HSPの薬剤師が転職する時のコツ5選!転職でお悩みのあなたへ

HSPの薬剤師が転職 薬剤師

「HSPの薬剤師は転職できる?」

「HSPが転職する時のポイントが知りたい?」

このようにお悩みではないでしょうか。

僕自身、HSPとして転職した経験があります。

今回の記事では、HSPの薬剤師が転職する時のポイントについて詳しく解説していきます。

お悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

HSPの薬剤師が転職するときのコツ5選

HSPの薬剤師が転職するときのコツ5選

HSPの薬剤師が転職する時のコツは、いくつかあります。

これから転職を検討している場合、以下のことを行ってみましょう。

転職する目的を明確にする

まず、転職する目的を明確にしておきましょう。

そもそも、どのようなことを狙って転職するのかが定まっていないと、転職を成功させるのは難しいです。

例えば、

  • もっとライフワークバランスを整えたい
  • 自分らしく働きたい
  • キャリアアップしたい

など、その目的は人によって様々でしょう。

こうしたことについてしっかりと考えておき、転職活動をスタートさせるのが望ましいです。

特に、HSPの方は自分の特性と合わせて、働きやすい職場選びが大切になります。

うまくいかなかった理由を書き出す

前の職場で、何がうまくいかなかったのかについて考えておくことも重要です。

HSPの方は、何かとコミュニケーションで苦労することが多いのではないでしょうか。

  • 同僚や上司と性格が合わない
  • 患者様の対応が辛い
  • フルタイムで働くのがきつい

など、対人関係や働き方で悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

そうした方は、パートなどでゆったりと働く方法もあります。

このように、自分がうまくいかなかった点についてしっかりと考え、次の転職に備えておくことが大切です。

自分に合った働き方を考える

現在、フルタイムで働いている方も多いのではないでしょうか。

病院などに勤務している薬剤師の方は、当直や夜勤がある方もいらっしゃるはず。

精神的なストレスを抱えやすいHSPの方は、毎日フルタイムで働くのに向いていません。

そのため、本当に今の働き方で良いのかについては改めて考える必要があるでしょう。

薬剤師はパートや派遣でも、高収入を狙うことができます。

なるべく残業が少ない職場で、自分らしく働いてみてはいかがでしょうか。

信頼できる人に相談する

現状、仕事にお悩みの方は、信頼できる人に相談してみるのも良いでしょう。

人間一人で悩むことができる量には、限界があります。

一人で悩みを抱え込んでいると、より良い判断を下すことができません。

誰かに悩みを打ち明けることで、頭の中の不安を整理することができます。

友人や家族など、身近な人に相談してみるのが良いでしょう。

もし、そうした人が身近にいない人は、以下で解説するようなコンサルタントに相談してみるのがオススメです。

薬剤師の転職に詳しいコンサルタントに相談する

HSPで薬剤師の転職を検討されている方は、薬剤師に特化したコンサルタントに相談してみましょう。

薬剤師に特化したコンサルタントは、非常に充実しており、全て無料で利用することができます。

一人で悩みを抱えるよりも、薬剤師市場に詳しいコンサルタントに相談することで、心を軽くすることができます。

まずはお気軽に相談してみてはいかがでしょうか。


▶︎薬剤師の転職サービス【エムスリーキャリア】に無料相談してみる

HSPの薬剤師に最適な働き方とは?

HSPの薬剤師に最適な働き方とは?

HSPの薬剤師の方は、働き方にも注意しなくてはなりません。

ここでは、HSPの薬剤師に最適な働き方についてご紹介していきます。

なるべくシンプルな業務の職場を選ぶ

HSPの方は、なるべく単純な仕事を任される職場を選ぶのがオススメです。

病院薬剤師などであれば、調剤作業だけではなく、看護師や医師との連携、他の薬剤師との細かなコミュニケーションなど、その業務も多岐に渡ります。

また、夜勤などもあるため、心身ともに辛いと感じてしまう可能性が高いでしょう。

そのため、なるべくドラッグストアなど、業務の負担が少ない傾向にある職場を選ぶのがおすすめです。

もちろん、接客対応など簡単な仕事ではありませんが、病院薬剤師などと比較するとライフワークバランスが整っている可能性が高く、ドラッグストアなども選択肢に入れてみると良いでしょう。

パート社員として働く

業務の煩雑さや現場の人間関係でお悩みであれば、パート社員として働くのがオススメです。

パート社員であれば、業務時間や関わる人を限定して働くことができます。

もし合わなければ退職のハードルが低く、退職時に煩雑な手続きなども行わなくて良いのもメリットです。

また、最初はパート社員として働いてみて、合いそうな職場であれば正社員になるという選択肢もあります。

フルタイムで時間に余裕なく働くのが嫌だという方は、パートとしての道も考えてみると良いでしょう。

派遣社員として働く

しっかりと働いて稼ぎたいけど、サービス残業などは嫌だという方は、派遣社員として働いてみるのがオススメです。

薬剤師は派遣社員としての待遇も良く、場合によっては正社員よりも稼げることもあります。

また、契約上サービス残業を行うことがないため、現場の空気感で残業しないといけない、などということもありません。

年収800万円以上を派遣で稼いでいる方もおり、収入面でも非常にメリットがある働き方です。

HSPの薬剤師が転職したい理由とは?

HSPの薬剤師が転職したい理由とは?

そもそも、HSPの薬剤師の方が、転職したいと考える理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、その具体的な理由について解説します。

人間関係が辛い

HSPの方は人間関係上の悩みを抱えやすい傾向にあります。

些細なことでも気にしてしまいがちで、ストレスを溜め込みやすいです。

  • 上司から軽く注意されただけで落ち込んでしまう
  • 分からないことを質問するのが苦手
  • コミュニケーションを取るのが辛い

などのお悩みを抱えているのではないでしょうか。

もし、こうしたことにお悩みなら、なるべく働く時間を区切り、パート社員などで働いてみるのがおすすめです。

今の職場ではうまくいかなくても、働く環境と時間をうまく調整することで、HSPだとしてもストレスを感じずに働くことができるでしょう。

マルチタスクができない

HSP特有の悩みとして、マルチタスクが苦手ということが挙げられます。

複数に同時作業を行うのが難しく、時にはミスを頻発してしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

薬剤師は調剤作業だけではなく、他にも並行して業務を行う必要がある仕事です。

マルチタスクができないことで悩みを抱えている方も多いでしょう。

もし、マルチタスクが苦手なら、ドラッグストアなどで働くのがおすすめ。

病院薬剤師などと比較すると、業務量もシンプルな傾向にあり、作業量を減らせます。

パートなどで働くことができれば、さらにゆったりと働くことも可能です。

仕事が覚えられない

薬剤師として働き始めたものの、仕事が覚えられずに悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

特に新人薬剤師や新卒の薬剤師の方は仕事に慣れておらず、与えられた業務をうまく遂行できないという方も多いのではないでしょうか。

最初の間はある程度仕方のないことかもしれませんが、職場内の教育体制が整っていない可能性もあります。

もし、十分なフォローがないのであれば、それはあなたの問題ではなく職場に原因があるかもしれません。

  • 研修期間もなく現場に出される
  • 指示がいつも曖昧
  • ミスしてもフォローしてくれない

などの職場である場合には、もっとしっかりした教育の受けられる環境に転職した方が良いでしょう。

忙しすぎて辛い

あまりにも業務量が忙しく、仕事が辛いと感じている方も多いのではないでしょうか。

薬剤師業界はどこも人手不足で、一人当たりの業務量が増えてしまう傾向にあります。

本来なら薬剤師が行わなくていい仕事も、自分が受け持っているという方もいらっしゃるでしょう。

もし、あまりにも過酷な環境下で仕事をしているのであれば、早めに転職した方が良いです。

ライフワークバランスが充実している職場はたくさんあるので、まずは求人情報のリサーチから始めましょう。

HSPの方に伝えたいこと

HSPの方に伝えたいこと

現状、HSPとして働いている方は、様々なお悩みを抱えていることでしょう。

ここでは、HSPの方に伝えたいことについて解説します。

自分に合う職場は必ずある

HSPの方は、様々なシーンで働きにくさを感じているのではないでしょうか。

「なんでこんなこともできないんだろう・・・」

「自分は出来損ないかもしれない・・・」

このようにお悩みになることが合ったかもしれません。

しかし、今の職場があなたに合っていないだけで、しっかりとリサーチを行えば、HSPの特性を生かして働ける職場は必ずあります。

HSPは、人の気持ちがよく分かる、細かな部分まで配慮できるなど、他の人にはない才能があるのです。

こうした強みを生かせる、自分に合った職場を見つけましょう。

一人で悩みを抱え込まない

一人で悩みを抱え込んでいませんか。

上記でも解説しましたが、悩み事は自分だけで溜め込まず、他の人に相談することが大切です。

自分だけで悩んでいても、問題は解決しません。

また、悩み続けていると適応障害やうつ病になってしまう恐れもあります。

まずは専任のコンサルタントに相談し、心を整理してみましょう。

市場に詳しい人に相談するのがオススメ

転職を検討しているのであれば、転職市場に詳しい人に相談するのがオススメです。

薬剤師に特化したサービスを利用すれば、あなたに合った職場を無料で紹介してもらえます。

まずはコンサルタントに相談し、今後どうすべきかについて考えるのが良いでしょう。

利用は全て無料なので、お気軽に相談してみてください。


▶︎薬剤師の転職サービス【エムスリーキャリア】に無料相談してみる

まとめ

今回の記事では、HSPの薬剤師に向け、転職のコツをご紹介しました。

HSPの薬剤師は何かと悩みを抱えやすいです。

上記でも解説したように、まずは薬剤師に特化したコンサルタントに相談してみるのが良いでしょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました