、しっかりと見極めるようにしましょう。

退職代行の多くは無料相談が行われています!最初に信頼できるか見ておきましょう!

法外なお金を請求される

このほかにも、相場よりも多くのお金を請求される状況に陥ってしまうこともあります。

退職代行の相場はおおよそ3〜5万円ほどとなっており、それよりも高すぎる業者は怪しんだ方が良いでしょう。

また、逆に安すぎる退職代行サービスも怪しんだ方が良いです。

例えば、5000円で代行を請け負っている業者などは、後で費用を請求されることも。

退職そのものは安い価格で請け負っており、オプション料でかなりの金額を請求するケースもあります。

料金プランについてはしっかりと確認しておくことが大切です。

利用する退職代行のプランを確認するようにしましょう

退職代行を実際に利用する際のポイント

退職代行を利用する際には、以下のことに気をつけましょう。

退職代行を実際に利用する際のポイントし
  • 実績があるサービスを利用する
  • 状況に合わせて適切な業者を選ぶ
  • リサーチをサボらない

実績があるサービスを利用する

まず、これまでしっかりとした実績や経験を持っている代行を選びましょう。

金額だけではなく、これまでの退職代行の経歴まで確認しておくことが大切です。

退職代行自体がまだまだ新しいサービスですので、プロと言ってもサービスにより実績が異なります。

過去にどのような事例を経験しているのかによって信頼度も変わりますので、できるだけ数をこなしている業者を選ぶのが良いでしょう。

経験豊富な退職代行業者を選ぶようにしましょう

状況に合わせて適切な業者を選ぶ

また、状況に合わせて代行を利用することも大切です。

例えば、アルバイトなのか正社員なのかによっても異なるでしょう。

アルバイトであれば引き継ぎなどの面で負担も軽く、比較的相場の安い代行で問題ありません。

しかし、正社員などは例え契約社員であってもできるだけ法的な面まで対応してもらえるサービスがおすすめです。

このように、置かれている状況に合わせて適切な支援が受けられる退職代行を選ぶようにしましょう。

自分が置かれてある状況に応じた退職代行を選ぶのが良いです

リサーチをサボらない

最後に、退職代行のリサーチはサボらないようにしましょう。

退職代行サービスは本当に種類が多く、いかに信頼できる業者を選択できるのかが大切になります。

退職の成功率を高めるためには、必ずいくつかの業者を自分で調べることが大切です。

しっかりとフォローしてくれるような業者を選び、退職に関する悩みを解決しましょう。

事前のリサーチを欠かさずに!

退職代行で実際に使用するメリット

退職代行を利用することにより、具体的には以下のようなメリットがあります。

退職代行を使用するメリット
  • 職場の人と顔を合わせずに退職できる
  • 未払金を請求できる
  • トラブルに備えられる

職場の人と顔を合わせずに退職できる

まず、職場の人と顔を合わせずに即日で退職できる可能性があります。

誰もが退職する時には自分で電話したり、対応するのがストレスになるでしょう。

職場との人間関係などから、なかなか辞められずにズルズルと退職できないでいる人も多いはず。

しかし、退職代行を利用することでブラック企業などの過酷な環境から今すぐ退職することが可能です。

自分の代わりに業者のスタッフが手続きを行ってくれるので、書類などを処理するだけで退職できます。

会社の人と顔を合わせずに退職したいと考えている方には、利用するメリットが大きいでしょう。

事務的な手続きなども代わりに行ってくれるので、職場の人と顔を合わせずに退職できます

未払金を請求できる

ブラック企業に勤めている場合、未払金が発生していることも多いのではないでしょうか。

例えば、残業代が支払われていなかったり、退職金を払ってくれないなどです。

実際に退職代行を利用した方の体験談の中にも、こうしたケースがよく見られます。

労働組合や弁護士による退職代行は、法的にもこうしたお金を請求できるのです。

労働の対価として報酬をもらうのは、労働者の権利と言えます。

もし、未払金の請求を行いたいのであれば、こうした代行サービスを利用すると良いでしょう。

未払いになっているお金を請求することができます

トラブルに備えられる

過酷な労働環境である企業と契約してしまうと、何かとトラブルが発生しやすいです。

勤務先から脅されたり、損害賠償を請求されるなど、円満に退職できるケースは稀と言えます。

こうした法的なトラブルに発展してしまえば、自分一人では対処することも難しくなるでしょう。

退職代行は、このような万が一のトラブルにも備えることができます。

できるだけリスクに備えておきたいという方は、代行サービスを利用すると良いでしょう。

もしものトラブルにも対応してもらえます

退職代行を実際に利用するデメリット

退職代行を利用するデメリットには以下のことが挙げられます。

退職代行を利用するデメリット
  • 費用が掛かる
  • 罪悪感を感じることがある
  • 退職に失敗しても返金されないケースがある

費用が掛かる

まず、退職代行を利用することで料金が掛かってしまうことはデメリットになります。

当然ですが、自分で会社に意思を伝えればコストは必要ありません。

退職代行を使用することにより、費用としては3〜5万円程度のお金が必要になる点は事前に押さえておく必要があるでしょう。

退職代行を利用するとお金が掛かります

罪悪感を感じることがある

退職代行を利用することによって、罪悪感を感じてしまうケースもあります。

日本ではまだ退職代行の利用が浸透しきっているとは言えず、自分で退職を伝えるべきであると考える人も多いです。

そして、退職代行を利用した後で自責の念を感じてしまうという方も。

ただ、そもそも普通に退職できるような環境であれば、出社して自分で伝えるはずです。

それができずに困っているからこそ、代行サービスが存在しています。

上述したようなパワハラまがいの行為がある企業は、退職するのも簡単ではないでしょう。

罪悪感を感じる必要はないので、代行を利用してスムーズに退職することをおすすめします。

退職代行の利用で罪悪感を感じる必要はありません

退職に失敗しても返金されないケースがある

最後に、退職代行を利用して退職に失敗したとしても、業者によっては返金保証がついていないこともあります。

このような事態になると、退職もできなかったのにお金だけ取られてしまうということになりかねません。

もし不安であれば、事前にリサーチを行って返金保証のある業者を利用することが大切です。

口コミや体験談などをしっかりとチェックして、その退職代行が信頼できるサービスを提供しているのかリサーチしておきましょう。

返金に不安がある場合には、全額保証付きの退職代行(退職代行SARABAなど)を利用しましょう!

まとめ

今回は、退職代行を実際に利用する際のトラブルなどを解説しました。

まとめ
  • 退職に失敗したり、会社と直接連絡するようなトラブルがある
  • そうしたことにならないよう、信頼できる業者選びが大切
  • 顔を合わせずに退職できるのはメリット
  • 費用が発生する点などはデメリット

代行サービスは労働者にとって非常に心強いサポートと言えます。

ただ、その分どの業者を選択するのかが大切です。

業者選びを怠らず、スムーズな退職を実現させるようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました