適応障害の転職を成功させるには?5つのコツを紹介

適応障害の転職を成功させるには? 退職

適応障害で転職したいけど、不安・・・

転職したとしても、適応障害が再発しそうで怖い・・・

適応障害になった方は、こうしたお悩みを抱えているのではないでしょうか。

今回の記事では、「適応障害で転職を成功させるコツ」について解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

適応障害の転職を成功させるコツ5選

適応障害の転職を成功させるコツ5選

早速ですが、適応障害の方が転職を成功させる具体的なコツについてご紹介します。

これから転職を検討されている方は、以下のことを意識してみると良いでしょう。

  • 適応障害でも労働可能な仕事を選ぶ
  • 回復するまでしっかり休む
  • 就労支援機関の利用
  • 転職に向けて自己分析を徹底する
  • 転職サポートが受けられるサービスを利用する

適応障害でも無理なく働ける仕事を選ぶ

まず、適応障害でも無理なく働ける仕事を選びましょう。

一度適応障害になってしまうと、ストレス過多な仕事や対人関係がきつい仕事は病気を再発させる恐れがあります。

具体的には以下のような仕事が望ましいです。

ライフワークバランスが整っている仕事

なるべく週休2日で、残業などが少ない仕事を選びましょう。

当然ですが、サービス残業があったり、土日の出勤も当たり前な会社などは好ましくありません。

ハードな会社を選んでしまえばいつまで経っても適応障害が治らない可能性があるため、事前のリサーチを徹底することが大切です。

対人関係が少ない仕事

また、できるだけ対人関係が少ない仕事を選ぶのが良いでしょう。

例えば事務系などの人との接触が少ない仕事が望ましいです。

対人関係によるストレスで、体調を崩してしまう人は少なくありません。

なるべく負担のかからない職場を選ぶようにしましょう。

在宅ワークも可能な仕事

最近では新型コロナウイルスの影響により、在宅ワークを実施する企業も増えてきました。

例えばIT関係の仕事であれば在宅でできることも多く、スキルを習得してなるべく自宅で仕事をするのも良いでしょう。

特に、WEB系の仕事などは在宅ワークとの相性も良く、自宅で仕事をしたい方は転職先の候補として考えてみてはいかがでしょうか。

働きやすい環境の仕事

このほかにも仕事は無数にありますが、とにかく働きやすさを重視して職場を選ぶことが大切です。

自分に合った仕事が一番ですが、希望が必ず通るわけではありません。

第一希望の仕事でないとしても、職場の働きやすさだけは必ず見ておくのが良いでしょう。

そのためにも、以下で解説するような転職のサポートが受けられるサービスを利用するのがおすすめです。

回復するまでしっかり休む

適応障害で転職する場合、まずは回復するまでしっかりと休むことが大切です。

通院されている方も多いと思いますが、主治医とよく相談しながら転職を進めていきましょう。

「転職活動を行っても問題ないか」

ということを聞き、判断を仰ぐことが大切です。

完治していない状態で転職活動を始めると、また再発してしまう危険性があります。

そのようなことにならないためにも、一人で判断しないようにしましょう。

就労支援機関の利用

就労支援機関を利用して転職するのも選択肢の一つです。

就労支援機関とは、何らかの理由で労働することが難しい方に対し就職することや働き続けることを支援してもらえる機関のことを言います。

具体的には「就労移行支援事業所」などを利用することで、メンタルケアや体調管理、転職活動を行う際のサポートなども行ってもらえます。

基本的には無料で利用できるため、気になる方は一度問い合わせてみるのが良いでしょう。

なお、利用する際には診断書が必要になるので注意しましょう。

転職に向けて自己分析を徹底する

これから転職する場合には、転職に向けて自己分析を徹底しておくことが大切です。

転職したいという気持ちは同じでも、その理由は人によって異なるでしょう。

  • 今よりも精神的に負担のお掛からない仕事がしたい
  • キャリアを充実させたい
  • 対人関係が辛くない仕事がしたい

など、転職したいと考える理由も様々なはず。

実際に転職活動を始める前に、こうしたことを明確にしておくことが大切です。

転職の軸を定めるためにも、まずは自己分析をしっかりと行っておくようにしましょう。

転職サポートが受けられるサービスを利用する

適応障害の転職は働く場所の選び方が非常に重要です。

もし、適当に選んでしまえば、病気が再発してしまうことも十分あり得ます

そのため、転職先は市場に詳しい専門家のもとでじっくり選定していくのが良いでしょう。

これから転職活動を始めるのであれば、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用するメリット
  • 無料で利用できる
  • 専任のアドバイザーに相談しながら進められる
  • 多様な求人情報を入手できる

など、適応障害の方が転職先を選ぶ上でメリットが多数あります。

転職する際には面接日程の調整や、履歴書の添削など様々なサポートも受けられます。

無料で利用できるため、まずはアカウントの登録を行っておくのが大切です。

▶︎転職エージェントに登録してアドバイザーに相談してみる

スキルを身につけて転職するのもアリ

「これまで強みになるようなスキルや経験がない」

「適応障害でも転職を成功させたい」

このように不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、スキルを身につけて転職する方法についてご紹介します。

転職しやすい業界は?

まず、転職市場の現状について少し見てみましょう。

現在、市場として伸びている業界で、人手不足となっているのはIT業界です。

時代の流れとしてIT系の企業はかなり増えており、全体的に伸びていますが、圧倒的に人手が足りていません。

  • 他の業種よりも比較的高収入を狙える
  • 人手が足りていないので転職しやすい

という大きなメリットがIT系の仕事には存在しています。

スクールでスキルを習得して転職する

IT業界に転職したい場合、事前にスクールなどでプログラミング技術を習得しておくのがおすすめです。

現在ではさまざまなスクールが登場しており、自分に合ったサービスを選ぶと良いでしょう。

しかし、その際には次の点に注意しておくべきです。

  • 転職実績が充実しているスクールを選ぶ
  • 給付金制度が用意されているスクールを選ぶ

スクールによってはスキル習得はできるものの、転職のサポートまでは行ってくれないものもあります。

また、給付金制度を適用できれば授業料の70%を給付金でまかなえるスクールもあるので、そうしたサービスを利用した方が心理的にも負担がかかりません。

転職実績と給付金制度が充実しているスクールは?

参考:DMM WEBCAMPより

転職実績と給付金制度の両方が充実しているスクールでは、DBB WEBCAMPがおすすめです。

こちらのスクールは、

  • 条件に当てはまれば授業料の70%が給付金として支給される
  • 転職成功率98%の実績
  • 転職保証が付いている

など、転職実績と給付金の面でかなりメリットがあります。

DMMWEBCAM
参考:DMM WEBCAMPより

特に最大で授業料の70%を給付金として支給される可能性があるのはかなり大きいです。

給付金やカリキュラムの概要については無料カウンセリングにて詳しく尋ねることができます。

相談は無料なので、まずはお気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

▶︎未経験からエンジニアへ。転職保証付きスクール「無料カウンセリング」へ申し込む

適応障害とは?

適応障害とは?

上記では適応障害の方が転職を成功させるためのコツについて解説しましたが、まだはっきりと適応障害だと分かっていない方もいるかもしれません。

ここでは、適応障害の症状や見分け方について解説します。

  • 適応障害の症状について
  • 今の職場が合ってない人の見分け方

適応障害とは?

適応障害とは、特定の状況や出来事によって苦痛を感じ、気分や行動に症状が出てしまう病気です。

例えば職場の人間関係によるストレスを感じて精神面が不安定になったり、何に対しても過剰に反応してしまったりするようになります。

ストレスとなる原因がはっきりしていることが多く、ストレス源から離れると症状がゆっくりと改善される傾向にあります。

ただし、ストレスの要因から離れることができない状況が続けば、悪化したり慢性化することもあります。

今の職場が合ってない人の見分け方

転職を検討する際、

今の仕事が自分に向いているのか?

ということについてしっかりと考える必要があります。

その見分け方には以下の点に着目してみましょう。

  • 業務がマルチタスクでないか?
  • 職場の人間関係に悩んでいないか?

適応障害になりやすい人の特徴として、マルチタスクができないことや人間関係に敏感であることが挙げられます。

例えば、複数の業務を同時進行する必要があったり、常に密な人間関係が求められるのであれば転職を検討した方が良いでしょう。

また、現状が向いていないかどうか自分で判断するのが難しい場合は、転職エージェントのアドバイザーなどに相談するのが良いでしょう。

▶︎転職エージェントに登録してアドバイザーに相談してみる

適応障害になるとどうなる?

適応障害になるとどうなる?

もし、適応障害になってしまった場合にはどのような症状が表れるのでしょうか。

ここでは、その具体的な症状について解説します。

  • 精神状態が安定しない
  • 生活リズムが崩れる
  • 心身ともに疲弊する

精神状態が安定しない

まず、精神状態が安定しないことが挙げられます。

  • 普段の生活のなかで、突然吐き気がする
  • 会社に行くと動悸やめまいがする
  • 不安で眠れない
  • 仕事に集中できない

など、精神面が不安定になってしまいます。

このほか、自己肯定感が下がる、自殺衝動が表れることも。

もし、「死にたい」などと考えている場合には即日で退職する方法もありますので、すぐに今の環境から逃げることをおすすめします。

生活リズムが崩れる

適応障害になると、徐々に生活のリズムが崩れていくこともあります。

  • 飲酒の量が増える
  • 夜遅くまで頭が冴えている
  • 明日が来るのが怖いので眠らない

など、色々な場面で問題が発生することも。

うつ病などとは異なり、適応障害の場合はストレス源となる対象がはっきりしていることが多いです。

そのため、「仕事に行きたくない」という気持ちが露骨に表れると言えるでしょう。

心身ともに疲弊する

上記のような心の乱れや生活リズムの乱れにより、徐々に疲れ切って行きます。

場合によっては仕事を継続するのが困難となり、休職せざるを得ないケースも。

もし、こうした状態に陥っている方は、ひとまずゆっくり休みましょう。

そして、以下で解説するように転職しても適応障害が再発しないよう努めることが大切です。

適応障害の方が転職した後に再発しないためには?

適応障害の方が転職した後に再発しないためには?

適応障害の方が転職した後に再発しないためには、どうすれば良いのでしょうか。

ここでは、その具体的な対策について解説していきます。

  • 一人で抱え込まない
  • 自分の判断で通院を中断しない
  • 生活リズムをただす
  • 自責思考をやめる
  • 自分に合った環境で働く

一人で抱え込まない

適応障害になった方、あるいは、もしかするとそうかもしれない方は、何でも一人で抱え込むのを辞めましょう。

適応障害になるほど辛い状況になってしまう人には、いくつか特徴があります。

  • 仕事ができないのは、全て自分が悪いと思っている
  • 今の仕事以外は勤まらないと思ってしまう
  • 努力すれば何でもできると思っている
  • 周囲にいつも迷惑をかけていると思っている

このように、基本的に自責思考が強い方ほど、自分を追い込んでしまいがち

もし、そうした特徴に当てはまっているのであれば、信頼できる人に相談するのがおすすめです。

周囲に相談できる人がいなければ、心療内科を受診したり、転職エージェントのアドバイザーに相談するのでも良いです。

とにかく、自分一人で抱え込み、さらにダメな状況になってしまうのが一番いけません。

誰かに相談するだけでも、きっと心が楽になるでしょう。

自分の判断で通院を中断しない

もし、現在通院されている方は、自分の判断で通院を中断しないようにしましょう。

転職をした際、新たな職場に移って間もない頃は、気持ちも明るくなることが多いです。

すると、

「もう適応障害は治った!」

と勘違いしてしまいがち。

しかし、時間と共に症状が現れ、適応障害が再発してしまうケースも少なくありません

そのため、決して一人で判断せず、通院している主治医の判断を仰ぐことが大切です。

「もう大丈夫です」

と、医師から言われるまでは通院を続けるようにしましょう。

生活リズムをただす

また、生活リズムを整えるように心がけましょう。

適応障害になる原因として、不規則な生活をしていることが挙げられます。

  • 朝は早めに起きて、日光を浴びる
  • 軽めの運動をする
  • 食生活は健康に良いものを食べる

など、規則正しい生活や適度な運動を行うことが大切です。

まずは生活を整理することで、気持ちも徐々に落ち着いて来るでしょう。

自責思考をやめる

先ほども解説しましたが、適応障害が発症するほどにストレスを感じている方は、自責思考である可能性が高いです。

何かうまくいかないことがあった時、

自分の努力が足りていない

と考えていませんか?

また、

こんなこともできないなんて

と、自分を責めていないでしょうか。

そもそも、いくら努力しても働いている環境が悪ければどうしようもありません。

仕事量が多すぎたり、人間関係が劣悪な職場であれば環境を変えるのが良いです。

何でもかんでも自分を責めないようにしましょう。

自分に合った環境で働く

適応障害が再発しないためには、自分に合った環境で働くのが一番良い対策となります。

適応障害はストレス源となる対象が明確であるケースが多く、それが業務内容であったり、人間関係であったりと様々です。

しかし、とにかく自分が無理なく働ける職場であれば、そうした症状も改善されます。

最適な職場を見つけ、ストレスを感じずに働けるのが一番良いと言えるでしょう。

そのためには、転職エージェントなどを利用して自分に合った仕事を見つけるのがおすすめ

まずは無料登録しておき、アドバイザーに今の状況を相談してみると良いでしょう。

▶︎転職エージェントに登録してアドバイザーに相談してみる

まとめ

今回の記事では、適応障害の転職を成功させる方法について解説しました。

適応障害になった際、転職する場合には

  • 場合によっては就労支援機関なども利用する
  • 自己分析を徹底する
  • 転職サポートをしてくれるサービスを利用する

など、事前の対策が欠かせません。

上記で解説したことを参考にして、無理なく転職を進めていくことが大切です。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました