適応障害で転職を繰り返すのはなぜ?解決策について詳しく解説!

適応障害で転職を繰り返す 退職

適応障害で何度も転職を繰り返してしまう

転職を繰り返すのをやめたい

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、適応障害で転職を繰り返す方に向け、その理由や具体的な対策を解説していきます

この記事を読めば分かること
  • 適応障害で転職を繰り返すのはなぜ?
  • 適応障害で転職を繰り返す時の解決策5選
  • 適応障害で転職を繰り返す時に考えるべきこと
  • 自分らしく働ける仕事を見つけるためのサービスは?

適応障害で転職を繰り返すのはなぜ?

適応障害で転職を繰り返すのはなぜ?

そもそも、適応障害で転職を繰り返すのはなぜなのでしょうか。

ここでは、その理由について詳しく解説していきます。

  • 転職を焦っている
  • 自分に合った仕事じゃないから
  • しっかりと自己分析できていない

転職を焦っている

まず、転職を焦ってしまっているということが挙げられるでしょう。

特に退職してから転職活動をする場合、「早く転職したい」という思いが先行しすぎで転職先を熟考せずに選んでしまいがち。

  • もうどこでも良いから転職できれば良いや
  • とにかく無職期間を長引かせたくない
  • お金に余裕がないから早く就職したい

こうした焦りの気持ちが、転職を急がせてしまいます。

早く転職したい気持ちはわかりますが、長期的に働くためには自分に合った職場を見つけることが大切です。

焦らず、じっくりと転職活動を進めるようにしましょう。

自分に合った仕事じゃないから

転職先が自分に合っていないと、何度も転職を繰り返すことになってしまいます。

例えば、

  • 対人関係が不得意なのに、コミュニケーションが重要な職場
  • 営業スキルがないのに、営業職に就職してしまう
  • 興味のない仕事に就職してしまう

など、自分の適性に合っていない仕事に転職すると、長続きしません。

このような不向きな仕事に就職しないためには、以下でも解説するように自分の特性についてよく理解しておくことが大切です。

しっかりと自己分析できていない

適応障害で何度も転職を繰り返す場合、自己分析が不十分である可能性が高いでしょう。

あなたは、次のような質問に対して正確に答えることができるでしょうか。

  • 自分に向いていない仕事は?
  • 苦手な分野とは?
  • 得意なことは?
  • 得意でなくとも、継続してできることは?

こうした自分の得意・不得意を把握していなければ、最適な転職先を選ぶことはできません。

まずは自分の特性を知ることから始めてみるのが大切です。

適応障害で転職を繰り返す時の解決策5選

適応障害で転職を繰り返す時の解決策5選

では、ここからは適応障害で転職を繰り返す時の解決策を5つほどご紹介していきます。

  • まずはゆっくり休もう
  • 焦らず転職活動しよう
  • 自分に合った仕事を探そう
  • アプリでキャリア診断してみよう
  • 転職のサポートをしてくれるサービスを利用しよう

まずはゆっくり休もう

まず、適応障害で転職活動や現状の仕事がうまくいっていない方は、ゆっくりと休むのが第一です。

  • 1日何もしない日を作る
  • 趣味に没頭してみる
  • 旅行に出かけてみる

など、リフレッシュしましょう。

心身ともに疲れ果てている状態では良い判断は下せません

一度ゆっくり休んで、今後の転職活動に備えることが大切です。

焦らず転職活動しよう

次に、焦らず転職活動を行っていくようにしましょう。

先ほども解説したように、焦って転職活動を行うとどうしても妥協して企業を選んでしまいがち。

そして自分に合っていない企業を選択し、また転職を繰り返すという負のループに陥ります。

そのため、精神的な余裕を持って最適な仕事を探すことが大切です。

自分に合った仕事を探そう

転職先は必ず自分に合った企業を探しましょう

何度も解説しているように、転職を繰り返さないためには無理なく働ける、自分の適性に合った仕事で働くことが大切です。

そのためには、自己分析の徹底や転職のサポートをしてくれるサービスを利用するのが良いでしょう。

以下で解説するような、自分らしく働ける仕事を見つけるための対策を行ってみてください。

アプリでキャリア診断してみよう

もし、これから転職を検討されているのであれば、事前にアプリでキャリア診断しておくのがおすすめです。

現在では、「VIEW」のような無料でキャリア診断が行えるアプリが登場しています。

診断は3分ほどで完了でき、現状受けることができる企業が一目で分かります

診断しても必ず応募する必要はありませんので、まずは診断してみるのが良いでしょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

ただし、こちらのアプリは20~30代向けのものになっているため、40代以上の方は以下で解説する転職サポートを利用するのが良いです。

転職のサポートをしてくれるサービスを利用しよう

これから転職を検討されている方は、転職エージェントを利用しましょう。

適応障害を繰り返すのは、自分に合わない転職先を選んでいることに要因があります。

  • 転職エージェントと一緒に最適な転職先を選ぶ
  • 豊富な求人から自分に適した転職先を選ぶ
  • 転職のプロに意見をもらう

など、転職エージェントに登録することで適応障害で転職を繰り返すリスクを下げることに繋がります。

登録は無料でできるため、まずは無料登録しておくのが良いでしょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

適応障害で転職を繰り返す時に考えるべきこと

適応障害で転職を繰り返す時に考えるべきこと

では、ここからは適応障害で転職を繰り返してしまう時に考えるべきことを解説します。

  • 本当に今すぐ転職しても大丈夫?
  • 自分を責めすぎていない?
  • 転職先の分析はしっかりできてる?

本当に今すぐ転職しても大丈夫?

まず、本当に今すぐ転職して大丈夫か考えておきましょう。

例えば、

  • 適応障害がまだ治りきっていない
  • 精神的に不安定である
  • 転職に焦っている

などの状態であれば、すぐさま転職するのは好ましくありません。

通院されている方は、主治医の許可を得てから転職活動をスタートさせるのが良いです。

自分自身の状態を考慮しながら、今すぐに転職活動を進めるべきかどうかは慎重に検討するのが良いでしょう。

自分を責めすぎていない?

今現在、適応障害で転職を繰り返している方は、自分を責めてしまう人も多いです。

  • 転職を繰り返すのは自分が悪い
  • 努力が足りていない
  • 自分はなんてできない人間なんだろう

など、自分に対して厳しくなっていないでしょうか。

もしそうであれば、そうしたことは全く考える必要はありません

転職がうまくいかないのは、性格や努力不足ではなく、転職先のリサーチや環境に問題があるからです。

分析や転職のサポートをしてくれるサービスを利用すれば、転職を繰り返すことはなくなるでしょう。

転職先の分析はしっかりできてる?

このほかに、転職先の分析はしっかりできているか振り返ってみましょう。

適当に転職先を選んでいたり、焦って選んでいたりするとまた同じことを繰り返してしまいます。

そうならないためにも、以下で解説するようなサービスを利用して自分らしく働ける職場を探すことが大切です。

自分らしく働ける仕事を見つけるためのサービスは?

自分らしく働ける仕事を見つけるためのサービスは?

では、最後に適応障害で転職先を探す場合、自分らしく働ける職場を見つけるために利用すべきサービスを紹介します。

  • 転職エージェントを利用するのがおすすめ
  • 必ず登録しておくべき転職エージェント
  • 若手向けの転職エージェント

転職エージェントを利用するのがおすすめ

上記でも解説しましたが、転職を検討しているのであれば、まず転職エージェントに登録しておくようにしましょう。

転職活動を一人で行うことは非常に難しいです。

そもそも求人をどこから探せば良いか分かりませんし、その求人が自分に合っているのかも分かりません。

その点、エージェントを利用すれば、

  • 多様な求人から自分に合ったものを選べる
  • 専任のアドバイザーがアドバイスしてくれる
  • 第三者に相談しながら転職先を探すことができる

など、冷静に転職先を見極める上で非常に役立ちます。

自分一人で転職活動をするのは大変だと思いますが、第三者の意見がもらえるため、転職の成功率を高めることができるでしょう。

以下では、利用すべき転職エージェントについて2つほどご紹介します。

必ず登録しておくべき転職エージェント

引用:リクルートエージェントホームページより

どのような年代の方でも、まず登録しておくべきは「リクルートエージェント」です。

その理由としては、以下のことが挙げられます。

  • 求人数が業界最多
  • 最初に登録しておけば間違いない大手の安心感
  • 丁寧な対応に定評がある

リクルートエージェントは取り扱っている業種の数が業界で最も多く、多様な求人から自分に合った仕事を選ぶことができます。

幅広い年代むけの求人があるので、どの世代の方でもおすすめできる転職エージェントです。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

若手向けの転職エージェント

次に、もし20代であるならば若手に特化した転職エージェントも利用しましょう。

20代に特化した「キャリアスタート」では、若手に最適な求人を紹介してもらえます。

担当のエージェントも同世代が多く、同じ目線に立って非常に話しやすいのも魅力です。

ハイキャリア向けの求人が多数用意されているため、20代の方はこちらのエージェントも利用してみると良いでしょう。

▶︎若手専門の転職サポートエージェント

まとめ

今回の記事では、適応障害の方が転職を繰り返す時の解決策について解説しました。

  • 転職を繰り返すのは自分に合わない仕事に就職しているから
  • 自己分析を行い、自分の特性に合った仕事を探すことが大切
  • 転職のサポートを受けられるサービスを利用しよう

転職する上で、自分に合った会社選びは欠かせません。

これ以上転職を繰り返さないためにも、分析を徹底したり、最適なサービスを利用したりして、慎重に進めていくのが良いでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました