40代の転職はなんとかなる?転職を成功させる方法とは?

40代の転職はなんとかなる 40代


「40代からの転職はなんとかなる?」

「これから転職したいけど、不安」

など、お悩みではないでしょうか。

40代からの転職は甘くない現実があります。

事前に転職を成功させるための方法を知っておけば、転職で失敗するリスクを軽減することができるでしょう。

ここでは、40代で転職を成功させるための方法について具体的に解説していきます。

40代の転職はなんとかなる?

40代の転職はなんとかなる?

40代の転職はなんとかなるのか。

実際に転職活動を開始すると、40代でもうまくいくのか不安になりますよね。

ここでは、40代の転職事情などについて詳しく解説します。

なかなか厳しいことも書きますが、目を背けずにしっかりと確認してください。

40代からの転職は甘くない

まず、40代からの転職は甘くない実情があります。

甘くない理由については以下で詳しく解説しますが、まずは40代から転職を志すのであれば、覚悟を持って臨まなければいけないという心構えを持ちましょう。

最初に、40代が置かれている転職市場について詳しく解説していきます。

そもそもの求人が少ない

40代の転職が難しい理由の一つとして、そもそもの求人数の少なさが挙げられます。

お近くのハローワークなどに行くと求人があるかと思いますが、実際のところ35歳以下向けの求人が多く、40代以上となるとその求人数は減ってしまうと言えるでしょう。

企業側からすると、どうしても教育しやすく長期で働いてくれる人材を求める傾向にあるので、40歳以上の転職は厳しさが増してしまう状況にあるのです。

ただし、だからと言って転職できないわけではありませんので、諦めないようにしましょう。

若手世代と比べるとハードルが高い

若手の応募と比較すると、どうしても採用に対するハードルが上がってしまうのも、40代の転職難易度が高い理由です。

企業側からすると、やはり20代や30代の人材を欲しがっているケースが多いです。

なぜなら、年配の方であれば指示を出しにくいと考えたり、教育しにくいと感じる人が多いためです。

若手人材であればこうした点もクリアできるので、優先的に若い人を採用しやすい傾向にあると言えるでしょう。

こうした年齢面のネックは、現実として受け止めるしかありません。

必ずしも収入アップするとは限らない

また、40代からの転職は必ずしも収入が上がるわけではないということも押さえておく必要があります。

もし、現在の勤め先で管理職や役職などのポジションについている場合、次の企業で同じ待遇になる保証はありません。

場合によっては収入が下がってしまうリスクも併せ持っていると言えるでしょう。

そのため、転職=キャリアアップということではないということも押さえておくべき事項です。

即戦力が求められる

40代からの転職は即戦力が求められる傾向にあります。

具体的には現場での豊富なスキルや経験、管理職の知識など、年齢にふさわしい人材が求められる状況です。

こうしたことを踏まえると、いきなり未経験の業種にトライするよりも、これまでと同業種に転職する方が無難な選択と言えるでしょう。

マネジメントスキルを持ち合わせていると、転職活動を有利に進めることができます。

40代の転職を成功させるには?

40代の転職はなんとかなるのか不安な方も多いでしょう。

上記では40代の現状として、転職が甘くないことを解説しました。

こうした現実を踏まえると、

「転職は無理かもしれない・・・」

と諦めてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、40代の方であっても事前にしっかりとした対策を行うことで、転職を成功させることは可能です。

ここでは、40代の方が転職を成功させるための対策について詳しく解説していきます。

転職の目的を明確にする

40代からの転職で重要になるのが、転職の目的を明確にするということです。

先ほども解説した通り、40代からの転職は決して甘いものではありません。

「まあ、なんとかなるか・・・」

などという曖昧な気持ちで退職してしまうと、後で地獄を見ることになります。

転職において様々なご希望があるかと思いますが、この際1つか2つに絞りましょう

例えば、

  • 収入アップしたい
  • 労働環境を改善したい
  • やりがいのある仕事がしたい
  • 家から近い職場に行きたい新しいことがしたい

など、希望がありすぎる状態で転職活動してもそれに見合った企業を見つけるのは至難の業です。

そうした好条件の企業が見つかったとしても、競合が若手の人材であれば不採用になります。

そのため、希望はできるだけ絞って応募していくのがおすすめと言えます。

なるべく経験のある職種を選ぶ

応募する企業を未経験の業種にするのは辞めましょう。

40代で未経験の業種にトライするのは、かなり無謀と言えます。

何度も解説しているように、40代からの転職はハードルが高いです。

未経験業種にトライしたとしても、希望者の中に若い人が多ければほぼ確実にそちらが採用されます。

そのため、これまで経験したことのある職種で選ぶのが賢明です。

営業なら営業職、福祉なら福祉職というふうに、培ってきた経験を生かせるジャンルで勝負することで、勝率を高めることができるでしょう。

求人数の多い転職サービスを利用する

40代から転職活動を始める場合、なるべく求人数の多いサービスを利用しましょう。

先ほどご紹介したように、20代や30代向けの求人は非常に多いですが、ハローワークなどに行っても40代向けの求人が見つからない可能性があるでしょう。

そもそもの求人がないと応募することもできず、無駄足に終わってしまう可能性もあります。

求人数の多い転職サービスとしては、後述するリクルートエージェントなどが挙げられますので、こうしたサービスに無料登録しておき、転職をスムーズに進めるようにしましょう。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

40代で転職する際の注意点

40代で転職する場合、いくつか気をつけなければならない注意点も存在しています。

これから転職を検討されている方は、以下のことに気を付けるようにしましょう。

一人で転職を決めない

まず、一人で転職を決めてしまわないことが大切です。

40代であれば、男性、女性に関わらずご家族と一緒に暮らしている方も多いのではないでしょうか。

そうした場合、配偶者に転職の旨を伝えず自分一人で転職を決めると、後になって問題になる可能性も少なくありません

  • なぜ相談してくれなかったのか
  • 自分だけの人生ではない
  • 身勝手すぎる

など、退職してから批判されてしまうこともあるでしょう。

また、仮に無職期間を作る場合には家族の手助けが必要になることもあります。

そうしたことも踏まえて、事前に転職することを伝え、相談してから決めるようにしましょう。

感情的に辞めない

現在、転職したいとお考えの方の中には、今の仕事に対して不満を抱えている方も少なくないのではないでしょうか。

きっと、

  • 上司と性格が合わず、今すぐ辞めてしまいたい
  • 退職届を叩きつけてやりたい
  • 感情的になってしまいそう

と、今すぐにでも辞めてしまいたい衝動に襲われることもあるでしょう。

しかし、もしそうであれば、一旦落ち着いてください。

感情的になって行動しても、多くの場合はろくなことになりません。

勢いで退職し、無職となり、金銭的に困って妥協して転職する

そしてブラック企業を引き当ててまた退職・・・。

なんて負のループに陥る可能性だってあるんです。

そうしたことにならないためには、やはり計画性を持って転職活動を進める必要があるでしょう。

感情的になりそうなら、まずはグッと堪え、理性を持って行動することが大切です。

働きながら転職活動をする

40代から転職する場合、働きながら転職活動をすることをおすすめします。

なぜなら、転職がすぐに決まらずに長期化してしまう恐れがあるためです。

転職先がなかなか決まらず、徐々に疲弊していくと、

「もうどこでも良いから就職さえできれば良い」

と思うようになります。

そうした焦りの気持ちから、適当に転職先を決めてしまいかねません。

また、一度退職して無職状態であれば、金銭的な余裕のなさ故にさらに焦りが募ります。

妥協して転職活動すると似たような理由で転職を繰り返す泥沼にハマります。

そのため、働きながら収入を得つつ、無理なく転職活動を進めるのがおすすめです。

転職エージェントをうまく活用すれば、サポートを受けながら転職できるので働きながらでも転職を進めることができます

40代におすすめの転職エージェントは?

最後に、40代の方が利用すべき転職エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

これから転職を目指す40代の方がまず利用すべきエージェントとしてリクルートエージェントが挙げられます。

こちらのエージェントは業界最大手の転職エージェントとなっており、10万件以上の求人を取り扱っています。

上記でもご紹介した通り、40代の方は求人が少なく、応募する際に苦労するケースもあるでしょう。

その点、リクルートエージェントはその求人数の多さからこの問題をクリアできます

無料で利用できるため、最初に登録しておくべきエージェントであると言えます。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

みんなのエージェント

みんなのエージェントは最近登場した30~40代向けの転職エージェントです。

リクルートエージェントが幅広い求人を取り扱っているのに対し、こちらはハイキャリア向けの求人に魅力があります。

もし、現在何かしらの特殊な経験があったり、マネジメントスキルが豊富な方はこちらのエージェントにも併せて登録しておくと良いでしょう。

▶︎30代に特化したエージェント【みんなのエージェント】に無料相談

doda

dodaも、リクルートエージェントと並んで求人が豊富な転職エージェントです。

面接のサポートや求人の紹介など、アドバイザーから丁寧な支援が受けられます。

リクルートエージェントと一緒に登録しておけば、より多くの求人に目を通すことができるでしょう。(利用は全て無料です)

▶︎今すぐdodaに登録して求人を見てみる

まとめ

今回の記事では、「40代の転職はなんとかなるのか」というテーマで解説しました。

  • 40代の転職は甘くない
  • 事前に対策をしっかり行うことが大切
  • 求人が豊富なサービスを利用する

結論として、40代の転職がなんとかなるかどうかは対策をしっかり行えるかどうかに掛かっています。

上記に記載したサービスなどを利用し、うまく転職活動を進めていくようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました