会社を辞めてもなんとかなるってほんと?理由・対策などを徹底解説!

会社辞めてもなんとかなる 退職

「会社辞めてもなんとかなる?」

「毎日会社に行くのが憂鬱すぎる」

「会社を辞めた後のことが怖い」

このような悩みを抱えている方が多いと思います。

そのような方のために、「会社を辞めてもなんとかなるのか?」という疑問を解決できるように、対策方法・デメリットなど詳しく解説していきます。

この記事を読めば分かること。

  • 会社を辞める時の対策方法
  • 会社を辞めてもなんとかなる理由
  • 会社を辞めるデメリット
  • 会社を辞めた後の選択肢

会社を辞めてもなんとかなるためにはしっかり対策しよう

会社を辞めてもなんとかなるためにはしっかり対策しよう

会社を辞めてもなんとかなるためには、以下の5つの対策をしっかりしましょう。

  • 自己分析を徹底する
  • キャリア診断アプリを活用する
  • キャリアコーチングを受ける
  • 転職先をしっかりリサーチしよう
  • すぐにでも辞めたい方へ

それぞれ見ていきましょう。

自己分析を徹底する

会社を辞める前に、自己分析を徹底して自分に合う業種を知ることが重要です。

自己分析をしっかりとしないと「転職先の仕事が合わない」「転職前の会社の方が良かった」などの事態になってしまう可能性があります。

自己分析のコツは、自分が過去継続できたこと・頑張っていたことを深く掘り下げることです。

「なぜ頑張ってきたのか・なぜ継続できたのか」など理由を掘り下げることで、自分が向いてる職種・仕事選びの軸が見えてくるでしょう。

「自己分析をするのが難しい」という方は、以下で解説しているキャリア診断アプリを活用することも1つの選択肢です。

キャリア診断アプリを活用する

「自己分析をしたけれど適性が自分が向いてる仕事がわからない」という方は、キャリア診断アプリを使うことをおすすめします。

「VIEW」のようなキャリア診断アプリは、AIによる簡単な質問で自分の適性を分析してくれます。

3分で診断ができる上、自分が向いてる職種だけでなく企業も表示してくれます。

無料で診断することが可能なので、スキマ時間に診断してみることをおすすめします。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

キャリアコーチングを受ける

「キャリア診断アプリを使ってみたけど、自分の将来設計が明確にできていない」という方は、キャリアコーチングを受けることをおすすめします。

キャリアコーチングは、プロの方が独自のカリキュラムに沿ってキャリア設計を一緒にしてくれます。

そのため、「せっかく転職したのに前いた会社と状況が変わらない」という問題になる可能性も低いでしょう。

カウンセリングは初回無料で受けることができるため、まずはお気軽に相談申し込みをしてみることをおすすめします。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】

転職先をしっかりリサーチしよう

会社を辞める前に転職先をリサーチしておきましょう。

今すぐ会社を退職する勇気が出ない場合でも、転職先を見つけておくことで、不安が解消できるでしょう。

転職先のリサーチは「リクルートエージェント」を活用することをおすすめします。

面接対策・非公開情報の共有など、手厚くサポートをしてくれるため、働きながらするのは難しい転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

業界トップの求人数を持っており、全国展開しているため地方の方でも、自分に合う会社を見つけることができます。

登録も10分程度で済み、完全無料で利用することができるため、まずはお気軽に登録してみることをおすすめします。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

すぐにでも辞めたい方へ

「もう辞めれるならこの瞬間にでも会社を辞めたい」という方は、退職代行サービスを活用することをおすすめします。

退職代行サービスは、申し込んだその日から会社へ行く必要がなくなるため、今この瞬間に会社を退職することもできるでしょう。

退職代行サービスは「弁護士法人みやび」がおすすめです。

みやびをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 会社と法的なトラブルに発展した場合でも対応してくれる
  • 会社との退職の手続きを全て代わりに行ってくれるため、自分で退職を告げる必要がない
  • 申し込んだその日から会社に行かなくていい

「退職を告げてから職場で気まずい思いをするのが嫌だ」という方は、ぜひ利用することをおすすめします。

無料で相談に乗ってくれるため、まずはお気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

会社を辞めてもなんとかなる理由

「本当に会社を辞めてもなんとかなる?」と考える方も多いと思います。

そのような方のために、会社を辞めてもなんとかなる理由を以下3つ紹介いたします。

  • 失業保険がでる
  • 稼ぎ方はいくらでもある
  • 就労・復職支援を受けることができる

それぞれ見ていきましょう。

失業保険がでる

転職先を決めずに会社を辞めた場合、失業手当がもらえます。

そのため、会社を辞めて一時的に収入がゼロになってしまってもなんとかなります。

失業手当の給付額は、退職前の給料にもよりますが、給料の45%〜80%もらう事ができるため問題なく生活することができるでしょう。

注意点として、自主都合退職の場合1週間の待機期間の後、3ヶ月後に給付されるため3ヶ月分の生活費は用意しておく必要があります。

稼ぎ方はいくらでもある

昔に比べ、フリーランス・非正規雇用者の数は増加しており、正社員以外でも稼ぐことができるようになりました。

その背景には、インターネットが普及したことで、日雇いの仕事を探せるようになった・一般人と企業で直接契約を結びやすくなったなどがあります。

そのため、昔のように「正社員で働いていない人は全員フリーター扱い」というわけではなく、自分に合った仕事・働き方を選べる時代に変化しています。

仮に、転職して年収が下がってしまっても「副業などを始める・土日に日雇いバイトに行く」などして収入を補うこともできるでしょう。

就労支援を受けることができる

就労支援とは、失業した時に金銭的支援を受けながら「職業訓練校」に通うことができる制度です。

自分がやりたい仕事が全くの未経験の分野でも、その仕事に就くためのスキル・資格を無料で学習でき、就職支援もしてくれます。

そのため、仕事を辞めてからキャリアアップも狙うことができるため、努力すれば今よりも年収が上がる可能性が高いです。

会社を辞めるデメリットとは?

会社を辞めるデメリットは以下の3つです。

  • 大手企業への転職が難しくなる
  • 退職金が少なくなる
  • 無職になる

それぞれ見ていきましょう。

大手企業への転職が難しくなる

大手の企業の採用基準は「新卒で学歴が高い人・キャリアがあり即戦力として活躍できる優秀な人」などが基準なため、転職で大手企業に採用されるのはかなり難しいです。

大手の企業は、福利厚生がいいところが多く給料も高いイメージですが、その分上下関係が厳しかったりサービス残業が当たり前の企業も多いです。

大手の企業じゃなくても、自分の成果が認められ多額の給料を払ってくれる会社や定時通りに帰宅させてくれる会社も多数存在するため、そこまで気にする必要はないでしょう。

退職金が少なくなる

会社を辞めると、勤続年数が少なくなってしまうため退職金が減ってしまいます。

しかし、今の時代転職する人が多い世の中なので、退職金制度がない企業も2割ほど存在しています。

そのため、自分が転職して退職金を貰えなくても、他の企業で新卒から定年まで勤めて退職金を貰えない人もいるため特に気にする必要はないでしょう。

転職前の企業が退職金制度がある会社だとしても、副業などで収入を補うことで退職金以上のお金になる可能性もあります。

無職になる

会社を辞めると無職になってしまいます。

無職になると、親族や周りの友人から白い目で見られることもあります。

しかし、本当に今の自分の状況を理解してくれる方は、応援してくれるはずなので気にする必要はないでしょう。

また、収入がゼロになり不安な気持ちから、転職活動を焦ってしまう場合もあります。

焦って転職活動をしてしまうと「前の会社の方が良かった」と後悔する可能性があるので、しっかりと自分がやりたいことを考えて焦らず転職活動する事が大事でしょう。

会社を辞めてもなんとかなる3つの選択肢

会社を辞めてもなんとかなる選択肢は3つあります。

  • 失業保険を貰いながらゆっくり休む
  • フリーランスで生きていく
  • 転職活動をする

それぞれ見ていきましょう。

失業保険を貰いながらゆっくり休む

失業手当を受け取りながらゆっくり休むのも選択肢の1つです。

失業手当を申請すると、90日〜360日間は前の会社の給料の50%〜80%受け取る事ができます。

失業手当の給付金と自分の貯金を合わせると、いきなり生活できなくて苦労する心配もないため、自分のやりたいことについてゆっくり考えることができます。

仕事で毎日忙しい生活の中では、自分と向き合う時間もなかなか取れないため、この機会に今後の人生についてゆっくり考えるといいでしょう。

フリーランスで生きていく

フリーランスとして生活するのも1つの選択肢です。

フリーランスと正社員の違いは以下の3つです。

  • 自分で一緒に仕事をする人を選ぶことができる
  • 働く時間を自分の裁量で調整できる
  • 職種によっては働く場所を自由に決めることができる

このような違いがあります。

会社での人間関係・決められた業務・転勤などにうんざりな方は、1度挑戦してみるのも選択肢の1つでしょう。

副業の知識・スキルが全くないという方は、各種スキルを学ぶことができるスクールに通うことで、未経験からでも活躍することができるでしょう。

転職活動をする

転職活動を始めるのも1つの選択肢です。

会社を辞める前に次の転職先を見つけておけば、自信を持って仕事を辞める事ができます。

「失業手当と貯金だけで生活できるか不安だ」という方は、転職先を見つけてから仕事を退職することをおすすめします。

少しでも心に余裕があるなら、上記で解説している対策方法などを活用して転職活動をしておきましょう。

会社を辞める前に絶対にするべきこと

会社を辞める前に絶対にするべきことは以下の3つです。

  • 家族とよく話し合う
  • 失業手当を貰えるか確認する
  • 貯金と生活費を計算して行動計画を立てる

それぞれ見ていきましょう。

家族とよく話し合う

会社を辞める前に家族とよく話し合う事が重要です。

自分は「会社を辞めてもなんとかなる」と考えていても家族からすると、どうしても不安な気持ちはあるでしょう。

家族に相談もせず辞めてしまうと「なぜ辞める前に相談してくれなかったのか」など、後からトラブルに発展する可能性もあります。

会社を辞めてからの人生設計・会社を辞める理由などを、明確に家族に伝えることが重要です。

仕事が原因で、家庭崩壊などしてしまう事例も少なくないため、事前に相談してから決断するようにしましょう。

失業手当を貰えるか確認する

会社を辞める前に、失業手当を受け取ることができるのか確認することが重要です。

会社を辞めて失業手当が貰えない場合、収入がゼロになってしまうため生活に関わるでしょう。

失業手当を受け取れる条件は以下の3つです。

  • ハローワークでの求職者登録
  • 離職する前の2年間に雇用保険の被保険者期間が合計12ヶ月あること
  • 自主都合退職の場合、1週間の待機期間の後、3ヶ月後から給付される

「自分が受け取れるか不安だ」という方は、お近くのハローワークで直接聞くと、いつから受け取れるのか・自分は対象者か確認する事ができます。

貯金と生活費を計算して行動計画を立てる

会社を辞める前に、今後の行動計画を綿密に立てる必要があります。

行動計画を立てるコツは以下の3つです。

  • 退職後に必要な手続きなどは14日以内に全て済ませる
  • 貯金と生活費を計算していつまでに転職先を決めないといけないか日にちまで細かく決める
  • リフレッシュ期間と転職活動期間のメリハリをつける

このように行動計画を立てることによって、自分が毎日どのように行動していけばいいのか明確になります。

行動計画を立てないと、怠け癖や生活費が底をつくなど取り返しがつかない状況になってしまう可能性があります。

そのため、会社を辞める前にまず行動計画を練ることからスタートしましょう。

会社を辞めてもなんとかなるという心構えを持とう

会社を辞めてもなんとかなるという心構えを持つことは重要です。

持つべき心構えは以下の3つです。

  • 人生は会社で左右されるわけではない
  • 今の会社を辞めても他の企業は無数にある
  • 危険信号に気をつけよう

それぞれ見ていきましょう。

人生は会社で左右されるわけではない

人生は会社によって左右されるわけではありません。

「今の会社を辞めたら人生終わる」「今の会社以外だとやっていけない」このような考えを持っている方は、会社を辞めてもなんとかなるという心構えを持ちましょう。

「今の会社を辞めたら終わりだ」という考え方は、自分のことを追い込みさらに辛い状況になっていくでしょう。

今の会社を辞めても、自分の価値は下がることはありません。

人生は自分次第で変える事ができるため、会社を辞めてもなんとかなります。

今の会社を辞めても他の企業は無数にある

「今の会社を辞めて他に雇ってくれるとこがあるのだろうか」と不安に思う方も多いと思います。

しかし、日本の企業はおよそ400万社あり、従業員は約4000万人もいます。

そのため、今の会社を辞めても自分のことを雇ってくれる企業は存在し、「転職先の企業の方が自分に向いている」などの可能性もあります。

雇ってくれる会社はたくさんあるから、「会社を辞めてもなんとかなる」という心構えを持ちましょう。

危険信号に気をつけよう

「会社のことを考えると憂鬱な気持ちになる・朝電車に乗ると吐き気がする」このような症状がある方は、危険信号の可能性があります。

危険信号とは、身体・心が「今の状況のままだと危険だ」と教えてくれる信号のことです。

この危険信号を無視してしまうと、完治することがなかなか難しいうつ病・適応障害などの心の病気になってしまう可能性があります。

「自分はまだ大丈夫」と考えず、危険信号を感じたら1度病院で診てもらうことをおすすめします。

まとめ

今回は「会社辞めてもなんとかなる?」というテーマについて解説しました。

「会社を辞めてもなんとかなる」と心構えを持つことは重要ですが、対策などをせずに辞めてしまうと、状況が悪化する可能性があります。

そのため、この記事の対策方法などを参考にして、計画的に会社を辞める必要があるでしょう。

この記事を最後まで読んでいただいた方が、今の状況をより良い方向に改善できることを願っています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました