電子カルテのリースとは?購入とどっちがお得?メリットも解説

電子カルテのリース・購入

※本ページにはプロモーションが含まれています

電子カルテのリースを検討しているけど、購入するのとどっちがお得?

電子カルテをリースするメリット・デメリットが知りたい

このようにお悩みではないでしょうか。

電子カルテは非常に高額な製品であるため、初期費用がデメリットになる可能性が高いです。

その点、リースした場合には大幅に初期コストを抑えて導入することができることが魅力と言えます。

今回の記事では、電子カルテのリースについて解説していきます。

これから電子カルテの導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人
レセコン編集部

レセコン・電子カルテに特化した編集チーム。
レセコン・電子カルテのことなら何でもご相談ください。

レセコン・電子カルテのご相談は無料のコンシェルジュへ!

レセコン・電子カルテの専門知識を持ったコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

専門知識が無くても、手間を掛けずに最短でレセコン・電子カルテを見つけることが出来ます

非公開となっている情報や相場などもご相談いただけますので、まずはお気軽お問い合わせください。

補助金を利用した導入サポートも行っております

目次

電子カルテのリースとは?

そもそも、リースプランとはどのようなものなのでしょうか。

ここでは、リースの概要や購入との違いについて詳しく解説していきます。

リースの概要

リースとは、リース会社が購入した電子カルテを利用者が借りる形式の契約形態です。

利用者は毎月一定の金額をリース会社へ支払うことで、電子カルテを利用することができます。

メリットについては後述しますが、初期費用や税金対策面で魅力のあるプランです。

レセコン編集部

リースでは初期費用を抑えて電子カルテを導入することができますが、
デメリットもあるため事前に確認しておくことが大切です。

電子カルテをリースする場合の価格・費用

電子カルテをリースで利用する場合の価格・費用は、おおよそ月額2~4万円程度になります。

購入する場合には300万円前後掛かる電子カルテですが、月額制でコストを抑えて導入することができるため、費用面でメリットがあります。

レセコン編集部

なるべくコストを抑えて導入したい方におすすめ!

購入との違い

リースと購入する場合の大きな違いは”所有権”にあります。

リースした場合、リース期間が終了すれば最終的にはシステムをリース会社へ返還する必要があります。

継続して利用する場合には再契約が必要となるため、あくまでもリース会社が所有しているものを借りる形式になります。

それに対し、購入した場合には所有権は自分のものになるため、契約などは不要です。

初期費用は掛かるものの、ランニングコストを抑えられるのが購入のメリットと言えるでしょう。

レセコン編集部

返還義務があるため、所有権が欲しい人は購入の方がおすすめ!

レセコン・電子カルテのご相談は無料のコンシェルジュへ!

レセコン・電子カルテの専門知識を持ったコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

専門知識が無くても、手間を掛けずに最短でレセコン・電子カルテを見つけることが出来ます

非公開となっている情報や相場などもご相談いただけますので、まずはお気軽お問い合わせください。

補助金を利用した導入サポートも行っております

リースと購入はどっちがお得なのか?

リースと購入はどちらがお得なのかについては、結論として一概にどっちが良いとは言えません。

状況によってリースを利用すべき人と購入した方が良い人は異なるため、事前にそれぞれの特徴について押さえておくのが良いでしょう。

そのため、以下ではリースと購入、それぞれに適している人の特徴を解説します。

レセコン編集部

どちらが良いかは一言で言えないため、以下の特徴と照らし合わせてどっちにすべきか検討してみてください。

電子カルテのリースが向いている医院様の特徴

ここからは、リースが向いている人の特徴について詳しく解説します。

初期費用を掛けたくない

まず、リースに向いている人の特徴として挙げられるのは、初期費用を掛けたくない人です。

リースを利用する最大のメリットは、やはり初期コストを安く抑えられることにあります。

そのため、これから開業される医師の方で、初期コストを掛けたくないようなケースではリースの方がおすすめと言えるでしょう。

ただし、リースプランはトータルで見れば高額になるリスクもありますので、契約前にプラン概要を確認しておくのがおすすめです。

レセコン編集部

コストを抑えて導入したいなら、リースがおすすめ!

税金対策を行いたい

また、税金対策を行いたい方もリースプランの利用がおすすめです。

リースを利用した場合、毎月のリース料金を経費として計上することが可能です。

そのため、税金面でメリットがあるのもリースの特徴と言えます。

経費計上を行いつつ、税金の対策を行いたい方はリースプランの利用も検討してみましょう。

レセコン編集部

リース料を経費計上していきたい方は、リースがおすすめ!

最新の機器を導入したい

このほかに、最新機器の電子カルテを利用し続けたい方は、リースプランの利用がおすすめです。

リースは、基本的に5~7年程度の契約になることが多いですが、契約満了後に再契約することになれば、その都度最新の機器と契約することができます。

そのため、一定のスパンで最新の機器へ切り替えたいとお考えの方にもリースがおすすめと言えるでしょう。

レセコン・電子カルテのご相談は無料のコンシェルジュへ!

レセコン・電子カルテの専門知識を持ったコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

専門知識が無くても、手間を掛けずに最短でレセコン・電子カルテを見つけることが出来ます

非公開となっている情報や相場などもご相談いただけますので、まずはお気軽お問い合わせください。

補助金を利用した導入サポートも行っております

電子カルテの購入に向いている医院様の特徴

続いて、購入に向いている方の特徴について解説します。

所有権が欲しい方

まず、電子カルテの所有権が欲しい方は、購入の方が向いていると言えるでしょう。

リースプランを利用した場合、最終的には製品を返却しなければなりません。

その点、購入した場合は返却義務などもなく、永続的に使い続けることができます。

そのため、所有権が欲しいかどうかでどちらにすべきか検討するのも選択肢の一つです。

ランニングコストを掛けたくない方

また、なるべくランニングコストを掛けたくない方は、購入の方がおすすめです。

リースした場合、毎月一定のリース料を数年かけて支払い続けなければなりません。

それに対し、購入した場合には最初に多額のコストが掛かるものの、その後は最低限の保守費用のみで済みます。

こうしたことから、月額費用に対する考え方でどちらにするか検討してみるのもおすすめです。

レセコン・電子カルテのご相談は無料のコンシェルジュへ!

レセコン・電子カルテの専門知識を持ったコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

専門知識が無くても、手間を掛けずに最短でレセコン・電子カルテを見つけることが出来ます

非公開となっている情報や相場などもご相談いただけますので、まずはお気軽お問い合わせください。

補助金を利用した導入サポートも行っております

電子カルテのリースプランを利用する際の注意点

電子カルテのリースプランを利用する場合、いくつかのポイントに注意しなければなりません。

ここからは、リースプランの注意点について解説していきます。

審査に通らない可能性がある

まず、リースプランを利用する場合には、最初にリース会社による審査が行われます。

しかし、その審査は確実に通るというわけではなく、場合によっては審査落ちしてしまう可能性もあるのです。

審査ではどのようなことをチェックするのか公開されていませんが、一般的には利用者の支払い能力や過去の滞納履歴などが査定されると言われています。

そのため、場合によってはリースをそもそも利用できない可能性があること注意しておきましょう。

トータルコストで損をする可能性がある

リースプランは初期費用こそ少額に抑えられるものの、総合的に見ればコストが増えてしまう可能性もあります。

例えば、一括購入で300万円の製品をリースした場合、最終的には350万円掛かってしまうこともあります。

そのため、初期費用だけではなく、トータルコストでどちらがお得なのかについて把握しておくことが大切でしょう。

なお、当サービスではリースプランの提案も行っておりますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

途中解約ができない

リースを利用する際に最も気をつけなければならないこととして、途中解約のリスクが挙げられます。

リース契約は5~7年程度で行われることが多いですが、基本的にはその期間の間は解約することができません。

もし契約期間中に解約してしまうと、多額の違約金が発生するリスクがあります。

そのため、長期での契約期間の間に解約する場合がない場合のみ、利用するのがおすすめです。

レセコン・電子カルテのご相談は無料のコンシェルジュへ!

レセコン・電子カルテの専門知識を持ったコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

専門知識が無くても、手間を掛けずに最短でレセコン・電子カルテを見つけることが出来ます

非公開となっている情報や相場などもご相談いただけますので、まずはお気軽お問い合わせください。

補助金を利用した導入サポートも行っております

リース以外で初期費用を抑える方法は?

ここまで、リースプランのメリットや注意点について解説しましたが、解約リスクなどもあるため、

リース以外でコストを抑えて導入する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、具体的な方法をご紹介します。

補助金を活用する

まず、補助金を活用して電子カルテを導入する方法です。

電子カルテを利用する際、補助金が適用されれば導入コストの一部をカットすることができます。

IT導入補助金などであれば、最大3/4もの費用を負担してもらえる可能性もあるため、こうした補助金についても検討してみましょう。

当サイトにおいても、補助金を利用した導入サポートを行っておりますので、気になる方は無料カウンセリングへお申し込みください。

なお、電子カルテやレセコンに利用できる補助金については以下の記事でも詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください。

あわせて読みたい
電子カルテ・レセコンは補助金の活用がおすすめ|IT導入補助金を解説 レセコンを導入したいけど、どの補助金が利用できる? 補助金を活用して導入できるレセコンメーカーって? このようにお悩みではないでしょうか。 レセコンを導入する場...

月額制(サブスク型)のプランを利用する

また、月額制でプランが用意されているサービスを活用する方法もあります。

月額プランが用意されているサービスを活用することで、リースと同じく2~4万円程度で導入することが可能です。

クラウド型の電子カルテなどでは月額プランのものも多いため、クラウド型のサービスの導入も検討してみましょう。

なお、クラウド型の電子カルテについては以下の記事でも詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください。

あわせて読みたい
クラウド型電子カルテランキング|おすすめ8選を比較! クラウド型の電子カルテを導入したい クラウド型の電子カルテでおすすめのサービスは? クラウド型電子カルテのメリット・デメリットは? このようにお悩みではないでし...
レセコン・電子カルテのご相談は無料のコンシェルジュへ!

レセコン・電子カルテの専門知識を持ったコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

専門知識が無くても、手間を掛けずに最短でレセコン・電子カルテを見つけることが出来ます

非公開となっている情報や相場などもご相談いただけますので、まずはお気軽お問い合わせください。

補助金を利用した導入サポートも行っております

電子カルテのリースならサービス比較.comへ!

これから電子カルテのリースプランを検討している方は、サービス比較.comへご相談ください。

サービス比較.comでは、

・リースプランを活用した電子カルテの導入
・最適な電子カルテ選びのサポート
・電子カルテ業者への一括資料請求

などを行っております。

これから電子カルテの導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

レセコン・電子カルテのご相談は無料のコンシェルジュへ!

レセコン・電子カルテの専門知識を持ったコンシェルジュが、ご要望に合わせて最適なサービスを紹介させていただきます

専門知識が無くても、手間を掛けずに最短でレセコン・電子カルテを見つけることが出来ます

非公開となっている情報や相場などもご相談いただけますので、まずはお気軽お問い合わせください。

補助金を利用した導入サポートも行っております

The following two tabs change content below.
日々POSレジに関する情報を発信し、POSレジ導入の支援を行っています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次