AWSエンジニアの年収は?おすすめスクールも解説!【2021年最新】

AWSエンジニアの年収は? AWS

2021年現在、AWS(Amazon Web Services)エンジニアの需要が高まっています。

その背景にはクラウドを利用する企業が増えたことがあるでしょう。

気になるのは、その年収ではないでしょうか。

今回の記事では、今話題のAWSエンジニアの年収について詳しく解説します。

AWSエンジニアの年収について解説します!

AWSエンジニアの仕事とは?

そもそも、AWSエンジニアとは何かということがよく分からない方も多いはず。

そこで、まずはAWSエンジニアの仕事について詳しく解説していきます。

AWSエンジニアの仕事とは?
  • AWSとは?
  • AWSエンジニアの概要は?
  • AWSエンジニアの仕事内容は?

AWSとは?

そもそも、AWSという概念が分からないという方もいらっしゃると思います。

その内容としては、次のような意味です。

AWSとは?

AWSとは、アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services)の略称です。

現在、世界中でもっとも利用されているクラウドプラットフォームであるAWSは、世界中のセンターからサービスを提供しています。

全世界で多くの企業や政府機関が利用しており、幅広く活用されているサービスです。

このAWSを利用することにより、次のようなメリットがあります。

AWSを活用するメリット
  • ビジネスのスピードを高めることができる
  • 安心できる情報を利用できる
  • 新たなテクノロジーを最速で利用できる
  • セキュリティが高い
  • コスト削減につながる

このように、利用することで多くのメリットがあるので、それを扱うことができる人材の価値も高まっている状況にあるのです。

AWSエンジニアの概要は?

AWSエンジニアと言っても、具体的な定義はありません。

その意味としてはAWS上で設計や環境構築、運用などを行うことができたり、システムの移行(既存のシステムからAWSシステムへの移行など)ができるエンジニアのことを言います。

必要とされるスキルには、主に以下のような内容が挙げられます。

AWSエンジニアに求められるスキル
  • インフラなどのクラウド知識
  • AWSに関する知識や技術、実践的な経験
  • 既存のオンプレミスからAWSへ移行する技術

このように、AWSエンジニアはシンプルにAWSのみの知識を持っていれば良いということではありません。

インフラエンジニアなどの基礎的なスキルを基盤として、効果的にそれを活用していくような能力が求められるでしょう。

AWSエンジニアの仕事内容は?

AWSエンジニアの仕事内容としては、主に以下のことが挙げられます。

AWSエンジニアの仕事内容
  • WEBアプリの開発
  • 自社開発システムの移行
  • アプリの開発基盤の移行

細かく解説すると内容が専門的になってしまうのでここでは割愛します。

ただ、主にオンプレミスからクラウドへ移行することや、アプリの開発などの求人が増えているということを押さえておくようにしましょう。

AWSエンジニアの年収は?

では、気になるAWSエンジニアの年収がいくらになっているのか見ていきましょう。

ProEngineerを元に平均年収を参照すると次のようになります。

AWSエンジニアの年収は?
  • 正社員の平均年収:約580万円〜
  • フリーランスの平均月収:約81万円〜

このように、一般的な平均年収と比較してもAWSエンジニアの年収はかなり高単価となっていることが分かります。

特にフリーランスとしての月収は非常に高く、数年ほど正社員として経験を積んで独立するというキャリアも十分あり得そうな水準です。

AWSエンジニアは将来性が高い?

これからAWSエンジニアを目指す方は、

「そもそも今後の需要はあるの?」

と不安な方もいらっしゃるでしょう。

そこで、以下ではAWSエンジニアの将来性などについて解説します。

AWSエンジニアの需要は高まり続けている

世界中でクラウドサービスが利用される様になり、その成長は今後も継続していくことが予想されます。

現在の企業ではセキュリティの強化やコスト削減が大きな課題です。

そうした状況で、AWSはクラウドサービスを台頭する存在となっています。

そのため、今後もAWSエンジニアが活躍できるチャンスは広がっていくでしょう。

今後も需要が拡大していくことが予想されます

今後も将来性のある職種

AWSエンジニアは将来性もある職業です。

上記の様に需要は拡大しているにもかかわらず、人材は圧倒的に足りていません。

今後も拡大していく市場に対して、エンジニアの存在は不可欠です。

旧式のシステムから移行したい企業や、アプリ開発を担ってくれる人材は常に求められていると言えるでしょう。

こうしたことからも、今のうちにAWSスキルを身につけておけばより高い収入が期待できます。

需要の拡大に対して、エンジニアの数は圧倒的に足りていません!将来性のある職業です!

AWSエンジニアとして高い年収を獲得するには?

具体的にAWSエンジニアとして高収入を得るにはどうすればよいのでしょうか。

その方法としては以下のことが挙げられるでしょう。

AWSエンジニアとして高い年収を獲得するには?
  • 高いスキルを習得する
  • AWSソリューションを扱えるようになる
  • AWS認定資格を獲得する

高いスキルを習得する

まず、エンジニアとして高い年収を獲得したいのであれば多様なスキルを習得することが有効です。

例えば、SREやDevOps、CircleCI,Chef、Datadogなどのスキルを身につけておけば、付加価値をつけることができます。

また、こうした技術的なスキルだけではなく、現場での経験も重視されます。

求人情報などにも、「開発の経験が5年以上」などというように募集が出ていることが少なくありません。

そのため、技術や知識だけではなく、現場での経験も年収のアップにつながるはずです。

現場での経験に加えて、様々なスキルを身につけることで効果的に収入を高めることができます

フリーランスとして高単価の案件を獲得する

AWSのスキルを身につけ、現場での経験を積むことができればフリーランスとして独立して高単価の案件に営業することもできます。

先ほど解説したように、フリーランスであれば月額で80万円ほどの平均月収となっているため、かなりの年収アップが臨めるでしょう。

ただし、実際の募集要項を見ていただければ分かる様に経験年数やリーダー経験などが重視される傾向が強いです。

そのため、最初は企業に就職して実力や経験を身につけ、フリーとして活躍するというのが理想的と言えるのではないでしょうか。

フリーランスとして独立することも、高収入を狙う上で有効です

AWS認定資格を獲得する

このほかにも、AWSではAWS認定試験というものがあります。

こちらの試験を受験し、資格を獲得することによって現場でも役立てることが可能です。

資格を保有することで転職する際の書類審査や面接などにも有効となるでしょう。

そのため、より高年収を狙える可能性も高めることが可能です。

ぜひ一度受験してみてはいかがでしょうか。

AWS認定資格を取ることで、転職などにも有利です

AWSエンジニアを目指すならRaiseTech(レイズテック)がおすすめ

Raisetechホームページ
参考:Raisetechホームページより

ここまでAWSのスキルについて解説してきましたが、もしこれからAWSエンジニアを目指すのであればRaiseTech(レイズテック)がおすすめです。

RaiseTech(レイズテック)では「最速で稼げるエンジニア」を育成することを目標としています。

月単価80万円以上の講師陣から指導やアドバイスを受けることができますので、学習する上でも効率的に進めることができます。

毎週金曜日には無料説明会がありますので、ぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。

また、詳しい概要については以下の記事で解説していますのでぜひご覧ください。

AWSエンジニアの年収は?:まとめ

今回の記事では、AWSエンジニアの年収について詳しく解説しました。

AWSエンジニアの年収は?:まとめ
  • AWSエンジニアの年収は高収入
  • スキルを高めたり、現場での経験を積むことでさらに収入アップが期待できる
  • AWSエンジニアの需要は今後も拡大する
  • これからAWSを学習する場合にはRaiseTechがおすすめ

AWSエンジニアは今後も需要が拡大する職業です。

これから学習を始める上で、デメリットは少ないと言えるでしょう。

もし、これから学習を始める場合には今回の記事に記載した内容を参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました