GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースの概要は?

インフラコースの概要 IT転職

今回は、GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースの概要について解説していきます。

この記事で分かること
  • GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースの年齢制限
  • GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースの通学場所
  • GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースの研修期間
  • GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースの受講形式
  • GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースの学習内容
  • GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースに向いている人

それぞれについて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースについて解説します

GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコース概要

インフラコース
年齢制限18〜28歳
通学場所東京 九段下
東京 四ツ谷
※オンラインも可能
研修期間3週間〜3ヶ月
受講形式個別学習
学習する内容サーバ
クラウド
ネットワーク
データベース

GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースの年齢制限

GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースでは年齢制限が設定されています。公式サイトによれば、基本的に20代までが受講できると表記されています。

その為、年齢制限については、18〜28歳の方であれば受講することが可能です。高校生については受講することができませんので、事前に注意するようにしましょう。

ただし、職歴によっては30歳以上の方でも受講可能になる場合があるようです。一度無料相談会でお尋ねになってみてはいかがでしょうか。

18〜28歳の年齢制限がある

GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースの通学場所

GEEKJOB(ギークジョブ)の通学場所ですが、東京では2拠点あります。一つは九段下キャンプ、もう一つは四ツ谷キャンプです。

どちらも駅から歩いて行けるため、徒歩で通学する分には問題ないでしょう。ただし、2021年現在では新型コロナウイルスへの対応のため、オンラインで受講する体制が整っています。

通学しなくても学習することができるため、安心してください。

東京九段下・四ツ谷キャンプ(オンラインで受講可能)

GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースの受講形式

GEEKJOB(ギークジョブ)では学習形式が個別学習になっています。他のスクールでは集団学習の場所もあり、学校のような雰囲気で学習を進めている場所もありますが、そういった形式ではありません。

基本的にはオンラインテキストや動画を自分で学習し、課題を進めます。そして疑問点や躓いたポイントがあれば講師に質問する形式になっています。

オンライン上でチャット質問も行えるため、土日や自分の都合が良い時間に質問することが可能です。

個別学習(オンラインチャットで質問可能)

GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースの研修期間

続いて研修期間です。GEEKJOB(ギークジョブ)では3週間〜3ヶ月程度の研修期間が設定されています。

個別学習となっており、丁寧な対応を行ってもらえます。3週間から3ヶ月と期間に幅があるのは、人によって状況が異なるからです。

例えば、社会人の方であまり無職期間を長引かせたくない場合には、できるだけ短期間で学習したい方もいらっしゃると思います。そういったケースでは早めに就職する為にサポートしてくれるのです。

ただ、ほとんどの場合では3ヶ月ほどしっかりと学習するようです。自分のペースで学習を進めることができるため、スキルを定着させることができるでしょう。

3週間〜3ヶ月程度

GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースの学習内容

GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースでは、学習者が初心者であることが前提でカリキュラムが構成されています。そのため、基礎中の基礎であるネットワークやサーバ、データベースなどの内容を学習します。

インフラエンジニアに関するスキルを学習しながら、ネットワークを実際に構築する学習もあります。例えばWebサーバに加えてネットワークまで自ら構築するような実践的な内容の学習も用意されているのです。

転職した後に必要となるスキルを踏まえてカリキュラムが組まれているため、仕事上必要になる能力を効果的に学習できるでしょう。

インフラエンジニアとして必要なスキルを学習できる

GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースに向いている人

GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースに向いているのは、以下の通りです。

  • 早く転職したい人
  • 無料で受講したい人
  • 充実した転職サポートを受けたい人

とにかく早く転職したい方や、充実した転職支援を受けたい方にはおすすめのプランと言えるでしょう。やはり、転職面のサービスが充実しているのは非常に魅力的と言えます。

また、無料で受講できるため、コストをあまり掛けたくない人にもおすすめと言えます。一度退職してじっくり学習しようという方であれば、あまりお金をかけたくないという方も多いでしょう。そのような方でもお金をかけずに学習できるため、心強いサービスであると言えます。

GEEKJOB(ギークジョブ)インフラコースの特徴は?

GEEKJOB(ギークジョブ)インフラコースの特徴は以下の通りです。

GEEKJOB(ギークジョブ)インフラコースの特徴
  • 最先端技術まで学習することができる
  • 柔軟なカリキュラム

最先端技術まで学習することができる

GEEKJOB(ギークジョブ)インフラコースでは、インフラエンジニアに関する最先端技術までしっかりと学習することができます。例えば、Amazon Web Service(AWS)やMicrosoft Azureなどの最新技術や「クラウド」の概念を理解できるように学ぶことが可能です。

学習前にこれらの言葉を聞いても何を言っているのか全く分からないと思いますが、カリキュラムを通じて学習を進めることにより、インフラに関するスキルを習得していくことができます。

GEEKJOB(ギークジョブ)自体が転職することを重点的にサポートしていくプログラミングスクールであるため、実践に出ても困ることがないインフラの技術を学ぶことができるのは利用者にとって心強いと言えるでしょう。

クラウドまでしっかりと教わりたいという方にはおすすめです。

柔軟なカリキュラム

GEEKJOB(ギークジョブ)では集団による講義ではなく、個人での受講となります。多数の人と一緒に受ける講義式であれば、他の受講生と同時にカリキュラムを進めていく必要がありますが、個人による受講ですので柔軟に進められることは大きなメリットと言えるでしょう。

最短では1ヶ月ほどで転職することもできますが、じっくりと3ヶ月ほどかけて転職することも可能です。各々の都合に応じて学習を進められるので、取り組みやすい内容になっているのが魅力と言えます。

GEEKJOB(ギークジョブ)インフラコースのメリットは?

上記では、GEEKJOB(ギークジョブ)インフラコースの概要について解説しましたが、実際に利用する際にはどのようなメリットがあるのでしょうか。その内容としては以下のようなことが挙げられるでしょう。

GEEKJOB(ギークジョブ)インフラコースのメリット
  • 無料で受講できる
  • 最短1ヶ月で転職できる
  • オンライン上で完結できる

無料で受講できる

まず、GEEKJOB(ギークジョブ)を利用する最大のメリットは無料で受講できるコースがあることでしょう。GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコース(スピード転職コース)は条件を満たすことによって無料で受講することが可能です。

通常、プログラミングスクールといえば高額な料金が発生するためになかなか受講をできずに困ってしまうケースもあるでしょう。

しかし、GEEKJOB(ギークジョブ)ではコストをかけずにスキルを学ぶことができるので、予算に余裕がない人でも安心して受講できます。

しかし、その際には以下で記載するような違約金制度には気を付けるようにしましょう。

条件を満たすことによって無料で受講できます!

最短1ヶ月で転職できる

GEEKJOB(ギークジョブ)では最短1ヶ月で転職を実現させることができます。スピード転職コースを受講することで、しっかりとスキルを身につけた上で素早く転職することができる点も大きな魅力と言えるでしょう。

中には3週間ほどの期間で転職する人もおり、スピード感を持って再就職できるのがメリットになっています。ただし、これはあくまでも最短ですので、必ずその期間中で受講を終了しなければいけない訳ではありません。

多くの方は3ヶ月の期間を設け、じっくりと学習した後に転職を行いますので、安心してください。

スピード感を持って転職することができます!

オンライン上で完結できる

このほかにも、オンライン上で受講を完結させることができるのはメリットです。コロナ化で通学に対して不安を感じている方も多いでしょう。

GEEKJOB(ギークジョブ)インフラコースでは、オンライン上で学習することが可能で、メンターに対する質問も行うことができます。

わざわざ教室まで行かずとも、ネット上でスキルを身につけることができる環境が整っていますので、安心して利用することができるでしょう。

オンライン上で学習を完結させることができます!

GEEKJOB(ギークジョブ)インフラコースのデメリットは?

上記では、GEEKJOB(ギークジョブ)インフラコースのメリットを解説しましたが、利用する上で気をつけなければならないことも存在しています。

主に以下のことに注意しましょう。

GEEKJOB(ギークジョブ)インフラコースのデメリット
  • 違約金が発生する可能性がある
  • 転職先は紹介企業に限られる

違約金が発生する可能性がある

まず、GEEKJOB(ギークジョブ)インフラコースは無料で受講できる点が魅力になっていますが、途中で退会などを行うと違約金が発生する可能性があります。

また、内定を辞退することで違約金が掛かることもあり、違約金については事前に注意しておく必要があるでしょう。

ただし、もし違約金が発生したとしても他のプログラミングスクールよりもコスパが良いため、利用する価値は十分にあります。

違約金に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

転職先は紹介企業に限られる

このほかにも、転職先が紹介企業に限定されていることにも注意が必要です。GEEKJOB(ギークジョブ)では無料で受講できるコースがありますが、それは育てた人材を企業に紹介し、紹介料をもらうことで提供されているサービスだからです。

そのため、紹介企業意外に就職してしまうと、本当にボランティアでサービス提供することになります。こうした理由から、紹介企業のみに転職先が限定されているのです。

ただし、紹介企業も500社以上が用意されており、自分に合った企業を選ぶことができるので安心してください。

転職できる企業は最初から限定されている点にも注意してください!

GEEKJOB(ギークジョブ)以外のおすすめスクールは?

GEEKJOB(ギークジョブ)の年齢制限などをみて、他のスクールについても気になる方は多いのではないでしょうか。そこで、以下ではGEEKJOB(ギークジョブ)以外のおすすめスクールについても解説していきたいと思います。

テックキャンプ

テックキャンプはプログラミングスクールの中では最も高い知名度のあるテックキャンプです。こちらのスクールは未経験者からでも現場で働くことができるスキルを身につけることができ、累計の受講者数としては1万人を突破しています。

校舎も全国各地に設置されており、通学したいという方にもおすすめのスクールです。以下のような特徴があります。

テックキャンプ 評価

このように、コスト面で料金が高い(657,800円税込)ことが難点ではあります。ただ、業界内でも信頼度が高く、全国どこでも学習環境が整っているということは安心できる材料と言えるでしょう。また、全額返金保証つきということも魅力の一つです。

気になる方は以下のリンクから検討していてはいかがでしょうか。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは受講している人のうち95%が未経験者となっており、特に未経験者にとっては心強いスクールであることがわかります。

DMM WEBCAMPの特徴
  • 就職先に自社開発の企業が多い
  • 自分の要望に応じてカリキュラムを組んでもらえる
  • 転職保証つき
DMMWEBCAMP 評価

また、就職者のうち、自社開発企業に就職している人も多く、人気の企業に就職できる可能性があるという点も魅力の一つでしょう。カリキュラムも個人に合わせて柔軟に編成してもらえるので、充実した学習を行うことができます。

ただし、価格面ではテックキャンプ同様高め(690,800円)です。その点、とにかくコストを掛けたくないのであればGEEKJOBがおすすめであると言えるでしょう。こちらも無料相談が行われていますので、気になる方は以下のリンクから申し込んでみてください。

まとめ

GEEKJOB(ギークジョブ)のインフラコースは無料で受講することができ、サービスも充実しています。もし、これから受講するかお悩みの方は、上記の内容を参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました