AWSエンジニアのスクールとは?メリットや仕事の特徴も合わせて解説

AWSおすすめスクールは? AWS

貴方はAWSとはどんなものか知っていますか?

AWSとはAmazonWebServicesのことで、Amazonが提供しているパブリックサービスのことです。

AWSの世界シェア率は2位を大きく突き放す堂々たる1位を獲得し続けており、その有用性がいかに高いかが分かります。

ここまで世界的に重宝されているとなると、AWSについて学びたい人もいらっしゃるでしょう。

そこで問題になるのが、AWSについて学習できるスクールの選び方です。

今回の記事ではそんなAWSが学べるスクールについて詳しく解説していきます。

AWSが学べるスクールを解説します!

AWSが学べるおすすめのスクール

AWSエンジニアになるためには、AWSに関する様々な知識を学ぶ必要性があります。

効率良く勉強しながらAWSエンジニアを目指すためにも、スクールに通うのがおすすめです。しかし、どのスクールに通えばいいのか迷う人もいるでしょう。

以下ではAWSが学べるおすすめのスクールについてご説明します。

GEEKJOB

GEEKJOBはインフラエンジニアを経由してAWSエンジニアを目指す人におすすめのスクールです。

インフラエンジニアコースは1ヶ月間の学習でインフラエンジニアへの就職を目指すコースで、しかも無料で勉強できるのが大きなメリットです。

学習から就職まで手厚くサポートしてくれますが、GEEKJOBから紹介された企業に就職できなかった場合は違約金が発生するのが大きなデメリットです。

こちらのスクールについては以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

RaiseTech

Raisetechホームページ
参考:Raisetechホームページより

様々なスクールの中で最もおすすめできるのが、RaiseTechです。

RaiseTechは最速で稼げるエンジニアを育てる実践的なスクールです。

RaiseTechにはAWSが現場で通用するレベルまで学習する「AWSフルコース」とIT業界での経験がある人向けにインフラ環境の自動構築やコード化に関する学習を行う「AWS自動化コース」の2種類があります。

たとえプログラミングを学習したことがない全くの未経験でも分かりやすく丁寧にプログラミングを教えてくれるのはもちろん、それらに関する様々な知識や技術なども一緒に教えてくれます。

初心者でも現場で通用するレベルになるまで学習できるので、将来性が高いAWSエンジニアを目指したいけど初心者でも目指せるのか不安な人におすすめです。

AWschool

AWschoolはAWSの基礎から応用まで実践的に学べる少人数制のスクールです。

スクールで構成されているカリキュラムはAWSの習得に特化していて、入門講座と上級個別講座の2種類から選ぶことができます。

入門講座ではAWSの基礎を満遍なく学ぶことが可能で、上級個別講座では生徒の要望に沿った講座を行ってくれるオーダーメイド方式になっています。

AWSのメリット

AWSには様々なメリットがあるので、AWSのエンジニアを目指しているのであればどんなメリットがあるのか、今一度知っておいた方が良いでしょう。

なぜAWSが話題になっているのかが分かれば、AWSエンジニアがなぜ企業から求められているのかが分かります。

それでは、AWSのメリットについてご説明しましょう。

初期費用がかからず、使った分しか費用が発生しない

AWSは初期費用が一切かからないのが大きなメリットです。

基本的に様々なサービスを利用するとなると機材やソフトウェアライセンスなどが必要になるので、ある程度の初期費用がかかりますが、AWSはそれらの初期費用が一切かかりません。

しかも必要な時に必要な分だけしか費用がかからないのも大きなポイントです。

AWSはあらかじめ決められた月額費用が発生するのではなく、1ヶ月間で使用したデータ分を支払う形式になっているので、あまり使っていないのに定額の月額料金を支払うことがありません。

もちろん使った分だけ支払うので予想以上に高くなる可能性もありますが、安定したITリソースが利用できるのは大変画期的です。

特にAWSの価格設定は非常に透明性が高く、AWSのウェブサイト上で確認できるので可能な限り費用を抑えることができるでしょう。

AWSは初期費用が掛からず、重宝されています!

サイジングが自在にできる

ビジネス機会の損失を防ぐために重要なのは、リソース不足にならないように余裕を持ったシステムを利用する必要性があります。

ただ、オンプレミス型でリソースを確保しなければならない状況であっても、使用する頻度や規模に関わらず固定化されたコストがかかり続けてしまいます。

これでは限られたサイジングでサービスを稼働させなければならないので、頻度や規模によっては非常に不便になるでしょう。

しかし、AWSであればサイジングが自在にできるようになるので、制限から解放されます。

AWSはサイジングが自在にできることから、必要な時に必要な分だけ手軽にサーバーの台数を増やすことが可能です。

稼働中のサーバーのCPUやメモリ、ストレージのサイズも自由に変更できる上に、利用しない時にサーバーを減らすことで利用料を削減するなど、臨機応変に使いこなせるのがポイントです。

汎用性の高いAWSは需要の高いスキルです!

Webサイトがスムーズに運用できる

AWSはWebサイトをスムーズに運用できるように、様々なCMSや主要なプログラミング言語に対応しています。

WordPressやDrupal、Joomlaなどを初めとする様々なCMSを使ったWebサイトが運用できますし、JavaやRuby、PHP、Node.js、.Netなどのプログラミング言語や主要SDKがサポート提供されているのも大きなポイントです。

サポート提供されているのはいずれも人気が高くてサイトの機能を充実させるのに非常に役立つため、Webサイトがスムーズに運用できるようになるでしょう。

サイトの運用にも効果的!

バックアップが手軽にできる

AWSはこれまでAmazon S3へのデータバックアップやスナップショット、Amazonマシンイメージの取得や保存などができるようになっています。

さらに2019年にはAWS Backupが登場したため、よりスムーズに自動バックアップを行う機能が利用できます。

時間がかかるバックアップ作業も手軽に行えるのがAWSのポイントです。

もしもの時にも備えられるので、その点も魅力のスキルと言えます

災害対策もできる

AWSは万が一の時のために災害対策の機能も兼ね備えています。

万が一災害の被害に遭ったとしても短時間で重要なITシステムを復旧することができるので、全てのデータを別の場所に移動させておく手間がかかりません。

一般的な災害対策のアーキテクチャもサポートされているため、災害が起きても安心して運用できます。

万が一の対策も可能です

値下げされやすい

AWSは世界的に高い評価を受けており、年々ユーザー数も増えているので利益が拡大した分だけユーザーに還元する形で値下げが何回も行われているのが大きなメリットです。

AWSは2006年からサービスが開始されていますが、これまでに85回以上の値下げを行っているほどなので、今後も値下げが行われる可能性は十分にあるでしょう。

現在もさらなる技術向上や新たな技術の開発や導入にも力を入れており。ますますコストパフォーマンスに優れたサービスになることが大いに予想されます。

万全のセキュリティ体制

AWSは万全のセキュリティ体制なのも大きなメリットです。AWSのサーバーを初めとするハードウェアは安全対策が徹底されているデータセンターが運営するため、コンプライアンス要件に準拠しています。

つまり、AWSを利用する時から既に万全のセキュリティに対応したシステムが利用できるということです。

他にもセキュリティサポートのサービスも受け付けており、要望に応じてスタッフがソリューションを提供してくれるプロフェッショナルサポートなども用意されています。万全のセキュリティ体制の下で運用できるので、安心して利用できるでしょう。

AWSエンジニアの仕事の特徴

AWSエンジニアは様々な仕事をこなすことになりますが、どんな仕事を行うのか興味があるのではないでしょうか。AWSエンジニアの仕事の特徴を知ることで、これからどんなスキルを身に付ける必要性があるのかが分かります。

それでは、AWSエンジニアの仕事の特徴についてご説明しましょう。

AWS環境の設計

AWSエンジニアの仕事の中でも最も重要なのは、AWS環境の設計です。AWS環境の設計のクオリティ次第では性能が非常に低くなってしまいます。したがって、AWSエンジニアはクラウドサービスを最大限に活用した上で、クライアントの要望に応えられるように拡張性や可用性を意識した上でAWS環境を設計しなければなりません。

初心者でもAWSの設計ガイドがあるので、参考にしながら設計ができるのが特徴です。

AWS環境の構築

続いて重要になるのが、AWS環境の構築です。AWSにはサーバー環境の構築やデータの保存、コンテンツ配信などを初めとする100種類以上の多種多様な機能があるので、これらの機能を適切に組み合わせた上でクライアントの要望に応えなければなりません。

この後の運用のためにも、どの機能が適切なのか取捨選択をする必要性があります。

AWS環境の運用

最後に、AWS環境の運用を行います。

これまで設計や構築を行ってきましたが、構築したAWS環境が実際に正しく動作するのか確認しなければなりません。セキュリティ体制は万全なのか、必要に応じてサーバーを増設したり、機能のアップデートを行ったり、動作を監視したりと正常に動作できるようにするのはもちろん、セキュリティなどもしっかり管理することが大切です。

まとめ

AWSは世界的に有名なサービスであり、今もなお利用者が増え続けています。そんなAWSには様々なメリットがあるので、是非ともAWSエンジニアになって活躍したいと考える人もいるでしょう。

AWSの知識や技術を習得するのは並大抵のことではありませんが、AWSに特化したスクールであれば初心者でも現場で通用するレベルまで学ぶことができます。

中でも特にRaiseTechがおすすめなので、AWSエンジニアを目指す人はRaiseTechで学んでみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました