次の仕事決まってないけど辞める30代はどうすべき?対策を解説!

次の仕事決まってないけど辞める30代 退職

仕事を辞めたいけど次の仕事が決まってない

30代で次の仕事が決まってないと退職は厳しい?

などお悩みの方もいるでしょう。

今回の記事では次の仕事が決まってないけど辞める30代へ向けて、やるべき行動を具体的に解説します。

退職後に当面の生活をする方法もご紹介しますので、お仕事でお悩みの方は是非参考にしてください。

  1. 次の仕事決まってないけど辞める30代が抱えるリスクとは?
    1. 無職になってしまう
    2. 経済的に不安定
    3. 周囲からの視線が痛い
  2. 次の仕事決まってないけど辞める30代が退職前に行うべきことは?
    1. 自己分析を行っておく
    2. キャリア診断してみる
    3. キャリアコーチングを受けてみる
    4. 副業してみる
    5. 転職先を探してみる
  3. 次の仕事決まってないけど辞める30代のメリットは?
    1. 時間が生まれる
    2. やりたいことについて真剣に考えることができる
    3. 転職活動に打ち込める
  4. 明日会社に行くのも辛い方へ
  5. 次の仕事決まってないけど辞める30代の注意点とは?
    1. 無計画に辞めない
    2. 自分の適性について真剣に考える
    3. 信頼できる人に相談する
  6. 次の仕事決まってないけど辞める30代が当面の生活をする方法は?
    1. 生活福祉資金貸付制度を利用する
    2. 国民年金の特別免除を受ける
    3. 住民税の分割支払いの手続きをする
    4. 求職者支援訓練を利用する
    5. 失業保険の受給を申請する
  7. 30代の転職失敗事例とは?
    1. 転職先でも同じ悩みを抱える
    2. 転職先が見つからない
    3. 開業して失敗
    4. 役職がなくなってしまった
    5. 離婚してしまった
  8. 次の仕事が決まってない時でも転職先を効率的に見つけるには?
    1. 働きながら自己分析や書類の準備を行う
    2. 事前に求人情報をリサーチしておく
    3. 転職エージェントをうまく活用する
    4. 次の仕事が決まってない人におすすめの転職エージェントは?
    5. リクルートエージェント
    6. doda
    7. パソナキャリア
  9. まとめ
      1. カケル
      2. 最新記事 by カケル (全て見る)

次の仕事決まってないけど辞める30代が抱えるリスクとは?

30代が次の仕事が決まっていない状態で辞めるリスクとはいったいどのようなものなのでしょうか。

ここでは退職後に考えられる具体的なリスクを3つご紹介します。

無職になってしまう

次の仕事が決まっていないまま辞めてしまうと、無職になってしまうリスクがあります。

無職の期間が長引くと、就職時に不利になってしまう可能性が高いです。

人手不足の業界では再就職が容易ですが、一般的な企業では職歴の空白期間が長くなると再就職が難しくなってきます。

仕事を辞めたとしても定期的な収入がなければ、遅かれ早かれ再び働く事になるのは明白です。

いざ働こうと思った時に無職の期間が長いと就職活動で苦労するでしょう。

経済的に不安定

次の仕事が決まっていないまま辞めてしまうと、経済的に不安定な状態になります。

仕事を辞めてすぐは貯蓄や退職金、失業保険で生活できるかもしれませんが、長期的に見ると安定した生活を送るのは難しいです。

貯蓄を取り崩しながら先の見えない生活を送るのは精神的に厳しいものがあります。

次の仕事が決まっていないまま辞めてもすぐには困りませんが、安定した収入が得られないことは覚悟しておくと良いでしょう。

周囲からの視線が痛い

次の仕事が決まっていないまま辞めてしまうと、周囲からの視線が痛く感じます。

親族や友人、近所の人に現在の状況を説明することができず、後ろめたい気持ちになってしまうからです。

久しぶりに親戚に会えば「今何しているの」と高い確率で聞かれます。

無職だと答えるのはとても勇気のいることです。

次の仕事が決まっていないまま辞める場合は、誰かから近況を聞かれた際の上手い返し方を考えておくと良いでしょう。

次の仕事決まってないけど辞める30代が退職前に行うべきことは?

次の仕事決まってないけど辞める30代が退職前に行うべきことは?

ここでは次の仕事が決まっていないけど辞める30代の方に向けて、退職前に行っておくべき具体的な行動をご紹介します。

退職前に何をやったらよいかわからない方は、是非参考にしてみてください。

自己分析を行っておく

退職したいものの、そこまでのモチベーションがない場合は、自己分析を行っておくのがおすすめです。

自分の適正について理解を深めておくと、仕事を辞めた後の行動がとりやすくなります。

とくになぜ退職に至ったのかを分析することは大切です。

次の職場を探す際に

  • どのような職場が自分に合っているのか
  • 自分のどんな点を改めれば周りと上手くやっていけるのか

などを考えるきっかけとなります。

自己分析を行うには適性診断アプリがおすすめです。

以下で紹介するVIEWのような無料アプリであれば手軽に自己分析を行うことができます。

キャリア診断してみる

どんな仕事が自分に向いているのかわからない場合は、退職前にキャリア診断をしてみるのがおすすめです。

自分に向いている仕事がわかれば、退職後の就職活動がやりやすくなることでしょう。

キャリア診断では心理学の手法を利用して自己分析を行い、自分の職業適性を検査します。

キャリア診断は、

  • ハローワーク
  • 職業紹介機関
  • 無料で行える診断アプリ

などで手軽に受けることができます。

自分の職業適性がわからないのであれば、ぜひともおすすめの診断です。

今ではVIEWなど、無料で診断できるアプリも登場しているため、まずはお気軽に利用してみるのが良いでしょう。

また、以下で解説するポジウィルなどのコーチングを受けるのも選択肢の一つです。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

キャリアコーチングを受けてみる

転職すべきかわからない場合や専門家のアドバイスが欲しい場合は、キャリアコーチングがおすすめです

転職がキャリアに結びつかない様であれば、無理に転職を勧める事もありません。

キャリアコーチングでは自己分析を元にしたキャリアプランを作成できます。

これからのキャリアを思い描くことができれば、自分の将来の働き方について自発的に考えられるようになるでしょう。

自身のキャリアに悩みがあるのであれば、キャリアコーチングを利用して専門家と相談してみてください。

▶︎キャリアに特化したコーチング・サービス【POSIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)】



副業してみる

  • 今の会社で働き続けても、レベルアップできない
  • 独立したいけど、何のスキルもなく不安
  • 転職で有利になるスキルを習得したい

転職したいわけではないけど、副収入が欲しい場合は副業をしてみるのもおすすめです。

副業を行うと本業の収入に副業の収入が上乗せされるので、純粋に収入アップが目指せます。

月に5万円程度の副収入であっても、年間の収入と考えると60万円の収入アップです。

年収が60万円あがると考えると、副収入の大きさがおわかりいただけるでしょう。

また副業を通して自分に合った仕事が見つかる場合もあります。

本業が手いっぱいで余裕がない場合は副業も難しいですが、もし余裕があるのであれば副業で副収入の獲得を狙ってみるのもおすすめです。

「デジハク」などのスクールに通えば、手軽に動画編集を学習することができ、最短数ヶ月ほどで収入を得ることができます。

▶︎未経験でも安心オンライン動画制作スクール【デジハク】に無料相談してみる

転職先を探してみる

引用:リクルートエージェントホームページより

本気で転職を狙いたい場合は、退職する前に転職エージェントを活用して転職先を探しておくのがおすすめです。

転職エージェントは無料で使え、斡旋先に必ず転職しなければいけないわけでもないので、

  • ノーコスト
  • ノーリスク

で転職活動を行えます。

退職前に転職先を見つけておけば、先行きを心配することなく安心して退職できることでしょう。

また転職先の条件を見比べたら意外と今の会社の待遇が良いことに気付けるかもしれません。

もちろん良い条件の転職先があれば、本格的に転職活動を行えば良いだけです。

本気で転職を考えているのであれば、退職前に転職エージェントを使って、転職先を探してみてください。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

次の仕事決まってないけど辞める30代のメリットは?

ここでは30代で次の仕事が決まってないまま辞めることのメリットを3つご紹介します。

それぞれ具体的に解説しますので、順番に見ていきましょう。

時間が生まれる

次の仕事が決まってないまま辞めると時間が生まれます。

社会に出てからの生活は仕事を中心に回りますが、仕事を辞めると自分を中心にした生活に切り替わるからです。

1日の時間の大半を自分のために使えるようになります。

今まで一生懸命仕事に打ち込んできた人であれば、あまりの自由さに衝撃を受ける事でしょう。

ただし自由だからといって自堕落な生活を続けてしまうと、社会に復帰するのが難しくなる場合もあります。

せっかくの自由な時間を無駄にせず、自分のためになることを計画するのがおすすめです。

やりたいことについて真剣に考えることができる

仕事から解放されると、やりたいことについて真剣に考えられます。

仕事をしているとどうしても目の前の業務にかかりきりになり、自分自身のやりたいことになかなか目を向けられないからです。

  • 毎日遅くまで残業がある
  • 日々ノルマに追われている
  • 人間関係に悩まされている

このような状況では自分のことを考える余力もなくなってしまいます。

仕事を辞めて社会のしがらみから解放されると、やりたいことについて真剣に考える余裕が生まれることでしょう。

転職活動に打ち込める

仕事を辞めると、転職活動に打ち込めます。

仕事に向けていたエネルギーを転職活動に振り分けられるからです。

業界の事情や大まかな業務について理解している同業他社への転職であれば、働きながらでもさほど苦労せずに転職できます。

ですが全くの未経験の業界であれば、

  • 業界の実情や求められる人材像の把握
  • 業界で通用するスキルの習得
  • クライアントや顧客のニーズの分析

など様々な事前準備が必要です。

本格的な転職活動を想定しているのであれば、仕事を辞めてからの方が効率よく行動できることでしょう。

明日会社に行くのも辛い方へ

どうしても辛い場合は退職代行サービスを利用しましょう。

精神的、肉体的に追い詰められている場合はひとりで退職の手続きをするのも難しい場合があります。

退職代行サービスは退職できないあなたの代わりに、退職に関する手続きを行ってくれる最後の手段です。

無資格の業者では会社と交渉できずに対応できないケースもあるので、できれば交渉も可能な弁護士に依頼するのが良いでしょう。

▶︎弁護士法人みやびの退職代行サービス

次の仕事決まってないけど辞める30代の注意点とは?

次の仕事決まってないけど辞める30代の方へ向けた注意点を3つ解説します。

ここでは30代の方が気を付けるべきポイントを見ていきましょう。

無計画に辞めない

なにも計画をせずに仕事を辞めると、今後の生活が立ち行かなくなるリスクがあります。

会社を辞めるならきちんと計画を立てて、お金の不安を解消して辞めるのが良いでしょう。

気持ちだけが先行して退職をしてしまうと、後で後悔してしまうことが多いです。

たとえば

  • 仕事がつらすぎて身体が限界
  • 日頃のストレスで爆発寸前

などの状況では衝動的に会社を辞めたくなる場合もあるでしょう。

ですが計画なしに辞めると、二進も三進もいかなくなる可能性が高いです。

仕事を辞める際は自分のキャリアについてしっかりと考え、ある程度の計画を立てておくのが良いでしょう。

自分の適性について真剣に考える

仕事を辞めるのであれば自分の適正について真剣に考えてみましょう。

仕事にはさまざまな職種があるため、今回の仕事がたまたま自分に合わなかった可能性もあります。

代表的な職種をご紹介すると

  • 営業職
  • 接客職
  • 事務職
  • 管理部門職(人事・総務・経理など)
  • 企画職(商品企画・マーケティングなど)
  • 研究職
  • エンジニア職
  • クリエイティブ職

などがあります。

求められる能力は職種ごとに違っているので、「この職種では力が発揮できなかったけど、別の職種では高く評価された」といったことが普通に起こります。

転職活動をするのであれば、自分の適性の把握は必須です。

是非とも自分にはどんな仕事が向いているのか真剣に考えてみてください。

信頼できる人に相談する

仕事を辞める際は信頼できる人に相談してみましょう。

自分以外の客観的な意見を聞けば、考えが改まる可能性があるからです。

退職を決意した際は感情的になっており、冷静な判断ができていない場合があります。

たとえば自分ひとりで仕事を辞める決意をした場合、

  • そもそも退職に至った原因が自分の勘違いである
  • 退職するのであればもっと適した時期がある
  • 退職後のキャリア設計の見通しが甘い

などの問題がある可能性があります。

冷静な第三者に相談すると、仕事を辞める際の問題点に気づける場合があるでしょう。

退職を考えた際は、是非とも信頼できる人に相談してみてください。

次の仕事決まってないけど辞める30代が当面の生活をする方法は?

仕事を辞めたら次の職場を見つけるまでに生活する方法も考えなければなりません。

次の仕事がすぐに見つかればよいですが、なかなか仕事が見つからない場合は生活が不安定になってしまうからです。

ここでは仕事を辞めた後に生活する具体的な方法を見ていきましょう。

生活福祉資金貸付制度を利用する

生活福祉資金貸付制度とは、主に生活困窮者を経済的に支えるための貸付制度です。

都道府県の社会福祉協議会が生活を立て直すために必要な相談、支援、資金の貸し付けを行います。

制度を利用するためには複数の貸付要件を満たす必要がありますが、民間でお金を借りるよりも低い利息で借り入れができます。

仕事を辞めた身には嬉しい制度ですが、デメリットが3つあります。

  • 給付ではなく貸し付けなので返済しなければならない
  • 社会福祉協議会の窓口に行く必要がありで申請の要件も多い
  • 申請から貸付までに時間がかかる

即座にお金を借りられるわけではありませんが、当座の生活資金としては十分な貸付です。生活が厳しい場合は窓口で相談だけでもしてみてください。

国民年金の特別免除を受ける

失業中に国民年金の支払いが難しい場合は、特別免除を受けると良いでしょう。

国民年金を滞納すると将来年金がもらえなくなる恐れがある上、最終的に財産を差し押さえられる可能性があるからです。

国民年金は失業中でも支払い義務がありますが、申請すれば料金の支払いが免除または猶予となる場合があります。

国民年金の特別免除にはお住まいの市区町村の国民年金担当窓口への申請が必要です。

仕事を辞めて収入がない場合は、窓口に相談してみてください。

住民税の分割支払いの手続きをする

手元の資金が心許ない場合は住民税の分割支払いの手続きをすると良いでしょう。

失業中は3ヵ月ごとに住民税を払うこととなり、一度にかかる金額が大きくなってしまうからです。

住民税の分割手続きをすると支払いを毎月払いにすることができ、負担が分散されます。

分割支払いにしても支払う総額は変わらないので、資金が十分な場合や計画的に支払いできる場合であれば申請しなくても良いでしょう。

どうしても住民税が払えない場合は、条件を満たすと免除や猶予となる可能性もあります。

住民税の支払いが厳しい場合は一度お住まいの自治体窓口に相談してみてください。

求職者支援訓練を利用する

仕事を辞めたら求職者支援訓練を利用すると良いでしょう。

退職してから次の職場に就職するまでは、どうしても収入が不安になってしまうからです。

求職者支援訓練はハローワークが行っている、失業中の方が就職に必要な知識や資格、スキルを習得するための制度です。

申請が通れば職業訓練校に通いながら最大で6カ月間、60万円の支給が受けられます。

職業訓練を受ければ次の仕事にも繋がりますので、仕事を辞めて収入に困った際は検討してみてください。

失業保険の受給を申請する

退職後すぐに就職しない場合は、ハローワークで失業保険の受給を申請するのがおすすめです。

申請から受給まで時間はかかりますが、仕事を辞めてもしばらくは収入を得ることができます。

失業保険は失業者の生活を安定させ、就職活動を支援するために設けられた国の制度です。

申請が通ればしばらくの間、前職の収入に応じて給付金が支給されます。

退職後すぐに働く場合は受給できないので、仕事探しが難航しそうな場合や、しばらくは働く予定がない場合に申請すると良いでしょう。

30代の転職失敗事例とは?

30代で転職を検討する際は、慎重に決断する必要があります。

中には勢いで退職してしまい、手痛い失敗をしてしまった事例も。

ここでは、30代の転職失敗事例について解説していきます。

転職先でも同じ悩みを抱える

  • 上司との性格が合わない
  • 同僚とうまくいかない
  • 仕事内容が面白くない

などの理由で退職してしまう人は多いです。

しかし、転職先でも同じような悩みを抱えてしまう方は少なくありません。

どのような職場であっても、多少はうまくいかない人がいますし、必ずしも仕事内容が面白いものばかりではないでしょう。

もし、仕事内容や人間関係に悩んでいるのであれば、自分一人で悩むだけではなく、信頼できる第三者に相談しながら客観的な意見をもらうことも大切です。

転職先が見つからない

感情に任せて退職したものの、いざ転職活動を開始してもなかなか転職先が見つからないという人もいます。

30代であれば即戦力となる人材が求められるケースも多く、簡単に転職先を見つけられないこともあるでしょう。

すると、収入が得られない期間が長引いて貯蓄がどんどん減っていくという事態になります。

勢いで退職してしまう前に、

  • 今後の生活の計画
  • 貯金額の計算
  • キャリア計画

などについてしっかりと考えておきましょう。

なお、退職してから転職活動を開始するのではなく、できれば働きながら次の転職先を見つけておくのがベストです。

開業して失敗

これまでの経験やスキルを生かして、自分で開業してみたという人もいます。

例えば、

  • 営業経験を生かして営業代行会社を立ち上げた
  • 教師経験を元に、塾を開業
  • 会計職のスキルを生かし、事務所を開業

などのパターンが挙げられるでしょう。

しかし、実際に事業を始めてみるとうまくいかず、軌道に乗る前に心が折れてしまうという人も少なくありません。

また、中には”仕事を辞めたいから起業する”という逃げの起業を行う人もいます。

このような後ろ向きな気持ちで開業しても、うまくいく可能性は低いでしょう。

退職してしまう前に、まずは自分の気持ちと向き合って今後のキャリアを計画していくことが大切です。

役職がなくなってしまった

転職後に、これまでの役職を失ってしまう可能性は少なくありません。

これまでの会社では部長クラスだったのに、新しい職場では平社員からのスタートになる人もいます。

転職する際は新しい職場で1からのスタートになる可能性があることも押さえておかなければなりません。

退職前に、現在のポジションを手放しても本当に良いのかしっかりと考えておく必要があるでしょう。

離婚してしまった

家族とよく話し合わないうちに退職してしまうと、離婚に発展してしまうケースも少なくありません。

退職してから、

「なぜ相談してくれなかったのか」

「どうして一人で決めてしまったのか」

などと責められ、しかも転職先が見つからないと家庭内での居場所を無くしてしまう人もいます。

今後のライフプランについてもしっかりと相談した上で、転職の判断を下すことが大切です。

次の仕事が決まってない時でも転職先を効率的に見つけるには?

次の仕事が決まってない時でも、転職先を効率的に見つけるためにはどうすれば良いのでしょうか。

ここでは、効率的に転職先を見つけるための方法について解説していきます。

働きながら自己分析や書類の準備を行う

自己分析を行っておくと、スムーズに転職活動を進めることができます。

  • 自分がやりたいことは何か
  • どのような職種に転職したいのか
  • 転職先では何がしたいのか

などについて入念に考えておくことが大切です。

キャリア診断アプリなどをうまく活用しt、自己分析を進めるようにしましょう。

また、転職活動に必要な書類は在職中に用意しておくのが良いです。

職務経歴書や履歴書などの書類は最低限用意しておくことをおすすめします。

自己分析の結果を踏まえ、

  • 自分の得意なことや不得意なこと
  • これまでの実績
  • 今後のキャリア設計
  • 企業に貢献できること
  • 転職の動機

などをまとめておきましょう。

事前に求人情報をリサーチしておく

在職中に求人情報のリサーチまで行っておくのがおすすめです。

在職中に他の情報を集めておくことで、今の職場と比較することもでき、効率的に転職活動を進めることができます。

退職してから情報収集を始めていると、かなり効率が悪い上に焦りに繋がってしまうでしょう。

しっかりとしたリサーチを行うためにも、金銭的に余裕のある在職中に情報を集めることが大切です。

転職エージェントをうまく活用する

次の仕事が決まってない段階で転職したい場合は、転職エージェントをうまく活用するのがおすすめです。

転職エージェントを活用することで、あなたに合った求人情報の紹介や面接対策など、充実したサービスを受けることができます。

利用は完全無料となっているエージェントがほとんどであるため、気軽に利用してみると良いでしょう。

次の仕事が決まってない人におすすめの転職エージェントは?

では、ここからは効率的に転職を進めるために利用すべき転職エージェントについて解説していきます。

今現在、仕事が決まっておらずお悩みの方は、以下の転職エージェントの利用も検討してみてください。

リクルートエージェント

まずご紹介するのは、業界においてNo1の実績を持っているリクルートエージェントです。

公開されている求人数はなんと10万件以上となっており、信頼度が非常に高いエージェントと言えるでしょう。

非公開求人の数はなんと20万件とも言われており、自分に合った求人を紹介してもらえます。

なるべく多くの求人に目を通したいという方は、利用してみるべきエージェントと言えます。

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

doda

dodaは転職サイトと転職エージェントの両方を利用することができるサービスです。

キャリアアドバイザーの評価に定評があり、丁寧なアドバイスを行ってもらいたい方は利用するのがおすすめと言えます。

特に、面接対策が充実しているので、一次選考は通るものの、二次選考で落とされてしまうという方は利用してみるのがおすすめです。

また、転職サイトとして自分のペースで転職活動を進められるのも魅力と言えるでしょう。

▶︎今すぐdodaに登録して求人を見てみる

パソナキャリア

パソナキャリアホームページ
引用:パソナキャリアホームページより

パソナキャリアはコンサルタントのサポート体制が高評価のエージェントです。

履歴書や職務経歴書の作成をサポートしてくれるだけではなく、転職する際に抱えているさまざまな不安に寄り添ったサポートを行ってもらえます。

悩みをできるだけ聞いてもらいたいという方は、利用してみると良いでしょう。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

まとめ

今回の記事では次の仕事が決まってないけど辞める30代へ向けて、やるべき行動を具体的に解説しました。

30代は業務量と責任が増え、身体的にも肉体的にも負担の大きい世代です。

仕事を辞める際はこの記事の内容を参考にして、計画的に退職してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました