適応障害の転職は不利?成功させるための戦略について徹底考察!

適応障害の転職は不利 退職

「適応障害を転職先に言えば不利になるだろうか」

「適応障害で転職するけど、うまくいくか不安・・・」

という方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、「適応障害で転職する時は不利になるのか?」というテーマで解説していきます。

適応障害を転職先に言うと不利になる?

適応障害を転職先に言うと不利になる?

そもそも、適応障害を転職先に言うと不利になってしまうのでしょうか。

ここでは、その概要について詳しく解説します。

不利になることはある

結論から言えば、転職先に適応障害を伝えると不利になることはあり得るでしょう。

もちろん、会社の方針や面接官にもよりますし、一概に必ず不利になると言い切ることはできません。

しかし、それでもやはり、

  • 採用してからも長く働いてくれるだろうか
  • 他にも最適な人材がいるのではないだろうか

などと考える面接官はいるでしょう。

そのため、どうしても不利になってしまう可能性はあり得ると言えます。

でも言った方が良い

しかし、仮に不利になることがあったとしても面接前に言っておく方が良いです。

もちろん、

「そんなことを言ってしまえば転職できないのでは?」

「適応障害を伝えるのが怖い・・・」

という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、先に伝えておかないと、後から色々と問題になる可能性もあります。

以下では、適応障害を転職先に言わないデメリットについて解説します。

適応障害を転職先に言わないデメリットは?

適応障害を転職先に言わないデメリットは?

適応障害を転職先に言わないデメリットにはいくつか挙げられます。

転職した後に問題になる危険性

まず、転職した後に問題になる危険性が挙げられるでしょう。

例えば、面接の際に適応障害である事実を隠していて、後からバレた場合、

  • なんで面接の時に言わなかったの?
  • 最初から言ってくれれば・・・
  • 嘘ついたの?

など、何かと批判されてしまいかねません。

こうしたリスクを抱えた状態で日々の仕事をこなすのはかなりストレスがかかります。

「いつかバレるのではないか・・・」

と怯えながら生活しないためにも、最初に言っておくのが無難です。

合わない会社に就職してしまう

また、最初に適応障害であることを話しておかないと、自分に合った会社に就職できる可能性が低くなってしまいます。

あらかじめ適応障害について話しておき、それでも採用してくれるのであればある程度理解のある会社であると言えるでしょう。

しかし、隠して入社すると、病気について理解がなく、

「こんなこともできないの?」

と、さらに状況を悪くしてしまいかねません。

このようなことにならないためにも、最初に話しておき、状況を理解してくれる会社に就職することが大切です。

今後の仕事がやりにくくなる

適応障害であることを隠したまま入社してしまうと、

「いつかはバレるかもしれない」

「最初に言っておくべきだっただろうか」

など、不安を抱えたまま仕事をしなければなりません。

このような状態で長期的に労働を行うのは、かなりきついです。

仕事に対してやりにくさを感じさせないためにも、最初に打ち明けておく方が賢明と言えます。

適応障害で転職が不利になると不安な時の対策

適応障害で転職が不利になると不安な時の対策

もし、適応障害で転職が不利になると心配されている場合、対策を行うことが大切です。

ここでは、具体的な対策についてご紹介していきます。

適職診断してみる

転職が不利にならないか不安な方は、事前に適職診断を受けてみましょう。

自分自身の適性と合った仕事に応募することで、転職の成功率を高めることができます。

今ではAIによる適職診断アプリも登場しており、無料で診断することが可能です。

転職にお悩みの方は、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

キャリアコーチングを受ける

  • そもそも、転職したいかどうか分からない
  • 今後のキャリアがイメージできない
  • 自己理解を深めたい

など、必ずしも転職すべきか分からない方も多いのではないでしょうか。

もし、転職そのものにお悩みであれば、キャリアコーチングを受けてみるのもおすすめです。

コーチングは上記のような転職にお悩みの方に人気のサービスとなっています。

初回カウンセリングは無料となっているので、まずはお気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

転職サポートをしてくれるサービスを利用する

他にも、転職する際にさまざまなサポートを行ってくれるサービスを利用するのも選択肢です。

転職エージェントなどを利用すれば、

  • 自分に合った企業の紹介
  • 面接対策や履歴書の添削
  • 面接のスケジュール調整

など、あらゆるサポートを行ってくれます。

こうしたサービスも活用して、転職活動を有利に進めていくのが良いでしょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

適応障害で転職する時のポイント

適応障害で転職する時のポイント

適応障害で転職する場合、いくつかポイントを押さえておく必要があります。

これから転職される方は、以下のことに気をつけるようにしましょう。

まずはしっかり休もう

まず、適応障害と診断されたのであれば、ゆっくり休むことを最優先してください。

そもそも、仕事の疲れが溜まっている状態だと思うので、自分自身の精神状態を安定させることが大切です。

有給休暇などをうまく使って、体と心を休めるようにしましょう。

どうしても休みが取れないのであれば、休職するのも選択肢と言えます。

感情的にならない

次に、感情的に行動しないことも大切です。

人間、精神的に追い詰められている時はどうしても感情的になりがち。

しかし、例えば計画性もなしに退職してしまったり、感情的になって泣いてしまったりするとその後の生活に悪影響が出てしまいます。

急にやめれば金銭的な不安もついて回ることになるでしょう。

そのため、まずは冷静になって、今後どうすべきなのか考えた上で行動していくことが大切です。

無理して復帰しない

適応障害で休職している方は、とにかく我慢して復帰しようとするのはNGです。

というのも、適応障害である場合にはストレスの原因になることがはっきりしている場合が多く、無理して職場に戻ると再発を繰り返す恐れがあります。

また、症状が悪化してしまうこともあるでしょう。

明らかに職場が不向きである場合、我慢し続けるのではなく転職するなどして環境を変えることも視野に入れるのが良いでしょう。

まとめ

今回の記事では、「適応障害の転職は不利になるのか?」というテーマでお話ししました。

  • 適応障害を転職先に言うと、不利になることがある
  • 不利になったとしても先に伝えておくのが良い
  • 適応障害の転職が不安ならスキルを習得しておこう
  • 転職支援のあるスクールを選ぶのがおすすめ

適応障害で不安を感じている場合、自分自身がスキルアップして需要の高い人材になるのがおすすめです。

対人スキルがないという自覚があるのであれば、技術的な面を強くしていけば問題ありません。

ただ落ち込むのではなく、人材としての強みを持って転職を成功させるようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました