うつ病で即日退職できる?すぐに辞められる方法を具体的に解説!

うつ病で即日退職 退職

「もう会社に行きたくない!」

病気や心身の不良で仕事に支障をきたし、会社に行こうとしても気が重くて足が動かない。

そんなことはありませんか。パワハラや職場の雰囲気が悪いといった理由で身体の痛みや憂鬱な気分などさまざまな不調の兆候が見られることがあります。

そんなときは無理をすることはありません。場合によっては、うつ病で即日退職すらできる場合があるのです。

この記事を読めば分かること
  • うつ病で即日退職は可能?
  • うつ病で即日退職する方法とは?
  • どうしても辛い時の対処法について

うつ病で即日退職はできるの?

うつ病の診断書があれば即日退職できる

うつ病の診断書があれば即日退職できる

心身の不調を感じたときにまず必要となるのは「診断書」です。

診断書があるないとでは、これ以降の手続きがスムーズ差が全然違います。

  • 心療内科を受診する
  • 診断書を提出する

心療内科を受診する

職場の悩みから自分自身で心身の不調を感じたり、周りの人から「どこが具合が悪いんじゃない?」と言われたりすることがあったら、深刻な状態を起こしているかもしれません。自分ではそれほどでもないと思っていても、思いきって心療内科を受診してみましょう。

予約時に急件であること伝えれば、その日のうちに受診することができます。初診なので時間はかかるかもしれませんが、その日のうちに診断書を書いてもらえるはずです。

まずは心療内科を受診しましょう!

診断書を提出する

診断書をもらったら職場に提出しましょう。

うつと診断されたら、たとえ程度が軽度であっても会社などの雇い主は無視することはできません。診断書が提出されれば病気休暇を与えなければならないのです。

この際、診断書に一定期間の自宅療養が必要と記載してもらえていれば、無条件で休むことができます。有給休暇がない、職場にストレスの大きな原因がある場合には即日退職も可能です。

心療内科に行ったら診断書がもらえますので、それを職場に提出します

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

退職は2週間後と決められていることに対する対策とは?

退職は2週間後と決められていることに対する対策とは?

民法第627条第1項で退職申出は2週間前と決められています。

また、会社の就業規則で1ヶ月前などともっと長い期間が定められている場合も有り得ます。

このため、即日退職は難しいと思い込んでいるケースがありますが例外もあるのです。

  • 診断書があれば退職が認められます
  • 退職できなくとも、有給取得で即日退職は可能

診断書があれば退職が認められます

会社に医師の診断書を提出すれば、人事は最大限に配慮せざるを得ません。これを無視することは社会的に非難されるべきことだからです。

提出された瞬間に当然に会社側の対応は変わるはずです。いわゆるドクターストップにより就業が困難と判断されれば即日退職が認められることでしょう。

診断書があれば退職することができます

退職できなければ有給休暇で即日退職は可能

もし万が一、引き継ぎなど何らかの理由により即日退職が難しい場合もあきらめないようにしましょう。

労働者には有給休暇の権利があります。これを行使しても責められることはありません。

退職までの待機期間があるのであれば、これを活用すれば会社に行く必要はないですよね。

ただし、やむを得ない理由により時季変更権を行使されるかもしれません。

年休取得は否定しないが会社都合によって取得時期の変更を求められることです。

ここで思い出してください。そもそも診断書に就業が困難で休養が必要との文言があれば、即時に休業できるのです。

ここで年休を取得するのと傷病休暇を取得するのとは、会社側にとって大した違いはないはずです。即日退職が難しい場合は、これもフル活用しましょう。

有給や休職をフル活用することで、事実上の即日退職が可能です。もし自分で手続きするのが難しければ、退職代行を使用しましょう

もう会社に行きたくない理由とは?

もう会社に行きたくない理由とは?

会社に行きたくない理由はさまざまです。

体調が悪化すると足取りも重くなりますし、嫌な上司や同僚にも会いたくないこともあります。

以下では会社に行きたくないと感じている方のよくある理由について解説します。

  • パワハラを受けている
  • 職場環境が悪い

パワハラを受けている

職場でのパワーハラスメントは深刻です。特に直属の上司が原因の場合が多く、逃げ場がないことがありますよね。

指揮命令系統上にあるので、顔を合わせないわけにも行きません。

同僚も同じで、あまりのストレスのために顔を向けられない、特定の方向だけ首が痛い、顔面が引きつるという症状はよく見かけます。こうなってしまったら相当深刻な状況だと自覚しましょう。

パワハラが横行している会社はすぐに辞めましょう

職場環境が悪い

仕事に追われて余裕がないことはよくありますよね。家族と過ごす時間が持てないだけなく、もっと問題となることもあります。

例えば、仕事をしている意味が見いだせなくなってしまったら辛いでしょう。目の前のことに追われているだけで、将来への繋がりや展望が見いだせない。

そもそも仕事の内容自体に馴染めないこともあるかもしれません。

なにより、そういう状況を周りの人と共有できなかったり、相談できる雰囲気がなかったりするとダブルパンチとなります。

どうしても職場に馴染めない場合は、環境を変えることも選択肢の一つです

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

仕事を辞めることが不安な方へ

仕事を辞めることが不安な方へ

退職を決意しても不安なことはあります。特に扶養家族がいる場合には金銭的な心配はぬぐい去れません。

しかし、いろいろな制度を活用すれば心配も軽減できるかもしれません。

  • 収入がなくなるのが心配な方へ
  • 生活費が不安な方へ

収入がなくなるのが心配な方へ

よく知られているように退職すると「失業保険」の制度があります。

ハローワークで手続きをすることによって、手当受給期間中に再就職に向けた準備行うことが可能です。

この間、資格を取得したり技能を身につけたりしながら、次の就職先を探すことになります。

気になる失業保険(失業給付金)ですが、自己都合退職と会社都合退職では支給条件が異なります。

自己都合退職では支給まで2ヶ月から3ヶ月の給付制限期間がありますが、会社都合の場合は待機期間7日間の翌日か支給されるので、通常の退職より有利です。​​​​

【参考】厚生労働省​​​​​​​​(Q&A~労働者の皆様へ(基本手当、再就職手当)~)

【参考】厚生労働省(特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲の概要)

収入をサポートしてもらえる制度もあります

生活費が不安な方へ

退職して当面の生活費が不安になるのは当然です。

社会保険給付金(傷病手当給付金)という制度もありますので、失業保険と合わせて検討しましょう。

社会保険給付金では、パワハラや著しいとか残業時間が多いなど一定の原因の場合には、最大18ヶ月の給付を受けられる場合があります。

【参考】全国健康保険協会(傷病手当金)

給付金を受給するためのサポートもあるので、気になる方は以下のリンクからご利用ください

▶︎給付金サポートへ相談してみる

まずは近くのハローワークへ相談しよう

制度の概要をご紹介しましたが、これらの制度には細かい条件があります。

また、このほかにも活用できる制度があるかもしれません。

まずはお近くのハローワークに相談してみましょう。手続きは自分でもできますし、社会保険労務士や退職代行業者などに依頼することもできます。

複雑な制度で悩んで誤った判断をすることのないよう、まずは問い合わせることが大切です。

制度を熟知すると安心感を持って退職できますし、家族への納得のいく説明もできるでしょう。

退職した後の求職のことも考えて、安心できる材料を揃えておきましょう。

制度についてよく分からない方は、お近くのハローワークへ!

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

自分で言えない場合は退職代行を利用しよう

自分で言えない場合は退職代行を利用しよう

職場にある場合、なかなか自分で言い出しにくいこともあるかもしれません。

心身の不調を抱えているときに、わざわざ出かけたり会話するのは辛い場合もあるでしょう。

また、会社や上司にとっても、パワハラ等理由の退職は手間と負担がかかり社会的評価に関わるので、手続きをしたくない、

または診断書を取り下げてほしいなどの条件を提示されることがあるかもしれません。

そんな場合には、本人の負担を軽減するために退職代行サービスを利用することもできるので、躊躇なく手続きを進めましょう。

退職代行のメリット
  • 自分で退職を切り出す必要がない
  • 職場の人と顔を合わせずに退職できる
  • 明日仕事に行かなくて済む

自分で退職を切り出せない場合、退職代行を利用するのがオススメです

自分で退職を切り出す必要がない

当然のことですが、退職するには退職の意思を伝えなければなりません。

これは口頭でも文書でも行えます。意思を伝えて了承されれば、書類を記入するなどの具体的な手続きがはじまります。

これに要する時間はすぐに終わりません。半日程度は見ておいた方が良いでしょう。

また、先ほど述べたように交渉が始まる可能性もあります。

ブラック企業など異常に忙しい会社であれば、人員が減るのは痛手です。

何とかしてあなたを引き止めようするかもしれません。

こんなことに時間をかけて拘束されるのはもったいないことです。

退職代行を利用すれば、引き止めのリスク無く退職することができます。

退職代行を利用すれば、引き止めに合う心配がありません

職場の人と顔を合わせずに退職できる

退職のために出社しなければ、上司を含め職場の人と顔を合わせる必要がありません。

出勤するのに困難をきたすほど不調をきたしている場合、職場の人間関係や業務内容で頭がいっぱいになって圧迫されているような状態でしょう。

そのようなとき、心身の健康のためには一刻も早く悪い状況から離れ休養することが大切なのです。

ちょっとだけでも職場へ行きたいかもしれません。

仕事の整理をしたい、お世話になった人にお礼を言いたいなど理由はさまざまでしょう。

しかし、不調な状態で出勤しても、嫌な上司を含めて周りに気を使うばかりで心は休まりません。

まずは退職を確定させてから、話したい人に会うなどしても遅くはないのです。

退職代行を利用し、なるべく人と会わずに退職するのが良いでしょう。

退職代行を利用すれば、職場の人と顔を合わせずに退職できます!

明日仕事に行かなくて済む

なにより大きいのは、明日仕事に行かなくて良いことです。

これまでさんざん苦しめられた職場から離れて、今まででとは違うことを考える時間ができるのです。

これまでの環境を離れることは精神衛生上、好ましいことです。

ただ、離れてすぐうつが解消する訳ではありません。

相応の時間がかかることが通常であり、個人差もあります。

いつもの状態に戻る時間を確保するために、1日も早く休養できる環境に身を置いてください。

そして、精神的に落ち着いて、主治医も回復を認めてくれれば次のことを具体的に考えなければなりません。

退職を決めたのなら事務手続きに余計な時間と神経を使うことなく、次のことを考えましょう。

明日どうしても会社に行きたくないのであれば、退職代行を利用しましょう

おすすめの退職代行サービス

おすすめの退職代行サービス

もし、これから退職代行を利用するのであれば、退職代行SARABAがオススメです。

退職代行SARABAがおすすめの理由
  • 2万円台で退職代行を利用できる
  • 労働組合が運営しており信頼度が高い
  • 手続きから交渉まで全て行ってもらえる
  • 全額返金保証がついている
  • 対応が早い

退職代行SARABAは労働組合が運営している代行業者で、非常に信頼度が高いです。

また、価格設定もかなり安く2万円台で代行を実施することができます。

相談は無料となっているため、まずは以下のリンクから相談してみてはいかがでしょうか。

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

まとめ

うつ病で即日退職できるかについて解説してきました。

最初のお話ししたとおり、診断書は絶対に必要なので、すぐに入手するようにしてください。

入手さえできたら、手続きを進めるだけです。

自分で手続きしても良いですし、退職代行サービスを利用しても構いません。

心身の不調を感じたら、一刻も早く煩わしい環境から身を離し、リフレッシュしましょう。

仕事で不調を感じるほど打ち込むことができる人ならば、その熱心さは必ず役に立ちます。

ハローワークや転職エージェントなどを活用しながら、あなたの強みを活かせる転職をしてください。

この記事が悩みの解消につながって、次の一歩を踏み出すきっかけとなることを祈っています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました