退職代行のメリットデメリットは? それぞれを具体的に解説!

退職代行のメリットデメリット 退職

近年退職代行を利用する人が増えています。その背景としては過酷な労働環境を労働者に強いるような企業が増えたことや、人手不足が多くの会社で発生していることが挙げられるでしょう。 退職代行サービスを利用すれば、ストレスなく仕事を止めることができるので、多くの人に利用されているような状況にあります。

これから退職代行の利用をお考えの方であれば、具体的なメリットとデメリットについて気になる方も多いのではないでしょうか。今回の記事ではそんな退職代行のメリットデメリットを具体的に解説していきます。これから退職代行を利用したいとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

退職代行のメリットデメリットについて詳しく解説します

退職代行のメリット

ではまず退職代行のメリットについて解説していきます。 退職代行のメリットは以下の通りです。

退職代行のメリット
  • 会社の人と顔を合わせずに仕事を辞めることができる
  • 確実に仕事を辞めることができる
  • 場合によってはコストがかからずプラスになることがある
  • 法的なサポートを受けながら退職することができる
  • 手ごろな価格で利用することができる

会社の人と顔を合わせずに仕事を辞めることができる

退職代行利用するメリットとしてまず会社の人と顔合わせずに仕事を辞めることができる点が挙げられます。退職に際して大きな障害となるのは、会社の人と顔を合わせることによってそれがストレスとなってしまうことでしょう。

実際退職代行サービスの利用者の多くは会社の人と顔を合わせずに仕事を辞めたいと考えており、そのストレスを解消するために退職代行サービスを利用すると言う背景もあります。 退職代行は、自分の代わりに退職代行の業者が手続きを行ってくれますので、 勤めている職場の人と一切顔合わせずに仕事を辞めることが可能です。

そのため、退職に関して気まずい思いをする必要がない点で利用者には大きなメリットとなるでしょう。

確実に仕事を辞めることができる

退職代行を利用することで確実に仕事を辞めることができるのも大きなメリットと言えます。ブラック企業に勤めていれば、なかなか退職させてもらえないという人も多いのではないでしょうか。例えば、以下のようなケースでは簡単に退職することができないでしょう。

  • 退職を切り出しても、あと1年は頑張ってくれと言われる
  • 退職したいなら代わりになる人を連れてこいと言われる
  • 仕事を辞めたら損失が出るので、慰謝料を請求される
  • 退職というワードを出しただけで怒鳴られる

このような状況であれば、仕事を辞めるのは容易なことではありません。自分一人で退職するにはストレスが高くなりすぎるので、中には泣き寝入りしてしまう人もいらっしゃるでしょう。

退職代行を利用することにより、プロのサポートを受けながら確実に退職することができます。どのような問題が発生しても仕事をやめられるので安心です。

場合によってはコストがかからずプラスになることがある

退職代行を利用するにはコストが発生してしまいますが、中には残業代の回収や退職金の請求によって、利用した方がむしろプラスになることもあります。現在勤めている会社では、サービス残業や休日出勤が当たり前になっていないでしょうか。

もし、そうした劣悪な環境下で働いている場合、未払いになっているお金を回収できる可能性もあります。そのため、まずは弁護士や労働組合が運営している退職代行サービスに無料相談を行い、現状を話して費用を回収できるかなどを聞いてみるのも良いでしょう。

コストがデメリットになりがちな退職代行サービスですが、こうしたケースもありますので参考にしてください。

法的なサポートを受けながら退職することができる

退職代行を利用すれば、法的にも心強いサポートを受けることができます。退職を切り出せば会社から慰謝料を請求されるといったケースもありますが、弁護士などの退職代行を利用すればもし訴訟問題に発展した場合でも安心です。

また、精神的に追い詰められていたり、仕事ができないほど病んでいるケースなどでは労災の認定を獲得できる可能性があります。しかし、労災の認定を取るためには複雑な書類を準備したり、正式な手順を踏む必要があるでしょう。

そうした場合、自分一人では具体的に何をすれば良いのかわからずに困ってしまいます。弁護士のサービスを利用すればこのような部分もサポートしてくれますので、さまざまな点で安心できます。このように、法的にも手厚いサービスが用意されているのも退職代行の魅力であると言えるでしょう。

手ごろな価格で利用することができる

退職代行は料金が高いのではないかと思われることがありますが、そんなことはありません。退職代行の相場は3万円〜5万円となっており、リーズナブルな価格でサービスを利用することができます。10万円以内で退職代行サービスを利用できるのは非常に大きいでしょう。

また、先ほども解説したように残業代の請求や未払いになっているお金を回収することによってむしろプラスになることもあります。

退職代行のデメリット

上記のように様々なメリットのある退職代行ですが、実際に利用する際にはデメリットもあります。利用に際しては良い部分だけではなく、悪い部分もよく見ておくことが大切でしょう。

退職代行のデメリット
  • コストが発生する
  • 罪悪感を感じる
  • 会社から批判される

コストが発生する

まず、退職代行を利用するとコストが発生してしまうのはデメリットと言えます。全体としては3〜5万円程度の資金は必要になるでしょう。もちろん、自分で退職の手続きを全て行えばこうした費用は必要ありませんので無料で済ませることができます。その点はデメリットなる可能性もあるでしょう。

ただし、3〜5万円程度で現状の劣悪な環境を抜け出すことができるのは非常に大きな魅力であると言えますし、先ほども記述したように未払金を回収することでむしろプラスになる可能性もあるのです。このようなことを全て踏まえると、総合的にコストはデメリットではないかもしれませんね。

罪悪感を感じる

次に、退職代行を利用することによって罪悪感を感じてしまうこともデメリットとして挙げられます。退職代行はまだまだ世間に広がりきっているとは言えず、退職の手続きは自分で行うのが基本であるという考えが一般的です。

そのため、自分の代理で退職代行手続きを行ってもらうことに対して罪の意識を感じてしまうというのはデメリットになりうる可能性があるでしょう。ただし、そうした人は非常に真面目な人が多く、むしろ積極的に退職代行を利用した方が良いです。罪悪感を感じる必要はありません。

会社から批判される

退職代行を利用するデメリットとして会社から批判されてしまうことも挙げられます。やはり自分で退職を切り出すよりはイメージが悪くなってしまう部分がありますので、批判してくる人も多いでしょう。

しかし、会社を辞めてしまえば他の職場の人と話す機会はないですし、もう一生関わることもなくなります。そのため、このような批判については気にする必要はありません。また、他人の批判ばかり気にしていてはいつまで経っても仕事を辞めることはできないでしょう。

退職代行を使用するか否かに関わらず、いずれは誰かに批判されてしまうことになります。自分の意思をしっかりと持ち、どうすべきかについてよく考えて行動するのが良いでしょう。

退職代行の選び方

では、具体的に退職代行を選ぶ際にはどのようにして選んでいけば良いのでしょうか。もしこれから退職代行サービスを利用しようとお考えの方は、以下のことに着目してみてください。

無料相談で対応を見極める

現在、多くの退職代行サービスで無料相談が行われています。そうした相談において業者の対応をよく見極めることが大切です。

退職代行業者といっても対応するのは人ですので、やはり担当者によっては合わない人に当たってしまうかもしれません。

まずはひとまず無料相談を行い、適切な対応を行ってもらえるか確認するのが良いでしょう。

置かれている状況に適したサービスを利用する

次に、自分が置かれている状況に適したサービスを利用することも大切です。退職代行といっても様々なサービスが存在しており、その内容も異なっています。

例えば、アルバイトなどを行っている際に退職代行を利用するのであれば、一般的な退職代行業者に依頼することで問題ないでしょう。

しかし、公務員の方が退職代行を利用するのであればできるだけ弁護士などの信頼性が高い業者を選んだ方が得策です。

このように、状況によって利用すべき業者も異なるため、よく考えた上で判断するようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました