年収をアップさせる方法とは?具体的な方法5選

年収アップさせる方法 年収アップ

年収が思っていた以上に上がらないと悩まれている方はいらっしゃいませんか?

年収をアップさせる方法は複数あります。

そして悩まれている方はその方法を知らないという方が大半でしょう。

今回の記事では年収をアップさせる方法から年収が上がりやすい人の特徴まで詳しく説明をしていきます。

年収が上がらなく悩んでいる方は参考にして頂きたいです。

年収アップするための方法5選

年収アップするための方法5選

それでは年収をアップするにはどういう方法があるのでしょうか?

この項目では年収をアップさせる方法をご紹介します。

ご自身のゆとりやスキル、状況に応じて選ぶべき方法が変わると思いますのでご自身と重ねて読んで参考にしていただければと思います。

会社で出世する

年収を上げるのに一番簡単な方法は、今在籍している会社で昇進をしたり出世をすることです

特に日本企業においては管理職と一般社員では給料とボーナスで天と地の差があります。

それは厚労省が出している「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況」にも掲載されています。

ただ古い体質の企業も多く存在しており、そう言った企業では出世も昇進も年功序列を重んじるため、どれだけ頑張っても早期に出世ができないと感じることは多いでしょう。

副業を始めてみる

出世や昇進が一番簡単に年収を上げる方法ですが、働きが評価されるにはある程度の時間が必要です。

そんな時間は待っていられないという方は副業をしてみるのもおすすめです。

又、副業で月の給料にプラス数万円稼ぐことはそれほど難しいことでもありません。

ウェブライターやアフィリエイトであれば空いた時間でも十分にできます。

スキルアップする

スキルアップをするのも年収を上げるにはおすすめです。

自身の在籍している会社の仕事で役に立つ資格を取ると資格手当を支給してくれる会社もありますので目指しても良いかもしれません。

また、資格手当がなくても自身の仕事にそのスキルを活かすことで実績を上げることができれば評価に繋がり、昇進もしやすくなるでしょう。

更にそのスキルを副業でも活かせられれば、自身の年収を一気に上げることもできると思います。

おすすめのスキルはプログラミングです。

プログラミングができれば在籍している会社の仕事を効率化することもできますし、副業としても需要もあり稼いでいけるからです。

社内で交渉してみる

自身の能力や実績と年収が見合っていないと感じる場合は上司に交渉するのも一つの手でしょう。

日本企業において上司に交渉をすることで年収が上がる可能性はかなり低いですが、交渉をしないよりはした方がいいです。

交渉の時のポイントとしてはただ年収を上げて欲しいというのではなく、自身の上げてきた実績や会社への貢献を具体的な数字に落とし込んで交渉するのがいいでしょう。

転職先を探す

社内への交渉や昇進、昇格が今の会社で期待できない場合は転職をおすすめします。

新卒の時は内定時に給与交渉はできませんが、転職時は給与交渉ができます。

そこで重要になってくるのが面接時に自身の実績やスキルをどれだけアピールできるかです。

ただ給与交渉のコツも分からない状態で交渉をしても上手くいく可能性は低いでしょう。そんな時に頼りになるのが転職エージェントです。

転職時に転職エージェントを利用することで転職活動のサポートだけでなく給与交渉もしてもらえます。

給与交渉のコツも把握しているので上手く交渉がまとまる可能性が高いです。

上記の理由から転職エージェントの利用を強くおすすめします。

▶︎転職エージェントに登録してアドバイザーに相談してみる

年収アップしやすい人の特徴とは?

年収アップしやすい人

年収アップしやすい人にはいくつかの特徴があります。

ここでは、年収アップしやすい人の特徴について見ていきましょう。

地味な努力を継続できる

年収を上げやすい人の特徴の一つは地道な努力を如何に継続できるかです

スキルアップのために勉強をしたり、他の人よりも早く出社することで時間を有効活用し続けられる人は社内での評価に繋がります。

評価に繋がれば徐々に年収を上げられる可能性が高まっていくはずです。

また、副業に関しても時間を上手く捻出して継続をし続ければ依頼者からの信頼も高まり、多くの仕事を振ってもらえるようになるでしょう。

積極的にコミュニケーションを取る

年収が上がりやすい人はコミュニケーション能力が高いというのも特徴の一つです。

上司や同僚、後輩とコミュニケーションを取ることで仕事を円滑に回すことができるでしょう。

そうなると社内での評価に繋がり、結果として年収を上げることに繋げられます。また、フットワークが軽いとプラスです。

仕事外でも社内の人とは飲み会やゴルフ、社内レクリエーションと交流が多いものです。そういう場にも積極的に参加することで社内上層部との繋がりも持てて、評価されやすくなるでしょう。

主体的に仕事ができる

主体的に働くことができるというのも年収が上がりやすい人の特徴でしょう。

任された仕事だけではなく、自身で見つけて仕事をするということです。

例えば誰がやってもいいような雑務を積極的にしたり、誰も取り掛かれていない仕事をすることであったりです。

また営業であれば周りがルート営業で手一杯の状況下で自身のルートと新規開拓をすることで主体性をアピールできます。

そういうプラスアルファの仕事をすることで会社への貢献に繋がり、ひいては評価に繋がっていくでしょう。

そして結果として年収が上がっていくということになります。

年収アップする上で押さえるべきポイント

年収アップするポイント

年収アップを狙った転職では、以下のことに注意しましょう。

収入が高い業種に転職する

年収を上げる目的で転職をする時は、収入が高い業種を選ぶようにしましょう。

厚生労働省が調査した結果を参考に、収入の高い業界をご紹介します。

男性であれば「金融・保険」が最も給与が高いです。

次に教育や学習支援が高いでしょう。そして女性の場合は情報通信業が最も給与が高く、続いて教育・学習支援業が給与が高くなります。

そして逆に年収を上げたいと考えているのであれば男女ともに宿泊業・飲食業は選ばないようにしてください。

給与が今以上に減る可能性があるからです。

専門性が高い仕事に転職する

もし専門性の高い資格を持っていたり、取ろうと思う気概があるのであれば専門的な職種に転職をするのもいいでしょう。

専門性の高い資格は合格する難易度が高いですが、それゆえに年収は一般企業と比べ物になりません。

たとえば弁護士や司法書士、行政書士などの士業や不動産鑑定士、一級建築士などの土木関連の資格です。

現時点でそのような資格を保有している場合はすぐに転職をおすすめします。

そしてこれから年収を上げるために取ろうと考えるのであれば膨大な勉強時間を覚悟する必要があるでしょう。

給与テーブルの高い会社に転職する

給与テーブルが高い企業に転職をするというのも年収を上げるという点では有効です。

給与テーブルとは、社員のランクに応じた給与表のことです。

社員のランクとともに期待される職務内容やノルマが記載されています。

この給与テーブルがそもそも低い場合はどれだけ頑張っても、どれだけ出世をしても年収を大きく上げることは叶いません。

そのために転職をする際は上記のような給与テーブルを確認する必要があります。

ただ個人で転職活動をしても各社の給与テーブルを知ることは難しいです。

そんな時は転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは各企業との繋がりも強いので給与テーブルも知っている企業がほとんどです。

転職エージェントから各企業の給与テーブルを確認しながら転職を進めていきましょう。

▶︎転職エージェントに登録してアドバイザーに相談してみる

年収をアップさせたいというのは転職理由で一番多い

年収をアップさせたいというのは転職理由で一番多い

所属している業種の給与が安い

飲食業や宿泊業、福祉業などはベース給の低い業界に所属している場合は年収を上げることは難しいでしょう。

もしその業界で大きく年収を得たいと思った場合、自身で起業をするか業界トップになるまで有名になるかの2つしか方法はありません。

ただその方法を選んだ場合、膨大な時間とセンスが必要になってくるでしょう。

誰もができるわけではありませんので別業界に転職をする方が効率的です。

会社の給料が安い

ベンチャー企業は給与が安い場合が多くあります。

また製造業などは20代の年収がかなり低く、40代にならないと年収が上がらないということはザラです。

たとえばベンチャー企業で勉強をして、起業するという目的があるのであればベンチャー企業はおすすめですが、そうでないなら考え直した方が良いでしょう。

大企業からベンチャー企業への転職は簡単ですがその逆は難しいです。

また年収を下げて転職するのは簡単ですがその逆は難しいです。

安易に楽で簡単な道を選ばないようにしましょう。

出世できない

もし現時点で周囲との出世争いに出遅れている場合は転職を考えた方がいいでしょう。

その会社や仕事が自分に合っていない、そもそも仕事ができないという根本的な原因があるはずだからです。

その会社では出世や活躍ができなくても他社に行ったら目覚ましく活躍するということは往々にしてあることです。

周囲の目を気にせずに会社が合っていないと思ったらすぐに転職を検討してみてください。

特に日本企業は減点方式の企業が多いです。

一度の出世の出遅れは大きくマイナスポイントとされて命取りになります。

そのため、外資などの成果主義で加点方式の会社がおすすめ。

成果に繋げるチャレンジをよしとして何度かの失敗をしても許される環境だからです。

年収アップを狙うなら転職エージェントが一番早い

年収アップを狙うなら転職エージェントが一番早い

転職で年収アップを目指すなら転職エージェントの利用を強くおすすめします。

転職エージェントは完全無料でサービスを受けることができます。

企業選定から職務経歴書の添削、面接対策など転職に関するあらゆるサポートを受けられるでしょう。

また企業内定時には給与や待遇の交渉をしてもらえます。

転職エージェントは数々の給与・待遇の交渉をしてきておりノウハウなどもあるため、条件通りの年収や待遇で転職できる可能性がかなり高いです。

こういった理由から転職エージェントは利用するべきと言えます。

▶︎転職エージェントに登録してアドバイザーに相談してみる

まとめ

今回は年収を上げる方法から年収の上がりやすい人の特徴などを説明してきました。

せっかく頑張って働いているのに年収が上がらないというのはとても辛いですよね。

今回の記事がそういう方々に届いて、年収アップを成功させることを心よりお祈りいたします。

また転職をして年収を上げたいと考えた場合は、しつこいようですが転職エージェントの利用を強くおすすめします。

少しでも年収が上がる可能性を高めてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました