GEEKJOB(ギークジョブ)の評判は?メリットやデメリットも解説!

GEEKJOBの評判は? IT転職

無料で受講できるプランも用意されているGEEKJOB(ギークジョブ)。これからプログラミングを学習したいと考えている方には非常におすすめのスクールで、多くの学習者に人気のスクールとなっています。

しかし、実際にどのような評判があるのかについて気になる方も多いのではないでしょうか。利用者の評判を聞くことで、スクールの利用についてどうするかの判断基準にすることができるでしょう。

そこで、今回の記事ではGEEKJOB(ギークジョブ)の評判について解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

GEEKJOB(ギークジョブ)の評判を解説します

GEEKJOB(ギークジョブ)の評判は?

では、早速ですがGEEKJOB(ギークジョブ)の評判について見ていきましょう。以下では良い評判と悪い評判の両方を解説していきます。

GEEKJOB(ギークジョブ)の良い評判

このように、良い意見としてはやはり無常で受講できること、転職サポートが受けられることを中心としたものが見られました。これらは他のスクールよりも優れているポイントと言えそうです。

GEEKJOB(ギークジョブ)の悪い評判

調査を行ってみて、悪い評判というのは主に「違約金」と「年齢」に関する意見がありました。スピード転職コースは無料で受講できるものの、途中で退会すると違約金が発生すること、基本的には20代の方に向けられたプランであることを気にする方が多いようです。

年齢についてはどうすることもできませんが、違約金については他のスクールへ通うとそれ以上にお金が掛かることを考えればそこまで気にすべき問題ではないと考えます。良い評判と悪い評判の両方を踏まえた上で、受講すべきかどうかを検討してみましょう。

また、GEEKJOB(ギークジョブ)について気になることがあればとりあえず相談してみるのが早いです。無料相談会が実施されていますので、気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

▶︎GEEKJOB(ギークジョブ)無料説明会申し込み:社会人転職コース(インフラエンジニア))

GEEKJOB(ギークジョブ)の特徴は?

GEEKJOB(ギークジョブ)では以下の3つのコースが提供されています。

  • プログラミング教養コース
  • プレミアム転職コース
  • スピード転職コース

以下では、それぞれのプランについて詳しく解説していきます。

プログラミング教養コース

こちらのコースはプログラミングを教養として勉強したいという方に適したコースです。主に以下のような人は受講に適していると言えるでしょう。

  • プログラミングを教養として学習してみたい
  • 日々の業務の中で、エンジニアの人と同等の知識で話したい
  • 事業で関わっているWebサービスの改修をしたい

このプランではJavaやRubyなどのスキルを勉強することができます。転職したいというよりは、知識としてプログラミングを勉強したいという方に向いているコースです。

プレミアム転職コース

プレミアム転職コースは、上記の教養コースと同じくプログラミングに関する知識を身につけることができます。ただ、こちらのプランの方がより転職に特化しているコースと言えるでしょう。主に、以下のような人に適しています。

  • 成果物として転職に役立つものを制作したい
  • 転職を確実に成功させるためのアドバイスをしてもらいたい
  • 転職する際に申し込める求人の幅を広げたい

もし、転職するためにスキルを身につけたいという方は、こちらのコースの受講を検討してみてはいかがでしょうか。

▶︎プレミアム転職コース説明会に申し込む

スピード転職コース

スピード転職コースは、GEEKJOB(ギークジョブ)の中でも最も特徴的なコースと言えます。上述した2つのコースとは異なり、なんと無料で受講できるコースとなっているのです。

メンターにより転職支援も受けることができ、徹底した転職サポートを受けることが可能です。転職成功率は97.8%となっており、受講者の満足度も97.3%とかなり高いものとなっています。

充実した転職サポートを無料で受けることができるため、非常にお得なコースです。ただし、受講時には条件によって違約金が発生する可能性もあるため、注意しなくてはなりません。詳しくは以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

GEEKJOB(ギークジョブ)のメリットは?

GEEKJOB(ギークジョブ)を受講するメリットについては以下のようなものが挙げられます。

  • 困ったらメンターに質問できる
  • 就活のサポートが手厚い
  • カリキュラムが明確

困ったらメンターに質問できる

GEEKJOB(ギークジョブ)を受講するメリットとしてまず挙げられるのは、困ったらメンターに相談することができる点が挙げられます。GEEKJOB(ギークジョブ)では学習を進めながらチャットやビデオ電話などで疑問点について質問することが可能です。

プログラミングを一人で勉強していれば、必ず分からない部分が出てきます。エラーやうまく表示されないことが続けば心が折れてしまうこともあるでしょう。そんなとき、経験や知識が豊富なメンターに相談することができれば非常に心強いです。

自分一人だけでは何時間も悩んで結局分からないということもありますが、メンターに相談すれば一瞬で解決することができます。手厚いサポートを受けながら学習を進めることができるでしょう。

就活のサポートが手厚い

また、GEEKJOB(ギークジョブ)では就活のサポートが手厚いこともメリットとして挙げられます。キャリアアドバイザーがおり、履歴書の添削や面接対策などを受けることができるのです。

就職に関しては面接などの練習も行わなくてはならないため、どうしても一人での対策は難しくなってしまうでしょう。志望動機などを一人で考えるとなれば、第三者目線で良い動機を考えられる可能性は低いです。

しかし、キャリアアドバイザーの指導のもと面接対策や志望動機を考えることで、相手先の企業にも採用してもらいやすいものを作成することが可能です。

カリキュラムが明確

GEEKJOB(ギークジョブ)では学習のカリキュラムが非常に明確です。実際の講義ではオンライン教材などを活用して学習を進めていくことになります。Googleスライドなどを元にして学習をすすめ、それぞれの章に応じて課題が用意されています。

アウトプットの量も多いですが、その分スキルを高めることができるため、実際に働く際の能力を向上させることができるのです。カリキュラムの中には中間テストやグループレッスンなども用意されており(※コースによります)、様々な学習の中で知識を深めることが可能です。

▶︎GEEKJOB(ギークジョブ)無料説明会申し込み:社会人転職コース(インフラエンジニア))

GEEKJOB(ギークジョブ)のデメリットは?

上記ではGEEKJOB(ギークジョブ)のメリットについて解説しましたが、もちろん良いことばかりではありません。デメリットも存在しており、利用する際には良い点と悪い点の両方を踏まえた上で判断することが大切です。主に、以下のことについて事前に確認しておくようにしましょう。

  • オンライン完結型
  • プランによっては違約金が掛かることがある

オンライン完結型

GEEKJOB(ギークジョブ)の学習では、基本的にオンラインで完結することになります。そのため、受講生同士で交流することをメインにしているわけではありません。あくまでも企業で働けるスキルを身につけることが目的になるため、他の人と知り合いたいという方には少し物足りなさを覚える可能性があります。

しかし、友達を作るためにスクールに行っているわけではないため、特段交流がなくても困ることはないでしょう。むしろ、黙々と学習したい方にとってはメリットとも言えるはずです。

しかし、友達を作るためにスクールに行っているわけではないため、特段交流がなくても困ることはないでしょう。むしろ、黙々と学習したい方にとってはメリットとも言えるはずです。

プランによっては違約金が掛かることがある

GEEKJOB(ギークジョブ)では、一部のプランで違約金が発生する可能性があります。それは転職コースであるスピード転職コースです。こちらのコースは無料で受講することができ、転職サポートまでついているため非常にメリットが大きなものですが、途中で退会したり、GEEKJOB(ギークジョブ)と提携している企業以外に就職する場合には違約金が発生するのです。

そのため、こちらのコースを受講するのであればあらかじめ違約金が掛かる可能性があることを理解した上で利用する必要があるでしょう。ただし、違約金は12万円ほどで、そもそも発生したとしても他のスクールより安いため、あまり気にする必要はないかもしれません。

GEEKJOB(ギークジョブ)の違約金とは?

GEEKJOB(ギークジョブ) では、無料で受けられるコースがあることが大きな魅力となっています。しかし無料コースであるスピード転職コースでは、違約金制度が導入されていますのでこの部分に関しては注意すべきであると言えるでしょう。

以下ではそんなGEEKJOB(ギークジョブ)の違約金について詳しく解説していきます。

受講開始から14日を経過した後に退学すると違約金が発生

GEEKJOB(ギークジョブ)では、 実際に受講開始してから14日が経過した後に自主退学を行うと違約金が発生します。 これは、プランそのものが無料となっているため、基本的に企業に人材を紹介することでお金を確保したいスクール側の意図があります。

無料で講義を提供するからには、どうにかしてその費用を回収する必要があるでしょう。そのような理由からある程度期間が経過した後に自主退学になった場合には違約金が発生するよう設定されているのです。

ただし、もし これから受講をお考えになる場合には、そもそも14日以内に退学すればリスクはありません。合わないと感じれば受講を取りやめてしまうと言うことも可能ですので、安心してください。

受講後GEEKJOB(ギークジョブ)以外のサービスで転職すると違約金が発生

GEEKJOB(ギークジョブ)で受講した後に、他社が運営している転職サービスを用いて転職した場合には違約金が発生することになります。これは先ほども解説したように、GEEKJOB(ギークジョブ)のスピード転職コースにおいては無料で講義を提供しています。

そのため人材を企業に提供することによって収益を出している背景があるのです。こうしたことからも、スクールとしては自分が紹介した企業に人材を入れたいと考えており、その他のサービスから転職されてしまうと収益が発生しません。

無料で利用できるからには収益を得る必要がどうしてもあるため、このような違約金が設定されています。

ただし、GEEKJOB(ギークジョブ)では 選択肢として500社以上の企業が用意されています。そうした多様な企業の中から自分に合った企業を選択することができますので、他社のサービスを利用しなくても十分選択の余地があると言えるでしょう。

違約金が発生しても他のスクールと比較すると安い

GEEKJOB(ギークジョブ)の違約金の概要について解説しましたが、もし違約金が発生することになったとしても他のスクールと比較すればそれでも安いです。通常のプログラミングスクールではどれだけ安くても200,000円は必要になってきます。

また高額なものになってくれば500,000円以上と言うプログラミングスクールは非常に多く、その点こちらのスクールであれば違約金が仮に発生した場合でも一律で120,000円で済みます。こうしたことからもそもそも他の有料プログラミングスクールと比較して圧倒的なコスパの良さが存在しているのです。

そのため、GEEKJOB(ギークジョブ) の違約金については押さえておくべき事項ではありますが、気にしすぎる必要はないと言えるでしょう。違約金の事を踏まえた上でも、無料で受講できるサービスというのは非常に魅力がありますので、まずはいちど無料相談を行ってみることをおすすめします。

GEEKJOB(ギークジョブ)に向いている人は?

では、GEEKJOB(ギークジョブ)に向いている人というのはどのような方なのでしょうか。以下のような方は、GEEKJOB(ギークジョブ)での受講に適していると言えるでしょう。

  • とにかく早く転職したい人
  • 無料でスキルを身につけたい人
  • 転職サポートを受けたい人

とにかく早く転職したい人

GEEKJOB(ギークジョブ)に向いている人としてまず挙げられるのは、とにかく早く転職したい人でしょう。GEEKJOB(ギークジョブ)の目玉とも言えるスピード転職コースでは、最速1ヶ月ほどで転職を実現させることが可能です。そのため、来月にでも転職したいという方にはおすすめのプランとなっています。

ただ、実際には1ヶ月ほどの短い期間ではなく、3ヶ月程度じっくりと学習を行ってから転職する人が多いです。それでもかなり短期間と言えると思いますので、早めに転職したい人はスクールの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

無料でスキルを身につけたい人

また無料でスキルを身につけたいという方にもおすすめです。現代では様々なスクールが存在しており、どのスクールでも20万円以上の価格が必要になるでしょう。その点、GEEKJOB(ギークジョブ)のスピード転職コースでは無料で受講することが可能です。

転職を検討している方の中には資金に余裕がない人もいらっしゃると思います。もし、スクールに通うだけのお金が無かったとしても、スキルを身につけた上に転職サポートまで行ってもらえることは非常に魅力的であると言えるのではないでしょうか。

転職サポートを受けたい人

GEEKJOB(ギークジョブ)では転職サポートも充実しています。メンターの方に質問しながら活動を進めることができたり、面接の対策や志望動機を相談することも可能です。

こうしたことを一人で行うためには労力が掛かる上に正しい対策ができているか分からない部分もあるでしょう。しかし、GEEKJOB(ギークジョブ)では充実した転職活動を行うことができるため、これから転職をお考えの方には非常にメリットのあるサービスであると言えます。

GEEKJOB(ギークジョブ)では無料説明会が実施中

GEEKJOB(ギークジョブ) では月に3回の無料体験や無料説明会が行われています。ここまでGEEKJOB(ギークジョブ)について様々なことを解説してきましたが、 やはり実際に話を聞いてみるのが1番効率的であると思います。説明会に参加すれば、自分が知らない情報や、市場における自らの価値などを知ることができるでしょう。

また、未経験であればこうした専門的な情報について自分だけで調べるのは非常に難しいです。無料説明会では普段なら手に入れることができないような知識も入手することができますので、まずは気軽に参加してみてはいかがでしょうか。無料ですので、なんとなくイメージと違うと言うのであれば契約しなければ問題ありません。

▶︎GEEKJOB(ギークジョブ)無料説明会申し込み:社会人転職コース(インフラエンジニア))

GEEKJOB(ギークジョブ)以外のおすすめスクールは?

ここまでGEEKJOB(ギークジョブ) に関する評判について詳しく解説してきましたが、もし別のスクールを利用してみたいとお考えになる場合には以下のスクールを検討してみて下さい。

  • DMM WEBキャンプ
  • Codeship
  • テックキャンプ

DMM WEBキャンプ

DMM WEBキャンプは未経験の方に特にオススメのプログラミングスクールになっています。プログラミングに全く触ったことがないといった未経験の方でも安心して学習できるカリキュラムが組まれており、1からスキルを身に付けることができるだけの体制が充実しています。

DMMWEBCAMP 評価

こちらのスクールでは、実際に受講した人のアンケート結果の満足度も高く、転職するまでみっちりとサポートを受けることができるようです。

プログラミングスクール業界でもその学習スタイルとサポート体制には定評があり、未経験からの受講で転職までしっかりとサポートを受けたいと言う方には非常におすすめのスクールと言えるでしょう。以下のリンクから気軽にご相談してみてください。

Codeship

Codeshipホームページ
Codeshipホームページ

こちらのスクールは比較的新しいプログラミングスクールとなっており、未経験でもウェブ上の開発やSNSの開発を行うことができる点が魅力です。メンターによるサポート体制も充実しており、オンライン上で学習を進めることができます。

一番の特徴は無償延長制度が用意されており、期間を気にせずに勉強を進められることです。プログラミングを学習するにあたっていちどで覚え切れないということが不安に感じる事かもしれませんが、このような制度が用意されていることで時間を気にすることなく学習を進めることができます。気になる方は以下のリンクから申し込むようにしてください。

テックキャンプ

最後にご紹介するのは業界でも最も知名度の高いテックキャンプです。テックキャンプでは未経験からの学習を始めた受講生の方が99%転職に成功しており、総合的には600時間ほどの講義でインフラやフロント、サーバーサイドなどエンジニアとして活躍するために必要な能力をまんべんなく学ぶことになります。

テックキャンプ 評価

こちらのスクールでもオンライン授業が用意されており、メンターに対してわからない事はいつでも質問し放題です。専属のトレーナーやキャリアアドバイザーなどに毎週キャリア面談を行ってもらえることや、転職に際しても面接指導や添削など幅広くサポートを受けることができます。

業界の中で最も信頼度の高いプログラミングスクールを利用したいと言う方には非常におすすめとなっています。気になる方は以下のリンクからお気軽にご相談してみてください。

GEEKJOB(ギークジョブ)の評判:まとめ

今回の記事では、GEEKJOB(ギークジョブ)の評判を中心として様々な内容を解説してきました。GEEKJOB(ギークジョブ)では無料で受講できるコースが用意されていますが、受講する際には違約金なども踏まえてメリット・デメリットを押さえた上で利用することが大切です。

ただ、資金が無い方にとっては非常に心強いスクールであることは間違いないでしょう。もし、これから受講することをお考えであれば、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました