高学歴の転職で失敗しないためには?

高学歴の転職で失敗しないためには 高学歴の転職

あなたはどんな学歴をお持ちですか?

いわゆる高学歴と呼ばれるあなたは、

新卒だろうが転職だろうが怖いものなしだろう!

なんて思っているかもしれませんが、実はそんなことはありません。

この記事では、高学歴の転職が失敗するパターンを紹介し、失敗せずに有利に働かせるにはどうすればいいかわかりやすく解説していきます

高学歴をお持ちの方で転職を考えている人は必見です。

この記事を読めば分かること
  • 高学歴の転職で失敗するパターン
  • 高学歴の転職で失敗しないためには?
  • 高学歴の転職は有利?
  • 高学歴を武器に転職できる年齢は?
  • 高学歴の転職で失敗しないために利用すべきサービスは?

高学歴の転職で失敗するパターンとは?

高学歴の転職で失敗するパターンとは?

学歴は、新卒にしても転職するにしても、判断材料の1つとして扱われることは確かです。

しかし、高学歴だからといって安心するのは危険かもしれません。

高学歴の転職で失敗するパターンは大まかに分けて3つあります。

プライドが高すぎる

高学歴をお持ちの方の一部は、この「プライドが高すぎる」という問題が転職の足を引っ張ることがあるようです。

学歴マウントをとりすぎて人間関係でギクシャクしてしまったり、わからないことがあってもプライドが邪魔して聞けず、結局仕事で大きなミスを犯してしまうなんてことも。

学歴に関係なく、謙虚な姿勢で他者とコミュニケーションが取れることは仕事上でもプライベートでもとても大切です。

転職を考えるにあたって、自分のプライドの扱い方に心当たりがある方は、いっそのことトラブルの元を捨ててしまってはいかがでしょうか。

企業の知名度しか見ていない

転職先を選ぶとなると、高学歴の方の中には大手の有名企業ばかりに目が行きがちになり、本来の目的を見失ってしまう方もいるでしょう。

いくら有名だからといっても、転職先に求めることや、あなたのやりたいこと、希望条件と全く一致しない就職先を選んでしまっては、転職の意味がありません。

現状を変えるための転職が、悪い方向へ進んでしまうのは本当にもったいないです。

あなたが求めることや転職先でどのように貢献できるのかなど、本質を見極めるように心掛けましょう。

面接でうまくアピールできていない

そもそも学歴自体は書類選考の際の判断材料の一つとして扱われます。

果たしてその応募者はどれくらい地頭があるのか、を判断するために参考にされるだけといっても過言ではありません。

そのため、面接で学歴をアピールしても面接官には響かないでしょう。

アピールポイントはこれまであなたがどのような経験・実績・人脈を築いてきたのか、なぜ転職しようと思ったのかなどを中心にしてください。

この点を間違えていると面接で落とされることが増えてしまいますので注意しましょう。

高学歴の転職で失敗しないためには?

高学歴の転職で失敗しないためには?

さて、ここまで高学歴の転職失敗パターン3つをみてきましたが、一体どうすれば高学歴の転職で失敗を防げるのでしょうか?

ここでは3つのアドバイスをわかりやすくお伝えします。是非参考にしてみてください。

学歴に頼りすぎない

学歴にばかり頼っていると、それ以外に長所がないように思われてしまいます。

学歴は過去の栄光でしかありませんので一旦棚に上げ、それ以外の部分で勝負するようにしましょう。

新人と比べて転職する人には既に「社会人としての経験」という武器があることも忘れてはいけません。

前職での成功体験、失敗から学んだことなどを取り入れながら面接でアピールすれば、面接官にポジティブなイメージを与えること間違いなしでしょう。

念入りに事前準備をし、転職先のリサーチを欠かさないでください。

自分の適性に合わせた企業を選ぶ

転職する上で最も大切なポイントの一つとして、あなたの適性に合った企業を選択することが挙げられます。

転職を考えているのであれば、少なくとも元就職先は適性に合っていなかった部分が合ったということです。

意外と自分のことを客観視するのは難しいものです。

もう一度初心にかえってみましょう。

以下でもご紹介する、無料でできるキャリア診断アプリ「VIEW」などを活用して、あなた自身の適性を再発見したり、あなたに合った業種を探ってみてください。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

転職のサポートサービスを利用する

無料でサポートを受けることができる転職エージェントがあるのをご存知ですか?

転職エージェントは採用業務の一部を代行することで企業から報酬を貰っているので、ほとんどの場合無料でサポートを受けることができるのです。

例えば求人紹介、転職希望先での面接対策、提出書類の添削などを無料で活用することができます。

こちらをフル活用し、あの時転職していてよかったと思えるような結果を残しましょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

高学歴の転職は有利?

高学歴の転職は有利?

ここまで高学歴であることと、転職の成功についてあまり相関がないようにお伝えしてきました。

高学歴だから落とされるなんてことは当然あり得ませんが、そもそも転職が有利か知りたい方も多いでしょう。

ここでは企業別にどのくらい学歴が有利に働くのかを紹介します。

大企業だとかなり有利

大企業の従業員は、通常分担された特定の仕事を任されることになります。

有名大学、または大学院に合格するにはそれまでの学業過程も良くなければなりません。

そのため、地道な努力ができるという点で大企業からは評価が高い場合がなされる可能性が大きいのです。

また、大企業であればあるほど入社倍率は非常に高いため、高学歴者は書類選考の時点で合格する可能性が他者よりも高くなります。  

中小企業では重視されない

中小企業はそもそも転職者に対してあまり良いイメージを持っていないケースが多いです。

なぜなら、従業員が大企業のように多くなく、良好な人間関係を築くことで仕事の成果を上げていることもあるため、辞めない人を求めているからです。

転職者には新たに教育も施す必要があり、時間的にも経済的にも、中途採用はコストパフォーマンスが悪いと考えるようです。

中小企業を転職先として考えている方は、高学歴を主張するのではなく、経験や熱い想いなどを伝えた方が恐らく効果的でしょう。

ベンチャーでも有利

ベンチャー企業では、高学歴・即戦力のある人材をある程度採用し、会社運営を任せたり、すぐに業務を行なったりしてほしいと考えていることが多いでしょう。

そのため、高学歴で社会人経験もあるとなると、重宝される可能性が高いです。

しかし、ベンチャー企業で働くにははっきりとした目的を持っている必要があります。

実際の仕事との差にがっかりしてしまうことがあるからです。

自分の適性と合っているか今一度確認し、ベンチャー企業を選ぶのであれば問題ないでしょう。

高学歴の転職特有のメリット

高学歴の転職特有のメリット

ここでは、高学歴だからこそ享受できるメリットを紹介します。

これらのメリットを理解し、上手に活用できれば、あなたの転職はうまくいくこと間違いなしでしょう。

非公開求人を紹介してもらえる

先ほど転職エージェントの利用をおすすめしましたが、その理由は無料サポートを受けられるからだけではありません。

高学歴の人であれば、転職エージェントから非公開の求人を共有してもらえるかもしれないのです。

転職エージェントとしても、頭のいい人をスカウトし、企業に繋ぐことで利益が発生します。

ですから、美味しい情報は公開せずに、高学歴の一部だけに紹介するという実態があります

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

地頭の良さ

高学歴のあなたは、受験、授業、試験、資格取得など、学生時代に様々な学習場面で結果を出してきたことでしょう。

物事の飲み込みの速さ、記憶力のよさ、自分で勉強方法を見つけられるなど、地頭が良いからこそできたこともあると思います。

転職も例外ではありません

地頭の良さを活かし、あなたの強みを工夫してアピールしたり、困難をどのように乗り越えてきたかなどを説明できるようにしてみてください。

高学歴を武器に転職できる年齢は?

高学歴を武器に転職できる年齢は?

転職の際に高学歴を武器にできるかどうかは、年齢に大きく関わっていることをご存じですか?

基本的に年齢が上がれば学歴よりも経験を重視する会社が多いようです。

年代ごとに詳しく解説しますので、あなたの年齢が当てはまる箇所はしっかり確認してみてください。

第二新卒

第二新卒とは、大学卒業から3年以内に一度就職し、離職した経験を持つ人のことを指しますので、大体25歳前後の場合が多いことになります。

最近は年々3年以内に辞職する人が増えており、企業も若い人材を積極的に採用したいため、第二新卒での転職は十分にチャンスがあるといえます。

第二新卒は社会人としての経験も実績も浅いため、企業の判断材料として学歴を重視する傾向が強まるといえます。

高学歴なだけではなく、資格なども取得しているのであれば、ポテンシャルが高い人材として注目されるのではないでしょうか。

合わせて読みたい

年収を上げるスキルとは?おすすめのスキル特集

30代

高学歴をお持ちの30代の転職希望者は、学歴だけでは新卒や第二新卒と闘えません。

当然大卒以上かどうかや、どれだけ高学歴かを重視する業種業界はあるわけですが、全てではありません。

それよりも、それまでのキャリア、いわゆる職歴についてや、今後のキャリア形成を明確に考えられているかなどが求められます。

ちなみに、高学歴を重視する業種は総合商社や金融系、保険系ですので、どうしても学歴を活かしたく、自分の適性とも合っている場合にはおすすめです。

40代以上

40代を超えてくると、一般的に転職先自体見つけることが難しくなってきます。

学歴は全くあてにならなくなってきますので、他の部分で勝負しましょう。

また、職歴に関しても厳しい目で見られますので、色々な分野でハイスキルと経験を併せ持っていると、転職希望先からも求められる人材に映ることができます。

また、40代に特化した転職エージェントなどを活用することも大切です。

あなたが転職先にもたらすポジティブな変化をアピールしてみてください。

高学歴の転職で失敗しないために利用すべきサービスは?

高学歴の転職で失敗しないために利用すべきサービスは?

最後に、高学歴の方が転職で失敗しないために利用すべきサービスについてご紹介します。

キャリア診断ができるアプリ「VIEW」

まず、ハイクラスの転職に特化したアプリである「VIEW」です。

こちらのアプリを利用すれば無料でキャリア診断を行うことができ、あなたに最適な企業が3分程度で分かります。

利用は完全無料なので、自分の適性にあった企業を見つけたい方は利用するのが良いでしょう。

自己分析ツールとしても活用することができます。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

リクルートエージェント

引用:リクルートエージェントホームページより

続いて、業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、

  • 約10万件の求人を取り扱っている
  • 面接対策や履歴書添削など転職サポートが充実している
  • 面接日程の調整まで行ってもらえる

など、高学歴の方が利用するのに最適な転職エージェントとなっています。

こちらも、利用は完全無料となっているので、まずは情報収集のためにも気軽にアカウント登録してみてはいかがでしょうか。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

まとめ

高学歴の転職で失敗しないためには、学歴に頼りすぎず、エージェントなどを駆使しながらあなたに合った転職先を見つけることが大切です。

学歴がどれくらい重視されるかは年齢にもよります。余計なプライドは捨てて、あなたの長所や経験を活かしましょう。

この記事を参考にして、あなたの転職を成功させてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました