GEEKJOB(ギークジョブ)は無料で受講できる?そのメリットと注意点

geekjobは無料で受講できる? IT転職

最近話題になっているプログラミングスクールであるGEEKJOB(ギークジョブ)。実は無料で受講することができるプランがあることで特に注目を集めています。しかし、無料でスクールに通えるという話をすると、

「そんなバカな話があるわけではない」

「なんで無料なの?」

と疑問に思われる方も多いのではいでしょうか。そこで、今回の記事ではGEEKJOB(ギークジョブ)では本当に無料のプランが存在しているのか、その理由などについて解説していきます。これからGEEKJOB(ギークジョブ)での受講をお考えの方はぜひ参考にしてください。

GEEKJOB(ギークジョブ)の無料プランについて解説します

GEEKJOB(ギークジョブ)は無料で受講できる?

では、早速結論からお話ししてしまいますが、GEEKJOB(ギークジョブ)では無料で受講できるプランが存在しています。そして最初から最後まで無料で利用可能です。

ただし、GEEKJOB(ギークジョブ)で提供されている全てのプランが無料で受講できるわけではなく、スピード転職コースというコースのみ無料となっています。

インフラコース
年齢制限18〜29歳
通学場所東京 九段下
東京 四ツ谷
※オンラインも可能
研修期間3週間〜3ヶ月
受講形式個別学習
学習する内容サーバ
クラウド
ネットワーク
データベース

こちらのコースでは無料で受講できるだけではなく、メンターが質問に答えてくれたり、転職支援などのサポートまでしっかりと行なってくれます。実際に学ぶスキルはインフラ系の技術を習得することが可能です。

GEEKJOB(ギークジョブ)を無料で受講できるのはなぜ?

無料で受講できるプランがあると聞いて、まず疑問に思うのは「なんで無料で受講できるの?」ということだと思います。

当然、ボランティアではなく民間の企業ですので、しっかりと利益を出せる仕組みが作られています。

具体的には「人材を企業へ紹介することで、紹介料として報酬をもらっているから」です。求職者に対して技術を習得してもらい、スキルを身につけた人材を企業へ紹介することで報酬をもらいます。

分かりやすく話すと、転職エージェントと似たような仕組みです。転職エージェントも無料で利用できる代わりに、人材を一人企業へ紹介するだけで企業から報酬を受け取ることができます。

これと同じような仕組みで、GEEKJOB(ギークジョブ)は無料でサービスを提供することができているのです。

GEEKJOB(ギークジョブ)の無料プランの条件

ただし、無料で受講できると言っても全ての人が受講できるというわけではありません。主に以下の人しか受講することができませんので気をつけるようにしましょう。

無料で受講することができる人の条件
  • 年齢が29歳以下である(30歳を超えていれば受講不可)
  • 首都圏で就職・転職を検討している

年齢としては30歳以上の人は受講不可になっています。エンジニア系の転職においては基本的に年齢が若い人以外の転職は不利になってしまうので、紹介できない可能性があるからです。

また、就職する地域においても首都圏で検討している人でなければ受講できない可能性があるので注意が必要になります。

GEEKJOB(ギークジョブ)の無料プランの違約金について

GEEKJOB(ギークジョブ)では無料で受講できるプランが用意されていますが、注意すべきこともあります。それは違約金(12万円)が発生する可能性があることです。

人材を紹介することで利益を出しているスクールですので、途中で受講を辞めてしまった場合、紹介することができずボランティア活動と同じになってしまいます。

そのため、違約金を設けて損失とならないようにしているのです。無料受講できる反面、こうしたことは致し方のないことかもしれません。

GEEKJOB(ギークジョブ)の無料の違約金については以下のことを押さえておきましょう。

GEEKJOB(ギークジョブ)の違約金について
  • 途中で退会すると違約金が発生する
  • 受講後に提携企業以外に就職すると違約金が発生する
  • 内定を辞退すると違約金が発生する
  • 違約金が発生したとしても他のスクールより安い

途中で退会すると違約金が発生する

GEEKJOB(ギークジョブ)では受講を開始してから14日を経過した後に自主退学した場合には違約金が発生することになります。そのため、2週間を経過した後に受講するのをやめたいと思っても違約金を支払う必要がありますので注意が必要です。

受講後に提携企業以外に就職すると違約金が発生する

GEEKJOB(ギークジョブ)が提携している企業以外に就職した場合には違約金を支払う必要があります。例えば、転職エージェントなどに登録して就職してしまった場合には違約金が発生します。

先ほども解説したように、GEEKJOB(ギークジョブ)は提携先の企業に人材を紹介することによって利益を出しています。そのため、他の企業へ就職した場合には損失になってしまうため、こうした制約が設けられています。

内定を辞退すると違約金が発生する

このほかにも、内定を辞退することによって違約金が発生してしまうことになります。理由は上述した内容と同じくです。企業を選ぶ際にはより慎重になる必要があるでしょう。

違約金が発生したとしても他のスクールより安い

ここまで違約金について解説してきましたが、実際には違約金が発生したとしても他のスクールよりもコストが掛かりません。多くのプログラミングスクールは安くても20万円以上の費用が必要になるケースがほとんどです。

しかし、GEEKJOB(ギークジョブ)では違約金が発生しても12万円以内でおさまりますので、コスト的にもメリットがあると言えるでしょう。

もし違約金について疑問点がある場合、まずはGEEKJOB(ギークジョブ)の無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。提携先企業の情報などを聞いておけば、自分が就職したい企業があるのかどうかも確認することができるでしょう。

GEEKJOB(ギークジョブ)は無料カウンセリングを実施中!

GEEKJOB(ギークジョブ)では無料カウンセリングが実施されています。もし気になることがあれば、まずは無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

やはり直接話を聞いてみることが一番分かりやすいですし、自分がいきたい企業などの情報も聞くことができるでしょう。

また、カリキュラム内容などについてもしっかり把握しておくことでこれから受講するかどうかの判断を行うことができるはずです。

どのみち無料で受けることができますので、ひとまずカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

GEEKJOB(ギークジョブ)は無料で受講できる?:まとめ

今回の記事ではGEEKJOB(ギークジョブ)は無料で受講できるのかについて解説しました。GEEKJOB(ギークジョブ)は無料で受講できるコースがありますが、年齢制限やそのほかの注意点などもありますので注意が必要です。

上記で記載したことを参考にして、ぜひ今後の参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。noteも作成中で、お仕事コラムを書いているのでぜひ見ていただければ!https://note.com/kakeru5151
タイトルとURLをコピーしました