転職は逃げ?甘え?あなたの迷いを打ち消す「自己分析」の大切さ

転職は逃げや甘えではない 退職

今の仕事は自分に合っていない。

転職しようかな。

そう考えたときに、

いや、それはただの甘えだ

今の仕事から、ただ逃げているだけではないのか

と感じたことはありませんか? 責任感が強い人や根が真面目な人、自己評価が低く自分に自信が持てない人などは、そのように感じやすい傾向にあります。

しかし、転職を逃げや甘えだと感じてしまうのには、それ以外の意外な原因があることが多いです。

今回の記事では、転職を逃げや甘えだと感じる原因と、そうならないようにしておきたいこと解説していきます。

転職を逃げや甘えだと感じる原因や、その対策法について解説します!

ライターカケルのライティングサポート

元教員の現役WEBライターであるカケルが、未経験からライティング案件の獲得までしっかりとサポートいたします。副業で稼げるスキルを身につけたいライターとしての収益を出したい。そのような方はお気軽に以下のリンクからご相談ください。

hihi03mega3さんのプロフィール|MENTA「教えたい人」と「学びたい人」のメンタープラットフォーム
プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。カケルと申します。WEBライター・ディレクターとして活動しており、日々ライティング業務に勤しむ日々です。ランサーズでは認定ランサーになっていま....

転職は逃げや甘えではない

転職は逃げ

まず大前提として、転職は逃げでも甘えでもありません。

なぜなら、転職したいと感じるのには必ず理由があるからです。

転職は逃げではないかと考える人は、自身の転職の正当性について、客観的な目線で疑問視ができる人です。

それほど、自身の転職としっかり向き合っている状態であると言えます。

それでもなお、転職したい気持ちが芽生えるのは、それ相応の理由が存在するためですよね。

その理由が明確で、転職することによって解決されるのであれば、転職は逃げや甘えではなく、正当な手段です。

転職する理由が明確であれば、逃げや甘えではなく正当な手段だと言えます

逃げや甘えと感じる原因は「自己分析」ができていないからかも

逃げや甘えと感じる原因は「自己分析」ができていないからかも

では、転職を必要とする相応の理由があるのにも関わらず、なぜ「転職は逃げだ」「転職は甘えだ」と感じてしまうのでしょうか。

例えば、転職したい理由が「残業が多いこと」だとします。

その場合、残業が少ないところに転職すれば解決するでしょう。

しかし、それでは、

ただ残業から逃げているだけなのでは?

残業が多いからといって転職をするのは甘えでは?

という気持ちになってしまいますよね。

なぜそのような気持ちになってしまうのか。

それは、転職をしたい理由に確固たる自信がないからです。

そして、転職理由に確固たる自信が持てない原因は、自己分析が不足しているからかもしれません。

転職を考える前に、今の自分自身を十分に理解することで「転職したい」気持ちに自信を持つことができるのです。

自己分析を行うことで、転職したい自分の気持ちに自信を持てます!

自己分析で「今の自分」を整理しよう

自己分析で「今の自分」を整理しよう

中には「自己分析なんてしなくても、自分のことはよく分かっている」と感じる人もいるでしょう。

しかし、意外と自己分析によって、自分でも気づかない考え方の癖や、価値観などが分かります。

そして、それは転職に関してだけではなく、この先の人生をどう生きるのかという指標になるかもしれません。

【自己分析でおすすめの方法】

・幼少期から現在の経歴をまとめる
(学歴やキャリアだけでなく、部活動や習い事、当時興味があったことなども併記すると◎)
・長所や短所、性格、思考の癖などを分析する
・好きなことや嫌いなこと、趣味や特技を分析する
・やりたいこととやりたくないことを上げていく
(その理由や、やるために(やらないために)すべきことも併記すると◎)
・自分が将来なりたい姿を想像する

※自己分析の方法に、正解はありません。自分に一番合った方法で行ってみてくださいね。

自己分析で分かることは?

自己分析で分かることは?

では、自己分析を行えばどのようなことが分かるのでしょうか。

以下ではその内容について詳しく解説していきます。

自己分析で分かること
  • 転職したい根本的な原因
  • 自分が本当にやりたいこと
  • 自分の得意と苦手を次にどう活かすか
  • どんな職場に転職したいのか

<転職したい根本的な原因>

「転職したい理由=根本的な原因」であるとは限りません。

今、漠然と感じている転職したい理由には、隠れた根本的な原因が、必ずと言っていいほど存在します。

自己分析は、そうした根本的な原因を探るのに適しているのです。

先ほど例に挙げた「残業が多い」という転職理由も、ではなぜ残業が多いのが苦痛なのかと考えてみると、その答えは人によって違ってきます。

その具体例を以下に挙げてみましょう。

同じ残業が多いという理由でも、人によって本質は異なる

①定められている業務自体に無駄が多く、そのために残業を強いられるという環境に不満がある
②同じポジションのメンバー間で業務量が偏っており、自分が多く残業をしなくてはいけないことが不満
③終電ギリギリまでの残業が毎日あり、身体的にも精神的にも苦痛だから

この場合、①~③全ての根本的な原因が「残業が多いこと」であるとは言えないですよね。

①の場合、残業の有無に加え「無駄な業務が多い」ことに対する不満が大きい状態。

②であれば、メンバー間の業務の偏りという不公平さに加え、そういった業務体制自体への不満もありそうです。また、これらの理由もさらに深掘りをすると、また違った原因があるかもしれません。

自己分析をすることで、自分の心的傾向が明らかになるため、その根本的な原因が見えてきます。

根本的な原因が分かり、それは転職でしか解決されないと確信したときに、改めて「自分の転職は逃げではない」と実感できるでしょう。

自己分析は自分が転職したい本質的な理由を明確にします!

<自分が本当にやりたいこと>

過去に自分が興味を持ったことや、熱心に打ち込んだこと。

一見全く関係がない物事に見えても、意外な共通点やつながりがある場合があります。

そして、それは今の自分の考え方やポリシーの基盤となっている可能性も少なくありません。

過去の自分の関心事を明確にすることで、自分が本当にやりたいことが見えてきます。

それが、仕事につながることなのか、そうでないのかはわかりません。

しかし、仮に仕事につながらないことだとしても、生きる上での指標となるため、いずれにせよ転職する際の大きな判断材料となるはずです。

自己分析を行うことで、今後のキャリアに向けて判断材料を得ることができます

<自分の得意と苦手を次の仕事にどう活かすか>

自己分析をしているうちに、自分の得意なことや苦手なことが明確になってきます。

それにより、今の自分の武器となるものや、逆に不足しているものがわかり、本当に自分に向いている仕事や職場環境が見えてくるでしょう。

得意なことをそのまま伸ばしたいのか、それとも不足しているところを得意に変えたいのか。

それは、今の仕事では本当に叶わないことなのか。

それらも全て、自分次第です。自分の得意と苦手が活かせる仕事を想像することも、自信をもって転職できる状態へつながります。

自分の得意、不得意を見極めて次回の仕事に活かせます!

<どんな職場に転職したいのか>

将来自分がどのような働き方をしていたいか、どのような生き方をしていたいか。

それらが自己分析で見えてきたときに、ではそれを実現するためにはどのような働き方をするべきなのか、どのような職場で働くべきなのかも、自然とイメージがついてくるはずです。

自己分析で確立されるイメージ

「高い給与は望まないから、その分趣味などの自分の時間を大切にして、慎ましく生きていきたい」
「欲しいものや行きたい場所を、お金によって制限されない自由さを手に入れたい」
「働きながら英語の勉強をして、ゆくゆくは海外へ移住したい」

それぞれの目的によって、適した就業環境は違ってきます。

自分のなりたい姿と、そのために行うべきこと、優先順位などのバランスが、自分に適した転職先のヒントになります。

生き方を明確にして、自分が選ぶべき職場の姿をはっきりさせることができます!

「今が辛いから転職したい」だって正当な転職理由

「今が辛いから転職したい」だって正当な転職理由

転職を考えている人の中には

やりたいこととか、なりたい姿なんて今はわからないし、考える余裕もない

とにかく、ただ今が辛すぎるからとにかく転職をしたいのだ

という人もいるかもしれません。

しかし、じゃあそれは逃げなのか、甘えなのかと言われると、決してそうではありません。

なぜなら、自分のことをゆっくり整理できる余裕がないほど、辛くて逃げ出したいと感じる、そのような状態が自身の明るい将来を作る可能性は、極めて低いからです。

人は追い詰められている時ほど、自分のことを見失いがちです。

まずは自分の気持ちに余裕を持たせるためにも、具体的に「転職」を視野に入れてみてください。

そこから、少し余裕ができたときに、自己分析で自分を整理してみることをおすすめします。

また、転職エージェントに登録しておくだけでも、求人情報などを得られるので心が楽になります。

以下のリンクから登録してみてください。

まとめ:「転職したい」は人生の棚卸し作業のチャンス!

今回は、転職は逃げでも甘えでもない理由と、自己分析の大切さについて解説してきました。

今は転職が当たり前の時代となっており、特に何の罪悪感や迷いもなく転職活動をする人もたくさんいます。その中で、自身の転職に対し「逃げや甘えではないか?」と考えられる人は、それだけ自分は何のために転職をするのかを、真剣に考えられる人です。

この機会を、自分の人生を見直す棚卸し作業のチャンスに変えて、転職活動にぜひ役立ててみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました