イオンの薬剤師がつらい方へ。具体的な対処法を徹底解説

イオンの薬剤師がつらい つらい

イオンの薬剤師をしているけど、つらい

転職も検討しているけど、どうしたら良いのだろう・・・

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、イオンの薬剤師がつらいと感じている方に向け、具体的な対策をご紹介していきます。

イオンの薬剤師の待遇はどう?

イオンの薬剤師の待遇はどう?

この記事を読まれている方は、

イオンの薬剤師がつらい・・・

と感じていると思います。

ただ、冷静な観点としてまずは待遇面を確認してみることが大切です。

年収相場や他の薬剤師との比較を確認することで、今の職場の待遇について見つめ直すことができるでしょう。

イオンの薬剤師の収入は高い

まず、結論からお話しすると、イオンの薬剤師収入は高いです。

というのも、イオンリテールの平均年収は570万円(参考:「医療系職種の年収が高い企業ランキング」を発表!1位イオンリテール 企業口コミサイトキャリコネ)となっており、これは全体でも高い水準です。

参考までに、各業種の平均値を以下の表に参照します。

業種都市部エリアその他エリア
調剤薬局年収507.1万円年収522.1万円
ドラッグストア(調剤併設を含む)年収542.2万円年収556.3万円
病院年収467.2万円年収490.8万円
企業(製薬・医薬品卸・治験など)年収504.8万円年収532.0万円
引用:薬キャリ職場ナビより

この図表を見てみると、他の業種よりもイオンの薬剤師収入がかなり高水準であることが分かるかと思います。

他の薬局との比較は?

ランキング企業名平均年収
1イオンリテール年収570万円
2スギ薬局年収536万円
3クオール年収485万円
4日本調剤年収481万円
5アインファーマシーズ年収312万円
参考:「医療系職種の年収が高い企業ランキング」を発表!1位イオンリテール 企業口コミサイトキャリコネ

このように、他のメジャーな薬局と比較してもイオンはトップとなっており、高待遇であると言えるでしょう。

年間ボーナスも年3回支給と恵まれており、収入面では非常に魅力のある企業と言えます。

イオンの薬剤師がつらいと感じた時の対処法は?

イオンの薬剤師がつらいと感じた時の対処法は?

上記ではイオンの薬剤師が収入面で恵まれているということを解説しました。

しかし、いくらお金の面で魅力的と言っても、”つらい”ことには変わりありませんよね。

現在、イオンの薬剤師として働いていて”つらい”と感じているのであれば、次のような対策を行ってみましょう

休暇を取る

現在、イオンの薬剤師として働いていて、“つらい”と感じてしまうのであれば、一度休暇を取ってみてはいかがでしょうか。

普段残業が続いていたり、土日の出勤が重なっていたりしませんか?

もし、そうした状態がずっと続いているのであれば、まずは休暇を取ることが必要です。

心身ともに疲弊した状態だと、どうしても冷静な判断を取ることができません。

まずは1日ゆっくりと休み、心と体を整えるようにしましょう。

場合によっては、休職制度を利用して一度仕事から離れることも選択肢です。

しっかりと休み、体を回復させることが大切と言えます。

また、人間関係に敏感すぎてストレスを感じやすいという方は、HSPかもしれません。

「自分は対人関係に繊細すぎるかもしれない・・・」

という方は、以下の記事も参考にしてみてください。

上司に相談してみる

状況によっては、上司に相談してみることも必要です。

例えば、

  • 普段の業務量が多すぎる
  • 周囲の人とうまくコミュニケーションが取れない
  • 分からない仕事がある

など、現場で抱えている悩みを打ち明けてみましょう。

上司が理解ある人であれば、あなたの悩みに寄り添ってアドバイスをしてもらえるはずです。

一人だけでは解決できないお悩みも、周囲の人に助けてもらうことで緩和されることもあるでしょう。

もし、上司に相談しにくい場合は、友人や家族など、話しやすい人に聞いてもらうのも良いです。

とにかく一人で問題を抱え込まず、冷静な第三者に聞いてもらいましょう。

ただし、相談してもどうしようもない場合には派遣社員やパートなどの働き方も検討してみましょう。

職場を変える

どうしても悩みが解決しない場合、職場を変えることも選択肢に入れましょう

薬剤師は資格保有者としての人材価値が高く、転職市場では非常に強いです。

必ずしも今の職場で働かずとも、他に働ける場所はいくらでもあります。

また、働き方もフルタイムではなく、パートや派遣社員として働いてみるのもアリです。

パートなら時間的にも余裕が生まれますし、派遣社員なら高時給でしっかり稼ぎながら、残業も管理された環境でメリハリをつけつつ働けます。

このように、環境や働き方を変えることで状況も大きく変わるでしょう。

ただし、転職サイトの利用などはデメリットもあるため、以下の記事を参考にして事前にデメリットも把握しておくのがおすすめです。

まずは薬剤師のコンサルタントに相談しよう

今現在、薬剤師のお仕事にお悩みであれば、まずはコンサルタントに相談するのが一番です。

  • そもそも転職すべきか分からない・・・
  • 自分に合った働き方って、なんだろう?
  • 今の職場環境はブラック?それとも恵まれてるの?
  • とにかく誰かに悩みを聞いてもらいたい・・・

など、様々なお悩みを抱えていることでしょう。

こうした悩み事も、薬剤師に特化したコンサルタントなら無料で相談することができます

そもそも転職すべきか悩んでいる方も、まずは相談してみることで気持ちがスッキリするはずです。

▶︎面談まで同行してくれる【ファルマスタッフ】に無料登録する

イオンの薬剤師がつらいと感じる方におすすめのサービス

イオンの薬剤師がつらいと感じる方におすすめのサービス

ここからは、イオンの薬剤師がつらいと感じている方に、おすすめの転職サービスをご紹介していきます。

お悩みの方は、ぜひ以下のサービスを利用してみてください。

ファルマスタッフ

  • 高時給の求人が豊富
  • 現場の薬剤師に寄り添ったカウンセリング
  • 地方求人も充実

ファルマスタッフは、時給3000円以上の求人も豊富な転職サービスです。

薬剤師現場のこともエージェントが熟知しており、より現場目線で一人一人に寄り添ったアドバイスがもらえます。

現場の知識がある人に相談できることで、利用者も安心して転職について考えられるのが魅力です。

また、地方求人が充実しており、地元で就職したいという方の要望にも応えてもらえます。

▶︎面談まで同行してくれる【ファルマスタッフ】に無料登録する

マイナビ薬剤師

  • 転職業界大手のマイナビが運営
  • 企業内部のことを把握しており、ミスマッチが少ない
  • 面談重視で徹底サポートが受けられる

マイナビ薬剤師は、転職業界でも大手のマイナビが運営する薬剤師に特化したサービスです。

企業内部のことを熟知したコンサルタントが在籍しており、事前に様々な情報を教えてもらえます。

「転職してからうまくいかなかったらどうしよう・・・」

と不安に感じている方も多いでしょう。

その点、事前に企業の空気感などを教えてもらっていれば、転職で失敗するリスクが下げられるので安心です。

また、面談を重視しており、丁寧なカウンセリングをもとに徹底したサポートが受けられます。

▶︎マイナビ薬剤師に無料相談してみる

薬キャリ

  • 薬剤師の登録者数No.1
  • スピーディな転職を実現できる
  • 電話のみで完結できる

薬キャリは、薬剤師の登録者数がNo.1の実績を持つ転職サービスです。

スピーディな転職に定評があり、最短では即日で転職先を紹介してもらえます。

また、電話のみで完結できるのも魅力の一つ。

「対面で面談などを行うのが面倒臭い・・・」

と感じている方は、こちらのサービスを利用するのがおすすめです。

▶︎薬キャリに無料相談してみる

イオンの薬剤師がつらい理由とは?

イオンの薬剤師がつらい理由とは?

現在、この記事を読まれている方は、

「イオンの薬剤師として働いているけど、つらい・・・」

と感じているかもしれません。

ここでは、その具体的な理由について詳しく解説していきます。

人間関係がつらい

これはどの職場でも同じかもしれませんが、やはり人間関係上のトラブルを抱えている人も多いでしょう。

  • 上司とうまくいかない
  • 同僚とのコミュニケーションが取りづらい
  • そもそも対人関係が苦手

などの問題を抱えている方もいらっしゃるはず。

多少の問題であれば仕方のないことかもしれませんが、あまりに辛いのであれば転職も視野に入れることをおすすめします。

また、対人関係が苦手な方はHSP気質の場合も少なくありません。

もし、些細な対人関係にも悩んでしまうという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

労働時間が不規則になる

イオン薬剤師のデメリットの一つに、労働時間が不規則になることが挙げられます。

イオン薬局では変形労働時間制となっており、1日のうちに変則的な労働時間になってしまうのです。

配属される店舗によっては土日出勤になることもあり、遅い時間帯に出勤している方もいらっしゃるようです。

業務が忙しすぎる

薬剤師業界はどの企業も人手不足に陥っており、一人当たりの業務量が増えてしまいがちになってしまいます。

イオン薬局では薬剤師が調剤業務を行うのは当然として、データ入力や会計業務など、様々な仕事を併用してこなさなくてはならないケースもあります。

それに加えて接客を行うなど、とにかく多忙で気を休める暇がない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ゆったりと働きたいとお考えの方は、他の働き方を検討した方が良いと言えます。

接客がつらい

薬剤師特有のお悩みとして、接客業務、特に高齢者の対応がつらいと感じている人は少なくありません。

薬局にくる患者様は、どうしても高齢者に偏りがち。

中にはつきっきりで対応してほしい方や、理不尽なクレーマーもいらっしゃるでしょう。

「普段の業務も忙しいのに、いちいち顧客対応までできない!」

と感じている人も少なくありません。

年収が一定レベルから上がりにくい

イオンで働いている薬剤師の方は、内部昇格によって年収アップさせることが可能です。

ただし、その一方で一定レベルから上がりにくい人もいます。

近年では内部の試験難易度が上がっているということもあり、なかなか昇給できないケースや、反対に昇格はしたものの、薬剤師手当が外れて収入が下がったという方もいらっしゃるようです。

こうしたことにより、年収が一定水準から上がりにくいことを不満に感じている方もいるでしょう。

正社員の場合は転勤がある

イオンの薬剤師は、正社員採用で入った場合に転勤があります。

総合職での入社では、全国転勤も存在するため、どこに飛ばされるか分からないことに不安を抱えている方もいらっしゃるようです。

どうしても転勤が嫌なのであれば、他の職種も検討することをおすすめします。

まとめ

今回の記事では、イオンの薬剤師が”つらい”と感じている方に向けて対策を解説しました。

  • イオン薬剤師は待遇面では恵まれている
  • それでもつらいなら、休職や退職も選択肢
  • 自分らしく働ける環境を探そう
  • まずはコンサルタントに無料相談するのがおすすめ

待遇面では非常に恵まれている企業でありますが、転勤や残業などでつらいと感じている方も多いでしょう。

もし、転職も視野に入れているのであれば、転職サービスなどをまずは活用してみることをおすすめします。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました