適応障害の薬剤師が転職を効率的に進める方法とは?

適応障害の薬剤師の転職 薬剤師

薬剤師は非常にストレスの多い仕事です。

その環境下で適応障害やうつ病が発症してしまうことも少なくありません。

適応障害やうつ病が発症してしまうと仕事はおろか日々の生活もままならなくなります。

もしそのような状況に陥ってしまった場合、どのような対応をすればいいのでしょうか?

今回の記事では薬剤師の方が適応障害と診断された際に取るべき行動に触れながら、効率的な転職方法を丁寧に説明します。

この記事を読めば分かること
  • 適応障害に陥る薬剤師、その理由とは?
  • 適応障害の薬剤師が転職を効率的に進めるには?
  • 適応障害と薬剤師が診断されたらどうすれば良いのか?
  • ストレスが少ない職場の選び方とは?
  • 薬剤師専門の転職エージェントのご紹介

適応障害に陥る薬剤師、その理由とは?

適応障害に陥る薬剤師、その理由とは?

それでは薬剤師の方は、どうしてストレスが掛かり適応障害になりやすいのでしょうか?

それには薬剤師特有の理由があるのです。

この項目ではその理由について丁寧に説明していきます。

もしご自身が似たような環境下にいるのであれば転職を検討してもいいかもしれません。

職場の人間関係が狭い

薬剤師の世界は人間関係の狭さが特徴です。

調剤薬局にしてもドラッグストアにしても病院薬剤師にしても毎日、同じ人と仕事をします。

その中で全員が友好的であれば仕事はしやすいですが、そんなことは中々ありません。

たとえば薬剤部長や管理薬剤師、看護師に目をつけられれば仕事も思うように出来ないことでしょう。

そのため、薬剤師の方が転職を検討する理由で一番多いのが人間関係のトラブルなのです。

職場環境が劣悪

また、薬剤師の仕事はとてもハードです。

職場にもよりますが残業も多く、家に帰れるのはいつも夜中というのも珍しくありません。

また、病院薬剤師であれば当直や夜勤がありますのでより過酷を極めます。

そして女性であれば妊娠、出産をした場合は通常の企業では育児休暇を取れるでしょう。ただ薬剤師の業界ではそのような休暇制度が整っている職場は少ないのが現状です。

このような過酷な労働環境の中で日々、ストレスを溜めて適応障害が発症してしまうのです。

人員不足で仕事の負担が増加する

薬剤師の業界では転職が日常的に行われています。

また、急に何人も転職でいなくなるということもあります。

そうすると残った人にしわ寄せがきて、突然業務量が増えるということも珍しくありません。

それまでは自分のペースで無理なく働けていたのにいきなり業務量が増えて、残業も増えてということでストレスも蓄積していきます。

そしてストレスが体調悪化に繋がり、最後には適応障害と診断されてしまうのです。

ノルマに追われる

ドラッグストアでは場所によっては営業ノルマを与えられる場合があります。

営業職でもないのにノルマはおかしいと思いませんか?

ドラッグストアには医薬品以外に化粧品やサプリメントがあります。

それを月にどれだけ販売するかというノルマを課されるのです

ノルマは誰しもがプレッシャーも掛かり、それによって多大なストレスも掛かります。

ノルマを与えられて頑張れる人はいいですが、そうじゃない場合はそのストレスによって体を壊してしまいかねません。

適応障害の薬剤師が転職を効率的に進めるには?

適応障害の薬剤師が転職を効率的に進めるには?

適応障害になった場合、ストレスの原因から自身を遠ざけることが大切になってきます。

職場環境や職場の人間関係が問題の場合はその職場からすぐに離れるべきです。

そのためには転職をする必要があるでしょう。

今回の項目では適応障害の薬剤師が転職をどの様にして効率的に進めていくのかを説明していきます。

なぜ辞めたいのか、その理由を明確にしておく

転職をする際に最初にしないといけないのが、転職理由の明確化です。

フワッとした曖昧な理由では転職もうまくいきませんし、転職先で同じような悩みや問題を抱えかねません。

そのため、まずはどうして転職を考えているのかの理由を整理した上で転職先の条件を決めていくことが大切です。

ご自身で整理することが難しい場合は、友人や転職エージェントに相談をしながら整理をしてもいいかもしれません。

転職した経験がある人に相談する

同じ薬剤師業界の転職をした同僚や先輩に相談することも重要です。

やはり同じ業界で転職を経験している場合、ご自身と同じような理由で転職をした可能性が高いでしょう。

その場合、ご自身と重ねながら体験談を聞くことが出来ます。

また転職に関してのアドバイスを貰えたり、相談をする中で新しい気づきがあるかもしれません。

そのため転職をする際は身近の転職経験者とお話することをおすすめします。

薬剤師に特化した転職サービスを利用する

適応障害と診断されたら、すぐにでも転職をしてストレス原因から離れるべきです。

ただ転職活動もご自身の力のみで進めてしまうと意外と時間も労力も掛かってしまいます。

そんな時は薬剤師に特化した転職サービスを利用しましょう。

薬剤師に特化した転職サービスでは薬剤師業界に精通した担当コンサルタントが付きます。

そして、ご自身の希望に沿うような求人を紹介して貰えるので効率的に転職を進めることが出来ます

▶︎柔軟な働き方を実現できる!【ファルマスタッフ】に相談してみる

適応障害と薬剤師が診断されたらどうすれば良いのか?

適応障害と薬剤師が診断されたらどうすれば良いのか?

日常の仕事や生活で多大なストレスが掛かり、適応障害と医師から診断された場合、どのような対応をすればいいのでしょうか?

この項目では薬剤師の仕事をしていて、適応障害と医師から診断された場合の適切な対応をご説明します。

病院にて治療に専念する

うつ病や適応障害といった精神疾患を抱えた状態で転職をしてもうまくいきません。

例えうまくいっても同じような苦しい思いを繰り返すことになりかねないでしょう。

精神的に不安定な状況だと自律神経に影響を及ぼし、朝が起きられなかったり、集中が出来ないということにもなります。

そうすると職場での人間関係にも軋轢が生じはじめて、余計なストレスを抱えることになります。

そのため、適応障害と診断された場合は焦らずにしっかりと治療に専念しましょう。

ストレスの原因から離れる為に休職をする

適応障害と診断されて、早く転職をしないといけない状況になると焦りが生じて冷静な判断が出来なくなります。

そのような状態で転職をしても、うまくいかずに逆に転職期間が伸びてしまうことにもなりかねません。

また、それと同時にストレスの原因である職場からの開放も時間が掛かってしまいます。

その場合は思い切って休職を取り、精神の療養に励みましょう

転職活動をする際は正常な精神状態で進めていくべきです。

精神疾患が発症してしまった自分を責めない

精神疾患を患ってしまっても決して自身を責めてはいけません

ストレスのキャパシティは人によって差があるものです。

その中で現在、働いている職場環境や人間関係によって多大なストレスを掛けられて発症している状況です。

そのため、自身のせいでは決してないでしょう。

また、転職をして今の環境を変えることは逃げと思って躊躇する人もいるかもしれませんが、それは逃げではありません。

自身の心身を守る防衛行動ですので決して自身の行動も責めるべきではないです。

治療で職歴にブランクが出来ても焦らない

薬剤師業界は女性が多い業界です。

その為、出産や妊娠、育児等で長期的に仕事のブランクがあることは一般的です。

そして企業側もそのことを理解しているので、長期ブランク用の研修を設けている企業が増えています。

精神疾患が原因で仕事に長期のブランクを空けてしまっても、そのような研修制度のある企業に転職をすれば何も問題はないのです。

ストレスが少ない職場の選び方とは?

ストレスが少ない職場の選び方とは?
ストレスが少ない職場の選び方とは?

薬剤師の世界は人間関係や業務量、不規則な勤務体系とさまざまなストレスが掛かります。

そのストレスの影響で精神を病んでしまう人も多い業界です。

それではその中でもストレスの少ない働き方は出来るのでしょうか?

この項目ではその辺をご紹介していきます。

パートの薬剤師として働く

薬剤師のストレスが少ない働き方としてはパートで働くことがおすすめです。

パートであれば正社員ほどノルマがキツいわけでもなく、拘束時間的にも負荷は掛かりません。

また、職場や仕事に慣れてくれば正社員になる選択肢もありますので、一生パートで終わることが決まったわけではありません。

ただ一つデメリットがあるとすると正社員ほど安定はしていないということです。

そこを許容出来るかどうかは人それぞれ考え方があると思います。

企業系の薬剤師求人を探す

パートではなく正社員として働きたいという思いがあるのであれば、企業求人を探すべきです。

そして、その中でも医薬品倉庫の管理薬剤師や化粧品会社の薬剤師求人を狙った方がいいでしょう。

年収は400万円そこそこになりますが業務上の負荷も少なく、人ともあまり関わらないので人間関係に悩まされることも少なくなりますのでおすすめです。

また、このような求人は薬剤師業界の中では年収も低く競争率も低いので狙い目でもあります。

調剤薬局なら楽な科を選択する

正社員として働く上でストレスが少ない職場をもう一つご紹介します。

それは楽な科の調剤薬局です。一般的に調剤薬局で働く場合は科目ごとに求人がでます。

その中で眼科と整形外科は他の科に比べて比較的楽な科と言えるでしょう。

その時に間違っても小児科や耳鼻科、腎臓内科は選んではいけません。

理由としては患者さんの数が多く激務であったり、専門的過ぎて処方内容が難しかったりと余計なストレスが掛かるからです。

適応障害かも?薬剤師が転職を考える時の選択肢

適応障害かも?薬剤師が転職を考える時

まだ適応障害と診断されたわけではないが似たような症状が出ている場合、不安になりますよね。

その場合は直ぐに病院に行くべきです。

そして実際に転職をすることが正解なのかを考えることも大切です。

転職だけが正解ではありませんので、その辺をこの項目では説明していこうと思います。

環境変化が必要なケースが多い

適応障害の初期症状が出てしまっていて、原因が間違いなく職場にある場合は転職をすることで環境を変えるべきです。

適応障害やうつ病になってしまってから転職活動をすると精神的にかなり苦しくなると思います。

その為、適応障害やうつ病の初期症状を自身で認識した時にはすぐに転職活動をはじめた方がいいでしょう。

そして一日でも早くストレスの原因である職場から離れるべきです。

戻りたいと思えるような職場なら復職もあり

業務外で多大なストレスが掛かってしまい精神疾患を患ってしまうことも少なくはありません

その場合、原因は職場ではありません。

もし精神疾患により休職をしてしまっても、ご自身が現在の職場を辞めたくはないと考えているなら復職すべきです。

精神疾患を患ってしまったから退職や転職をしないといけないわけではありません

ご自身の中でストレスの原因は何かを考えて、ご自身の中で最良の答えを導けるように心掛けてみてください。

職場が嫌なら転職を検討しよう

現在、働いている職場環境で人間関係が悪い場合は別の事業所を希望するのもいいかもしれません

職場が変われば人間関係も変わります。

ただし大手企業であれば全国にいくつも事業所があるのでいいでしょうが、中小企業とかであれば事業所も限られます。

自身の希望も通らないこともあるでしょう。

その際はすぐに諦めて転職を検討する方が効率的です。

薬剤師専門の転職エージェントのご紹介

薬剤師専門の転職エージェントのご紹介

現在の仕事をしながら、転職活動も行うのはかなり労力を使います。

そこを最も効率的に進められるのが転職エージェントです。

薬剤師で転職エージェントを選ぶ際は薬剤師特化の転職エージェントを選ぶべきです。

この項目では薬剤師特化の転職エージェントを選ぶメリットをご説明します。

薬剤師業界に精通している

薬剤師特化の転職エージェントのキャリアコンサルタントは、薬剤師業界に精通している人が多いです。

そのため、一般的な転職エージェントに比べて全国の調剤薬局やドラッグストア、医療機関とは深く繋がっています。

また求人票には記載されていない情報も多く保有している為、企業選定や面接の際にそのような情報が有利に働いてくれるでしょう。

非公開の優良求人を保有している

転職エージェントでは一般的な求人情報では見つからない、非公開求人情報を数多く保有しています

非公開の求人の大半は高収入、高待遇の優良求人です。

とくに薬剤師業界の求人の特徴としては管理薬剤師の非公開求人が多いです。

転職エージェントに登録をしないと知り得ない求人情報ですのでぜひ登録をしてみてください

非公開求人を検討するか、しないかでは自身の転職の選択肢も大きく変わってくるでしょう。

転職後もアフターフォローをして貰える

内定し、新しい職場で働き始めてからも柔軟に相談に乗ってもらえます

転職エージェントは過去、何百、何千という転職者を送り出してきました。

その際の相談や悩みの解決ケースを元にアドバイスを貰えるので、何か転職先で困ったことがあれば積極的に利用してみるのもいいでしょう。

このように転職エージェントは転職活動から転職後まで一貫して丁寧にサポートをしてくれます。

しかもサービスの利用は無料ですので積極的な利用をおすすめします。

薬剤師の転職でおすすめの転職サービスは?

最後に、薬剤師の方におすすめの転職サービスをご紹介します。

薬剤師の方で転職を検討している方は、以下のサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

薬マッチ

  • 地方求人にも対応
  • 薬剤師免許を保有したコンサルタントに相談が可能
  • 調剤薬局の求人に強い

ヤクマッチは薬剤師の転職に特化した転職サイトです。

通常の転職エージェントなら都市部しか求人がないサービスもあります。

しかし、ヤクマッチは地方求人も多数保有しており、地元や自宅の近くで働きたいという方の要望に応じて転職しやすいサービスです。

また、薬剤師免許を保有したコンサルタントが在籍しているので、現場目線で寄り添ったアドバイスがもらえるのもかなりの魅力

調剤薬局の求人に強いため、薬局に転職したい方は利用してみると良いでしょう。

▶︎ヤクマッチに無料相談してみる

ファルマスタッフ

  • 専任の担当者が徹底サポートしてくれる
  • 利用者の満足度が96.5%以上
  • 正社員や派遣など、幅広い求人に対応可能

ファルマスタッフでは、専任の担当者が対面で丁寧に面談してくれます。

利用者の満足度は96.5%と非常に高く、信頼度の高いサービスです。

派遣やパートなど、幅広い求人の取り扱いがあるため、適応障害の方でも幅広い求人から自分に合ったものを選べます

専任のコンサルタントに手厚くサポートしてもらいたい方は、まず無料登録してみると良いでしょう。

▶︎パート求人に強いファルマスタッフに相談してみる

薬キャリ

  • 連絡が早い(業界内でも定評がある)
  • 求人数が多い
  • 電話のみで転職できる

薬キャリはスピード感のある対応に定評のあるサービスです。

最短即日で10件の求人紹介をおこなってもらえます。

また、電話のみの対応で完結するのも魅力。

面談などで毎回足を運ばなくても良いので、気軽に利用することができます。

利用は完全無料なので、まずはご自分の状況について相談してみて、転職先を模索してみると良いでしょう。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

マイナビ薬剤師

  • 利用者満足度No.1
  • 対面での面談を重視した徹底したサポート
  • 企業の内部事情に詳しくミスマッチが防げる

マイナビ薬剤師は業界の中でも利用者満足度がNo.1のサービスです。

企業の内部事情に詳しいコンサルタントが在籍しており、転職先のミスマッチを未然に防ぐことができます。

転職先でもうまくいかないことを心配する方も多いはずですが、そうしたリスクを回避することが可能です。

こちらも、利用は完全無料なので、まずは無料登録を行っておきましょう。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

まとめ

今回の記事でご説明した通り、薬剤師の世界はストレスが非常に多い世界です。

そのため、精神疾患を患ってしまう人も少なくはありません。

転職や退職だけが正解ではありませんが、もし転職をしないと解決できない場合は転職を視野に入れて動くのがいいでしょう。

その際は転職エージェントを利用して転職を進められれば効率的に転職活動を行えますのでぜひ、検討してみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました