どんな仕事がしたいかわからない!転職する時のコツやポイントを解説!

どんな仕事がしたいかわからないまま転職 20代

「どんな仕事がしたいか分からない」

「漠然と転職したいものの、やりたいことが明確になっていない」

など、お悩みを抱えていないでしょうか。

転職したいと思っていても、なかなかやりたいことって見えないものですよね・・・。

そこで、今回の記事ではどんな仕事がしたいかわからないものの、転職したいとお考えの方に向けて転職のコツなどをご紹介します。

漠然としたお悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてください。

どんな仕事がしたいかわからないまま転職するリスクとは?

どんな仕事がしたいかわからないまま転職するリスクとは?

まず初めに、どんな仕事がしたいのかわからないまま転職するリスクについて解説していきます。

曖昧な気持ちで転職するのはさまざまな意味で危険です。

ブラック企業に就職してしまう

まず、自分自身がどんな仕事がしたいのかよく分かっていないと、ブラック企業に就職してしまう可能性が高くなってしまいます。

というのも、やりたいことが定まっていないと、次のような気持ちで就職活動をしてしまいがち。

  • 正直安定していればどこでも良い
  • なんとなく楽しそうだからという理由で決める
  • 転職できればなんでもOKという気持ちになる

こうした甘い考えだと、企業のリサーチも適当に行ってしまい、ブラック企業を引き当てる可能性も高くなるでしょう。

そのようなことにならないためにも、なるべく何がしたいのかについてはじっくり考えた上で転職活動を行っていくことが大切です。

やりたくない仕事に就職してしまう

自分自身がどんな仕事をしたいのか理解できていないと、当然ながらやりたくない仕事に就職する可能性も高まります。

あなたは今、転職する上でどのような仕事に就職すべきかの方針は定まっているでしょうか。

  • なるべく対人関係の少ない仕事がしたい
  • 在宅ワークでもできる仕事がしたい
  • スキルを習得したい

など、転職する目的は人によって違います。

しかし、そうした転職の軸をはっきりさせていなければ、結果としてやりたくない仕事に就職する可能性は高くなるでしょう。

まずは事前に転職の軸を定めることが大切です。

転職を繰り返す

どんな仕事がしたいかわからないまま転職すると、結果として転職を繰り返すことになりかねません。

やりたくない仕事に就職し、そしてまた嫌になって転職を繰り返す・・・。

そんな負のループに陥ってしまう恐れもあるでしょう。

そもそも、今の仕事に就職する時もあまり深く考えずに就職してしまったため、現在嫌になっているのではないでしょうか。

まずは今現在、仕事に不満を抱えている理由や、なぜ合わない仕事を選んでしまったのか反省しましょう。

そして、その反省点を踏まえた上で、次の転職ではどうすれば失敗しないか考えるのです。

こうしたことを丁寧に行えば、自ずと失敗するリスクも減らすことに繋がります。

どんな仕事がしたいかわからない人が転職を成功させるには?

どんな仕事がしたいかわからない人が転職を成功させるには?

では、どんな仕事がしたいかわからない人が転職を成功させるにはどうしたら良いのでしょうか。

ここでは、転職成功に向けたコツについてご紹介していきます。

自己分析を徹底する

まず、最も大切なのは自己分析を徹底することです。

そもそも、どんな仕事がしたいかわからないことの原因とは、”自分自身についてよく理解していない”という点にあるためです。

あなたは、次のような質問を聞かれて即答することができるでしょうか。

  • 自分の得意な分野は?
  • 興味がある仕事とは?
  • 不得意な分野は?
  • これだけは絶対にできないという仕事は?
  • 5年後どうなっていたい?

転職を成功させる人というのは、こうしたことについて明確に分析した上で転職をスタートさせています。

自分の中に軸があるため、その軸に沿って転職活動を展開できるのです。

まずは自分自身について分析し、転職の方向性を定めてみましょう。

人生計画を立てる

人生設計を立てているでしょうか。

30年後の未来まで見据える必要はないと思いますが、せめて5年後や10年後の姿については考えておくほうが良いでしょう。

  • 5年後にはどんなスキルを習得したいか
  • 将来的に独立を狙う
  • なりたい自分像とは

など、将来的な自分の姿を思い描いてみましょう。

こうしたことを想像し、そこから逆算して今行っている仕事はそれにふさわしいものなのか考えてみると良いです。

もし、自分のなりたい像と異なっているのであれば、早めに転職も視野に入れるのが良いでしょう。

キャリア診断を利用する

どんな仕事がしたいかわからないのであれば、キャリア診断を受けてみるのも選択肢の一つです。

今では便利なAIキャリア診断アプリも登場しており、利用すれば無料でキャリア診断をすることができます。

診断は3分程度で受けられるため、利用するハードルも非常に低いです。

まずは自己分析のツールとして、こうしたアプリも利用してみてはいかがでしょうか。

キャリアコーチングを受ける

  • 転職したいものの、何がしたいかよく分からない
  • 自分の適職を知りたい
  • 他の誰かに相談しながら適職を見つけたい

このような方におすすめなのが、今大人気となっているキャリアコーチングサービスです。

コーチングを受ければ今現在、何がしたいか分かっていなくとも、独自のカリキュラムに沿って今後のキャリアを考えることができます。

無料でカウンセリングも受けられるため、まずはお気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

転職サポートサービスを利用する

少しでも転職したいという気持ちがあるのであれば、今のうちから転職先を探しておくのがおすすめです。

転職エージェントなどを活用することで、あなたに合った転職先を紹介してもらえます。

また、今すぐ転職しない場合でも、

  • 転職先をリサーチしておけば気持ちが軽くなる
  • 今の職場以外の可能性も模索できる
  • 自分の市場価値を知ることができる

など、さまざまなメリットがあります。

利用は無料となっているため、まずはお気軽にアカウント登録してみてはいかがでしょうか。

どんな仕事がしたいかわからないまま転職する人の特徴は?

どんな仕事がしたいかわからないまま転職する人の特徴は?

ここからは、どんな仕事がしたいかわからないまま転職してしまう人の特徴についてご紹介していきます。

今現在どんな仕事がしたいかわからない方は、以下の特徴に当てはまっていないでしょうか。

自分の強みを理解できていない

まず、自分の強みを理解できていないということが挙げられます。

仕事はなんとなくできるものの、自分の強みについて理解できないという方も多いのではないでしょうか。

転職する上でこうしたことを理解できていなければ、どのような業種に転職すれば良いのかイメージできません。

  • 自分の得意なこと
  • これまでに培ってきたスキル
  • 他の人よりも優れた経験

などについて深掘りしてみましょう。

こうしたことを考えることで、今後の転職活動の参考にすることができます。

自分に自信が持てない

  • 現在の職場には向いていないと感じている
  • 別の仕事をしてみたい
  • 転職したいけど自信がない

と感じている方も多いです。

なんとなく別の仕事をしたいものの、自分に自信が持てないと転職に踏み切ることができません。

なんとなく自信が持てないという方は、まず自分の強みについて考えてみてはいかがでしょうか。

失敗を恐れすぎている

これからの失敗を恐れるあまり、行動が慎重になってしまう方も多いです。

そして失敗を怖がりすぎてなかなか決断を下すことができないというパターンもあります。

適度に心配するのは問題ありませんが、不安になりすぎて行動に移せないのは問題でしょう。

あまり過度に不安になりすぎず、時には思い切った行動を取ってみてはいかがでしょうか。

どんな仕事がしたいかわからないまま転職する時のポイント

どんな仕事がしたいかわからないまま転職する時のポイント

時にはどんな仕事がしたいかわからないまま転職しなければならない時もあるでしょう。

もし、どうしてもそうした気持ちで転職する場合には、以下のことに気を付けるようにしましょう。

妥協で転職先を選ばない

まず、例え曖昧な気持ちで転職するにしても、妥協で転職先を選ばないことが大切です。

  • 転職できればどこでもいい
  • 就職活動を早く終わらせたい
  • とにかく今の会社を辞めたい

など、妥協で転職先を選んでしまうと、失敗する可能性が高いです。

やりたいことが明確出ないとしても、なるべく転職の軸を定めた上で就職するようにしましょう。

転職市場のリサーチを徹底する

転職する前に、転職市場のリサーチを徹底しておきましょう。

どのような求人が出ているのか、自分が受けたい業種の市場動向など、しっかりとチェックしておくことが大切です。

自分一人でこうしたことを分析できないのであれば、転職エージェントを利用すればスムーズに確認することができます。

どんな仕事がしたいかわからない時のおすすめサービス

どんな仕事がしたいかわからない時のおすすめサービス

これからどんな仕事がしたいかわからない方は、以下のサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

キャリア診断アプリVIEW

まず、最もおすすめなのがキャリア診断アプリであるVIEWです。

こちらのアプリは最も利用しやすく、無料で利用できるため非常に利用するハードルの低いサービスとなっています。

自己分析ツールとしても活用することができるため、まずはお気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

キャリアコーチングサービス

上記でも解説しましたが、どんな仕事がしたいかわからない人に一押しのサービスがコーチングです。

あなたに最適な仕事を考える上でも、適切な第三者の意見をもらうことで転職を成功させやすくなるでしょう。

まずは無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回の記事では、どんな仕事がしたいかわからない人に向けて具体的な対策をご紹介しました。

曖昧な気持ちで転職活動をしたとしても、ほぼ確実に失敗することになります。

まずは自分自身の気持ちを明確にさせ、どのようなことがしたいのかをはっきりさせた上で転職活動に踏み切るようにしましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました