退職代行はその後どうなる?使った後の流れやポイントを詳しく解説!

退職代行のその後 退職

近年、退職代行サービスを活用する人が増えています。その背景としてはブラック企業と呼ばれるような劣悪な環境で労働者を働かせる企業が増えたことや、退職しにくい職場の雰囲気などが挙げられるでしょう。

退職代行サービスを活用すればストレスなく退職することができ、利用者にもメリットがあります。しかし、退職代行を利用したその後はどうなるのかについて気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では「退職代行を利用したその後」について焦点を当てて解説していきます。これから退職代行を活用しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行を利用したその後について解説していきます

退職代行を使ったその後はどんな流れ?

まずは退職代行を利用する際の大まかな流れを押さえておきましょう。大まかには以下のような手順で進んでいきます。

  • 業者へ相談
  • ヒアリング
  • 申し込み・支払い
  • 個人情報を伝達
  • 代行を実施
  • 書類の郵送

業者へ相談

まずは退職代行サービスへ相談します。現在では公式サイトから申し込む必要がある代行サービスもあれば、LINE上で気軽に相談できる退職代行業者もあります。自分に合っている方法で相談すると良いでしょう。

また、退職代行業者によっては無料相談の段階でカウンセリングを行ってもらえるものもあります。色々と話を聞いてもらうことで気持ちも整理されるかもしれません。

ヒアリング

相談したら、自分が気になることや現状を業者の方に聞いてもらいます。退職代行を利用するにあたって不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

  • 実際に退職することは可能なのか?
  • どれくらいの期間で退職できるのか?
  • 職場の人と顔を合わせる必要はないのか?
  • 有給の消化は可能なのか?
  • 残業代の請求はできるのか?

など、疑問点を洗い出していきましょう。最初のうちに気になることは全て質問しておくことをおすすめします。

申し込み・支払い

気になることを質問できれば、申し込みを行っていきます。退職代行サービスでは原則先払いとなっている業者が多いため、代行を実施する前に入金を行いましょう。銀行振り込みもしくはクレジットカードでの支払いになるでしょう。

退職代行の相場としては3〜5万円ほどになっています。これくらいの資金を準備しておく必要があることは、あらかじめ理解しておくようにしましょう。

個人情報を伝達

入金が終われば、自分の個人情報を業者に伝えます。この段階の方法は利用する業者にもよりますが、文面で質問項目が送られてきてそれに回答していく形式のものが多いです。

氏名や電話番号、会社名や直接的な上司の名前などを回答していきます。こうした情報は退所代行を行う際に必要になるため、間違いがないように伝えましょう。

代行を実施

いよいよ業者が代行を実施します。各業者の方が手続きを行ってくれますので連絡を待ちましょう。何もせずとも業者の方が退職の意向を伝えてくれますので、安心してください。

書類の郵送

その後、書類の処理を行います。退職届など、退職する際に必要な書類が自宅に郵送されてきますので、処理しましょう。この際、もし会社から借りているものがあり、返却しなければならない場合なども業者があなたの代わりに行ってくれます。

必要なことは全て処理してもらえるため、特に何も考えなくて大丈夫です。

退職代行を利用したその後

結論をお話しすると、退職代行を利用したとしても全く問題がありません。退職代行を利用したその後は主に以下のようになります

  • 職場との人間関係は人による
  • 職場から退職に関する書類が送付される
  • 転職には影響なし

職場との人間関係は人による

退職代行を利用する際に気になるのは、職場との人間関係はその後どうなるのかということではないでしょうか。この問題に関しては、人によるということになります。例えば大企業のようにいくつかの部署に分かれており、別の部署の同期と仲が良い場合などでは辞めた後でも人間関係は良好のままでしょう。

また、ブラック企業であなたの状況をよく理解している同僚なども、退職代行を利用する背景を理解してもらえる可能性が高いためにその後の関係が継続してもおかしくはありません。

しかし、もし職場が狭い人間関係だけで構成されており、中小企業などで部署も1つしかない状況であれば印象も悪いまま退職することになることも。そうなってしまえば人間関係の悪化は免れないでしょう。

ただし、どのみち退職してしまえば関わることがない人たちばかりですので、辞めた後の人間関係は気にする必要はないと言えます。

職場から退職に関する書類が送付される

退職代行サービスによって退職の手続きが進めば、その後は会社から退職に関する書類が送られてきます。具体的には退職届や返却物など、職場の状況によって様々でしょう。ただ大まかには以下のような書類が送付されるので押さえておきましょう。

  • 源泉徴収票
  • 雇用保険被保険者証
  • 離職票

転職に影響はない

退職代行を利用する方で、転職に影響がないのかということについて気になる方も多いのではないでしょうか。退職代行の使用は転職先に知られることはありませんし、転職時に退職代行がバレる心配もありません。

退職代行はあくまでも退職のサポートをしてもらうという位置付けであり、転職活動には影響を与えることはないので、安心して活用すると良いでしょう。

退職代行を利用してその後も後悔しないためには?

退職代行を利用して後悔しないためには、いくつかのポイントがあります。利用する前には次のようなことに注意してください。

  • 置かれている状況に応じてサービスを選ぶ
  • 有給日数がどれくらい残っているのか確認する
  • 連絡が丁寧かどうかを見極める

置かれている状況に応じてサービスを選ぶ

まず、退職代行サービスを利用する際に失敗しないためには、置かれている状況に応じて最適な退職代行業者を選択することが大切になります。退職代行と一言で言っても、その種類は以下の3つに分かれます。

退職代行における3つの種類と相場
  1. 弁護士による退職代行(50,000円ほど)
  2. 労働組合による退職代行(30,000円ほど)
  3. 通常の業者による退職代行(20,000円ほど)

そのため、どの退職代行を利用するのかについて事前に決めておかなければなりません。例えば、有休消化についての交渉や残業代の請求を行う場合には労働組合や弁護士が運営している退職代行サービスを活用しなければならないでしょう。

反対に、そういった交渉は行わず、とりあえず退職したいだけという場合にはコストを抑えるために通常の退職代行サービスを使えば問題ありません。

このように、状況に応じてどの退職代行を利用すべきかも変わってくるのです。自分の状況を整理した上で、どの種類のサービスを活用するのかを考えるようにしましょう。

有給日数がどれくらい残っているのか確認する

退職代行サービスを活用する場合、有給の消化を交渉する場合もあるでしょう。もし残っている有給を消化して退職したいと考えている場合にはどれくらい有給日数が残っているかについて確認しておくことが大切です。

会社によっては有給の日数についてもごまかされている場合や正確に把握されていないこともあるでしょう。そうした場合には退職代行サービスを活用して調整したり交渉を行ってもらえる可能性があります。

退職代行を利用する際に前もってあと何日残っているということを業者に伝えておくとスムーズです。

連絡が丁寧かどうかを見極める

退職代行業者と言っても、会社によってその対応にも差があります。基本的には丁寧に対応してくれるはずですが、中には雑な連絡をしてきたり、レスポンスが遅い業者もあるかもしれません。

退職代行を利用しようとしている方であれば、今日明日中にも退職したいと考えている方も多いでしょう。そうした場合に、連絡が返ってくるのが遅いと困ってしまいます。

また、担当者との相性などもチェックしておく必要があります。実際に退職代行を利用するとなれば、何度か業者とやりとりを行うことになるでしょう。そうした際に話しにくかったり、連絡がつきにくい人であれば、スムーズに退職することができません。

退職代行サービスではほとんどの場合で無料相談が実施されています。そのため、最初の段階で相性や対応の丁寧さなどを見極めることが大切です。

退職代行を利用したその後:まとめ

今回は、退職代行を利用したその後について解説しました。退職代こサービスを活用したとしても、その後問題なく転職活動や就職を行うことができます。退職代行はまだまだ浸透しきっていないサービスと言えるため、その後どうなるのかについて気になる方も多いのではないでしょうか。

退職後にも自分のキャリアなどを充実させることは十分可能です。今回の記事を参考にして、退職代行を利用するかどうかを検討してみてください。

The following two tabs change content below.
カケル

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました