病院薬剤師がしんどい!辛い時の対策と理由について徹底解説!

病院薬剤師がしんどい しんどい

「病院の薬剤師がしんどい・・・」

「病院に勤めているけど、辛い・・・」

このようにお考えではないでしょうか。

病院の薬剤師は他の業種とは少し異なり、独自の勤務体系ゆえに”しんどい”と感じてしまう人も少なくありません。

今回の記事では、病院薬剤師がしんどいと感じている方に向けて、その対策や”しんどい”と感じてしまう理由について詳しく解説していきます。

病院薬剤師がしんどい時の対策5選

病院薬剤師がしんどい時の対策5選

現在、病院薬剤師がしんどいと感じているのであれば、以下の対策を行ってみると良いでしょう。

まずはゆっくりと休む

まずはゆっくりと休むことが大切です。

どのような問題に直面しているかは人によって異なると思いますが、心身ともに疲れている状態では良い判断を下すことができません。

長時間労働が続いていませんか。

いつまでも業務が終わらず苦しい思いをしていないでしょうか。

まずはゆっくりと休んでください。

1日仕事から離れ、ぼーっとする日を作ることで、頭の中を整理することができます。

心と体が休んだら今後どうするかしっかりと考えていきましょう。

休職してみる

職場によっては、休職制度が用意されている環境もあるはずです。

もし、どうしても辛い場合はそうした制度を利用してみると良いでしょう。

休職することで、しばらく仕事から離れることができます。

いちど職から離れれば、今後どうしていくべきかについてゆっくりと考えることが可能です。

そのため、場合によっては休職してみるのも選択肢と言えるでしょう。

もし、休職することを許してもらえるような職場であれば、それはブラックな環境といえます。

そのような環境で働いている場合は、すぐさま転職を検討した方が良いでしょう。

働き方を変える

薬剤師としての働き方は、フルタイムだけではありません。

パートや派遣社員として働く選択肢もあります。

薬剤師はその資格の需要の高さ故、時間給も高く設定されていることがほとんどです。

特に病院の薬剤師は一般的な企業よりも給料が低く設定されているため、環境を変えれば年収アップする可能性が高いでしょう。

パートや派遣社員の方がむしろ給料が高くなる可能性もあります。

フルタイムでの働き方に疲れ果てているのであれば、自分らしく働けるような働き方を検討するのも選択肢と言えるでしょう。

もし、自分がどんな働き方をしたいかわからない場合は、以下でも解説するコンサルタントなどに相談すると良いです。

信頼できる人に相談する

悩みやストレスをひとりで抱え込んでいませんか。

もし、自分だけで問題を解決しようとしているのであれば、信頼できる誰かに相談しましょう。

人間は、1人で考えられる物事の量に限界があります。

誰かに悩みを打ち明けることで、自分の頭の中を整理することができ、気持ちもスッキリするのです。

友人や家族、同僚や上司など、信頼できる人に悩みを打ち明けてみましょう。

もし、身近に相談できそうな人がいない場合は、以下で解説するような薬剤師専門のコンサルタントに相談してみるのがおすすめです。

薬剤師専門のコンサルタントに相談する

病院薬剤師がしんどいと感じているのであれば、薬剤師専門のコンサルタントにまずは相談してみることがおすすめです。

薬剤師の仕事に詳しいコンサルタントに相談することで、あなたの悩みを解決できる可能性があります。

今の悩みをコンサルタントに話すことで、あなたに合った働き方や転職先を無料で紹介してもらえます。

利用は非常に手軽にできる上に、完全に無料であるためまずは気軽に相談してみるのが良いでしょう。

今悩んでいることも相談してみることで心が楽になるはずです。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

病院薬剤師がしんどい理由とは?

病院薬剤師がしんどい理由とは?

そもそも、病院薬剤師がしんどい理由にはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

ここでは、病院薬剤師がしんどいと思う理由について詳しく解説していきます。

人間関係がしんどい

まず、どのような職場でも同じですが、病院薬剤師も人間関係がしんどいと思う人が多いようです。

病院の薬剤師は、薬剤部として独立した環境が設定されていることが多いです。

職場内でも、かなり閉鎖的な空間になるため、女性特有の人間関係の悪さに悩んでいる人もいます。

例えば、薬剤部長や薬剤科長等と性格が合わず、内部でコミニケーションがうまく取れないなどの問題が挙げられるでしょう。

こうした問題は、上司に相談してもなかなか解決せず、どうしようもない場合が多いです。

もし、人間関係でお悩みの病院薬剤師の方は、もっと大きな病院に環境を移すか、ドラッグストアなど別の職場に移ることを検討してみましょう。

夜勤がしんどい

病院薬剤師の場合は、夜勤が発生することもあります。

20代や30代の若い頃であれば問題ありませんが、40代以降になると、徐々に仕事が辛い、しんどいと感じる人が多くなるようです。

特に、薬剤師は女性の方が多く、家庭との両立が難しいと考える人もいらっしゃるでしょう。

中には、結婚や出産を機に退職し、もっと働きやすい環境に身を移す人もいます。

どうしても夜勤が辛い場合は、夜勤のない職場に転職するのも選択肢の1つといえそうです。

給料が低い

給料の低さに不満を感じてしまう人もいらっしゃいます。

病院薬剤師は、特に他の職場よりも給料が低く設定されていることが多いです。

特に個人系列の病院だと、独自の給与体系が組まれていることも多く、企業やドラッグストアなどと比較すれば給料が低いと感じる人もいらっしゃるでしょう。

友人や同級生の話を聞いて、自分の方が給料が低いと感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

もし、病院薬剤師の給料が低いと感じているのであれば、もっと給与水準の高い業種にシフトするのがおすすめです。

調剤薬局がドラッグストアなどは、水準も高いので検討してみると良いでしょう。

やりがいを感じない

実際に現場で働いてみて、自分が思っていたよりも仕事が楽しくない、やりがいを感じないと思う人も多いです。

病院薬剤師になる方は、病院の業務に向き合いたいと感じている方もいらっしゃるでしょう。

例えば、医療従事者として患者様に貢献したい、向き合いたいと思っているのに、いざ配属されてみるとひたすら調剤を行うだけであれば、やりがいを感じることができません。

もし、現場でも仕事にやりがいを感じていないのであれば、上司に相談してみたり、業務内容を少し変えてもらうことも検討してみましょう。

それでも改善されるかは分かりませんが、どうしても辛い場合は環境を変えることも選択肢の1つです。

業務量が多い

仕事量があまりにも多く、悩んでいる方もいらっしゃいます。

薬剤師は、どの業界も人手不足に陥っています。

そのため、一人当たりの仕事量が増えてしまう状況です。

本来であれば薬剤師の仕事ではない雑務なども引き受けていることがあり、いつまでたっても仕事が終わらないと感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし、あまりにも忙しく休日出勤を続けているようであれば、もっとライフワークバランスが詰まった環境に身を置くことを考えましょう。

病院薬剤師がしんどいと感じる人の特徴は?

病院薬剤師がしんどいと感じる人の特徴は?

病院薬剤師がしんどいと感じてしまう人の特徴にはどのようなことが挙げられるのでしょうか。ここでは具体的な特徴について解説します。

他の人とうまくコミュニケーションが取れない人

この薬剤師でもそうですが、病院薬剤師は特に他の人とうまくコミニケーションが取れるかどうかという点が重要になります。

病院内でも、薬剤師の人数は限られているにもかかわらず、現場では最前線で働く必要があります。

そのため、コミニケーションが周囲とうまく取れなければ、連携ができず、患者様に迷惑をかけてしまうことがあるのです。

うまくコミニケーションが取れないと、患者様からクレームが来ることもあり、ストレスがかかる仕事になります。

また、病棟によってはナースや医師と性格が合わないこともあり、そうした職場ではより過酷な環境で働く必要があるため、悩んでいる人も多いようです。

知識不足を感じる人

医療業界は日々進歩しており、薬剤師は業務に対しても常に勉強する必要があります。

薬の知識だけではなく、病院内で求められる医療に関する知識も更新し続けなければなりません。

中には、自分の知識不足に対してストレスを感じてしまう方もいらっしゃるようです。

現場では、知識不足は患者様に対する治療のミスにつながってしまいます。

実際、医療ミスによって命に関わる事故が発生したケースもあるため、日々ピリピリとしながら働いているのです。

しかし、薬剤師の仕事は周囲からは評価されにくく、感謝されることもあまりないため、モチベーションが下がってしまう人も多いようです。

ライフワークバランスを充実させたい人

病院薬剤師として、当直をきついと感じてしまう人は多いのではないでしょうか。

20代ならまだしも、30代を超えてくると体力面でもしんどいと感じる場面が増えるはずです。

夜勤や当直がない病院もたまにありますが、基本的にはどの病院も夜勤があることが多いです。

若手であれば、基本的に断ることもできずストレスを感じてしまう人もいらっしゃるでしょう。

そのため、ライフワークバランスを充実させたいと感じる人は、夜勤のない職場に移るという方もいらっしゃいます。

病院薬剤師がしんどいと時に利用すべき転職サービス

薬剤師の仕事がしんどいと感じる方におすすめの転職サービスは?

現状、病院薬剤師がしんどいと感じているのであれば、転職サービスを利用するのがお勧めです。

以下でご紹介する転職サービスは、無料で利用できる上に専任のコンサルタントが丁寧に相談に乗ってくれます。

ぜひ利用してみてください。

薬キャリ

薬キャリはスピード感に定評のある薬剤師特化の転職サービスです。

最短で、1日10件の転職先を紹介してくれることもあり、スピーディーに転職を実現させたいと考えている方にはお勧めできるサービスとなっています。

また、電話のみで転職先を紹介してもらえるので、面談をいちいち受けるのが煩わしいと考えている方もおすすめです。

気軽に利用できるので、まずは無料相談してみてはいかがでしょうか。

現状を打破☆チャンスを掴め!
▶︎薬剤師転職ならエムスリーキャリア

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、業界大手のマイナビが運営している転職サービスです。

こちらのサービスでは、面談を重視しており、丁寧な面談を通じてカウンセリングを行いながらあなたにふさわしい転職先を紹介してもらえます。

また、企業内部に精通したコンサルタントが在籍しているので、事前に企業の情報を教えてもらえることもあります。

「転職先で失敗したらどうしよう」

と不安な方も、ミスマッチを未然に防止できるため、安心して利用することが可能です。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、正社員だけではなくパートや派遣社員など、様々な求人を取り扱っている薬剤師の転職サービスです。

その求人数は幅広く、大都市以外でも地方の案件も多数取り扱っているので、地元で働きたい方にもお勧めできます。

面談にスタッフが同行してくれるサービスもあり、自分1人で面談を受けるのは不安な方でも安心して利用することが可能です。

派遣社員の福利厚生も充実しているので、派遣として働きたい方は利用してみると良いでしょう。

まとめ

今回の記事では、病院の薬剤師がしんどい方に向け、具体的な対策を解説しました。

病院薬剤師は何かとストレスが溜まりやすく何を抱えている方もいらっしゃると思います。

今回の記事でご紹介した転職サービスなどを利用し、今後どうすべきか考えてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました