HSS型HSPは薬剤師に向いてない?仕事が辛い・しんどい時の解決策

HSPは薬剤師に向いてない

HSS型のHSPは薬剤師に向いてない?

HSPで仕事が辛いときはどうしたら良い?

などと、お悩みではないでしょうか。

HSPは仕事をする上で何かとストレスを感じやすく、疲れてしまうことも多いでしょう。

この記事を執筆している僕自身も、HSP診断ではほぼ満点を取るほどの生粋のHSPです

今回は、HSPでお悩みの薬剤師の方に向け、具体的な解決策をご紹介します。

この記事を読めば分かること
  • HSPの特徴
  • HSPで薬剤師に向いてないと感じる時の対策
  • HSPの人が転職サービスを利用すべき理由
  • HSPの薬剤師の方におすすめの転職サービス
目次

HSPの特徴とは?

HSPの特徴とは?

そもそも、HSPと呼ばれる人の特徴とはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

具体的な特徴としては、「DOES」と呼称される以下のようなものです。

複雑な思考・思考力が強い・興味のあることには徹底的に突き詰めようとする
・少しのことを聞いて、そこから多くのことを想像する
・物事の本質を見抜く能力がある
刺激に敏感である・人混みが辛いと感じる
・対人コミュニケーションが苦手
・映画などを見ると感情移入しやすい
・他人の言動に傷ついてしまう
人の気持ちに共感する・誰かが辛い思いをしていると、自分のことのように感じる
・他人の仕草や期限に敏感に反応してしまう
感覚が優れている・些細な物音が気になってしまう
・光や匂いに反応しやすい
HSP特有の「DOES」と呼ばれる特徴

もし、このような特徴に当てはまっているのであれば、あなたはHSPである可能性が高いでしょう。

HSS型HSPで薬剤師の仕事が辛い・しんどい時の解決策は?

HSPで薬剤師に向いてないと感じる時の解決策は?

最初に結論から入りますが、HSPでお悩みの薬剤師の方は以下のような解決策を実践してみてください。

HSPは何かと悩みやすい体質だと思いますが、働き方や環境を変えることで、スムーズに日々の業務をこなすことに繋がります。

自分を責めない

まず最初にお伝えしたいことは、自分を責めないでほしいということです。

HSPで悩んでいる薬剤師の方は、次のように考えてしまいがち。

  • なんでこんなこともできないのだろう
  • 他の人ができているのに、自分だけできないなんて、情けない
  • 自分は社会不適合者だ・・・

責任感が強く、感受性も敏感な方ほどこのように自分を責めてしまいます

しかし、今の仕事がうまくいかないのは、あなただけの問題ではありません。

働く環境や仕事内容など、周囲と自分の特性がマッチしていないだけの可能性が高いです。

そのため、まずは自分を責めるのではなく、“何がうまくいっていないのか”ということをしっかりと考えてみましょう。

冷静に問題を分析することで、今後の方針も決めることができます。

派遣やパートで働いてみる

HSPで辛いとお考えの方が最も簡単にできる解決策として、“働き方を変えてみる”という方法があります。

薬剤師はその資格の希少性から、求人数もかなり多いです。

また、派遣やパートであるとしても時間単価が高く、少しの時間であっても高収入が期待できます。

今すぐ転職しない場合でも、後述する薬剤師専門の転職サイトに登録して求人を眺めるだけでもかなり視野が広がるでしょう。

あわせて読みたい
パート薬剤師のメリット・デメリット|正社員とどっちがお得? 「正社員薬剤師で働くのがきつい」 「パート薬剤師になると年収が減るのでは?」 「ブランクがあるけど薬剤師をパートで復職したい」 など、正社員からパートに切り替え...
あわせて読みたい
派遣薬剤師のメリット・デメリット|仕事内容・時給や働き方は? 「派遣薬剤師として働いてみたい・・・」 「派遣薬剤師のメリット・デメリットが知りたい・・・」 「派遣薬剤師の時給ってどれくらい?高いの?」 このようにお考えでは...

人事異動のない職場で働いてみる

次に、人事異動のない職場で働くのも一つの選択肢です。

後ほど解説するように、HSPだと対人関係で悩みを抱えてしまう人が多いです。

せっかく一つの職場で馴染めたのに、異動になったことでまた新しく関係を築き直さなければならないストレスを抱えている方もいらっしゃるでしょう。

そのため、なるべく異動がない地域の病院や薬局などで働くことも視野に入れてみましょう

なるべく人と接しない職場を選ぶ

求人によっては、薬品の在庫管理など、薬剤師であるものの対人関係が少ない仕事もあります。

実際に求人情報を眺めてみると、こうしたレアな仕事も見つけることができるのです。

対人関係が苦手だと思うのであれば、なるべく人と接しない職場を選んでみるのも良いでしょう。

職場は今の環境だけではありません。

職場環境によっては感受性豊かなHSPの特徴が、良い方向に発揮されることもあります。

以下では転職したい時に行うべきことを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

▶︎HSPの方に最もおすすめの転職サービス!【ファルマスタッフ】に相談してみる

あわせて読みたい
薬剤師の転職エージェント・サイトの選び方は?転職のコツを経験者が解説 「転職したいけど、何からはじめたら良いかわからない」 「転職エージェントって使った方が良いの?」 「どんなエージェントなら安心?失敗しないために気をつけること...
あわせて読みたい
【2022年最新】薬剤師向け転職エージェント比較|おすすめ5選と選び方 薬剤師という職種は、意外にも転職者が多い傾向にあります。 というのも、全国的に薬剤師は不足しているため、転職する際に次の就職先に困らないからです。 しかし、転...

HSS型HSPの薬剤師の仕事が辛い・しんどい|転職したい時はどうしたらいい?

HSPの薬剤師が転職したい時はどうしたらいい?

HSPで働き方に悩んでいる薬剤師の方は、転職する際にも困ってしまうことが多いです。

ここでは、HSPだと自覚している薬剤師の方が転職する際のポイントをご紹介していきます。

HSPならではの強みを生かす

HSPは何かと深く考えてしまい、傷つきやすかったり、繊細すぎるというようにネガティブな印象を持っているかもしれません。

しかし、こうしたことは一見すると弱みに映りがちですが、実は他の人にはない強みにもなり得るのです。

例えば、

  • 人の気持ちがよくわかる
  • 繊細なことまで対処することができる
  • 感受性が豊かで細かいところまで気配りができる

というように、HSPならではの強みもあります。

これらの特徴を生かした職場を選ぶことで、転職の成功率もグッと高めることができるでしょう。

職場選びを徹底しよう

HSPだとしても、薬剤師の資格を持っているのは非常に強みであると言えます。

せっかくなら、なるべく資格を活かして働きたいとお考えの方が多いのではないでしょうか。

対人関係に強いストレスを感じている場合でも、職場選びをしっかりと行えば転職を成功させることができます。

HSPの特徴を活かし、患者様に寄り添った対応をしながら業務をこなすこともできるでしょう。

そのためには、事前に口コミをチェックしたり、企業情報をリサーチしておくことが大切です。

以下で紹介するような転職サポートサービスを利用することで、評判の良い転職先を見つけることができます。

HSS型HSPの薬剤師に適している職場環境とは?

HSPの薬剤師に適している職場環境とは?

ここからは、HSPの薬剤師の方に適している職場環境について見ていきましょう。

あくまで参考例ではありますが、今後の働き方に悩んでいる薬剤師の方はチェックして見てください。

パートや派遣薬剤師

まず、パートや派遣薬剤師として働く方法です。

収入面はそこそこでも良いので、ゆったりと働きたいという方はパートとして働くのが良いでしょう。

パートであれば、時間も限られた状態で働くことができるので、対人関係なども最低限で済ませることができます。

また、“収入はガッツリ稼ぎたいものの、なるべく残業はしたくない”という方は、派遣として働く方法がおすすめです。

派遣社員なら残業についても厳しく管理されているため、サービス残業を行わずに済みます。

また、時給が3,000円以上となっているケースもあり、高時給でしっかり稼ぐことも可能です。

対人関係に悩みやすい場合、契約期間を決めて働く派遣の方が相性が良いと言えます。

▶︎【派遣求人が豊富】ファルマスタッフに相談してみる

在宅勤務薬剤師として働く

在宅で働ける薬剤師の仕事があることをご存じでしょうか。

現在では自宅からオンラインで顧客対応を行う、在宅勤務薬剤師という働き方もあります。

出勤の手間がなく、自由に働ける上にHSPの方が苦手な対人関係も少ないため、非常に相性が良い働き方と言えるでしょう。

在宅勤務薬剤師の仕事内容は以下の通りです。

  • 自宅であるため調剤は行わない
  • 漢方薬をお求めの顧客対応
  • チャット対応や配送状況の確認
  • 各種手続き

など、在宅でも様々なお仕事を行います。

給料としてもパート薬剤師の平均と同程度の時給をもらえるため、選択肢の一つとして検討してみると良いでしょう。

▶︎パート求人に強いファルマスタッフに相談してみる

メディカルライターとして働く

このほかにも、メディカルライターとして働いてみる方法もあります

本来の薬剤師業務を行うのではなく、ネット上の記事や薬剤師の体験談を文章で表現して作成するお仕事です。

特に薬学系の記事作成は薬事法などを理解している薬剤師の方が制作することで需要も高く、完全オンラインで働くことができます。

文章力がある程度必要にはなりますが、対人関係に悩まされている方は一人で黙々と作業する仕事の方が適しているケースもあるでしょう。

こうしたお仕事も、選択肢の一つとして検討してみると良いと思います。

あわせて読みたい
【2022年最新】薬剤師向け転職エージェント比較|おすすめ5選と選び方 薬剤師という職種は、意外にも転職者が多い傾向にあります。 というのも、全国的に薬剤師は不足しているため、転職する際に次の就職先に困らないからです。 しかし、転...

HSS型HSPの薬剤師が転職サービスを利用すべき理由

HSPでお悩みの薬剤師の方は、なるべく転職サービスを活用して転職することがおすすめです。

ここでは、その理由についてご紹介していきます。

自分に合った職場を探すことができる

まず、自分に合った職場を探すことができます。

HSPの方は、現在の職場で働きにくさややりにくさを感じている人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、今の職場が合わないからといって、他の職場も同じようになるとは限りません。

特に、自分自身の特性と職場がマッチしていないケースも多く、悩んでいることやうまくいっていないことをコンサルタントの人に相談することで、あなたに適した職場を紹介してもらえます

以下でも解説しますが、転職サービスによっては企業の内部事情にも詳しいコンサルタントが在籍していますので、性格に応じて最適な職場を選べるのは利用するメリットと言えるでしょう。

市場に詳しいプロに相談できる

転職サービスを利用すると、市場に詳しいプロに無料で相談することができます。

そもそも、転職をスタートさせようと思ったとしても、どのような職場を受ければ良いか迷ってしまうのではないでしょうか。

薬剤師といえど、病院や薬局、ドラッグストアなど、その就職先は幅広いです。

そのため、まずはコンサルタントとの面談を通じ、自分がどこに向いているのか聞くこともできるのはメリットと言えます。

利用は完全無料なので、お金を払わずにこうしたカウンセリングを行ってもらえるのは非常にお得です。

企業の内部事情までリサーチすることができる

転職サービスによっては、マイナビ薬剤師のように企業の内部情報まで把握しているサービスもあります。

そうしたサービスを活用することで、企業とのミスマッチを無くし、転職に失敗するリスクを下げることが可能です。

転職先でもまた合わなかったらどうしよう・・・

と、お悩みの方は多いと思いますが、そうした不安を感じずに転職活動を進めることができるでしょう。

面談に同行してもらえるサービスもある

ファルマスタッフなどのサービスでは、企業との面談にスタッフが同行してくれるサービスも行われています。

  • 就職後の収入はどれくらいになるの?
  • 労働時間はしっかり守られているの?
  • 福利厚生はどうなっているの?

など、就職前にこうしたことを一人で聞くのはかなり勇気が必要です。

その点、一緒に面談に同行してもらえれば、気になる情報は全て聞くことができます

繊細なHSPの方だからこそ、手厚いサポートを行ってくれるサービスを利用するのが良いでしょう。

▶︎面談にも同行してもらえる転職サービス【ファルマスタッフ】に相談してみる

HSS型HSPの方におすすめの転職サービス4選

HSPの方におすすめの転職サービス3選

最後に、HSPでお悩みの方におすすめの転職サービスをご紹介します。

ファルマスタッフ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: E0F77E29-C16D-4460-A6A1-EDB080CE5D64_1_201_a-1024x501.jpeg

ファルマスタッフは業界トップクラスの求人数を取り扱っている転職サービスです。

正社員だけではなく、パートや派遣など、さまざまな求人を扱っています

上記でも解説した通り、派遣やパート社員はHSPとの相性も良く、最初に登録しておくべきエージェントと言えるでしょう。

フルタイム以外にも幅広い働き方を実現させたい方は、登録してみてはいかがでしょうか。

▶︎HSPの方に最もおすすめ!【ファルマスタッフ】に相談してみる

薬キャリ

  • 登録者数No.1
  • 紹介までのスピードが早い
  • 利用者満足度95%

薬キャリは登録者数No.1の薬剤師に特化した転職サービスです。

紹介までのスピード感に定評があり、最短即日で10件の求人紹介も可能。

利用者の満足度も高く、95%以上の方が満足しているというデータもあります。

スピーディかつ、安心感のあるサービスを利用したい方は、無料登録しておくと良いでしょう。

▶︎薬キャリに無料相談してみる

マイナビ薬剤師

  • 利用者満足度No.1
  • 対面での面談を重視した徹底したサポート
  • 企業の内部事情に詳しくミスマッチが防げる

マイナビ薬剤師は薬剤師に特化したエージェントの中でも大手のサービスです。

企業の内部事情に詳しいコンサルタントが在籍しているので、転職先の情報を前もって教えてもらえることもあります。

合わない転職先を紹介される心配がある方も多いと思いますが、マイナビ薬剤師ではそうしたミスマッチを未然に防ぐことが可能です。

利用は全て無料で行えるため、まずはアカウント登録を行っておくと良いでしょう。

▶︎マイナビ薬剤師に無料登録してみる

HSS型HSP薬剤師が現状の仕事を続ける時の対策

ここでは、転職するだけではなく、HSPの薬剤師として、今の職場で仕事を続けるための対策についてご紹介していきます。

「HSPで辛いけど、薬剤師としての今の職場で仕事は続けたい」

という方は、以下の対策を行ってみましょう。

職場に馴染む努力をしてみる

HSPで職場に馴染めない・・・

HSPで仕事が辛い・・・

薬剤師の仕事がしんどい・・・

このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、今の職場で継続的に働きたいと考えているのであれば、職場に馴染む努力をしてみることも大切です。

例えば、

  • 作業にミスがないように、To doリストを作成する
  • 職場の人から信頼を獲得するために率先して仕事を引き受ける
  • 笑顔で挨拶をする

など、HSPの薬剤師は何かと積極的に努力をしていかなければ、職場に馴染めない可能性もあります

もし、HSPの薬剤師として今の職場で働き続けたいと思うのであれば、上記のように努力してみてはいかがでしょうか

店舗や部署異動してみる

今の会社は好きだけど、働いている環境が辛い

HSPの特性を生かせる部署に変わりたい

とお考えであれば、店舗や部署異動を願い出てみるのも良いでしょう。

今の部署でHSPの特性と合っていなくとも、部署異動をすることで職場に馴染むことができる可能性もあります。

もし、今の会社で店舗異動や部署異動が可能であれば、願い出てみるのも選択肢の一つと言えるでしょう。

仕事を続ける場合も転職先を探しておこう

逆転的な考え方ですが、今の職場で働き続けるためにも転職先をリサーチしておくことは重要です。

なぜなら、転職先を探しておくことで

  • 他にも働ける環境があると分かるため、精神的に安心する
  • 自分に今の職場が合っているか確認できる
  • 転職先を探すだけでも前向きに考えられる

など、様々な効果があります。

必ずしも転職しない場合でも、転職先リサーチをするだけで気分が明るくなることもあるでしょう。

まずは上記でもご紹介した転職サービスなどに無料登録しておき、求人のリサーチから初めてみてはいかがでしょうか。

▶︎HSPの方に最もおすすめ!【ファルマスタッフ】に相談してみる

HSS型HSPの方が転職サービスを利用する時のポイント

HSPの方が転職サービスを利用する時のポイント

ここからは、HSPの方が転職サービスを利用する際のポイントについていくつかご紹介していきます。

これから転職サービスを活用する場合は、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

自分の要望はしっかりと伝えよう

HSPの方は、自分もそうですがどうしても気持ちを伝えることが苦手です。

本当はこうしたい、こういう職場に行きたい、というような思いがあっても、なかなかそれを伝えることができません。

しかし、最初の段階でそうしたことを伝えていなければ、後々になって後悔することになります

自分が思っていることがあるなら、最初の段階で伝えておくようにしましょう。

転職することを焦らない

薬剤師の方は、資格保有者としての価値も高く、転職に困ることがあまりありません。

環境を選ばなければ、基本的に転職は行いやすい状況にあります

そのため、焦って転職活動を進めないようにしましょう。

期間を定めるのは良いですが、あまりに急ぎすぎて妥協して転職先を選ばないことが大切です。

どこでも良い、というような気持ちで入ってしまうと、また転職を繰り返すというようなことになりかねません。

自分に合ったサービスを利用しよう

上記でも紹介しましたが、転職サービスといっても様々なものがあります。

面談を重視したサービスもあれば、手軽さやスピード感を売りにしているものもあります。

状況に応じて、自分に合ったものを選ぶのが大切になるでしょう。

事前に薬剤師のサービスでどれが自分に合っているのかをリサーチし、最適なものを選ぶことが大切です。

▶︎HSPの方に最もおすすめ!【ファルマスタッフ】に相談してみる

HSS型HSPだと薬剤師に向いてないと考える理由は?

HSPだと薬剤師に向いてないと考える理由は?

そもそも、HSPに向いてないと薬剤師の方が考える理由はどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、HSPは薬剤師に向いてないと考えてしまう方の理由について解説します。

人間関係に悩みすぎる

まず、人間関係に悩みすぎてしまうということがあるのではないでしょうか。

僕自身もHSPなので非常によくお気持ちが分かりますが、この記事を読まれているあなたも、以下のようなことでお悩みになってはいませんか?

  • 上司や同僚からどう思われているか気になる
  • 少し注意されただけでも深く傷ついてしまう
  • 人間関係上の悩みで眠りにくい時がある
  • 常に他者からの評価が気になってしまう

このように、HSPの方は人間関係に人一倍敏感になってしまいがち

かくいう僕も、人間関係に悩み続けてきた人生を送ってきました。

でも、こういったことを誰かに相談しても、

「そんなの気にしなかったら良いじゃん」

など、的外れなアドバイスをもらいがちですよね。

他人から理解されないHSP気質な方は、自分で環境を整えていく努力が必要になります。

患者さんとの関係が辛い

薬剤師を悩ませるのは、職場の人間関係だけではありません。

患者さんとの付き合い方に悩んでしまうという方も多いのではないでしょうか。

特に、HSPの方は共感力が非常に強いです。

患者さんの辛い気持ちにも共感してしまうため、ストレスを抱え込んでしまうことも多いでしょう

  • この患者さん、本当に辛そう・・・
  • 癌を患っている。まだまだ若いのに・・・
  • 来診するたびに薬の量が増えている・・・

など、他の人の病状を目の当たりにすることで辛さを感じてしまうという方もいらっしゃるはず。

HSPならではの悩みかもしれませんが、他の人に共感しすぎてもなかなか辛いものがありますよね。

忙しすぎる環境が辛い

これはHSPあるあるだと思うのですが、「同時進行で複数の作業をこなす」ことが苦手な人も多いのではないでしょうか。

僕自身もこうした特徴に当てはまっており、作業を誰かから3つ以上頼まれると何かが抜け落ちてしまうということが少なくありませんでした。

こんな簡単なこともできないなんて、自分は不完全な人間だ

自分だけ劣っているように感じる

など、頼まれたことができないと肯定感も下がってしまいますよね。

でも、心配いりません。

それはHSPの特徴であり、あなたが気にする必要はないんです。

忙しすぎない職場に身を移すことで、そうした問題は解決できます。

人事異動でストレスを感じる

薬剤師であっても、働いている環境の変化に対応していく必要があります。

例えば、

  • 夜勤にも出る必要がある
  • シフト時間の変更に柔軟に対応する必要がある
  • 出勤店舗の移動

など、その都度の出勤時間や異動に対応していかなければならない人も多いでしょう。

しかし、繊細なHSPの方は、こうした環境の変化が大きなストレスとなります。

せっかく慣れてきた職場の人とも、新しい職場になればもう一度関係を作り直さなくてはなりません。

そして合わない人が現れると、それだけでかなりの精神的な負担となってしまいます。

こうした問題に対処するには、上記でも解説したように異動のない職場に移るのが有効です。

あわせて読みたい
薬剤師の転職|直接(自主)応募は危険?5つのデメリットを解説 「薬剤師が直接企業に応募するのは危険って聞いたけど本当?」 「薬剤師の転職では、直接応募するのと、エージェントを利用するのはどっちがいいのだろう」 薬剤師の転...

HSS型HSPの薬剤師が転職する際の注意点は?

HSPの薬剤師が転職する際の注意点は?

HSPの薬剤師の方が転職する際には、いくつかのポイントに注意する必要があります。

ここからは、HSPの薬剤師が転職する際の注意点をご紹介していきます。

感情に任せて転職しない

まず、どれほど今の仕事が辛いとしても、感情に任せて退職しないようにしましょう

現状の職場にストレスを抱えていれば、一刻も早く転職したいとお考えの方が多いのではないでしょうか。

しかし、勢いに任せて転職しても、良いことはありません。

中にはどうしても我慢できず、突然音信不通になってしまう方もいますが、そうした退職の仕方は絶対にNG。

なぜなら、突然の音信不通は最悪の場合懲戒解雇となり、次の転職にも不利になってしまう恐れがあるからです。

どうしても辛いなら退職代行の利用なども検討し、退職は慎重に行うようにしましょう。

事前に計画を立てる

転職に際して、綿密な計画を立てておくことをおすすめします。

薬剤師は資格保有者であり、転職市場でも非常に有利です。

2022年現在、薬剤師の現場はどこも人手不足に陥っているので、正直転職先に困ることはないでしょう。

ただし、だからと言ってHSPの方が職場の精査をせずに転職してしまうのは危険です。

これまでの経験を踏まえ、

  • どんな職場が適しているのか
  • 長続きできる職場環境
  • どんな手法で転職するか

などについては綿密に計画した上で転職活動を進めるのが望ましいでしょう。

以下でも解説するような、薬剤師専門の転職エージェントに相談することで、こうした問題をクリアすることができます

プロの第三者に相談する

これから転職を検討している薬剤師の方は、プロの第三者に相談しましょう。

薬剤師の転職エージェントを活用することで、転職をスムーズに進めることができます

現在では薬剤師に特化した転職エージェントも登場しており、

  • 現場の実態を熟知したエージェントに相談できる
  • 自分の性格を加味した上で転職先を紹介してもらえる
  • 求人数の幅を広げることができる

などのメリットがあります。

HSP気質であることを相談した上で転職活動することで、あなたにとって最適な職場を選ぶことにつながるでしょう。

利用は全て無料であるため、まずはアカウント登録から始めてみてはいかがでしょうか。

▶︎HSPの方に最もおすすめ!【ファルマスタッフ】に相談してみる

HSPの方に伝えたい3つのこと

HSPの方に伝えたい3つのこと

現状、HSPでお悩みであれば、さまざまなストレスを抱えていると思います。

この記事を書いている僕自身もHSPであり、これまでいろんなしがらみの中で生きてきました。

ここでは、そんなHSPの僕が伝えたい3つのことについてお話しします。

今の職場が全てではない

まず、HSPの方は何かとストレスを感じやすい傾向にあります

そして、業務がうまくできないと、

  • なんでこんなこともできないのだろう
  • もっと努力して頑張らないと・・・
  • 自分は薬剤師に向いてないかも

など、自分自身を責めてしまいがちです。

しかし、自分を責める必要はありません。

なぜなら、あなたはすでに一生懸命に頑張っているからです。

また、問題が起きるのは努力だけではなく、環境が悪いことに原因があることが多いです。

例えば、周囲の人とうまくコミュニケーションが取れなかったり、業務量が多すぎるなど、環境自体に問題があればどれだけ努力しても辛い状況は変わらないでしょう。

今の職場でうまくいかなくても、他の職場に環境を移せば生き生きと働ける可能性があります。

今の職場が全てだと思わず、いろんな職場を検討してみましょう。

働き方を変えることでストレスは減る

HSPの方は、長時間労働に向いていません

僕自身も以前働いていた職場では過酷な労働時間の元働いていました。

色んなことに繊細であるにも関わらず、1日中ストレスにさらされていると、うつ病や適応障害を発症してしまうこともあります。

そのため、なるべく自分のペースでゆったりと働けるような働き方を模索するのがおすすめ。

薬剤師であれば資格保有者としての市場価値も高く、必ずしもフルタイムで働かなくてもさまざまな働き方があります。

フルタイムに拘らず、自分のペースで働ける労働時間がどれくらいなのか、今一度再検討してみてはいかがでしょうか。

HSPだからこそできることがある

上記でも解説しましたが、HSPは生活する上で何かと不自由を感じやすいです。

しかし、

  • 人の気持ちがよく分かる
  • 繊細な部分まで配慮することができる
  • 集中力が高い

などの強みも持っているのです。

こうした強みを生かせるような職場を選ぶことで、HSPとしての特性を生かしながら働くことができます。

エージェントサービスなどを利用し、コンサルタントの方に相談しながら自分に最適な働き方を模索してみましょう。

まとめ

今回の記事では、HSPで薬剤師に向いてないと感じる方に向けて具体的な解決策を解説しました。

  • 派遣やパートで働いてみる
  • 人事異動のない職場で働いてみる
  • なるべく人と接しない職場を選ぶ

HSPは特徴的な性質であるため、自分自身で環境を整えたり、働き方を変化させるなどの工夫が必要になります。

上記で解説したことを参考にして、今後のキャリアをどうすべきか判断していくようにしましょう。

The following two tabs change content below.
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サービス比較WEBライター。オウンドメディアにて記事を執筆中。

目次