20代の転職は辞めてからだとリスクが高い?事前にやるべきことを解説

20代の転職は辞めてから 20代

転職活動をするとき、こんな悩みはありませんでしたか?

「忙しすぎて、転職活動する時間がない」

「仕事を辞めてから転職活動しても何とかなる?」

この記事では、20代の転職を仕事を辞めてからしたいと思った時の対策について詳しく解説します。

記事を読むと、会社を辞めてから転職するときのメリット・デメリットがわかり、

対策とするべきことが明確になります。

20代の転職を辞めてからしたいと思ったときの対策

20代の転職を辞めてからしたいと思ったときの対策

仕事を辞めてから転職したいと思ったとき、どのような対策を取ればいいのでしょうか。

きちんと対策をしていれば、辞めた後に

「こんなはずじゃなかった!」と困ることもなくなりますよ。

では順番に解説していきます。

職場への罪悪感を捨てる

今の職場に対して

「申し訳ない」

「仕事を辞めたら迷惑がかかる」

という気持ちは捨てましょう。

あなたが辞めた後のことを考えるのは、企業がやるべきことです。

もちろん引き継ぎはきちんと行うべきでしょう。

しかし必要以上に考えすぎることはありません。

人手不足になったとしても、そこに人員を補充するのかしないのか、

考えるのは会社側で、残念ながら一個人ではどうすることもできません。

辞めると決断したのなら、転職活動に専念したほうが良いでしょう。

失業手当の確認

内定が決まっていない状態で退職した場合、失業手当が給付されます。

  • 雇用保険に1年以上加入していた
  • 現在求職中であること

といった条件はありますが、ハローワークで申請することができます。

またハローワークでは公共職業訓練が受けられます。

就職に必要な技術や知識を習得するための訓練です。

電気設備技術や自動車整備などがあります。

他にも教育訓練給付金など、様々な制度があります。

活用するためにも、退職したら早めにハローワークへ行ってみることをオススメします。

キャリア診断の活用

転職活動をしていると、たくさんの悩みが出てきます。

「自分に向いてる仕事がわからない」

「客観的な意見も聞いてみたい」

そんな時は、キャリア診断を活用してみるといいでしょう。

「VIEW」という転職アプリを使えば簡単にキャリア診断を行うことができます。

3分でシュミレーションできて、AIが自分にあった仕事を選んでくれます。

このAIは2万人以上のキャリアデータを元にしているため、信頼度が高いです。

他にも転職に役立つ記事や、インタビューが掲載されています。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

キャリアコーチングを受ける

キャリアコーチングとは、自分の将来やキャリアについての悩みに対して、

キャリアアドバイザーがサポートしてくれるサービスのことです。

「ポジウィル」では初回のキャリア相談が無料でできるようになっています。

  • 将来どうなりたいかわからなくて不安
  • キャリアについての相談がしたい
  • やりたいことが見つからない

転職活動に行き詰まると、このように悩んでしまうことがあるでしょう。

ポジウィルでは、あなたの人生設計やキャリア戦略に寄り添ったサポートをしてくれます。

将来について漠然とした不安がある人は、検討してみてはいかがでしょうか。

無料でカウンセリングも行われているので、一度申し込んでみてはいかがでしょうか。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

転職エージェントに登録する

転職活動を一人で行うことはとても大変です。

  • 求人に応募する
  • 面接の日程調整
  • 提出書類の準備

やらなければならないことがたくさんあります。

転職エージェントを使えば、その負担を軽くすることができるでしょう。

リクルートエージェントは業界最大手で、求人数10万件以上。

面接対策や提出書類の添削など、サポートが充実しています。

また無料で利用できます。

どんどん活用して転職活動を有利に進めましょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

どうしても辛いなら退職代行を利用する

  • 上司に辞めることを伝えるのが辛い
  • 引き止められた
  • 辞めると言ったら嫌がらせを受けた、説教された

このように、簡単に退職できないということがあります。

特に、次の仕事が決まらずに退職する場合は、余計に引き止められやすいでしょう。

どうしても退職させてもらえない場合は、退職代行を利用しましょう。

費用は3〜5万円程度です。

退職の意向が決まったら、代行業者が会社へ退職することを伝えます。

そして必要な事務手続きを行ってくれます。

退職届を受け取ってもらえない場合など、最終手段として活用しましょう。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

20代の転職を辞めてからしたいときに行うべきこと

「よし転職するぞ」と決意すると一刻も早く辞めたいという気持ちになります。

しかし勢いのまま、何も準備せずに退職してしまうと大変なことになります。

では会社を辞めてから転職したいと思ったとき、どんな準備をするべきなのでしょうか?

やるべきことを見ていきましょう。

生活防衛資金の準備

転職先を決めずに辞める時の最大の問題は、お金です。

生活防衛資金は準備しておいたほうがいいでしょう。

なぜなら自己都合退職の場合、失業手当が受け取れるのは、

退職してから3ヶ月目以降になるからです。

そのため最低3ヶ月分は貯蓄しておくと、心にゆとりができます。

それでも不安な人は、生活資金の半年分ほど貯蓄しておくと安心できるでしょう。

自己分析

自分はどういう人間なのか、どんな仕事が向いているのか分析しましょう。

  • 得意分野
  • 苦手分野
  • どういう性格なのか

頑張ったこと、楽しかったこと、失敗から何を学んだのかを考えます。

紙に書いてみたり、目に見える形にすると頭の中がスッキリします。

自分のことを把握することは、転職活動の軸を決めることに繋がります。

本当にやりたい仕事を見つけるためにも、しっかりと時間をかけて行ってください。

友人や転職経験のある人の話を聞く

誰しも一度は、仕事を辞めたいと考えたことがあると思います。

まずは信頼できる友人や、転職経験のある人に話を聞いてみるといいでしょう。

誰かに話をすることで自分の考えが整理されます。

ぜひ実際の転職経験について聞いてみてください。

自分のやるべきことが何なのかが、ハッキリとします。

自由な時間を楽しむ

思いっきりリフレッシュしましょう。

趣味に没頭するのもいいかもしれません。

(旅行やゲームなど)

一定期間趣味に時間を使うと気持ちがリフレッシュされます。

頭の中がスッキリしますので、本当にやりたいことが見つかるかもしれません。

また、あえて「何もしない」という手もあります。

あまりにも何もしない時間が続くと、「何かしなきゃ」という気持ちになります。

自然とやる気が湧いてくるのでオススメです。

普段できないことにチャレンジする

  • 勉強会
  • セミナー
  • 読書
  • 資格の勉強をする

こういうことは、仕事をしている時はなかなかできません。

時間がないし、家に帰っても疲れていてやる気にならないことが多いです。

しかし、次の仕事が決まるまでの間は、時間があります。

そのため自分のレベルアップのために、

普段できないことにチャレンジしてみるといいでしょう。

20代の転職を辞めてから行うデメリット

20代の転職を、仕事を辞めてから行う場合はデメリットもあります。

悪い面もきちんと把握しておくことで、対策を取ることができます。

デメリットは大きくわけて5つありますので、それぞれ解説していきます。

収入源がない

収入が途絶えてしまうことは、大きなデメリットでしょう。

貯蓄が少ない場合、生活するのが難しくなる可能性もあります。

また貯金が減ることに焦ってしまい、妥協で仕事を決めてしまいかねません。

気持ちに余裕がなくなり、冷静な判断ができなくなってしまいます。

もらえる退職金がない、または少ない

会社によって決まりはありますが、一般的には勤続年数が増えると退職金も多くなります。

20代の勤務年数が少ないうちに転職すると、もらえる退職金は少なくなります。

また、退職金がまったくもらえない場合もあるでしょう。

退職金がでるのが、だいたい入社3年〜と決まっているためです。

それより早く退職してしまうと、退職金がもらえません。

会社の規定をきちんと確認しておきましょう。

保険の切り替え手続きが面倒

会社を退職すると、保険の切り替えをしなければなりません。

  • 厚生年金→国民年金
  • 社会保険→国民健康保険

または一時的に家族の扶養に入る、前の会社の任意継続制度を利用する手もあります。

「ぶっちゃけ切り替えなくてもよくない?」

と思う方もいるかもしれません。

しかしもし病気やケガなどで、病院にかからなければいけないときに困ります。

市区町村の窓口で手続きができるので、切り替えしておくほうが安心できるでしょう。

プレッシャーがかかる

休職期間が長くなると、働いていないことに焦りを感じ始めます。

心にゆとりがないと、

「もうこの会社でいいか」

と妥協で転職先を決めて後悔することになりかねません。

妥協で決めた転職先のため、自分に合わなくてまた転職を繰り返す、

というリスクも高まります。

転職活動が長引くと

「自分はダメなやつなんだ」

「このまま一生働き先が見つからないかも」

と自信を喪失してしまいがちですので、注意が必要です。

ニート予備軍になる可能性がある

悲しい事実ですが、楽な方へ楽な方へと流れてしまうのが人間です。

堕落してしまい社会復帰できなくなる可能性があります。

そのためサボらないように、転職活動の計画をしっかりと立てることが大切です。

また空白期間が長くなると、面接での印象が悪くなる可能性があります。

  • 無計画
  • なにか問題がありそう
  • 働く気がないんじゃないか

こう思われないために、計画を立てて、しっかりと実行していきましょう。

20代の転職を辞めてから行うメリット

「デメリットがあることはわかったけど、じゃあ働きながら転職活動したほうがいいの?」

そう思った方もいるのではないでしょうか。

仕事をやめてから転職活動するメリットとは何か?

理解することで、自分に合った転職活動を見つけるヒントになるかもしれません。

それでは一つづつ解説していきます。

転職活動に専念できる

仕事を辞めてからだと、転職活動に専念できます。

働きながらだと、どうしても転職活動の時間が取りづらいです。

落ち着いて将来について考える時間もあまりないでしょう。

しかし会社を辞めてから転職活動することで

  • 仕事に振り回されない
  • いつでも面接に行ける
  • 情報収集をしっかり行える

時間をかけて転職活動に取り組むことができます。

若いので次の仕事を見つけやすい

転職は年齢を重ねるごとに難しくなっていきます。

そのため、まだ若い20代は比較的転職しやすいと言えるでしょう。

また異業界、未経験職へのキャリアチェンジもしやすいです。

ポテンシャルで採用してくれる企業もあるかもしれません。

新しいことにどんどんチャレンジできます。

人生経験が積める

転職活動をした、という経験が積めます。

次に転職するときに、今回の経験は大いに役立つでしょう。

一つの会社で長く働くより、色々な会社を経験することで様々な経験ができます。

もちろん、一つの職場に長く勤めることは、悪いことではありません。

どちらが正解などありませんが、若いうちに色々挑戦してみるのもいいことだと思います。

自分と向き合う時間が持てる

時間をとって、じっくり自分と向き合うことができます。

普段は日々の仕事をこなすのに精一杯で、

なかなか時間の取れない方が多いのではないでしょうか。

  • 将来について考える
  • 自分の本当にやりたいことは何なのか

これらを明確にしておくことで、転職活動もスムーズに進むでしょう。

またマインドマップの活用もオススメです。

マインドマップとは、頭で考えたことを図式化するためのツールです。

中心(メイントピック)から、複数の枝分かれになっている図をイメージしてください。

これを利用して、やるべきことを明確にしてみるといいかもしれません。

人生設計の再設計がしやすい

20代はまだ若いため、人生の再設計がしやすいです。

キャリアチェンジもしやすいでしょう。

  • 全く違う仕事がしたい
  • フリーランスになりたい
  • 起業したい!

こう思った時も20代だと、なんとかなる場合があります。

色々なことを経験してみて、自分が本当にやりたいと思ったことに

挑戦してみるいい機会だといえるでしょう。

諦めずにチャレンジしてみるといいかもしれませんね。

まとめ

今の会社を辞めてから転職するとき事前にやるべきことをまとめました。

  • 20代だと、会社を辞めてから転職活動してもなんとかなるかも
  • ただし生活資金はきちんと用意しておくことが大切
  • 辞めてからだと転職活動の時間を多く取れる
  • キャリア診断や、転職エージェントを活用して準備を行う

会社を辞めてから転職活動をする場合の、一番心配なことは「お金のこと」でしょう。

逆にお金の問題さえクリアしてしまえば、転職活動に専念できるといえます。

時間をかけて情報収集など行えますので、

働きながら転職活動するライバルより有利に進められるでしょう。

目標を持って、しっかり計画を立てて行動していきましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました