仕事を変えたいと感じたら読むべき記事。どうしても辛いあなたへ解決策をご紹介

仕事を変えたい 退職

毎日残業でヘトヘト

休みも会社から連絡がきて休めない

このような悩みを抱えている人は多いことでしょう。

仕事が楽しくて仕方ないと感じている人もいる中、仕事のし過ぎやストレスで体調や精神を病んでしまう人もいます。

この記事を読んでいただくことで、仕事を変えたいと感じている方にとって転職や仕事をやめるきっかけになると幸いです。

仕事を変えたい時の対策5選

ここからは、仕事を変えたい時の対策5選を紹介していきます。

  1. まずはゆっくり休む
  2. 自己分析を徹底する
  3. 適職を診断してみる
  4. 転職先を探す
  5. スキルアップも選択肢

今回は紹介するこの5選を実践していただき、自分の可能性を広げていただきたいと思います。

まずはゆっくり休む

最初は心も身体もゆっくりと休める必要があります。

なぜなら、仕事を変えたいと思っても行動できないのは心と身体が十分に休まっていないからなのです。

残業続きで休みの日は一日中家で寝てしまう人や、そもそも1ヶ月の休みが少ない人は長期休暇を取得して、まずは行動できるための体力とメンタルを回復しましょう。

また、通勤時間に1時間以上かかっている人は住む場所を変えて、日々の疲れを溜めないようにしましょう。

そして、まずは仕事のことを忘れてゆっくりと休むことをしてください

自己分析を徹底する

自己分析を行うことで、自分がどんなことが得意なのかやどんな価値観を大切にしているかを明確にすることができます。

自分のことをしっかりと知ることができるということは、自分の長所と短所をきちんと理解することができます。

そして長所や短所を知っておくことは、転職する際や上司との面談の時でもきちんと受け答えすることができるため、自己分析は時間がかかっても良いのでしっかりと自分のことを理解することが必要です。

自己分析については自分で調べたり、本を読んで学んだりして行いましょう

そして自己分析した結果を他の人にも見てもらい、他人から見た自分と照らし合わせてどう違うのかも知っておくと良いでしょう。

適職を診断してみる

自己分析がきちんとできて自分の長所と短所がわかっても、その仕事が自分に合っていないと体調を崩したり、ストレスを抱えてしまうことになります。

そういった状況になってしまう前にキャリア診断をしてみることをおすすめします。

今はキャリア診断と調べるといろいろなサイトが出てきますが、自分が使って一番よかったと思うものを紹介します。

それが「キャリア診断アプリVIEW」というアプリです。

3分でキャリアを診断できて、AIで自分に合った企業を一覧化してくれます。

そして、企業からのダイレクトスカウト機能やキャリア形成支援としてセミナーなどを行っているため、満足度の高いキャリア診断アプリなのです。

全ての機能を完全無料で行えるので、気になった方は下のリンクからキャリア診断してみてください。

▶︎3分でキャリア診断ができる!若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

転職先を探す

キャリア診断で自分にとっての適職とキャリアを明確にすることができたら、次は転職先を探すようにしましょう。

転職先を探すということは、転職活動を始めることになります。

転職活動を始めることに抵抗がある方もいるかもしれませんが、転職活動は無料でできる自分の市場価値と客観的な評価を知ることができる重要な活動なのです。

転職活動をすることで今どの業界が成長しているのかを知ることもでき、企業に内定をいただくことができたら自信を持てますし、自分の気持ちも落ち着かせることもできます。

転職は転職エージェントを利用することをおすすめします。

これについては後ほど詳しく解説いたします。

スキルアップも選択肢

自己分析などで自分の市場価値を知ることができたら、スキルアップも選択肢に入れて転職活動をしてみましょう。

転職活動でエージェントにアドバイスをもらう中で、市場価値の高いスキルを教えてもらうようにしましょう。

市場価値の高いスキルの具体的な例としては、プログラミングや簿記などが挙げられます。

市場価値の高いスキルを身につけてから転職することで、入社してすぐに結果を出すことも可能になりますし、より好条件の企業に転職することも可能になります。

市場価値の高いスキルに関しては以下の記事で詳しく解説しているので、そちらを参照してください。

合わせて読みたい

年収を上げるスキルとは?おすすめのスキル特集

仕事を変えたい理由とは?

仕事を変えたい時の対策を解説してきましたが、実際にどのようなことが理由で仕事を変えたいと思うのでしょうか。

仕事を変えたいと感じる理由を5つ挙げていきたいと思います。

  • 仕事量と給料が合わない
  • 人間関係がうまくいかない
  • やりがいを感じない
  • 入社してから感じる会社の雰囲気
  • 仕事のストレスで体調を崩してしまった

これら以外にもさまざまな理由があると思いますが、上記の理由のようなことを感じていたら仕事を変えることも検討しましょう。

仕事量と給料が合わない

自分のやっている仕事の量と、会社からもらっている給料が合わないという理由です。

遅くまで残業して仕事をしているにも関わらず、もらっている給料は平均以下で同世代の人よりも少なかったりします。

こんなことでは仕事のモチベーションをあげることもできませんし、同じような毎日を過ごしてしまうことになってしまいます。

こんなに働いているのに給料が少ないと感じた人は転職を考えてみましょう。

人間関係がうまくいかない

人間関係がうまくいかなくて仕事を変えたいと思う人が一番多いのではないでしょうか。

  • 職場の人間関係がうまくいかなくて孤立している
  • 人とうまくコミュニケーションが取れなくて仕事でミスをしてしまう
  • 上司や部下と合わなくて会社に居づらい

仕事をしていく上では必ず人と接していかなければならないので、人間関係が良好かどうかは重要になってきます。

人間関係が悪いところで働き続ける必要はないため、人間関係で悩む必要はなく自分の働きやすい環境で仕事できるようにしましょう。

やりがいを感じない

出社したら日々同じことをして、時間がきたら帰宅している生活だと自分を成長させることもできないし、仕事が仕事ではなく作業となってしまいます。

自分がやりたいと思い入った会社で、仕事をしてみてもやりがいを感じることができるとは限りません。

そのため、入社して数年経った方などは仕事をしていてやりがいを感じたり、楽しいと思えるような仕事なのかを一度考えてみましょう。

この記事を読んでくださっている方は、仕事を変えたいけどどうしたらいいか迷っている方だと思います。

今やっている仕事が作業となってしまっていたり、やりがいを感じなくなっていた場合は転職活動を始めていきましょう。

入社してから感じる会社の雰囲気

就職活動や転職活動をしていると、調べることができる範囲で会社の仕事内容や職場の雰囲気を感じることができます。

ですが、実際に入社してみるとそれが違ったということが多々あるのではないでしょうか。

これは人間関係にも繋がってくるのですが、職場の人たちとの関係が悪かったりして職場の雰囲気がよくないと、職場にいきたくないと感じてしまうかもしれません。

最初から自分が良いと思える環境で働けるとは限りませんが、転職したり個人事業主として働くなど自分が働きやすいと感じる仕事場は選ぶことができます。

自分が働きやすい環境を整えていきましょう。

仕事のストレスで体調を崩してしまった

仕事をしていて体調を頻繁に崩していたり、ストレスでうつ病となってしまったり身体に異変を感じている人がいたら、仕事を変えるサインかもしれません。

身体を壊してしまうということは、その仕事は自分には合っていないということを理解して欲しいのです。

自分の身体を壊してまで仕事するのではなく、身体的にも精神的にもしんどいと感じたら迷わず別の仕事を探してください。

逃げだと感じるかもしれませんがそれは逃げではないことをわかっていただき、仕事は今いる会社の仕事だけではなくいろいろなところで働くことができることを知って、辞める勇気を持ちましょう。

そうすることで、あなたの人生は明るく豊かになっていきます。

仕事を変えるなら辞めてから?仕事しながら?

仕事を辞めるタイミングはどうしたら良いのかと悩んでいる人がいると思います。

結論としては、人それぞれとなってしまいます。

身体を壊していたりする場合は仕事を辞めてから転職活動でいいですし、仕事をしながら転職活動をするのでも正解なのです。

ここからはそんな転職のタイミングなどについて紹介していきます。

転職活動するタイミングっていつ?

先ほども述べましたが、転職するタイミングは人によって違ってきます。

身体を壊している人が無理に仕事をしながら転職先を見つけるのは苦労しますし、いきなり辞めてからの転職活動は、見つからなかったらどうしようという不安を感じてしまいます。

有給を全て消化できる方は、その有給の期間で転職活動をし転職先を見つけるのがベストでしょう。

仕事を辞めてからの方はこの後で詳しく解説しますが、まずは辞めて失業手当を取得するようにしましょう。

人によって転職のタイミングはさまざまですが、自分が今だと感じた時に転職活動は始めて損することはありません。

転職活動始めたらまずは何をする

転職活動を始めたらまずは自己分析することをおすすめします。

自己分析については先ほども述べていますが、自己分析をすることで自分がどういう人物なのかを知ることができ、それをもとに自分に合った仕事は何かを考えていくことができます。

自己分析で自分のことを知った後は、ある程度の転職先の業界を決めましょう。

業界を絞ることで自分がどんな業界にいきたいのかを明確にすることができますし、その業界でどんな人材が求められているかを調べて、そんな人材であることをアピールすることもできます。

自己分析と業界分析を一緒に行えると良い転職活動のスタートを切ることができます。

転職サイトと転職エージェントはどっちがいいのか

自己分析と業界分析が済んだら、いよいよ転職サイトと転職エージェントに応募しましょう。

転職サイトと転職エージェントのどちらが良いかと言われると、個人的には転職エージェントをおすすめします。

転職エージェントではまず最初にエージェントと面談をし、自分の現状ややりたいことなどを聞き取り、そこから自分がやるべきことや自分の中のモヤモヤしている部分を解決してくれます。

また、履歴書や業務経歴書などを添削してくれたり、面接のアドバイスをしてくれたりと内定をもらうところまでサポートが充実しています。

転職サイトでは事前にどのような企業が募集しているのかを調べる程度に利用し、転職エージェントを利用し転職活動していきましょう。

転職活動で自分の市場価値がわかる

転職エージェントで転職活動をしていくと、自分の市場価値を知ることができます。

今の自分はどの企業から内定をもらうことができるのかを知ることができるので、スキルアップや年収アップのために転職する際はとても重要になります。

また、転職活動ではスキルアップを狙った転職や年収アップのための転職の際に、業界を基準にするのか職種を基準にするのかでも企業の幅が違ってきます。

これはエージェントの方と相談しながら決めていくことができ、自分の市場価値を高めていくにはどうしたらよいかや市場価値を高める資格やスキルについても教えてくれます。

転職活動で自分の市場価値はどのくらいなのかを知ることができたら、今の会社に残って市場価値を高めていくも良し、転職して業界でなくてはならない存在になれるようにしていくのも良いでしょう。

仕事を辞めてから転職するなら申請すべき手当

最後に仕事を辞めてから転職する際に申請すべき手当について解説していきたいと思います。

先ほども軽く説明しましたが、会社を辞めた場合は失業手当をもらうことができます。

失業保険を受け取るためにはさまざまな条件をクリアしていかなければなりませんが、きちんと条件を満たすことでもらうことができる手当なのできちんと利用するようにしましょう。

また、失業手当の他にも技能習得手当金や傷病手当、教育訓練給付金など申請するともらえる手当は多くあります。

このような手当をいただきながら、転職活動をしていきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

「石の上にも3年」などと長く勤めることが良いとされてきた日本ですが、終身雇用も年功序列も終わりを迎えてきている中、仕事を変えたいと感じている人は多いと思います。

そんな人がこの記事を読んで、転職活動を始める後押しができていたら幸いです。

ここでおさらいですが、仕事を変えたいと感じた時の対策5選をみていきましょう。

  1. まずはゆっくり休む
  2. 自己分析を徹底する
  3. 適職を診断してみる
  4. 転職先を探す
  5. スキルアップも選択肢

仕事を変えたいと思った方は、まずは無理して仕事をするのではなく少し休暇をもらって自分の将来のことや自分のことを見つめ直す時間を作っていただきたいと思います。

そしてこの5選をやっていただくと、自分の生活を豊かにしていくことに繋がりますので、ぜひ参考にして行動してみてください。

The following two tabs change content below.

カケル

高校教諭を3年勤めたのち、激務により体調を崩す。その後はフリーランスWEBライターとして活動。WEB系のお仕事情報や、その他さまざまなお仕事に関する知識を発信しています。
タイトルとURLをコピーしました