適応障害の転職が怖い方へ。具体的な対策を解説

適応障害の転職が怖い 退職

適応障害と診断され、転職するのが怖い

うまく転職できるか不安

このようなお悩みを抱えていませんか。

今回の記事では、適応障害で転職するのが怖いと感じている方に向けて、具体的な対策をご紹介していきます。

適応障害の転職が怖い時の選択肢

適応障害の転職が怖い時の選択肢

適応障害と診断され一度仕事を退職している方や、今の会社を辞めて転職しようとしている方は、きっと、

うまく転職できるだろうか

他の会社で同じことになったらどうしよう

といった不安を抱えているはず。

ここでは、転職が怖い時の選択肢についてご紹介していきます。

気持ちが落ち着くまで休む

まず、転職について怖いと感じているのであれば、一度転職活動を止めて休んでみてはいかがでしょうか。

無理して転職を急いだとしても、あまり良い結果には繋がりません

もし、症状が落ち着いていなかったり、恐怖心が先行して転職活動どころではなかったりする場合には、まずは落ち着いてみることが大切です。

反対に、

「とにかく早く就職しないと・・・」

と、自分を急かして転職先を見つけるのは好ましくないと言えるでしょう。

焦らない

何事も焦らないことが大切です。

特に適応障害と診断されている方は、心身ともに傷ついている方が多いはず。

  • うまく転職できなかったらどうしよう
  • 適応障害が再発しないか不安
  • 無職から早く抜けたい

など、さまざまなことを感じると思います。

しかし、焦っている状態で転職先を探しても、妥協してしまったり、自分と合わない会社を選んでしまったりと良いことがありません

そのため、ゆっくりで良いので長く続けられそうな仕事を探していくのが良いでしょう。

転職が怖い理由を深掘りしてみる

転職するのが怖いと思う理由について、深く掘り下げて考えてみるのも選択肢の一つです。

あなたが転職を不安に感じている理由を、紙に書き出してみましょう。

例えば、

  • うまく転職できるか不安
  • 面接が怖い
  • 社会に出るのが怖い

など、さまざまな理由が挙げられると思います。

そうした自分自身の不安について、思いつく限り箇条書きしてみるのがおすすめです。

人間は分からないものや曖昧なものに対して不安や恐怖を感じてしまいます。

悩みを視覚化することで、不思議と気持ちも落ち着くものです。

自分の適性に合った仕事を探す

次の転職先として、自分の適性に合った仕事を探すことも非常に大切です。

合わない仕事に転職してしまった場合、また適応障害になったり、ストレスを抱えてしまったりすることになります。

そのようなことにならないためにも、自分の得意や不得意を分析した上で、転職先を探すようにしましょう。

今では無料で利用できるキャリア診断アプリなども登場しているので、そうしたアプリを活用してみるのも選択肢の一つです。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

転職のサポートをしてくれるサービスを利用する

転職する際、転職エージェントなどのサポートサービスを利用する方が、転職成功率を高めることができます。

転職エージェントとは、転職希望者と企業を結びつけるサービスです。

利用すれば、

  • 自分に合っている企業を紹介してもらえる
  • 面接や履歴書に関するアドバイスをしてもらえる
  • 面接日程の調整も行ってくれる

など、さまざまなサポートを受けることができます。

利用は完全無料となっているので、まずは気軽に相談してみるのも良いでしょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

スキルを習得して転職する

以下でも解説するような信頼できる転職実績のあるスクールなどに通い、転職に向けて準備していく方法もあります。

特に、在宅ワークなどと相性の良いプログラミング技術などを身につけ、IT業界などに転職を検討してみるのも良いでしょう。

IT業界への転職を目指す方は、後述するスクールなどの利用を検討してみてください。

▶︎未経験からエンジニアへ。転職保証付きスクール「無料カウンセリグ」へ申し込む

適応障害とは?

適応障害とは?

近年、適応障害という言葉をよく耳にするようになりました。

しかし、実際にどのような病気なのかあまりよく分かっていない方も多いのではないでしょうか。

適応障害は、ある特定の状況や出来事について辛さを感じており、気持ちや行動に対して悪影響を及ぼすものです。

ICD 1によると、

「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく障害されている状態」

というふうに定義づけされています。

具体的な症状としては以下のようなものが挙げられるでしょう。

適応障害の症状
  • 不安や怒りを感じる
  • 手が震える
  • 不眠が続く
  • 倦怠感がある
  • 頭痛や腹痛、めまいなどの不調

適応障害の原因は?

適応障害の原因は?

適応障害の原因にはさまざまなことが挙げられますが、共通しているのは「ストレス」です。

状況によって色々なストレスが要因となり、適応障害を発症するケースが多く見られます。

  • 仕事内容に対する不満
  • 人間関係上の悩み
  • 働きすぎによる過労
  • 日常生活におけるストレス

など、何かしらのストレス源があり、そのことによって適応障害になっていることもあるでしょう。

また、本人の性質も適応障害と関連しているとされています。

具体的には、

  • NOと言えない性格
  • 責任感が強い
  • コミュニケーションが苦手
  • 完璧主義者

などの性格であれば、ストレスを感じやすく、適応障害を発症しやすい傾向にあるようです。

うつ病とどう違う?

うつ病とどう違う?

適応障害とうつ病の違いは、”ストレスとなる要因がはっきりしているかどうか”にあります。

適応障害はストレスとなる原因が明確です。

例えば、

  • 職場の人間関係
  • 仕事内容
  • 労働時間の長さ

など、ストレスの対象となるものが定まっています

そしてその原因を除去することで症状が改善されることが多いです。

それに対し、うつ病ではストレスとなる原因を改善したとしても、症状がよくならないことが多いです。

例え退職したとしても憂鬱な気分が続いたり、倦怠感などが取れないということもあります。

このように、両者はよく似ていますが、その特徴としては異なります。

適応障害を再発させないためには?

適応障害を再発させないためには?

では、適応障害を再発させないためにはどのようなことが大切になるのでしょうか。

ここでは、そのポイントについてご紹介していきます。

医師の指示に従う

まず、医師の指示にはしっかりと従うようにしましょう。

適応障害となった方で、よくあるパターンとしては

  • 勝手に通院や服薬をやめてしまう
  • 完治したと勘違いしてしまう
  • 許容範囲を超える仕事をしてしまう

などが挙げられます。

このような場合、適応障害が再発しかねません。

何度も適応障害の発症を繰り返さないためにも、医師の指示にはしっかりと従うようにしましょう。

完璧主義をやめる

完璧主義の思考で、自分自身を追い込んでいないでしょうか。

  • 仕事がうまくいかないのは、自分が全て悪い
  • なんでも上手くやらなければいけない
  • 周囲から優秀であると思われなければならない

このように考えている場合、できないことに対してストレスを感じやすくなり、適応障害が再発する恐れがあります。

こうした思考をやめるためには、「自分を許す心」を持ちましょう。

  • 人間、できないこともある
  • 人からどう思われても良い
  • たまには失敗も必要

など、自分自身を責めるのではなく、許してあげることができればストレスを感じることも少なくなるでしょう。

生活リズムを整える

適応障害を繰り返さないためには、生活リズムを整えることも大切です。

朝はしっかり起きて、夜は早めに眠るようにしましょう。

日光を浴びる時間を長くすることで、精神的にも安定することができます。

また、食事バランスにも気をつけましょう。

栄養面も整えることにより、健康な状態を維持することができます。

仕事が忙しい時もあるとは思いますが、リズムを整えて日々の生活を送ることを心がけてください

自分に適した環境に身を移す

適応障害を発症してしまう場合、多くのケースで自分とは適していない環境に身を置いてしまっていることがあります。

例えば、

  • 対人関係が苦手なのに、密なコミュニケーションが求められる
  • 営業が苦手なのにノルマがある
  • ずっと作業ばかりしている

など、自分の適性を無視した環境下にいる場合、人間は強いストレスを感じてしまうのです。

もし、今の環境に合っていないと感じる場合には、早めに自分に合っている場所へ移動した方がおすすめ。

転職するのも選択肢ですが、もし社内で部署異動などができるのであれば人事部に相談してみると良いでしょう。

信頼できる人に相談する

自分一人で悩みを抱えていませんか。

何でも一人で悩んでいると、ストレスを溜め込んでしまいます。

辛い時は信頼できる人に相談してみましょう。

友人でも上司でも構いません。

誰かに相談することで、気持ちが整理されるのでかなり楽になるでしょう。

もし、身の回りにそうした信頼できる人がいないのであれば、無料で利用できる転職エージェントのアドバイザーに相談してみると良いでしょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントのアドバイザーに相談してみる

適応障害の転職が怖い時に利用すべきサービスは?

適応障害の転職が怖い時に利用すべきサービスは?

最後に、適応障害で転職が怖いと感じている方に向けて、おすすめのサービスをご紹介します。

スキルを身につけたい方へ

まず、スキルを習得して強みにできれば、転職にも有利になります

また、在宅ワークなどと相性の良いスキルであれば、一人で作業できるような仕事に転職できる可能性を高めることができるでしょう。

おすすめのスキルはプログラミングです。

プログラミングは、

  • 現在IT業界で人手不足が続いており、転職しやすい
  • 年収水準も高い
  • 一人で作業しながら仕事がしやすい

など、さまざまなメリットがあります。

プログラミングを学習するなら、DMM WEBCAMP

参考:DMM WEBCAMPより

これからプログラミング学習をスタートさせるのであれば、DMM WEBCAMPがおすすめです。

  • 転職成功率98%の実績
  • 給付金制度が適用されれば、授業料の70%が支給される
  • 未経験からの転職に強い

など、未経験者からの転職に非常に強いスクールとなっています。

また、給付金制度が用意されており、条件に当てはまれば授業料の70%が支給されるのはかなり魅力的です。

DMMWEBCAM
参考:DMM WEBCAMPより

給付金やカリキュラムについては無料でカウンセリングを受ければ詳しく聞くことができます。

まずは無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

▶︎未経験からエンジニアへ。転職保証付きスクール「無料カウンセリグ」へ申し込む

スムーズに転職したい方へ

適応障害の転職が怖いと感じる方の中には、

  • 誰かに相談しながら転職を進めたい
  • サポートを受けながら転職したい
  • 自分に合った転職先を紹介してもらいたい

などと思われる方もいらっしゃるでしょう。

そうした方は、転職エージェントを利用した転職がおすすめです。

転職エージェントは転職希望者と企業を結びつけてくれるサービスで、

  • 最適な求人の紹介
  • 面接対策や履歴書の添削
  • 面接日程の調整

など、転職に関するサポートを無料で行ってくれます。

利用は全て無料なので、まずはお気軽にアカウントの登録を行ってみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントのアドバイザーに相談してみる

まとめ

今回の記事では、適応障害の転職が怖いと感じている方に向けて、具体的な対策について解説しました。

適応障害の転職は怖いと感じることも多いでしょうが、転職エージェントやスクールの転職支援、スキルの習得などを行い、転職に向けた準備に備えれば成功させることができます。

上記の内容が参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました