退職代行のデメリットとは?サービスの魅力を分かりやすく解説!

退職代行のメリットとは?サービスの魅力を分かりやすく解説! 退職

近年、退職代行サービスの利用者が増えてきました。退職代行サービスを利用すれば、退職に関するさまざまな問題を解決することができ、利用者にメリットがあります。

今回の記事では、そんな退職代行のメリットについて詳しく解説していきます。これから退職代行サービスの利用をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行のメリットとは?

では、早速ですが退職代行のメリットを解説していきます。退職代行サービスを利用するメリットは、主に以下の3つです。

  • 職場の人と顔を合わせずに退職できる
  • 対人ストレスや手続きの煩わしさを感じずに済む
  • 会社を退職できないケースでは問題を解決できる

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

職場の人と顔を合わせずに退職できる

退職代行サービスを利用する最大のメリットとしては、職場の人と顔を合わせずに退職の手続きを進めることができる点が挙げられるでしょう。サービスを活用することで、代行サービスの方があなたの代わりに退職の手続きを進めてくれます。

多くの方が考えることとして、退職を切り出すのが気まずかったり、退職するまでの期間が辛いというものだと思います。退職代行サービスは上司や同僚と極力関わらずに仕事を辞めることができますので、利用者にとってはメリットがあるでしょう

状況によっては即日で退職できる場合もあります。人間関係の悩みを短期間で解決できることは、大きな魅力と言えます。

対人ストレスや手続きの煩わしさを感じずに済む

人によっては退職を切り出すこと自体が辛い方も多いと思います。本来ならば自分で退職する意向を上司に伝え、退職の時期や有給などについても自分で交渉しなければなりません。

しかし、こうしたやり取りをすることはかなりストレスを感じる可能性があるでしょう。場合によっては、このような煩雑な手続きを行うのが嫌で退職を切り出すことができないという方もいらっしゃるはずです

その点、退職代行サービスはこうした課題も解決することができます。第三者に間に入ってもらい、退職の意向を会社側に伝えてもらうだけでも心が軽くなるでしょう。こうしたサービスを3万〜5万円程度で行ってもらえることは、かなりお得なサービスであることが分かります。

会社を退職できないケースでは問題を解決できる

会社によっては、退職届を受け取ってもらえなかったり、退職するために慰謝料を請求されるなどのトラブルが発生していることもあります。そのような状況になって仕舞えば、自分一人で問題を解決することは難しいと言えるでしょう。

退職代行サービスを利用することで、そうした状況を解決することにもつながります。本来、こうしたことは違法ですので、第三者が介入することでスムーズに退職の手続きを進めることができるでしょう。

もし、現状こうした状況にある人は業者や弁護士の力を借りることがおすすめと言えます。一人で抱え込まず、専門家のサポートを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの退職代行サービス

退職代行ガーディアン・・・労働経済組合が運営する退職代行です。誰でも安心して利用できます!

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

退職代行のデメリットとは?

上記では退職代行サービスのメリットについて解説しましたは、もちろん良いことばかりではありません。いくつかのデメリットも存在していますので、以下のことをあらかじめ押さえるようにしましょう。

  • 場合によっては即日対処できないことも
  • コストが掛かる

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

場合によっては即日退職できないことも

退職代行のデメリットとしては、まず即日で退職できないケースもあることが挙げられます。状況によってはその日のうちに退職できることもありますが、やはり書類の手続きなどの関係でなかなか翌日などに退職できないこともあるでしょう。

ただし、業者の方がサポートをしてくれますので、ストレスが掛からないように配慮してもらえます。自分一人でどうしようもない状態にある方は、退職までどのような手順になるのか相談してみるだけでも価値があると言えるでしょう。

コストが掛かる

退職代行サービスのデメリットとしては、やはりコストが掛かることも挙げられます。本来、自分で退職の手続きを行う場合には、退職に際してお金を支払う必要はありません。

しかし、退職代行サービスの業者を利用することによって余分な費用が掛かってしまうことはデメリットの一つと言えるでしょう。

ただ、その分退職できない状況を解決できたり、対人ストレスがなくなるなど費用よりも大きなメリットを得られることも事実です。しかも、コストも3〜5万円程度ですので、コストパフォーマンスとしては決して悪くないサービスであることが分かります。

退職代行の選び方は?

では、実際に退職代行サービスを選ぶ際にはどのようなことに着目して選べば良いのでしょうか。主に以下のようなポイントに注意することが大切です。

  • 退職代行の種類を確認する
  • 弁護士の監修があるかどうかを確認する
  • 追加料金が必要になるか確認する

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

退職代行の種類を確認する

まず確認すべきは、退職代行サービスの種類についてです。退職代行には、主に以下の3つの種類が存在しています。

退職代行における3つの種類と相場
  1. 弁護士による退職代行(50,000円ほど)
  2. 労働組合による退職代行(30,000円ほど)
  3. 通常の業者による退職代行(20,000円ほど)

このように、利用する種類によって料金が異なっています。事前に何を目的として退職代行サービスを利用するのかまとめておくことが大切になるでしょう。

例えば、退職の意向を伝えたいだけなのであれば通常の退職代行サービスで問題ありませんが、労災の認定など法的な交渉や手続きを行うのであれば、弁護士による退職代行サービスを利用する必要があります。

事前に自分が退職代行サービスを利用する目的をしっかりと把握しておくようにしましょう。

弁護士の監修があるかどうかを確認する

次に確認すべきは、弁護士の監修があるサービスなのかということです。これは弁護士以外の人が報酬を目的として交渉を行えば、法律に違反する可能性があるからです。

そのため、もし弁護士による退職代行サービス以外のものを利用する場合には、弁護士の監修があるのかについてよくチェックしておくことが大切です。

追加料金が必要になるか確認する

最後に、追加料金が発生するのかどうかについても確認しておくようにしましょう。代行サービスによっては、「完全に3万円のみ」である場合や、「報酬の獲得によって料金を上乗せ」する場合など、業者によって取り決めが異なっています。

コストをできるだけ抑えたい方であれば、できるだけ追加料金が発生しないような業者を選ぶようにしましょう。ホームページ上からどのような設定になっているのかを確認することが大切です。

おすすめの退職代行サービス

退職代行ガーディアン・・・労働経済組合が運営する退職代行です。誰でも安心して利用できます!

退職代行jobs・・・顧問弁護士による心理カウンセリングが受けられます。365日即日対応!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!

まとめ

今回の記事では、退職代行サービスのメリットについて簡単に説明しました。退職代行サービスは利用することで労働者の悩みを解決したり、直面している問題を解消することができ、非常に便利です。

しかし、実際に利用する際にはそのメリットだけではなくデメリットについても理解しておく必要があるでしょう。特に、コストがいくら掛かるのかについてはよく確認しておくことが大切です。

今回の記事に記載したことを参考にして、自分の目的に適した退職代行サービスを利用するようにしましょう。

The following two tabs change content below.
カケル

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました