薬剤師ならなきゃよかった?対策5選を徹底解説

薬剤師にならなきゃよかった 薬剤師

薬剤師にならなきゃよかった…

薬剤師になってから生活がしんどい…

このような悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

今回は、薬剤師にならなきゃよかったと感じる理由や、対策方法を詳しく解説していきます。

この記事を読めばわかること
  • 薬剤師にならなきゃよかったと感じる理由
  • 薬剤師にのメリット
  • 薬剤師にならなきゃよかったと思う時の対策方法
  • 薬剤師にならなきゃよかったと思う方が利用するべきサービス

それぞれ見ていきましょう。

薬剤師にならなきゃよかったと思う時の対策方法5選

薬剤師にならなきゃよかったと思う時の対策方法4選

薬剤師にならなきゃよかったと思う時の対策方法は、以下の5つです。

  • 現職で解決策を探す
  • 給与交渉をする
  • 上司に相談してみる
  • 解決策がない場合は休職も視野に入れる
  • 転職コンサルタントに相談してみる

それぞれ見ていきましょう。

現職で解決策を探す

  • 不満はあるものの、退職するほどではない
  • 周囲の人に相談して解決できる問題である
  • もう少し、今の職場で頑張れそう

など、不満はあるものの、精神を病んでいない方や、もう少しだけならどうにか頑張れそうという方は、今の職場で今しばらく努力してみるのも選択肢です。

転職するとなれば、時間と労力が掛かります。

不満はあっても、退職するほどではないのであれば、努力できる範囲で解決策を模索してみましょう。

給与交渉する

「給料が仕事量と割に合わない…」と感じる方は、給与交渉してみることをおすすめします。

給与交渉は、大手の企業だと給与体系が明確に決まっており、給与交渉できない場合が多いです。

しかし、中小規模の薬局は、基本的に薬剤師の人員が不足しています。

そのため、新しく人員を雇用するコストよりも、昇給して引き留めることにコストを割くでしょう。

給与交渉することはリスクもなく、昇給する可能性もあるので、積極的に給与交渉してみることをおすすめします。

上司に悩みを相談してみる

自分一人で問題を解決できそうにない場合は、上司に悩みを相談してみましょう。

  • 周囲の人との関係性がうまくいかない
  • 仕事量が多すぎるのでもう少し減らしてほしい
  • 店舗異動させてもらいたい

など、上司に相談しなければどうしようもない問題を抱えている方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は、信頼できる上司にまず相談してみるのがおすすめです。

理解のある上司であれば、あなたの悩み事に対してなんらかの対策を行ってくれるでしょう。

ただし、上司そのものが悩みの種であったり、相談しても対応してくれないのであれば転職も視野に入れることをおすすめします。

解決策がない場合は休職も視野に入れる

「現場で解決する手段が見つからないけど転職も怖い!」という方は、休職も視野に入れることをおすすめします。

休職することで、心身の状態を改善でき、自分と向き合う時間を作ることができます。

自分の将来の目標や本当にやりたいことを見つけることで、転職するべきかどうかを冷静に判断することができるでしょう。

解決策がないと、冷静に判断できず焦ってしまうので、1度ゆっくり休んでみましょう。

また、派遣社員やパートとして働いてみるのも選択肢です。

転職コンサルタントに相談してみる

「現職じゃ解決できないから転職したい!」という方は、転職コンサルタントに相談してみることをおすすめします。

転職コンサルタントに相談することで、プロのアドバイザーから自分の希望条件に合わせた求人情報が送られてきます。

そのため、現職が忙しい方でも効率よく転職活動することができるでしょう。

また、「転職コンサルタントに相談したいけど、どこのサイトがいいかわからない!」という方もいるでしょう。

そのような方のために、以下の項目ではおすすめの転職サービスを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

▶︎高時給求人が豊富!ファルマスタッフに相談してみる

薬剤師にならなきゃよかった!と思う方が利用すべきサービス3選

薬剤師にならなきゃよかった!と思う方が利用すべきサービス3選

「薬剤師にならなきゃよかった!」と思う方が利用すべきサービスは、以下の3つです。

  • 薬キャリ
  • マイナビ薬剤師
  • ファルマスタッフ

それぞれ見ていきましょう。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、薬剤師に特化した転職サービスです。

特徴として、サポートが手厚く、親身に相談に乗ってくれることが挙げられるでしょう。

ファルマスタッフでは、「転職しない相談会」や「個別お仕事相談」などの気軽に相談できるイベントが開催されています。

そのため、「転職するか決断してないけど相談したい…」とお悩みの方には、特におすすめのサイトで

また、職場の条件交渉を代理で行ってくれるので、自分の希望条件に合う職場を見つけやすくなるでしょう。

ファルマスタッフは、完全無料で利用できるため、まずはお気軽に登録してみることをおすすめします。

▶︎高時給求人が豊富!ファルマスタッフに相談してみる

ヤクマッチ

  • 薬剤師資格を持ったコンサルタントが在籍
  • 薬剤師に寄り添った丁寧なヒアリングをしてもらえる
  • 薬局・病院・薬剤師の3方向から情報をリサーチし、会社の雰囲気も教えてくれる

ヤクマッチは、薬剤師資格を保有しているコンサルタントが在籍している転職サービスです。

現場目線でしか分からないアドバイスをしてもらえるため、現役の薬剤師の方に寄り添ったヒアリングを行ってもらえます。

丁寧な面談により、転職希望者の要望に沿った的確な会社を紹介してもらえるのが魅力

また、情報収集にも長けており、企業の残業時間や昇給率はもちろん、内部の空気感なども事前に教えてもらえるので、転職してからうまくいかなかったというミスマッチを減らすことが可能です。

▶︎ヤクマッチに無料相談してみる

薬キャリ

  • 登録者数No.1
  • 紹介までのスピードが早い
  • 利用者満足度95%

薬キャリは、薬剤師に特化した転職サービスです。

特徴として、転職するまでの期間が業界トップクラスで早いことが挙げられるでしょう。

登録して最短即日で転職サービスから連絡が届き、その日に最大10件の求人紹介を受けることができます。

また、医療業界と深く繋がりがあり、他の転職サービスにはない非公開求人も多数保有しています。

「優良な職場に早く転職したい!」と考えている方は、薬キャリを利用するといいでしょう。

薬キャリは、完全無料で利用することができるため、まずはお気軽に登録してみることをおすすめします。

▶︎薬キャリに無料相談してみる

マイナビ薬剤師

  • 利用者満足度No.1
  • 対面での面談を重視した徹底したサポート
  • 企業の内部事情に詳しくミスマッチが防げる

マイナビ薬剤師は、薬剤師に特化した転職サービスです。

特徴として、ドラッグストアや企業の求人情報が、豊富に掲載されていることが挙げられるでしょう。

「調剤薬局には転職したくない!」という方には、ピッタリな転職サービスです。

また、首都圏以外にも全国で15ヶ所の拠点を構えているため、地方在住の人でも気軽に利用することができます

マイナビ薬剤師は、完全無料で利用することができるので、まずはお気軽に登録してみることをおすすめします。

▶︎マイナビ薬剤師に無料相談してみる

薬剤師にならなきゃよかったと思うあなたに伝えたいこと

薬剤師にならなきゃよかったと思うあなたに伝えたいこと

この記事を読まれている方は、今の仕事で悩みを抱えていたり、うまくいかないことがあって、

「薬剤師にならなきゃよかった・・・」

と、感じている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、そう感じている方に伝えたいことについて解説していきます。

これまでの努力は無駄にならない

薬剤師になるまでに、様々な努力をされてきたと思います

大学に入る時にも、国家試験を受ける時にも大変な思いをされたはず。

現在は辛い状況にあり、

  • 薬剤師なんかにならなきゃよかった
  • 毎日の仕事が辛いだけ
  • これでは苦労したのが無駄だった

と感じているかもしれません。

しかし、これまでのあなたの努力は決して無駄ではないのです。

これから転職するとしても、苦労して取得した資格が強みになります。

また、何よりも努力する姿勢があなたの人生を支えてくれるでしょう。

自暴自棄にならず、まずは頑張っている自分を褒めてあげましょう。

今の職場がたまたま合わないだけ

普段の仕事がうまくいっていないと、

  • 自分は薬剤師に向いてない
  • どう頑張っても無理だ
  • 薬剤師にならなきゃよかった

と感じてしまいます。

しかし、それは考えすぎで、くの場合は今の職場環境が合っていないだけのことが多いです。

例えば同じ職場の上司や同僚と性格が合わず、コミュニケーションが取れないことや、業務内容があなたに合っていないなど、環境の問題である可能性が高いでしょう。

こうした問題は環境を変えるだけでもかなり改善されます

一つの職場でうまくいっていないからといって、他の職場でもそうなるとは限りません。

どうしても辛いなら、他の環境に移ることも視野に入れてみてください。

一人で悩みを抱え込まないで

一人で悩みを抱え込んでいませんか。

極度のストレスを抱えていると、どうしても塞ぎ込んでしまうものです。

どうしても辛い時は、誰かに相談することで心が軽くなります。

まずは周囲の人に相談し、何に対して悩んでいるのか自分の気持ちを整理することから始めましょう。

もし、身近に相談できる人がいない場合には、無料で利用できるコンサルタントなどに相談してみてください。

悩みを話すだけでも、心が軽くなります。

薬剤師を辞めるかどうかの判断基準

薬剤師を辞めるかどうかの判断基準

現状、薬剤師の仕事でお悩みの方は、退職すべきかどうかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

ここでは、薬剤師を辞めるかどうかの判断基準について詳しく解説していきます。

あと数十年働けるかどうか

まず、あと数十年働けるかどうかについて考えてみましょう。

薬剤師としての仕事は、今後も続けていかなくてはなりません。

今の職場で継続的に働くことになれば、残り数十年間ほどその環境で頑張らなくてはならないのです。

そう考えた時、

ここであと数十年も働くなんて、とてもできない・・・

と思ってしまうのであれば、早めに退職した方が良いでしょう。

そもそも、薬剤師自体が転職を繰り返しながらキャリアを歩んでいく職業です。

転職することも珍しいことではありません。

今の環境が合わないなら、さっさと他の場所に身を移すようにしましょう。

教育体制やフォロー体制が整っているか

退職を検討する上で重要なのが、教育体制やフォロー体制が充実しているかどうかです。

新卒や新人として働き始めたばかりの方であれば、現場で仕事がなかなか覚えられずに困っている方も多いのではないでしょうか。

中には、ろくな研修もないままに現場へ配属されてしまった人もいるでしょう。

あまりにも劣悪な状態で働いているのであれば、もっとしっかりと研修制度などが整っている環境に身を移すのも選択肢です。

また、薬剤師として働く上で、どうしても調剤ミスなどが発生するリスクがあります。

そうしたトラブルが発生した時、上司から責任を押し付けられていませんか?

現場任せで無責任な職場では、ストレスが溜まってしまうのも無理はありません。

そうした環境下で働いている方も、転職を検討する方が良いでしょう。

給与に満足しているかどうか

薬剤師として働き始めたものの、

「思っていたよりも給料が低い・・・」

と感じている人も多いのではないでしょうか。

薬剤師はどの環境で働くかによって、収入水準が異なります。

例えば、病院薬剤師とドラッグストアであれば、比較的ドラッグストアの方が高めに給与が設定されていることが多いのです。

そう考えると、収入アップを狙うならなるべく給与が高いところの方が良いですよね。

今の職場からもらっている給料に不満があるのであれば、まずは市場のリサーチから始めましょう

薬剤師のコンサルタントに相談すれば、そうした相場観についても無料で教えてもらうことができます。

▶︎ヤクマッチに無料相談してみる

薬剤師にならなきゃよかったと感じる理由8選

薬剤師にならなきゃよかったと感じる理由8選

薬剤師にならなきゃよかったと感じる理由は、以下の8つです。

  • 職場の人間関係のトラブル
  • 患者さん対応のストレス
  • 業務量が多い
  • 仕事で大きなミスをしてしまった
  • 有給休暇・育休などを自由に使うことができない
  • やりがいがない
  • スキルアップできない
  • 違う業種で働きたい

それぞれ見ていきましょう。

職場の人間関係のトラブル

薬剤師の職場は、病院や調剤薬局などの閉鎖的な空間で作業をすることが多いです。

閉鎖的な職場なので、他の業種よりも人間関係でトラブルを感じてしまうと、ストレスを抱えやすくなってしまいます。

また、薬剤師の職場は慌ただしく、仕事のミスは患者の命に関わってしまいます。

そのため、職場の雰囲気がピリついており、少しのミスや不慣れなスタッフにストレスが爆発してしまう上司も少なくありません

職場の人間関係のトラブルが発生してしまい、「薬剤師ならなきゃよかった…」と感じてしまっても仕方がないでしょう。

患者さん対応のストレス

薬剤師が対応する患者さんは、身体に不調をきたしているため、ストレスが溜まってる方が多いです。

そのため、理不尽なクレームを言われることや、文句をいう患者さんがどうしても多くなってしまいます。

自分は精一杯対応しているのに、患者さんから文句を言われたり、クレームを言われると自分の精神も削られてしまいます。

また、患者さんによっては、「〇〇さん以外の処方は受けたくない」と他のスタッフと比べる方もいるでしょう。

他のスタッフと比べられると、「自分は周りと比べて劣っている…」と劣等感を感じてしまう可能性があります。

ストレスや劣等感を感じてしまい、「薬剤師にならなきゃよかった…」と落ち込んでしまう方も多いでしょう。

業務量が多い

薬剤師の職場は、人手が足りていないところが多いため、1人当たりの業務量が多い場合があります。

業務量が多いと、残業や持ち帰り仕事も多くなってしまい、自分のプライベートの時間を確保することが難しくなってしまいます

プライベートの時間を確保することができないと、ストレスを発散することができなくなり、心身共に疲弊してしまうでしょう。

仕事で溜まったストレスや不満から、「薬剤師にならなきゃよかった…」と感じ、退職したいと考えてしまう方も多いでしょう。

仕事で大きなミスをしてしまった

薬剤師の仕事は、患者の命に関わる業務が多いため、大きなミスをして自己嫌悪に陥ってしまう方も多いです。

調剤過誤などの大きなミスは、刑事的な処罰を受ける可能性もあるので、仕事をすること自体不安になってしまう方も多いでしょう。

しかし、仕事の大きなミスは自分にも原因がありますが、ダブルチェックや監査システムが整っていない職場にも問題があります。

そのため、あまり自分を責めずに、業務体制が整っている職場に転職を考えるといいでしょう。

仕事で大きなミスをすると、罪悪感から、「薬剤師にならなきゃよかった…」と後悔してしまっても仕方がないと言えます。

有給休暇・育休などを自由に使うことができない

職場によっては薬剤師が1人しかいない職場もあるため、有給休暇や育休を自由に使うことができない場合もあります。

有給休暇を自由に取れないと、プライベートの予定を自由に組むことができないので、ストレスが溜まることも。

また、育休や産休制度がない職場も多いため、一旦退職せざるを得ない状況になります。

このような自分のプライベートを確保できない職場に勤めている方は、「薬剤師にならなきゃよかった…」と後悔してしまっても仕方がないでしょう。

やりがいがない

薬剤師の方の中には、慣れてきて業務を一通りこなせるようになってしまうと、やりがいを感じない方もいます。

特に調剤業務などは、作業内容が変わらないため、やりがいの喪失につながりやすい業務です。

また、薬剤師は初任給が高いので、長年勤めていても年収が上がりづらい特徴があります。

年収が上がらないことで、モチベーションの低下や目標の喪失などにも繋がってしまうでしょう

毎日変わらない作業内容と上がらない年収を見て、「薬剤師にならなきゃよかった…」と感じてしまっても仕方がないでしょう。

スキルアップできない

「今の職場で働き続けてもスキルアップできる見込みがない…」と感じてしまうと、不安な気持ちになってしまうでしょう。

薬剤師の業務は、毎日同じ作業をすることや、単純作業で知識さえあればできる内容が多いです。

そのため、学生の頃と比べ頭を使う機会が減り、「自分はこの職場で働いていて成長できるのだろうか…」と不安になってしまいます。

将来の不安から、「薬剤師にならなきゃよかった…」と感じてしまう方もいるでしょう。

違う業種で働きたい

薬剤師は、業種によって年収や求められるスキルが大きく異なります。

年収は、病院<調剤薬局<ドラッグストア<製薬会社の順で高くなっていきます。

そのため、「自分の業種よりも平均年収が高い業種に転職したい!」と考える方も多いでしょう。

しかし、業種によって求められるスキルも異なるので、自分の今のスキルじゃ転職できない場合もあります。

大学時代の友人が、自分よりも年収が高い業種で働いているのをみると、「薬剤師にならなきゃよかった…」と後悔する方もいるでしょう。

薬剤師にならなきゃよかった?薬剤師のメリットをおさらい

薬剤師にならなきゃよかった?薬剤師のメリットをおさらい

「薬剤師にならなきゃよかった…」と感じてしまう前に、薬剤師のメリットをおさらいしていきましょう。

薬剤師のメリットは、以下の4つです。

  • 労働時間がしっかり管理されている
  • 転職しやすい
  • キャリアアップして高収入を狙うこともできる
  • 仕事がなくならず安定している職業

それぞれ見ていきましょう。

労働時間がしっかり管理されている

薬剤師のメリットは、見込み残業などの給料に残業代が含まれているケースや、求人情報よりも残業時間が多いなどの問題が少ないことです。

なぜなら、残業した分だけ給料が支払われ、労働時間がしっかり管理されている職場が多いからです。

また、薬剤師全体の平均残業時間は20時間なので、他の業種に比べ少ない傾向にあります。

自分が働く業種によって残業時間の変化はありますが、残業代はしっかり支払われる、ホワイトな職場が多いでしょう。

転職しやすい

薬剤師の仕事は、業界全体が人手不足で、全国の病院・調剤薬局では常に薬剤師の募集が絶えません。

そのため、他の業種に比べて転職に苦労することが少なく、「この職場を辞めたら転職できないのでは…」という不安を抱える必要がないでしょう。

また、薬剤師の資格を保有している人が少ないため、他の薬剤師との競争も起きません。

優秀な人との競争や転職に苦労することがない点は、薬剤師の大きなメリットと言えるでしょう。

キャリアアップして高収入を狙うこともできる

他の業種は、競争率が高く大手の企業に転職してキャリアアップすることは難しいですが、薬剤師は転職して高収入を狙うことが可能です。

なぜなら、薬剤師の資格を保有している人数が少ないので、他の職種に比べ大手企業の採用枠が空いているからです。

そのため、地方の小さな薬局に勤めている方でも、大手の薬局に転職することができるでしょう。

他の職種よりも転職して高収入を狙いやすい点は、薬剤師の大きなメリットと言えるでしょう。

仕事がなくならず安定している職業

薬剤師の職場は医療関係の仕事なので、将来的にAIが発展したとしても、なくならない職業の1つと言えるでしょう。

例えば、調剤などの単純作業は機械に任せることが可能ですが、調剤過誤などのチェックは最終的に薬剤師に任されることになるでしょう。

また、患者さんとコミュニケーションを取って処方する薬を見極める必要があるため、薬剤師が必要になります

AIが発展していくことを想定しても、将来的になくなることがない、安定している職業と言えるでしょう。

まとめ

今回は、「薬剤師ならなきゃよかった」という不満について詳しく解説しました。

薬剤師の仕事は、高収入を狙うことができ、将来も安定している仕事です。

そのため、薬剤師になったことを後悔している方は、上記で紹介した対策方法をぜひ参考にしてください。

現職で解決できない場合は、上記で紹介した転職サービスに登録して、転職活動するといいでしょう。

この記事を最後まで読んでいただいた方が、現状の問題を解決して、快適な職場で働けることを祈っています。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました