仕事を辞めたい時の対処法は?現状を突破する6つの対策【状況別】

仕事を辞めたい時の対処法 退職

もう仕事を辞めたい

毎日が辛いけど、どうしたら良いか分からない

このような気持ちで日々を過ごしていませんか。

僕自身も、今ではフリーランスとして楽しく生活していますが、かつてはそうした暗い気持ちで生きていました。

今回は、過去の経験を踏まえて、仕事を辞めたい時の対策法について解説していきます。

この記事を読めば分かること
  • 仕事を辞めたい時の対処法
  • 仕事を辞めたい理由とは?

仕事を辞めたい時の対処法について解説します!

仕事を辞めたい時の対処法6選

仕事を辞めたい時の対処法6選

では、ここからは仕事を辞めたい時の対処法について解説していきます。

具体的には以下のような対処法がありますので、参考にしてください。

  • まずは現状分析が大切
  • 仕事が嫌いじゃないなら、とにかく打ち込んでみる
  • 仕事が続かなそうならプランを立てる
  • スキルを身につけて不安を解消する
  • 転職先を見つけて気持ちを楽にする
  • 明日出勤するのも辛いなら退職代行を利用する

まずは現状分析が大切

当ブログでは、仕事を辞めたい時の対策について考えるとき、まず行うことは「現状の把握」であることを強調しています。

これは、そもそも自分が今どういう状況にあるのかということを正しく把握していなければその後の対策を立てようがないからです。

現状分析の大切さ
  • 自分は何に対して悩んでいるのか?
  • 転職や退職をすることで問題は解決するのか?
  • 自分の性格と今の仕事が合っているのか?
  • 具体的に辞めてからどうしたいのか?
  • 仕事そのものに悩んでいる?それとも人間関係など環境に悩んでいる?

こうしたことを最初に把握し、まずは自分自身を俯瞰してみましょう。

紙を用意して、そこに自分の気持ちを書き出すだけでもかなり心理的に余裕が生まれるので、ぜひ試してみてください。

まずは自己分析から始めよう!

仕事が嫌いじゃないなら、とにかく打ち込んでみる

次に、自分自身の気持ちとしっかり向き合った上で、仕事が嫌いじゃないかどうかということについて考えてみましょう。

仕事を辞めたいと感じるときには、主に2つの原因があります。

仕事を辞めたい時の要因
  • そもそも仕事との相性が悪いパターン
  • 仕事そのものは好きだが、環境(人間関係や労働環境)が合わないパターン

上記の現状分析を行ってみて、今の仕事が嫌いでないかどうかということを捉えるのが大切です。

もしも、今の仕事そのものが嫌いである場合には転職や退職を検討する方向に考えた方が良いでしょう。

しかし、仕事自体が嫌いではなく、人間関係や労働時間など、周辺の環境に辞めたい理由がある場合には部署異動を希望したり、労働を効率化するような努力が必要になります。

仕事そのものは嫌いではない場合、打ち込んでみたり、周辺環境を整えるように努力してみましょう。

仕事が嫌いでないなら、打ち込んでみるのも良いでしょう

仕事が続かなそうならプランを立てる

現状、自分の仕事があまり好きではなく、今後も継続して仕事を続けていく自信がないのであれば、プランを立てることも大切です。

本当に大まかで良いので、今後の計画を考えてみましょう。

人生計画を立てよう
  • 将来自分はどうなりたいのか?
  • 5年後の自分はどうなっていたいのか?
  • なりたい姿と今の状況は合っているか?

など、本当にざっくりとで問題ありませんので、計画を立ててみましょう。

人生の全体計画を立てることで、今後どのように歩んでいくべきかの方向性を決めることができます。

大まかにプランを立てた上で、以下でご紹介しているような具体的な対策を行ってみてください。

大まかにプランを立ててから、行動に移りましょう!

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

スキルを身につけて不安を解消する

もしあなたが、

仕事を辞めたいものの、いますぐ退職するのは不安。

これまで何の経験も無いから、何かしらの強みが欲しい。

と考えている場合、スキルを身につけることをおすすめします。

すぐさま転職することは難しくとも、市場価値の高いスキルを習得していれば転職する時にも有利になるでしょう。

また、ある程度スキルを習得していれば、「いつでも転職できる」という心理的に余裕が生まれます

ハードルが低く、取り掛かりやすい対処法なので非常におすすめです。

未経験からでも始められるおすすめスキルについては以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

転職先を見つけて気持ちを楽にする

また、今のうちから転職活動を始めておき、転職先を見つけるのも対策として有効です。

転職活動と言っても、本格的に面接などを受けるのではなく、転職エージェントに登録しておき、求人情報を集めるというくらいでも問題ありません。

仕事をしていて不安になるのは、「今の会社しか働く場所がない」という不安から来るものです。

他に働ける場所があることを理解しておけば、心理的に負担も軽くなるでしょう。

転職エージェントは以下のリンクから登録ができますので、ぜひ登録してみてください。

リクルートエージェントへ無料登録

退職する前に、まずは転職エージェントに登録しておき、求人情報などを集めておくようにしましょう。事前に準備しておくことで、ストレスなく退職することができます。

▶︎リクルートエージェントに申し込む

明日出勤するのも辛いなら退職代行を利用する

もし、この記事を読まれているあなたが、

明日仕事に行くのも辛い

もう死にたい・・・

という気持ちになるほど追い込まれている場合や、会社からパワハラまがいの行為を受けている場合には退職代行を利用しても良いでしょう。

退職代行を利用すればあなたの代わりに業者が退職の手続きや退職に関する交渉などを引き受けてくれます。

ストレスなく退職を進めることができ、即日で退職することも可能です。

退職代行については以下の記事でも解説していますので、参考にしてください。

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

仕事を辞めたい理由は?

仕事を辞めたい理由は?

そもそも仕事を辞めたいと感じてしまう理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

以下では仕事を辞めたい理由としてよくある事例を解説していきます。

  • 人間関係に疲れた
  • 激務すぎる
  • キャリアに不安を感じる
  • 自分の適性と合わない

人間関係に疲れた

まず、仕事を辞めたい理由として最も多いものは私人間関係に疲れたということです。

職場の上司や同僚と性格が合わず、日々の業務に疲れてしまう人は多いでしょう。

毎日通う職場だからこそ人間関係は良好であって欲しいものですよね。

職場の人間関係に疲れてしまった場合、部署を変えてもらうか、転職するしか解決方法がありません。

もし、どうしても辛い人間関係で悩んでいる場合は転職先を探すなど対策を考えた方が良いでしょう。

仕事を辞めたい理由No.1は人間関係に疲れてしまうことです

激務すぎる

また、労働時間が長すぎるなど激務である職場に勤めている場合辞めたいと感じることも多いです。

どれだけやりがいのある仕事だったとしても、長時間労働を過ぎると精神を病んでしまいます。

あなたの会社は土日も休みがなかったり、平日も夜遅くまで残業があったりしないでしょうか。

もしそうであれば、もっと環境の整った職場に転職した方が良いかもしれません。

過酷すぎる職場環境も辞めたいと思う要因になります

キャリアに不安を感じる

キャリアに不安を感じている場合も仕事を辞めたいと思う人は多いです。

今の職場でどれだけ頑張っても出世が見込めなかったり、出世できたとしても給料アップが期待できない場合などは辞めたいと思っても仕方のないことでしょう。

あなたの上司や先輩は将来の自分自身の姿です。

もし自分も同じようになりたいと思わない場合は転職を検討した方が良いかもしれません。

今の職場でどれだけ頑張っても成果が出ないのであれば辞めたいと思うのもしょうがないですよね・・・

自分の適性と合わない

このほかにも、そもそも自分自身の性格や適性と仕事が合っていないとうケースもあります。

例えば人と話すのが苦手だったのに営業に配属されていたり、プレゼンが苦手なのに人前で話す機会が多いなどです。

自分自身の適性と仕事が合っていなければ日々の生活の中で大きなストレスにさらされることになります。

自己分析などをしっかりと行って 本当に今の仕事が自分に合っているのかを見極めることが大切です。

適性と就職している職場があっていないパターンもあります

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

まとめ:仕事辞めたい時は自分と向き合おう

もし現場仕事を辞めたいと感じているのであれば、その気持ちを押さえつけるのではなくなぜそう思うのかをよく考えることが大切です。

我慢をしていてもストレスが溜まるばかりで問題は解決しません。

スキルを身に付けたり転職したり、今の世の中では様々な方法があります。

ただひたすら我慢するのではなく、適切な対策を行っていくのが重要になるでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました