薬剤師転職サイトのデメリット5選|メリットやおすすめサイトを比較

薬剤師転職サイトのデメリット 薬剤師

薬剤師で転職したいと考えた際、転職サイトの利用を検討する方は多いでしょう。

しかし、「何かデメリットはないのか」「利用しない方がいい場合はあるのか」など不安な方もいるのではないでしょうか?

本記事では、薬剤師転職サイトのデメリットを整理していきます。

メリットとの比較、転職サイトを選ぶポイントまで余すところなく解説しますので、薬剤師転職サイトを使うべきか丸わかりです。

  1. 薬剤師転職サイトのデメリット5選
    1. 必ずしも自分に合った求人を紹介してもらえるわけではない
    2. 担当者と合わない可能性もある
    3. 担当者と連絡をこまめに取るのが面倒
    4. ケースによっては転職を催促されることがある
    5. 転職までに時間が掛かることもある
  2. 薬剤師転職サイトのメリット9選
    1. 働きながら転職活動が出来る
    2. 自分の希望に応じた転職先を紹介してもらえる
    3. 多様な求人から求人を選ぶことが出来る
    4. 転職活動を徹底的にサポートしてもらえる
    5. 働く待遇の交渉まで代わりにしてくれる
    6. 企業との面談にも同行してくれるサービスがある
    7. キャリアの相談にのってもらえる
    8. 転職先の内情までリサーチできる
    9. 転職活動に割く時間を減らせる
  3. 薬剤師転職サイトの選び方は?
    1. ①希望の職場環境に合わせて選ぶ
      1. 派遣やパートで働きたい場合
      2. 調剤薬局への転職を目指す場合は薬局が運営するサイトを選ぶ
      3. 病院への転職を目指すなら、医療業界求人の取り扱いがあるサービスを選ぶ
      4. 企業への転職を目指すのであれば、大手のサービスを選ぶ
    2. ②なるべく求人数が豊富な転職サイトを選ぶ
    3. ③面談を受けてみて相性が良かったところを利用する
  4. 薬剤師転職サイト利用の流れは?
    1. まずは無料で申し込む
    2. 面談を行う
    3. 求人の紹介を受ける
    4. 応募日程を調整する
    5. 面接や見学を行う(同行してもらえる)
    6. 入社・内定
  5. 薬剤師転職サイトを利用すべき人は?
    1. 転職に不安を感じている人
    2. 働きながら転職活動をしたい人
    3. プロに相談しながら転職を進めたい人
    4. 自分一人で転職先がなかなか見つからない人
  6. 薬剤師におすすめの転職サイトは?
    1. ファルマスタッフ
    2. マイナビ薬剤師
    3. ヤクキャリ
  7. まとめ
      1. カケル
      2. 最新記事 by カケル (全て見る)

薬剤師転職サイトのデメリット5選

薬剤師転職サイトのデメリット5選

転職するとなると、転職サイトを利用する方法がまず頭に浮かぶのではないでしょうか?

薬剤師ならば、薬剤師向けの転職サイトを利用するのが一般的ですが、何かデメリットはないか心配になりますよね。

  • 必ずしも自分に合った求人を紹介してもらえるわけではない
  • 担当者と合わない可能性もある
  • 担当者と連絡をこまめに取るのが面倒
  • ケースによっては転職を催促されることがある
  • 転職までに時間が掛かることもある

薬剤師転職サイトのデメリットとしては、上記5つが考えられます。

1つずつ見ていきましょう。

必ずしも自分に合った求人を紹介してもらえるわけではない

デメリット1つ目は、「必ずしも自分に合った求人を紹介してもらえるわけではない」点です。

薬剤師転職サイトを利用すると、担当アドバイザーに希望条件を伝えることで、いくつか条件に合う求人を紹介してもらえます。

転職サイトによっては、保有している求人が少なくぴったりの求人が無かったり、なかなか希望通りの求人を紹介してもらえなかったりというケースがあります。

複数の転職サイトを使い、選択肢を広げながら求人を探していくのがおすすめです。

担当者と合わない可能性もある

デメリット2つ目は、「担当者と合わない可能性もある」点です。

薬剤師転職サイトでは、担当のアドバイザーがついてサポートしてくれますが、担当者の質はピンキリ。

高圧的な態度で相談しづらい、あまりこちらの話を聞いてくれないなど、相性が悪い担当者に当たってしまう可能性もあります

「信頼して本音で話せるか」「希望を汲んで求人を提案する力があるか」「的確にサポートしてくれるか」などの観点で担当者を見極めることが大切です。

合わないと感じたら、担当の変更を申し出るか、別の転職エージェントを使うのも手です。

担当者と連絡をこまめに取るのが面倒

デメリット3つ目は、「担当者と連絡をこまめに取るのが面倒」という点です。

薬剤師転職サイトでは、担当者と求人情報のやり取りや選考状況・進捗の報告などの連絡を取る必要があります。

特にスピーディに転職活動を進めたいならば、こまめに連絡を取る必要がありますが、それを面倒に感じる人もいるでしょう。

とはいえ、転職活動のペースや連絡の頻度などは、担当者と相談してすり合わせることもできますので、そこまで心配しすぎる必要はありません。

ケースによっては転職を催促されることがある

デメリット4つ目は、「ケースによっては転職を催促されることがある」点です。

薬剤師転職サイトは、求職者を企業に紹介し、内定まで導くことができたら、紹介料をもらうという形で報酬を得ています。

そのため、なるべく早めに、特に転職成功の可能性が高い人は、積極的に転職活動を進めてもらおうと催促するケースがあります

自分のペースで転職活動を進めたい人や、まだ転職するとは決めておらずじっくり相談しながら進めたい人にとっては、窮屈に感じることもあります。

転職までに時間が掛かることもある

デメリット5つ目は、「転職までに時間が掛かることもある」点です。

薬剤師転職サイトを利用すると、まず登録後に担当者との面談を行い、求人を紹介してもらうという流れで進めていきます。

自分で求人を探す方法ならば、すぐ応募できますが、登録後に連絡を待ち、面談の日程調整をするため少々の時間を要します

さらに、選考過程や内定後においても、企業との間にアドバイザーが介入するため、多少のタイムラグが発生します

状況にもよりますが、直接企業側と連絡を取る方が、スピーディに転職活動を進められる場合もあるでしょう。

薬剤師転職サイトのメリット9選

薬剤師転職サイトのメリット9選

ここまで薬剤師転職サイトのデメリットを見てきましたが、転職サイトにはメリットももちろん多くあります。

メリット・デメリット双方を良く理解し、利用すべきか検討することが重要です。

  • 働きながら転職活動が出来る
  • 自分の希望に応じた転職先を紹介してもらえる
  • 多様な求人から求人を選ぶことが出来る
  • 転職活動を徹底的にサポートしてもらえる
  • 働く待遇の交渉まで代わりにしてくれる
  • 企業との面談にも同行してくれるサービスがある
  • キャリアの相談にのってもらえる
  • 転職先の内情までリサーチできる
  • 転職活動に割く時間を減らせる

メリットとしては、上記9つが挙げられます。

順に見ていきましょう。

働きながら転職活動が出来る

メリット1つ目は、「働きながら転職活動が出来る」点です。

転職活動は、膨大な求人の中から希望に合うものを探したり、企業とのやりとりや面接の日程調整を行ったりする必要があります。

仕事を続けながらだと、思うように転職活動が進まないということもあるでしょう。

転職サイトを利用すれば、担当者が希望に合わせて求人を紹介してくれるだけでなく、日程調整や条件交渉など、面倒な企業とのやりとりも代行してくれます

効率的に転職活動を進められ、働きながらでも納得のいく転職が目指せるのです。

自分の希望に応じた転職先を紹介してもらえる

メリット2つ目は、「自分の希望に応じた転職先を紹介してもらえる」点です。

転職活動において、求人探しは最も重要で大変なポイント。

数多の企業、求人の中から希望に合う、強みを活かせる環境を見つけることは容易ではありません。

転職サイトを利用すれば、担当者があなたの希望をヒアリングし、ぴったりな求人を紹介してもらえます

転職のプロの視点から求人を紹介してもらえるので、思わぬ企業に出会えるなど選択肢が広がることもあります。

多様な求人から求人を選ぶことが出来る

メリット3つ目は、「多様な求人から求人を選ぶことが出来る」点です。

転職サイトでは、数多くの求人が掲載されており、こだわり条件で検索してまとめて探すことができます。

さらに、各転職サイトごと、非公開求人も保有しており、登録することで担当者から紹介してもらえます。

非公開求人は、一般に公開すると応募が殺到する、重要なポジションの募集であるなどの理由から、一部の転職サイトのみが保有している求人のこと。

好条件のものが多く、希望に合う求人が見つけやすいです。

転職活動を徹底的にサポートしてもらえる

メリット4つ目は、「転職活動を徹底的にサポートしてもらえる」点です。

直接応募する方法だと、職務経歴書の作成や面接対策、企業とのやり取りなどを全て自分で行う必要があります

特に転職活動が初めての場合は、選考対策に不安を感じる人も多いでしょう。

薬剤師転職サイトを利用すると、転職活動を全面的にサポートしてもらえ、メリットが大きいです。

書類を添削してもらえたり、模擬面接を行ってくれたりする場合もあり、選考通過率アップが望めますよ。

働く待遇の交渉まで代わりにしてくれる

メリット5つ目は、「働く待遇の交渉まで代わりにしてくれる」点です。

転職するとなると、今より良い条件で、この条件は譲れないなど、条件面のこだわりも出てきます。

しかし、今後働いていく職場、共に働くであろう人に対して、給与等シビアな交渉はなかなかしづらいもの。

薬剤師転職サイトを利用すると、条件交渉も任せられるのが嬉しいポイントです。

自分の希望の給与や条件を伝えれば、代わりに企業側との交渉を頑張ってくれますので、年収アップを目指す方はぜひ利用しましょう。

企業との面談にも同行してくれるサービスがある

メリット6つ目は、「企業との面談にも同行してくれるサービスがある」点です。

特に初めての転職活動の方や面接に慣れていない方などは、面談・面接に対し苦手意識がある人もいるはず

転職サイトによっては、面談への同行を行ってくれるところもあるので、利用してみましょう。

面談に同行してもらいたいなら、ファルマスタッフの利用がおすすめです。

企業ごとの採用動向を把握しているため、どんな質問がされるか、どう答えるべきかアドバイスしてくれたり、休暇や給与など聞きづらい条件についてはっきり聞いてくれたりします。

▶︎面接までスタッフが同行してくれる【ファルマスタッフ】に相談してみる

キャリアの相談にのってもらえる

メリット7つ目は、「キャリアの相談にのってもらえる」点です。

薬剤師転職サイトは、まだ転職するかどうか迷っている、どういった職種が向いているのか分からないという人にもおすすめできます

なぜなら、薬剤師の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーに、キャリア相談ができるから。

これまでの経験や現状の悩み、なぜ転職を検討しているかなどを話すと、真摯にアドバイスしてくれます。

キャリアプランの構築を手伝ってくれたり、自分では気づけなかった可能性や強みが見つかったりすることもありますよ。

転職先の内情までリサーチできる

メリット8つ目は、「転職先の内情までリサーチできる」点です。

求人探しにおいては、仕事内容や条件はもちろん、職場の雰囲気や人間関係といった内部事情を重視したいという人も多くいます。

しかしながら、求人を見ているだけでは、なかなか細かい情報は把握しづらいもの

転職サイトのアドバイザーは、職場とのつながりが強く、取材を行っている場合も多く、詳細情報をつかんでいます。

担当者に相談することで、転職先の内情まで事前にリサーチできるのは大きなメリットです。

▶︎転職先の情報提供も手厚い【マイナビ薬剤師に】無料登録してみる

転職活動に割く時間を減らせる

メリット9つ目は、「転職活動に割く時間を減らせる」点です。

自分ひとりで転職活動を行う場合、求人探しや選考対策、企業とのやり取りなどを自ら行う必要があり、時間がかかってしまいます。

薬剤師転職サイトを利用すれば、担当者が企業と求職者の間に入って、求人を紹介してくれたりやり取りを代行してくれたりとサポートしてくれます。

転職活動に割く時間を減らせるため、仕事を続けながらでも転職活動がしやすく、スピード感を持って内定まで進められます。

薬剤師転職サイトの選び方は?

薬剤師転職サイトの選び方は?

薬剤師転職サイトと言っても、多くのサイトが存在しています。

どの転職サイトを選べば良いのか迷う人に向けて、ぴったりの転職サイトを選ぶポイントをまとめます。

①希望の職場環境に合わせて選ぶ
②なるべく求人数が豊富な転職サイトを選ぶ
③面談を受けてみて相性が良かったところを利用する

それぞれ解説していきます。

なお、これから転職サイトの利用を検討している方向けに、おすすめのエージェントを以下の記事で紹介しています

選び方をリサーチするのが面倒な人は以下の記事を参考にしてください

①希望の職場環境に合わせて選ぶ

薬剤師転職サイトでは、サイトごとに強みや持っている求人が異なります

まずは、希望の職場環境に合う強みを持った転職サイトを選ぶことを優先させましょう。

用途別に、転職サイトを選ぶポイントを解説していきます。

派遣やパートで働きたい場合

派遣やパートとして働きたい場合、派遣・パートの求人が多い転職サイトを選びましょう

おすすめは、業界トップクラスの求人数を誇るファルマスタッフです。

コンサルタントの質が高く、求職者の希望を丁寧にヒアリングしたうえで、求人紹介やサポートを行ってくれます。

▶︎派遣・パート求人に強い【ファルマスタッフ】で求人チェックしてみる

調剤薬局への転職を目指す場合は薬局が運営するサイトを選ぶ

調剤薬局への転職を希望する方は、薬局が運営する転職サイトを選ぶのがポイントです。

調剤薬局は薬剤師の転職先として一番多いですが、少人数の職場になるため、人間関係が密になる難しさがあります。

薬局が運営する転職サイトであれば、求人数が比較的多かったり、より職場の内部事情に詳しかったりというメリットがあります

おすすめは、「ファルマスタッフ」と「お仕事ラボ」です。

どちらも親会社が薬局であり、キャリアアップの転職に強みを持っています。

病院への転職を目指すなら、医療業界求人の取り扱いがあるサービスを選ぶ

病院への転職を目指すなら、医療業界求人に強みを持つ転職サイトを選びましょう

医療チームの一員として現場に携わることができ、やりがいも大きい職場です。

業務内容は多岐にわたり、病院によってその内部事情は変わってきます。

医療業界とのパイプが強い転職サイトであれば、職場の人間関係や経営状況などの詳細情報にも精通している可能性が高いです。

病院への転職でおすすめなのは、「ヤクキャリ」です。

医療業界専門のエムスリーキャリアが運営しており、スピーディかつ的確な対応で利用者満足度が非常に高い転職サイトです。

▶︎病院への転職でおすすめ!薬キャリに相談してみる

企業への転職を目指すのであれば、大手のサービスを選ぶ

薬剤師として、製薬会社などの企業へ転職したい場合は、大手人材会社が運営する転職サイトを選ぶと良いでしょう。

薬剤師専門のサービスより、一般企業とのつながりが強く、求人数も多い傾向にあります。

また、企業ごとの内部事情や採用動向も把握しているため、事前のリサーチもしやすいです。

特におすすめなのは、「マイナビ薬剤師」です。

大手マイナビグループが運営しており、豊富な求人と丁寧なサポートが魅力です。

▶︎企業の転職に強い!マイナビ薬剤師で求人チェックしてみる

②なるべく求人数が豊富な転職サイトを選ぶ

薬剤師転職サイトは、求人数が豊富な会社を選ぶのもポイントです。

いくらサポートが充実していたり、役立つコンテンツが利用できたりしても、結局のところ、応募したい求人がなければ転職成功させることはできません。

「年収アップしたい」「派遣として働きたい」など、人によって求める条件は様々。

求人数が多い転職サイトを選ぶことで、希望に合う求人が見つけやすくなります

公開求人数が多いところや、大手のサイトは求人数が豊富な傾向にありますので、チェックしてみましょう

なお、求人数の多さで選ぶなら業界最大級の求人数を誇るファルマスタッフがおすすめです。

③面談を受けてみて相性が良かったところを利用する

面談を受けて、相性が良いと感じた転職サイトを選ぶのも手です。

転職活動において、担当者との相性は重要ですが、利用前の段階では見極めづらいものです。

転職サイトの利用は無料ですので、ひとまず登録して面談をしてみて、比較するのが賢い使い方です。

こちらの話を丁寧に聞いてくれるか、的確に求人を提案してくれるかなどを見て、信頼できる担当者かどうか見極めましょう。

高圧的な態度をとってくる人や、無理強いをしてくるような人であれば、別の転職サイトを使いましょう。

薬剤師転職サイト利用の流れは?

薬剤師転職サイト利用の流れは?

ここからは、薬剤師が転職サイトを利用した際の、内定までの流れを解説します。

事前に流れを確認しておき、スムーズに転職活動を進められるようにしましょう。

まずは無料で申し込む

まずは、転職サイトへの無料登録を済ませましょう

これまでの経歴や希望などを入力するだけで、すぐに登録できます。

希望の職場環境に強みを持つか、求人数が多いかなどを検討し、いくつかの転職サイトに登録してみましょう。

登録が済めば、電話やメールにて初回面談の日程調整を行います。なかなか面談日程が組めないなんてこともありますので、早めに日程調整を行うのがおすすめです。

面談を行う

担当してくれるキャリアアドバイザーとの初回面談を行います

面談では、キャリアの棚卸をしたり、転職先に求める条件を整理したりします。

まだ転職するかどうか、希望条件などが明確でない人も、担当者と相談しながら進められるので安心してくださいね。

事前にこれまでの経験や求める条件を整理しておくとスムーズです。

求人の紹介を受ける

面談でヒアリングした希望条件を元に、幅広い求人の中からあなたに合う求人を紹介してくれます。

面談の中で直接紹介してもらうこともありますし、メール等で随時求人情報を配信してもらえることもあります。

応募したい求人がなければ、改めて希望を確認し、他の求人も見たい旨を伝えると良いです。

紹介された中から無理に決める必要はありませんので、納得いくまで求人を探しましょう

応募日程を調整する

希望に合う求人が見つかったら、いよいよ応募していきます。

不安な人は添削してもらったりアドバイスをしてもらったりしつつ、職務経歴書を作成しましょう。

応募後は、面接の日程調整や面接対策もサポートしてくれます。

「どうアピールすべきか」「どんなことが聞かれるか」など、不安なことは気軽に相談できるので安心です。

面接や見学を行う(同行してもらえる)

いよいよ面接へと進んでいきます。

面接が苦手な方は、模擬面接をしてもらって練習してから臨むのがおすすめです。

また、面接に同行してくれるサービスもあるので、チェックしてみましょう

直接採用担当者と話せる機会ですので、しっかり強みや志望理由をアピールするとともに、条件などで気になるポイントは聞いておくと良いですね。

▶︎面接までスタッフが同行してくれる【ファルマスタッフ】に相談してみる

入社・内定

面接を通過すれば、晴れて内定となります。

転職サイトを利用すると、自分ではしづらい条件交渉や、面倒な入社日の調整等もサポートしてくれますので、最後まで活用していきましょう。

加えて、現職の退職交渉や引継ぎについてのアドバイスまで行ってくれるサービスもあります。

不安なことは相談して、円満に次の職場へ移れるように準備しましょう。

薬剤師転職サイトを利用すべき人は?

薬剤師転職サイトを利用すべき人は?

ここまで、メリット・デメリットなど転職サイトについて広く解説してきました。

結局、どんな人が薬剤師転職サイトを利用すべきなのかまとめていきます。

転職に不安を感じている人

まずは、転職に不安を感じている人です。

薬剤師転職サイトを利用すると、担当アドバイザーが1on1でサポートしてくれます

何かと不安が多い転職活動において、気軽に相談できる相手がいるのは心強いです。

求人探しから選考対策、内定に至るまでトータルでサポートしてくれるので、安心して転職活動が進められます。

働きながら転職活動をしたい人

続いて、働きながら転職活動をしたい人も、薬剤師転職サイトを利用すべきです。

自分ひとりでの転職活動は、求人探しや企業とのやりとりに時間が取られ、思ったように進まないこともあります

薬剤師転職サイトを活用すれば、担当者が全面的にサポートしてくれて効率的。

無駄なことに時間や労力を割かなくて済むため、働きながらでもスムーズに転職活動が進められるでしょう。

プロに相談しながら転職を進めたい人

プロに相談しながら転職を進めたい人も、薬剤師転職サイトを利用するのがおすすめ。

薬剤師の転職を支援してきて、転職事情を熟知したプロにアドバイスしてもらえることは、転職サイトを活用する大きなメリットです

まだ希望条件やキャリアプランが明確でない人も、キャリア相談ができますし、自分では気づけなかった強みや可能性に気づけることもあります。

自分一人で転職先がなかなか見つからない人

最後に、自分一人では転職先がなかなか見つからない人です。

求人掲載サイトやハローワークなどでは、多くの求人情報があり、ぴったりのものを探し出すのは難しいです。

また、どのような仕事が合うか明確でないという人もいるかもしれません。

転職サイトを利用すれば、担当者が希望や経歴に合わせ、求人を提案してくれます。

紹介された中から検討していけば良いので、求人探しが効率的になります。

薬剤師におすすめの転職サイトは?

薬剤師におすすめの転職サイトは?

薬剤師の転職には、転職サイトの利用がおすすめですが、どの転職サイトを使うべきか迷う方もいるでしょう。

ここでは、薬剤師におすすめの転職サイトを厳選して3つ紹介します。

  • ファルマスタッフ
  • マイナビ薬剤師
  • ヤクキャリ

それぞれ紹介していきます。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、薬剤師に選ばれる転職サイトNo,1という評価を受けており、薬剤師の転職支援実績が豊富な転職サイトです。

コンサルタントの質の高さが強みで、業界知識や転職事情を熟知した担当者が、寄り添ってサポートしてくれます。

求人数も43,000件以上と豊富で、正社員だけでなく派遣やパートの求人も多く揃えています。

また、日本調剤薬局のグループ会社であるため、特に調剤薬局の求人が充実しています。

様々な働き方や求人を検討したい人、薬局への転職を希望する人はぜひ登録してみましょう。

▶︎【ファルマスタッフ】に登録して求人をチェックしてみる

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、大手マイナビグループが運営する転職サイトです。

満足度の高い懇切丁寧なサポート体制が魅力で、初めての転職の方にもおすすめです。

薬剤師専門のアドバイザー陣が在籍しており、薬剤師の転職に関する情報提供をしっかり行ってくれますし、交渉力も確かなものを持っています。

総合転職でも大手のマイナビが運営しているため、製薬会社など企業の求人に強いのが特徴です。

転職活動に不安がある人や初めての転職の人、薬剤師として企業で働きたい人は、マイナビ薬剤師に相談してみましょう。

▶︎企業の転職に強い!マイナビ薬剤師で求人チェックしてみる

ヤクキャリ

ヤクキャリは、医療業界専門のエムスリーグループが運営する転職サイトで、特に病院への転職を目指す方に向いています。

他では見つけづらい非公開求人が豊富な点も特徴的で、好条件の求人が多いため、年収アップを狙えます。

コンサルタント満足度が95%と高く、優秀なコンサルタントが、あなたの希望に合わせて求人を提案してくれます。

面倒な企業とのやり取りなども任せられるので、効率的に転職活動が進められますよ。

▶︎病院への転職でおすすめ!薬キャリに相談してみる

まとめ

薬剤師の転職ならば、転職サイトを活用するのがおすすめです。

転職サイトには、確かにデメリットもありますが、それ以上に多くのメリットがあります。

薬剤師の転職に詳しいプロが、手厚くサポートしてくれるので、効率的かつ安心して転職活動が進められますよ。

利用は無料なので、まずは気になったサービスに登録して、今の悩みや希望を相談してみましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました