立体駐車場の建設費・坪単価とは?

立体駐車場の建設費・坪単価

※本ページにはプロモーションが含まれています

立体駐車場を建設する場合の費用目安が知りたい

立体駐車場のコストってどれくらい掛かる?

依頼する場合におすすめの会社は?

このようにお悩みではないでしょうか。

今回の記事では、立体駐車場の建設費について詳しく解説していきます。

これから立体駐車場の建設を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

立体式・機械式駐車場のご相談は無料のコンシェルジュへ!

立体式・機械式駐車場の専門知識を持ったコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

専門知識が無くても、手間を掛けずに最短で立体式・機械式駐車場業者を見つけることが出来ます

非公開となっている情報や相場などもご相談いただけますので、まずはお気軽お問い合わせください。

目次

立体駐車場の種類について

立体駐車場は、駐車場を多層化・立体化させ、一度に多くの車を収容できる構造を持つ駐車場です。立体駐車場は主に、「自走式立体駐車場」と「機械式立体駐車場」の2つに分類されます。

自走式立体駐車場

自走式立体駐車場は、利用者が自分で車を運転し、目的階に駐車するタイプのことです。駐車台数は数十台から数百台まで収容可能であり、主に大規模な施設やショッピングセンターなどで採用されています。

広々とした駐車スペースなので、車からの乗り降りが容易なのも特徴です。また、屋上以外は屋根があるため、雨風を防げるのもメリットといえるでしょう。

機械式駐車場

機械式駐車場は車を入出庫する際に、駐車装置を操作して駐車するタイプのことです。操作方法としては、台(パレット)に車を停め、その後油圧機構などを利用して駐車場所に移動させます。

機械操作で効率的に車を収容できるため、狭いスペースでも多くの車両に対応できる点がメリットです。機械式駐車場の場合、数台から20、30台程度の小規模な駐車場で広く採用されています。ただし、機械操作によって入出庫するため、時間がかかってしまう点がデメリットです。

立体式・機械式駐車場のご相談は無料のコンシェルジュへ!

立体式・機械式駐車場の専門知識を持ったコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

専門知識が無くても、手間を掛けずに最短で立体式・機械式駐車場業者を見つけることが出来ます

非公開となっている情報や相場などもご相談いただけますので、まずはお気軽お問い合わせください。

立体駐車場の坪単価目安

立体駐車場の坪単価目安は以下のとおりです。ただし、以下の金額は建設地、敷地形状、地盤状況等により変動します。

駐車場タイプ1,000㎡~2,000㎡2,000㎡~3,000㎡3,000㎡~4,000㎡
1層2段(大臣認定品)築造×80,000円築造×75,000円築造×70,000円
2層3段(大臣認定品)築造×75,000円築造×70,000円築造×65,000円
3層4段(大臣認定品)築造×75,000円築造×70,000円
4層5段(大臣認定品)築造×75,000円築造×72,000円
5層6段(大臣認定品)築造×75,000円築造×72,000円
6層7段(大臣認定品)築造×75,000円

立体駐車場の価格・費用

立体駐車場の価格相場は、自走式駐車場と機械式駐車場で異なります。自走式駐車場では1台あたり100〜350万円、機械式駐車場では1台あたり100〜500万程度です。立体駐車場は平面駐車場と違い、建物の建築が必要なため、1台あたりの初期費用も高額になりがちです。

さらに、立体駐車場にはメンテナンス費用として月額1,000円〜8,000円程度のランニングコストもかかります。自走式は塗膜防水メンテナンスが追加で必要です。機械式の場合は1台の車を移動させるために、機械で台(パレット)を動かす必要があるため、電気代が高額になるでしょう。

立体駐車場の建設にかかる費用は、以下で解説しています。

立体式・機械式駐車場のご相談は無料のコンシェルジュへ!

立体式・機械式駐車場の専門知識を持ったコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

専門知識が無くても、手間を掛けずに最短で立体式・機械式駐車場業者を見つけることが出来ます

非公開となっている情報や相場などもご相談いただけますので、まずはお気軽お問い合わせください。

立体駐車場の建設に掛かる費用

立体駐車場の建設にかかる費用は、自走式駐車場で1台あたり100〜350万円、機械式駐車場は1台あたり100〜500万円程度が必要です。建設費用の内訳は以下のとおりです。

土地取得費用

まずは建物を建てる土地が必要になります。所有していない場合は、土地の取得が必要です。都市部や人気エリアほど土地価格が高騰し、建設費用に大きな影響を与えます。

解体費用

既存の建物がある場合は、その解体にかかる費用が発生します。解体費用は建物の規模によっても大きく異なるでしょう。

地盤改良

建設に際して地盤が弱い場合、建物の安定させるための地盤改良工事が必要です。地盤の状況によって種類が異なり、それによっても費用が変動します。

資材価格

建物を構築する際に使用するコンクリートや鉄骨などの建築資材は、原油価格や木材需要の変動により価格に影響します。資材価格の高騰は、建設費用全体に影響することは考慮しておきましょう。

環境条件

環境条件とは、天候などで工事に影響が出てしまうことです。建築工事をする環境が悪天候で工事が困難な場合、追加費用がかかるケースがあります。

特に雪の多い地域や塩害が発生する地域では、建築日数が延長され、これが建設費用の増加につながります。困難な環境での工事は人件費の増加も伴い、建設費用が高騰する傾向があるでしょう。

立体式・機械式駐車場のご相談は無料のコンシェルジュへ!

立体式・機械式駐車場の専門知識を持ったコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

専門知識が無くても、手間を掛けずに最短で立体式・機械式駐車場業者を見つけることが出来ます

非公開となっている情報や相場などもご相談いただけますので、まずはお気軽お問い合わせください。

立体駐車場の建設後に掛かる費用

立体駐車場は建設後にもさまざまな費用がかかります。具体的には以下のとおりです。

構造別耐用年数

立体駐車場には、法律上定められた資産の耐用年数が規定されています。耐用年数とは、建物や機械などの資産価値が帳簿上で完全に消失するまでの期間のことです。

自走式立体駐車場の耐用年数は、建物の構造によって異なります。例えば、鉄骨造は31年、RC造は38年と定められています。

上記の耐用年数を超えた場合、減価償却はできません。ただし、耐用年数を超えても、立体駐車場としての利用は継続可能です。しっかりとメンテナンスを行えば、立体駐車場としての利用を長期間続けることができるでしょう。

メンテナンス

立体駐車場は、点検やメンテナンスが比較的容易であると言われていますが、建物を長期間維持するためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。具体的には、以下の箇所にメンテナンスが必要とされています。

  • 車が行き交うスロープ部分
  • 床板補修など
  • 柱や梁の鉄骨さび止め
  • エレベーター・消火設備の点検
  • 外壁の塗装の剥がれ
  • 扉やシャッターのズレ、異常音 など

立体駐車場のメンテナンス項目は多岐にわたりますが、頻度は高くありません。ただし、定期的なメンテナンスにより劣化を防ぎ、建物を長期間健全な状態で維持することが可能です。

トータルコスト

立体駐車場の建設に関わる費用は、通常、トータルコストの約35%を占めると言われています。

この費用には建設に必要な初期費用だけでなく、メンテナンスや電気代などのランニングコスト、将来的な解体や再利用に伴う費用も含まれます。

定期的にメンテナンスを行うことで、将来の修繕費を抑え、総合的なコストを削減することができるでしょう。

立体式・機械式駐車場のご相談は無料のコンシェルジュへ!

立体式・機械式駐車場の専門知識を持ったコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

専門知識が無くても、手間を掛けずに最短で立体式・機械式駐車場業者を見つけることが出来ます

非公開となっている情報や相場などもご相談いただけますので、まずはお気軽お問い合わせください。

立体駐車場会社3選

ここでは、立体駐車場を提供する大手企業3社を紹介します。

新明和工業

https://www.shinmaywa.co.jp

新明和工業は、立体駐車場分野で主要な企業の一つです。エレパーク、ロータリパーク、クロスパーク、トランスパークなど、多様な駐車場の設置に対応しています。

長年にわたって蓄積してきた実績と経験を活かして、独自の予防保全を重視した保守技術を開発し、高いメンテナンスサービスの評価を受けています。

オーナー様の要望に合わせて選択できる3つのプラン(プレミアムプラン、スタンダードプラン、ライトプラン)を提供しているのも特徴です。

また、北海道から沖縄まで全国に拠点を有し、全国どのエリアからでも相談可能な環境が整っています。

三菱重工機械システム

https://www.iuk.co.jp/index.html

三菱重工機械システムは、主に都心のビル街などに焦点を当て、高い技術力を有する大手企業です。

中でも「水平循環方式」という移動機構を採用しており、運転者が車を乗降室のパレットに駐車すると、あとはリフトが車を地下の駐車室へと移動。

パズルのような動きで、車とパレットを自動的に目的位置まで運んでくれます。建物に合わせて最大限に収容効率を上げるレイアウトを可能にしているのが特徴です。

IHI運搬機械株式会社

http://www.j-ss.co.jp

IHI運搬機械株式会社は、エレベータパーキングやフォークパーキングなどの大規模な立体駐車場の開発・提供を行う企業です。高い実績と技術で、満足度の高いタワーパーキング・エレベータパーキングリノベーションを提供しています。

業界トップクラスのメンテナンス体制で、より安全かつ効率的なパーキング運営をサポートしているのが特徴です。リニューアルや保守点検、保全・工事など、さまざまな提案が可能なので、お気軽にご相談ください。

The following two tabs change content below.
日々POSレジに関する情報を発信し、POSレジ導入の支援を行っています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
ご相談はこちら
(無料)
立体駐車場経営のご相談はお任せください!
専門知識を持ったプロが無料でサポートします!
電話でのご相談はこちら ☎ 050-3635-7210 平日9:00~18:00
目次