教師からの転職は公務員も選択肢?おすすめの転職先を元教師が紹介!

教師 転職 公務員 教師

教師から転職したい。

教師から転職するとき、公務員になる人もいるって本当?

そのようなことをお考えではないでしょうか。

僕(https://twitter.com/kakeru5151)は教師から転職を経験し、現在ではWEBライターになっています。

そのため、教師のお仕事をしていて辛いと感じている方の気持ちがよく分かるのです。

今回の記事では、

  • 教師から転職するのにおすすめの職業
  • 教師から他の仕事に転職してよかったこと
  • おすすめの転職エージェント

について詳しく解説していきます。

これから教師を辞めて他の仕事へ転職したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

教師から転職するとき、おすすめの職業は?

早速ですが、教師から転職する際におすすめの職業についてみていきましょう。

以下ではおすすめの仕事と、その理由について詳しく解説していきます。

これから教師を転職しようとされている方は、ぜひ参考にしてみてください。

市役所や県庁などの公務員

まずおすすめするのは、県庁職員や大学職員、市役所といった公務員職です。

公務員であれば公務員試験を受験して合格すれば就職することができ、教員採用試験を突破した勉強が得意な教師の方にもおすすめの業種です。

また、基本的にプライベートの時間も確保しやすく、教員時代よりも時間に余裕ができるでしょう。

ただし、もちろん公務員試験を受験しなければ就職することはできません。

一度厳しい教員採用試験を突破した教師の方が、もう一度公務員の勉強をし直すのは大変な努力が必要でしょう。

仕事を続けながら受け直すのが難しいのであれば、退職してから勉強期間を設けるのも一つの選択肢です。

予備校に通うなど、自分の状況に合わせて対策すると良いでしょう。

塾講師などの教育系のお仕事

教師の転職先として、塾講師などもおすすめです。

特に転職しても子供と関わりたいという方にはメリットがあるでしょう。

教師となる人の中には子供と接していたいという方も多いはず。

子供との関わりは切り捨てたくないけど、教師のブラックな環境から抜け出したいという方は予備校や塾などが向いています。

ただし、公的な機関である学校とは異なり、予備校などは民間企業です。

そのため、生徒の成績を上げるための専門的な授業を行う必要があったり、結果が求められるでしょう。

また、生徒の人気次第で収入アップにつながる可能性もありますが、その反面結果がでないと給料も下がってしまう場合もあります。

成果が求められるシビアな世界なので、その点を注意しておくようにしましょう。

IT関連の仕事

このほかにおすすめなのは、IT関連のお仕事です。

プログラミングなどのT系のお仕事は今後の需要も高く、年収アップする可能性もあります。

また、対人関係が苦手な方にも向いており、黙々とパソコンに向かって作業がしたい方にはおすすめの仕事と言えるでしょう。

ただし、当然専門性を求められることになります。

転職活動を始める前に、どこかのスクールに一定期間通い、技術を身につける必要があるでしょう。

もし、これからプログラミングスクールに通うのであれば、SkillHacks(スキルハックス)がおすすめです。

スキルハックスがおすすめの理由
  • 完全オンラインで、忙しい方もいつでもどこでも学習できる
  • 一度受講すれば、永久に講義を見続けることができる
  • 最短最速でプログラミングスキルを身につけることができる
  • 業界でも非常にお得な価格で受講することができる

プログラミングスクールは非常に多いですが、特におすすめのスクールとなっています。気になる方は、ぜひ受講してみてください。

プログラミング学習なら、スキルハックス!

実際に転職してみた体験談

私は教師からWEBライターに転職しました。

実はライターになる前は会社員に転職しており、実際には2回転職していることになります。

転職してみて、感じることは以下の通りです。

教師から転職してみて思うこと
  • 意外と転職は簡単にできる
  • 対人関係に悩まなくなる
  • プライベートの時間が確保できる
  • 求められるスキルが全く違う
  • 自分の可能性に気づくことができる

私は転職してみて、本当によかったと考えています。

というのも、対人スキルが本当に低かったからです。

教師というお仕事は、様々な部分で人と関わらなければなりません。

そのため、繊細な方や優しすぎる人には不向きです。

しかし、そういった方も他の仕事に転職すれば輝く可能性があります。

例えば、私がそうでしたが、対人は苦手ですがパソコンに向かう業務は得意です。

そのため、ライターという仕事は非常に適した仕事でした。

このように、転職してみなければ分からないこともあるんです。

転職することで、自分の新たな可能性に気が付けるかもしれませんね。

これから転職するなら、転職エージェントを利用しよう

もし、これから転職することをお考えなのであれば、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントを利用するメリットは以下の通りです。

転職エージェントを活用するメリット
  • 教師の仕事をしながら、仕事を探すことができる
  • 知らない業種のことも専門のコンサルタントに教えてもらえる
  • 無料で相談に乗ってもらえる

特に、マイナビエージェントは求人数も多く専任のコンサルタントが丁寧に面談してくれますので、ぜひ利用してみてください。

まとめ

今回は、教師におすすめの転職先について解説しました。

教師は本当に大変な職業です。

日々の業務が辛くて辞めたい方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

私もそうでしたが、人には向いている仕事と向いていない仕事があります。

転職することで、自分も気がつかなかった可能性に気が付けるかもしれません。

今回の記事を参考にして、ぜひ転職するかどうかについて考えてみてください。

The following two tabs change content below.
カケル

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました