【仕事を辞めたい】対策法を徹底解説!どうしても退職したいあなたへ

仕事を辞めたい時の対策 退職

厳しい就職活動を経て憧れの企業に就職。

胸躍らせながら憧れの職場で働く。

この環境で頑張っていこう。

そう思っていたにも関わらず、「仕事を辞めたい」そんな気持ちになることは誰にでも起こる可能性があります。

どうか、仕事を辞めたいと思う自分を責めないでください。

どうして仕事を辞めたいと考えてしまったのか?

その原因を理解し、対策を考え実践してみてください。

本記事では、仕事を辞めたいと考える人の理由や特徴そして、対策方法をお伝えします。

この記事を読めば分かること
  • 仕事を辞めたいと思う瞬間とは?
  • 仕事を辞める人には前兆がある?
  • 仕事を辞めたい人の特徴とは?
  • 仕事を辞めたいと思った時の対策とは?

仕事を辞めたい時の対策について解説します!

仕事を辞めたいと思う瞬間とは?

仕事を辞めたいと思う瞬間とは?

仕事を辞めたいと考える理由は人それぞれです。

では、どのようなときに仕事を辞めたいと考えるのでしょうか?

仕事を辞めたいと思う瞬間を見ていきます。

  • 職場での人間関係が悪化した
  • やる気が低下した
  • 家庭の問題

職場での人間関係が悪化した

職場で働く人間関係がずっと同じというケースは珍しいです。

人が辞めたり、新しい人が入ってきたり、転勤などで人が入れ替わったり。

仕事で関わる人間関係は日々変わっていきます。

新しい上司と反りが合わないことや後輩と上手くコミュニケーションが取れないということはよくあります。

そんな日々が続けば、「今日も会社であの人に会うのか。嫌だな。」と出社することが苦痛になるでしょう。

このように人間関係の変化によって、会社を辞めたいと思う可能性が出てくると考えられます。

仕事を辞めたいと思う理由の多くが、人間関係が理由というデータもあります!

やる気が低下した

どんなに能力が高い人だとしても、やる気が低下してしまえばパフォーマンスが発揮されずに仕事で成果を出すことができません。

仕事で頑張っても正当に評価されない、忙しくて残業が多い、付き合いで夜遅くまで飲み会に付き合わされる、トラブルによって休日に出勤になることがある。

こんなことが続けば、不平や不満が溜まり、仕事に対してのやる気が低下するでしょう。

結果、仕事に対して嫌気がさして会社を辞めたいと考える可能性が出てきます。

職場で正当な評価を得られないと、モチベーションが下がって辞めたいと思う人も!

家庭の問題

職場以外に問題があり、仕事を辞めたいと考えるケースもあります。

家族との問題、友人関係、恋愛問題、または金銭的なトラブルなど。

こういった問題は、本人にとっては深刻な問題で、常に頭の中から離れず仕事に集中できないということも。

仕事に身が入らずミスやトラブルを多発し、先輩上司から叱責を受け、そのせいで仕事を辞めたいと感じてしまうケースもあります。

仕事とは関係なく、家庭の事情で辞めたいと感じる人も多いようです!

仕事を辞める人には前兆がある?

仕事を辞める人には前兆がある?

仕事を辞めたいと感じる瞬間は人それぞれです。

実際の職場で仕事を辞めたいと考えている人には前兆のようなものはあるのでしょうか?

以下では、仕事を辞めてたいと考えている人にはどのような前兆があるか見ていきます。

  • 出社しても暗い
  • 不平や不満が多い
  • 1人で行動する機会が増えた
  • 新しく資格取得や習い事を始める
  • 定時きっかりに帰る
  • 仕事中に私用電話をしている

出社しても暗い

仕事を辞めたいと感じている人は、仕事に行きたくないので出社しても挨拶もせず暗いです。

笑顔を見せることも少なくなり、思い詰めているような雰囲気を出しています。

もし、周囲にそういう人がいたり、あるいは自分自身が何か暗いと感じるのであれば、仕事を辞めたいと感じ始めているかもしれません。

仕事を辞めたい人は、基本的に不満を感じているので出社しても暗いです

不平や不満が多い

気を許した同僚だったり、仲の良い後輩に不平・不満を言うことが多くなります。

また、会社を辞めようとしているので、転職サイトや求人情報を見ている可能性が高いです。

その情報を会社の同僚などにも伝え「一緒に辞めよう」などと言ったりします。

しかし、そういった言動は上司にまで伝わり問題となるケースもあります。

会社への不満が溜まっていき、徐々に文句を言うようになります

1人で行動する機会が増えた

会社の同僚との世間話に加わったり、ランチに行く機会が減り1人で行動することが多くなります。

次の仕事のことを考えているので、空いてる時間に転職サイトや求人情報を見たり、資格取得のための本を読んだりしている ケースが多いです。

まだ迷っているかもしれませんが、会社を辞める方向で考えている可能性が高いと言えるでしょう。

社内での関係性に嫌気がさしており、段々と一人行動が増える傾向にあります

新しく習い事や資格取得を始める

「他にやりたいことがある」「新しく資格の勉強をしている」となったら会社を今すぐにでも辞めたいと思っているケースが多く、今の会社に残っていても将来のビジョンが見えないと思っている可能性が高いです。

社内でのキャリアアップの道が見えない限りそう遠くないうちに辞めていくでしょう。

新たな転職先を見つけるべく、資格取得に動き出している場合も!

定時きっかりに帰る

これまで残業を必ず行っていたのに、最近は毎日定時きっかりに帰るようになった場合、次の就職活動をしている可能性が高いです。

定時きっかりに帰るだけではなく、遅刻や早退も目立つようになってくる可能性があります。

すでに、次の仕事に意識が向いているので、こうした人は引き止めるのは難しい状況かもしれません。

転職活動をしており、対策や面接のために定時帰りが増える傾向にあります

就業中に私用電話をしている

転職活動をしている人は、転職先と連絡をしているという事が考えられます。

相手が就業中にも関わらず電話でやり取りをしているので、最終選考にまで残っているか内定が決まっている可能性が高いです。

仕事中にも関係なく電話をしている場合、退職の意志は固いでしょう。

良くないことですが、仕事中にも転職先との電話をしているケースも!

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

仕事を辞めたい人の特徴とは?

仕事を辞めたい人の特徴とは?

仕事を辞めていく人にどのような人が多いのでしょうか?

仕事を辞めたいと思うようになる人には特徴があるようですので、詳しい特徴を見ていきましょう。

  • 真面目で熱意のある人
  • 必要以上に責任感の強い人
  • 職場内でのコミュニケーションが苦手な人
  • 思い切って会社を休んでみる

真面目で熱意のある人

真面目な人が仕事を辞めるというのは意外に思うでしょう。

しかし、真面目で仕事に熱心だからこそある日突然「もう仕事が嫌だ…」そんな風に感じるのかもしれません。

真面目で熱意のある人は仕事への理想が高い場合も多く、思い描く理想の自分と現実とのギャップにストレスを感じてしまうようです。

心に葛藤がある状態で仕事を続けていると、ある日突然モチベーションが低下して仕事への意欲が途絶えてしまうのかもしれません。

真面目だからこそ、これではダメだと自分を責めてしまい、仕事を辞めるという結果になると考えられます。

意外にも、真面目な人というのは自分自身を追い込みすぎて辞めたいと感じるケースも多いです

必要以上に責任感が強い人

仕事ではミスはつきものです。

ミスをしない人などいません。

しかし、責任感が強い人はミスをする自分を許せないのです。

仕事をする上で責任感は大切なことですが、過度な責任感は自分を追い込んでしまい悪循環を起こしてしまいます。

仕事のミスやトラブルを解決したり、回避することができないと、仮に自分には関係ないようなことだとしても「自分はこの仕事には向いていない」などと勝手に思ってしまいます。

責任感が強い人はストレスを感じやすく、仕事を辞めたいと感じる人も多いです

職場内でのコミュニケーションが苦手な人

仕事を辞めたくなる理由で最も多いのは職場でのコミュニケーションです。

どんなに能力が高く、仕事ができたとしても、人間関係が円滑でないと職場では不自由さを感じてしまうもの。

仕事はできるけど、職場の同僚に馴染めない。

先輩・上司と馬が合わない。

後輩への指示が通らない。

上手くコミュニケーションが取れなければ当然仕事にも影響を及ぼします。

結果、能力はあるのに仕事を辞めてしまうという結果になってしまうことも。

組織でのコミュニケーションが苦手だと、辞めたいと感じてしまいます

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

仕事を辞めたいと思った時の対策

仕事を辞めたいと思った時の対策

誰しもが仕事を辞めたいと一度は考えたりするものです。

今の仕事を続ける事が必ずも正解とは限りませんが、一度始めた仕事をそう簡単に辞めたくないという思いもあるでしょう。

仕事を辞めたいという気持ちがよぎった時の対策を紹介していきます。

  • まずは思考を整理する
  • 客観的な意見を求める
  • 仕事以外の時間を持つ

まずは思考を整理する

仕事を辞めたいと思うと視野が狭くなり、それ以外は考えることができなくなるものです。

一度冷静になり、なぜ仕事を辞めたいと思うようになったのかを考えてみましょう。

もしかすると些細なことだったかもしれないし、原因がわかれば解決策も見出せるかもしれません。

「なんとなく仕事を辞めたい」という理由で仕事を辞めても、次の職場で同じことを繰り返す可能性があります。

仮に辞めることを選択するにせよ、一度真剣に自分と向き合って考えを整理することが大切です。

まずは冷静になり、自分の思考を整理しましょう!

客観的な意見を求める

1人で考えているとネガティブな方向へいきがちです。

身近な人や信頼できる人に話を聞いてもらうというのはどうでしょうか。

職場の人でもいいですが、仕事に関係ない人の方が客観的な立場から意見を言ってくれるので良いかもしれません。

人に話すということは、頭の中を言葉にしなければいけないので、考えが整理されます。

話しをしているうちに、考えが整理されて自分で答えを導き出す結果になることも。

また、自分の中でモヤモヤした気持ちを、言葉にして吐き出すだけでも楽になるものです。

1人で抱え込まず第三者に相談して見ましょう。

仕事を辞めたい時は視野も狭くなりがち!信頼できる人に相談を!

仕事以外の時間を持つ

休みもなく残業続き。

そんなときに、仕事を辞めたいと考えてしまうものです。

一度、仕事と距離を取りストレス発散をすることも大事なことではないでしょうか。

趣味に没頭したり、友人と出かけてみたり、仕事とプライベートの切り替えができれば仕事への取り組み方も変わってくるかもしれません。

趣味に没頭してみるのも良いです!

思い切って会社を休んでみる

休みがなく仕事をしていると心身ともに擦り減ります。

このような状況では、集中力も低下するので仕事でミスを発生させてしまうでしょう。

休養をかねて、思い切って仕事を休んでみてはどうでしょうか。

仕事を休むことに抵抗がある人は多いと思います。

しかし、休みなく仕事を続けてミスをするよりも、リフレッシュをして英気を養いモチベーションを高く仕事に臨んだ方が、結果に的にパフォーマスが発揮され仕事の効率が良くなるかもしれません。

休むことも仕事の一環だと思い会社を休んでみてはどうでしょうか。

休職制度などがあれば、それを利用するのも良いです!

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

仕事を辞めたい時は、転職先を見つけておこう

仕事を辞めたい時は、転職先を見つけておこう

今現在、仕事を辞めたいと感じている方は転職先を見つけておくのがおすすめです。

ここでは、転職先を探しておくことの大切さを解説します。

  • 転職先を見つけるメリット
  • 転職しなくても、探すことが大切
  • 転職先を効率的に見つけるには?

転職先を見つけるメリット

仕事を辞めたい時、転職先を見つけるメリットには以下のようなことが挙げられます。

  • 転職先を探すことで、今の会社以外の選択肢を知ることができる
  • 自分の市場価値を正しく理解することができる
  • コンサルタントと相談することで、考えを整理できる

転職活動を本気で始めなくとも、ある程度の就職先を探しておくことで、

「この会社以外にも働ける場所がある・・・」

と、精神的な余裕が生まれます。

また、転職エージェントを利用すればコンサルタントに相談できるため、自分の市場価値を正しく把握することもできるでしょう。

転職先を働きながら探しておくメリットは非常に大きいです

転職しなくても、探すことが大切

もし、今すぐ転職しない場合でも、とりあえず転職先を探しておくことが大切です。

  • 転職しない場合でも、視野を広げることができる
  • 求人情報を集めることができる
  • 今後転職活動を開始する時のリハーサルになる
  • 精神を落ち着かせることができる

求人を探す=すぐに転職する、ということではありません。

今現在はあくまでも情報収集やいざという時の予行演習のような形で活動しておき、後から本腰を入れるということもできます。

様々な情報を集めておけば、精神的にも落ち着かせることができるため、まずは気軽に転職先を探し始めてみてはいかがでしょうか。

必ず転職する必要はなく、とりあえず情報収集を行うだけでもかなり意味があります

転職先を効率的に見つけるには?

これから効率よく転職先を見つけるためには、転職エージェントに登録しておきましょう。

転職エージェントに登録するメリット
  • 完全無料で利用することができる
  • 専任のコンサルタントに相談することができる
  • 面接対策なども徹底してもらえる
  • 非公開求人など、希少な情報も扱っている
  • スケジュール調整も行ってもらえる

転職エージェントは全て無料で利用でき、専任のコンサルタントに相談しながら転職活動を進めることができます。

リクルートエージェントであれば通常の転職サイトには載っていない求人も多数扱われており、非常におすすめです。

スケジュールの調整なども行ってもらえるため、普段の仕事が忙しい方にも最適なエージェントと言えるでしょう。

以下のリンクから無料登録できますので、まずはアカウント作りから始めてみてはいかがでしょうか。

転職活動を開始するのであれば、まずは転職エージェントに登録しておくようにしましょう

▶︎今すぐリクルートエージェントに登録して求人を見てみる

明日会社に行くのも辛い方へ

明日会社に行くのも辛い方へ

この記事を読んでいる方の中には、明日会社に行くのも辛いと感じるほど追い込まれている方もいらっしゃるでしょう。

もし、以下のような症状がある場合、精神的にかなり追い詰められている状態にあります。

  • 死にたいと感じている
  • 理由もないのに涙が出てくる
  • 上司からパワハラやセクハラを受けている
  • 毎朝吐きそうになる・吐いている
  • 消えてしまいたいと思うことがある

このような状態にある場合、うつ病などを発症していてもおかしくありません。

特に、死にたい・消えたいと感じているのであれば、うつ傾向にある可能性が高いです。

明日会社に行くのも辛いのであれば、退職代行サービスを利用しても良いので退職することをおすすめします。

退職代行とは?

退職代行とは、あなたの代わりに退職の手続きや有給取得の手続きを行ってくれるサービス。利用すれば会社の人と顔を合わせることなく退職することができます。

最終手段ではありますが、自殺してしまうくらいであれば代行を使ってでも自分の命を守りましょう。

以下のリンクから無料相談ができますので、どうしても辛い方はまず相談だけでもしてみることをお勧めします。

おすすめの退職代行サービス

退職代行SARBA・・・退職代行実績No.1!即日退職も可能!

弁護士法人みやびの退職代行・・・手続きを専門の弁護士が行ってくれます。LINEで24時間気軽に相談可能!即日対応!

合わせて読みたい

退職代行はうつ病になったら使うべきサービス。無理しないで!

まとめ

「仕事を辞めたい」こんなこと言うと「根性がない」とか「甘ったれるな」などと言われるかもしれません。

ですが、社会に出て仕事をしていれば、誰しもが仕事を辞めたいという場面に出くわす可能性は十分にあります。

大事なことは感情的にならないということです。

仕事を辞めたいと思ったということは、今後の働き方や自分の人生について見つめ直す事ができるので、逆にチャンスかもしれません。

仕事を辞めたいと感じた理由や解決策を見出して、今後に繋がるように考えていきましょう。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました