高学歴の第二新卒が転職を成功させるには?その方法を徹底解説!

高学歴の第二新卒 高学歴の転職

高学歴の第二新卒は転職に有利?

これから転職を検討しているけど、何かと不安・・・

など、お悩みを抱えていないでしょうか。

今回の記事では、高学歴の第二新卒者に向けて転職を成功させるポイントなどを詳しく解説していきます。

高学歴の第二新卒の転職市場は?

高学歴の第二新卒の転職市場は?

第二新卒として転職を考えているものの、そもそも第二新卒ってなんなのか分からない方も多いのではないでしょうか。

この項目では第二新卒の転職に関して基本的なことから丁寧に説明していきます。

自身が第二新卒に含まれるのかを確認して、転職を進めていきましょう。

第二新卒とは?

第二新卒は大学を卒業して就職をしてから3年未満の転職者を指す言葉です。

正社員としてだけでなく、フリーターとしてアルバイトをしていた人や家業を継いで働いていた方も指す場合があります。

似た言葉で「既卒」という言葉がありますが「既卒」は大学を卒業しても就職をしていない人を指す言葉です。

厚労省の調査によると大学を卒業して就職をするも3年未満で離職をする人は30%強です。

大学院に行って勉強をやり直すという特殊な理由を考えないと3人に1人は第二新卒で転職をしていることになります。

第二新卒の転職事情

第二新卒で転職をする理由の中で一番多いのが「労働時間に不満がある」というものです。

残業や休日出勤が辛くて転職を考えるようです。

その次に多いのが「職場の人間関係」になります。

職場の上司や同僚と合わずに悩んで転職をするようです。

どちらもただの甘えだという意見もあるかもしれませんが、実際に第二新卒で転職をする方々の理由はこういったものです。

転職を考えているけど、その理由は甘えでは?

と思い悩んでいる方もいるかもしれませんが、周りの第二新卒の方々も同じような理由で転職を希望されているので悩む必要はないと言えます。

第二新卒の転職市場での価値

第二新卒は企業側としては大きなメリットがありますので積極的に採用している企業も多いです。

そのメリットはコストの低さです。

前職で最低限の社会人スキルは身についているので改めて研修をする必要がありません。また、中途採用で年齢が高く、ある程度の経験をしている人を採用するよりも給料も安く済みます。

上記のような理由で第二新卒は転職市場では重宝されるのです。

高学歴の第二新卒は転職で有利?

第二新卒の転職で重視されるのは学歴と最低限の社会人スキルでしょう。

中途採用では前職の実績や経験を重視されますが、第二新卒では実績も経験も浅いので学歴と最低限の社会人スキルしか評価できないのです。

そのため、高学歴の場合は第二新卒の転職も有利に進められます。

企業側としては勤勉で真面目な人を採用したいと考えています。

そういう意味で高学歴の方は厳しい受験勉強を乗り越えてきたことから勤勉に努力ができる人という評価になり、転職でも採用されやすいです。

高学歴の第二新卒が転職を成功させるための方法は?

高学歴の第二新卒が転職を成功させるための方法は?

では、高学歴の第二新卒者が転職を成功させるためには、どうすれば良いのでしょうか。

ここでは、その方法について詳しく解説していきます。

  • 企業のニーズを把握する
  • 自分の適性に合った企業を受ける
  • 転職サポートが受けられるサービスを利用する

企業のニーズを把握する

まず、企業が何を求めているのかについて把握しましょう。

以下でも解説するように、企業サイドと転職者の間にミスマッチが生じていると、採用されないケースがあります。

「とりあえず知名度のある企業ならどこでも良い」

というスタンスだと、採用されないか、採用されたとしてもその後苦しむことになるでしょう。

そうしたことにならないためには、

  • その企業で自分は何をしたいのか
  • どのようなことが貢献できるか
  • なぜその企業を選ぶのか

ということまで落とし込み、企業側にアプローチしていく姿勢が求められます。

自分の適性に合った企業を受ける

ミスマッチを生まないためには、自分の適性に合った企業を受けることが大切です。

高学歴者は大手企業などでも転職は有利ですが、自分自身の適性に合っていない企業を受けてしまえば高学歴であっても落とされてしまうでしょう。

適性にマッチした企業を受けるためには、事前にキャリア診断などを受けておくのがおすすめです。

ハイキャリア向けの診断アプリである「VIEW」などを利用すれば、無料でキャリア診断を行えます。

転職活動を開始する前に診断しておき、これから受ける企業の分析を進めておくと良いでしょう。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

転職サポートが受けられるサービスを利用する

高学歴の第二新卒者が転職を成功させるためには、転職のサポートをしてくれるサービスを利用するのがおすすめです。

転職エージェントを利用することで、面接日程の調整や履歴書の添削、最適な企業の紹介まで全てサポートしてもらえます。

利用は全て無料であるため、転職活動を開始する前に登録しておくのがおすすめです。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

高学歴の第二新卒は転職に有利?

高学歴の第二新卒は転職に有利?

そもそも、高学歴の第二新卒者は転職に有利なのでしょうか。

受ける企業の規模によっても事情が異なってくるため、大まかな状況を把握しておくことが大切です。

  • 大企業ほど有利
  • 中小企業はあまり見られない
  • ベンチャーは見られる

大企業ほど有利である

まず、大企業では高学歴の方を重要視している傾向にあります

というのも、そもそも大企業には学閥と言われるような派閥もあり、有名大学の方が多く在籍しているからです。

採用者が有名大学であれば、やはり有名大学の出身者が受かりやすくなるというのは少なからずあり得る話でしょう。

また、大手企業が重視するのは”これまでの努力”でもあります。

大手企業ほど在籍している従業者の数も多く、チームで行動する機会がほとんどです。

周囲の社員とうまく馴染みながら集団で目標達成できるような人材を求めています。

高学歴者はこれまでの努力の証明でもあるため、採用されやすい状況にあるのです。

中小企業はあまり見られない傾向にある

それに対して、中小企業ではあまり学歴を重視しない傾向にあります。

大手企業は潤沢な予算があり、第二新卒者であっても教育に掛けることができる予算にも余裕があります。

しかし、中小企業ではそうした予算がなく、なるべく途中で辞めてほしくないと考える企業が多いのです。

そのため、学歴ではなく、住んでいる地域や人柄などをしっかりチェックされる傾向にあると言えるでしょう。

ベンチャーでも学歴は見られる

このほか、ベンチャー企業などは高学歴者を優遇する傾向にあります。

というのも、ベンチャー企業は立ち上げたばかりという企業が多く、少ない人数でも十分な戦力になってくれる人材を求めているからです。

中小企業や大手企業よりもさらに少ない予算で企業運営していく必要があるので、無駄にお金を使うことを嫌います。

なお、ベンチャー企業においては高学歴層の採用枠と一般での採用枠を別にしていることもあります。

高学歴の第二新卒でも転職に失敗するの?

高学歴の第二新卒でも転職に失敗するの?

この記事を読まれている方は、高学歴の第二新卒の方も多いはず。

もしかすると、

高学歴の第二新卒なら、転職は余裕っしょ!

と、余裕ぶっているケースもあるのではないでしょうか。

実は、高学歴の第二新卒だからといって、必ず転職に成功できるわけではないのです。

ここでは、意外と油断できない高学歴の転職失敗事例についてご紹介します。

圧倒的にプライドが高いパターン

高学歴は確かに転職に有利であることが多いです。

しかし、あまりにもプライドが高すぎる場合にはいくら学歴があっても面接で見抜かれてしまいます。

  • 自分は高学歴だから、これくらいの企業は余裕で受かるはず
  • 自分のように優秀な人材、きっと欲しいでしょ?
  • ランクを落として受けてあげているのだから、採用されて当然!

など、あからさまに上から目線の態度になっている場合、面接官はそうした点を必ずみています。

残念ながら、高学歴というだけで採用が確実!という時代ではないので、自分自身を冷静に見極めながら転職活動に励む必要があるでしょう。

コミュニケーション能力が不足しているパターン

第二新卒の方は、一度社会に出てしっかりと働いています。

そのため、企業側もある程度のコミュニケーション能力がある人を求めていることが多いです。

第二新卒は、

  • 社会人としてのマナーや常識が備わっている
  • 教育に時間やコストを掛けなくても良い
  • そこそこ仕事ができる人材

などを期待して募集をかけています。

しかし、一定のコミュニケーションが取れない方や、社会人としてのマナーが守れない方であれば、採用されない可能性は十分にあります。

そのため、いくら高学歴であってもまずは社会人としての基礎を意識して面接に臨むことが大切です。

企業側が求めているものとのミスマッチ

転職希望者が高学歴であると、しっかりと努力した上で面接に臨む方も多いです。

しかし、努力する方向性が間違っていると、企業側とのミスマッチが生じてしまいます。

例えば、企業の社訓や業務内容を丸暗記して面接を受けるようなパターンです。

確かに、社訓などを暗記することは大切ですが、企業側は暗記が得意な人材ではなく

「一緒に働きたいと思える人材」や「企業に貢献してくれる人材」などを求めています。

このように、企業サイドとのミスマッチが生じているとどれだけ自分が完璧に準備できたと思っていても採用で落とされてしまうでしょう。

こうしたミスマッチを生じさせないためには、事前にキャリア診断アプリなどを利用してキャリア診断を行っておくことが大切です。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

企業側が高学歴の第二新卒者に求めるものとは何か

学歴の第二新卒者に求めるものとは何か

高学歴の第二新卒者だからといって必ず採用されるわけではないことを解説しました。

転職活動を成功させるためには企業側が何を求めているのかについてしっかりと理解しておくことが大切です。

ここでは、第二新卒者に求めるものについて解説していきます。

うまく企業に馴染んでくれること

第二新卒者とは、一旦社会人となったものの、何かしらの理由があって転職を決意した方です。

ただ、何回も転職を繰り返しているような人とは異なり、転職が初めてというケースがほとんど。

そのため、次回は企業で長く働いてくれることを採用する側も期待しているのです。

その上で、採用しても現場の雰囲気に馴染めるかどうかということをチェックしています。

主体的に行動してくれるか

第二新卒者に期待していることとして、主体性が挙げられます。

大学を出たばかりの新卒者であれば右も左も分からず、基本的には上からの指示を待っています。

それに対し、第二新卒者はある程度社会のことを理解しているので、新卒者と比較してもきびきびと主体的に動くことができるケースが多いです。

企業サイドも、そうした行動力や判断力などを第二新卒者に期待しています。

言われたことだけをこなすのではなく、自ら考えて行動していくスキルが重視されると言えるでしょう。

長く働いてくれること

第二新卒者は、一度転職を経験しています。

前向きな理由で転職する方も多いと思いますが、もしかすると前の企業でうまくいかないことがあり、辞めてしまったという方もいらっしゃるでしょう。

企業サイドはできるだけ長く戦力になってほしいと考えているため、

「すぐに辞めてしまわないだろうか・・・」

ということを危惧しています。

そのため、面接でも長期的に貢献できるということをうまくアピールできれば、好印象を与えることができるでしょう。

とりあえず3年働くというのは正しい?

とりあえず3年働くというのは正しい?

第二新卒者の方で、これから転職活動を開始しようか悩んでいるのであれば、

「とりあえず3年働いた方が良いのか・・・?」

とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

ここでは、よく話題になる”とりあえず3年”ということについて深掘りしていきます。

1年くらいでも辞めて良い

これは個人的な意見ではありますが、正直1年くらい勤めてみて辛いと感じているのであれば、辞めても良いと思っています。

というのも、1年ほど働けば、その会社の人間関係や全体像などはおおよそ見えてくると思うからです。

流石に3ヶ月程度で辞めるのは早いですが、1年ほど働いてみてもう辞めたいと思うのであれば転職を検討してみても良いでしょう。

迷いがあるなら3年続けるのはあり

ただし、気持ちに迷いがあるのであれば、転職は見送るべきです。

「もしかして、まだこの企業でやれることがあるかも」

「本当に辞めて良いのか?」

など、少しでも未練が残りそうであればもう少し続けてみましょう。

転職する場合、強い意志が必要になります。

決心がブレないと自信を持って言えるようになってから、転職活動を始めましょう。

高学歴にどこまでこだわるべき?

第二新卒において高学歴は有利に働くことは事実です。

ただ高学歴であるプライドが高過ぎると転職が上手く進まないこともあります。

例えば自身の学歴が高いとそれに見合った大企業に入らないといけないと決めつけてしまうことです。

確かに大企業への転職に挑戦することは良いことですが、大企業だけに焦点を絞ってしまうと視野が狭くなり、選択肢が少なくなってしまいます。

また、大企業になればなるほど第二新卒といえどもハードルは高いので、中々内定が貰えないという事態にもなりかねません。

転職をする上で大切な事は企業のブランド力ではなく、仕事内容であったり自身のキャリアプランに合っているかどうかです。

もし学歴にこだわり過ぎて、転職活動が上手くいっていない場合は上記のことを再認識した上で視野を広くして転職活動を進めてみましょう。

企業は面接で何を見ている?

それでは企業側は第二新卒の採用面接で何を見ているのでしょうか?

新卒とも中途採用とも異なるので何を基準に見られているのか分からない方は多いと思います。

この項目では実際に第二新卒の採用面接で企業側が何を重視しているのかを丁寧に説明していきます。

企業側が何を重視しているのかを知れば転職活動も上手く進められるでしょう。

一定の学歴

まず最初に見られるのは学歴です。

企業によっては新卒採用同様に学歴フィルターをしています。

その学歴から転職者が受験生だった時にどれだけ努力を積み重ねたのかを面接で聞いてくる場合もあります。

企業側としては入社した際に任せた仕事を頑張り抜けるかどうかを確認する意図で質問をしてきますので、正直に真摯に答えられるようにしましょう。

また、受験時に一度挫折をしたものの、どういう考えで挫折を乗り越えたかも話せればその分、評価はプラスに働くでしょう。

人間性

企業側としては第二新卒はまたすぐに転職をしてしまうのではないかということを不安視しています。

採用にもお金が掛かっているため、すぐに転職をされてしまうと企業側が損をしてしまうのです。

そのために面接では人間性を重視する傾向があります。

実際に自社の雰囲気に合うかどうかや志望動機から熱意が伝わってくるかどうかです。

そのため、志望動機を聞かれた際は「絶対に御社じゃないと」という熱意を面接官に伝えてあげましょう。

それだけで企業側も上記のような不安は和らぐものです。

コミュニケーション能力

営業職はもちろんのこと、どの職種でもコミュニケーション能力は必要です。

そのため、第二新卒の採用面接でもコミュニケーション能力は重視されます。

受け答えがちゃんとできるか、端的に話せるか、論理的に説明ができるかを企業側も見ているのです。

また会話をしている時の表情や目の動き、反応の仕方なども見られています。

もし、コミュニケーションに自信がない場合は転職エージェントで模擬面接をしっかり行いましょう。

また、日常的に結論ファーストで論理的に会話を構築できるように意識をするのもおすすめです。

まとめ

今回の記事では、高学歴の第二新卒者が転職を成功させる方法について解説しました。

  • 大手企業やベンチャー企業では学歴が重視される
  • ただし、高学歴であっても必ず受かるわけではない
  • 企業サイドとのミスマッチや慢心があると普通に落ちる
  • 自分の適性を分析することや、転職サポートを利用するのがおすすめ

高学歴の第二新卒者が転職する場合、他の人よりは有利であることは事実です。

しかし、だからといって必ず受かるということではないため、上記で解説したことを意識して転職活動を進めていくのが良いでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました